• HOME
  • 徹底攻略クレカ
  • ダイナースクラブ コンパニオンカード申し込みでプラチナマスターカードを無料で手に入れる

ダイナースクラブ コンパニオンカード申し込みでプラチナマスターカードを無料で手に入れる

笑顔の女性

世界的に高いステータスを誇る国際ブランドであるダイナースクラブでは、2019年7月23日から、ハイステータスなMasterCardを無料で利用できる新サービスとして「ダイナースクラブ コンパニオンカード」の提供が始まりました。

この記事では、ダイナースクラブカードをより便利に、快適に利用できるようになるコンパニオンカードについての解説や、入手方法・メリットや注意点などをしています。

ステータスの高いダイナースクラブカードの発行を検討している方や、現在ダイナースクラブカードを保有しており、より便利に使いたいと思う方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ダイナースクラブ コンパニオンカードとは?

クレジットカードの解説

ダイナースクラブ コンパニオンカードとは、ダイナースクラブカードを発行すると無料で手に入るMasterCardブランドのカード。

世界最大のネットワークを誇るMsterCardブランドのブラックカードまたはプラチナカードを無料で追加発行できるようになるのは非常にお得度の高いサービスです。

ダイナースクラブカード取得で無料で手に入る、マスターカードブランドのプレミアムカード

ダイナースクラブ コンパニオンカードの魅力は、なんといっても「無料」でプレミアムな、しかも世界的にシェア率も高く利用価値がある「マスターカード」ブランドのクレジットカードが手に入るという点です。

ダイナースクラブ=プラチナマスターカード、ダイナースクラブプレミアム=ブラックマスターカード相当の1枚が発行可能!

詳しくは後述しますが、ダイナースクラブ コンパニオンカードの発行は、取得するダイナースクラブカードの種類によって異なります。

・ダイナースクラブカード=プラチナマスターカード(ダイナースクラブ コンパニオンカード)
・ダイナースクラブプレミアムカード=ブラックマスターカード(ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード)

このように、カードランクに応じたマスターカードが取得できるのです。無料で、追加のプレミアムカードが発行でき、サービスも使えるのですから、これは発行しない手はないでしょう。

ダイナースクラブ コンパニオンカードは2種類ある

ダイナースクラブ コンパニオンカードには2種類あり、それぞれ保有するダイナースクラブカードの種類により発行できるコンパニオンカードが異なります。

ここでは2種類のコンパニオンカードを表にして比較しますので、参考にしてみてくださいね。

  ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカード ダイナースクラブ コンパニオンカード
年会費 本会員、家族会員無料 本会員、家族会員無料
付帯されるカード TRUST CLUB ワールドエリートカード(通常年会費:130,000円+税) TRUST CLUBプラチナマスターカード(通常年会費:3,000円+税)
ポイント還元 100円あたり1ポイント 200円あたり1ポイント
付帯保険・利用枠 ダイナースクラブ プレミアムカードの保険が適用
利用枠はダイナースクラブ プレミアムカードと共通
ダイナースクラブカードの保険が適用
利用枠はダイナースクラブカードと共通
付帯サービス・特典 Taste of Premiumの18特典が提供される。
・ダイニングby招待日和
・Boingo Wi-Fi(登録・利用 無料)
・空港ラウンジサービス
・国際線手荷物無料宅配(往復各3個)など
Taste of Premiumの8特典が提供される。
・ダイニング by 招待日和
・国際線手荷物優待(海外から帰国時1個500円で宅配)
・Boingo Wi-Fi(登録・利用 無料)など

ダイナースクラブ コンパニオンカードとダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードでは、ステータス性のほか、利用できるサービス内容に違いがあります。

また、保有しているダイナースカードにより、追加発行可能となるコンパニオンカードに違いがありますので覚えておきましょう。

基本的には、ダイナースクラブカードの種類(ステータス性)に応じたカード内容となっています。

ポイントシステムはダイナースクラブ ポイントプログラムに統合される

ダイナースクラブ コンパニオンカードの利用によって貯まるポイントは、ダイナースクラブのポイントシステムに統合されます。そのため、分散することなく効率的にポイントを貯められます。

ぞれぞれにポイントの管理をする必要がなく、効率よくポイントを貯め、無駄なく利用できますね。ただし、還元率は0.5%下がってしまいますので、その点にはご注意ください。

どちらかといえば、ポイントを貯める用途には通常のダイナースクラブカードで、特典利用やダイナースクラブが使えない店舗での買い物はコンパニオンカードを活用する……といった使い分けをするといいでしょう。

ダイナースクラブ コンパニオンカードの入手方法

ポイントを表現する女性

ダイナースクラブ コンパニオンカードを入手する方法を解説します。

コンパニオンカードを発行したい、という方は参考にしてみてくださいね。

POINT

  • ダイナースクラブカードのコンパニオンカードは申し込みが必要
  • ダイナースクラブ プレミアムカードは自動でコンパニオンカードが届く

ダイナースクラブカードのコンパニオンカードは申し込みが必要

ダイナースクラブ コンパニオンカードを発行する場合、申し込みが必要となります。

ダイナースクラブ会員専用オンラインサービス「クラブ・オンライン」に登録後、申し込みを行ってください。

手順は以下の通りです。

  1. クラブ・オンラインにサインオン
  2. 追加カード/各種お申し込み
  3. コンパニオンカード申し込み

上記の手順でコンパニオンカードの申し込みが完了します。

登録住所に変更がある場合には、あらかじめクラブ・オンラインの登録情報の変更から、事前に変更しておきましょう。

申し込みから2週間程度で順次発送となりますので、到着までお待ちください。

ダイナースクラブ プレミアムカードは自動でコンパニオンカードが届く

ダイナースクラブ プレミアムカードの場合には、申し込みをする必要がありません。

すでにダイナースクラブ プレミアムカードを持っている方は、自動的にコンパニオンカードが届くシステムですので、余計な手続きをせずともコンパニオンカードを発行できます。

今後新しくダイナースクラブプレミアムカードを発行する場合は、申し込み時にコンパニオンカードの発行のチェック項目があります。

コンパニオンカードが不要な場合のみチェックを入れてください。チェックを入れなければ、自動的にコンパニオンカードの発行が行われます。

コンパニオンカードの発行が可能なダイナースクラブのクレジットカード

ダイナースクラブ コンパニオンカードが発行が可能なクレジットカードは先述した通り、ダイナースクラブカードとダイナースクラブ プレミアムカードの2種類のみとなっています。

コンパニオンカードの発行を検討している方は、ぜひチェックしておきましょう。

1.ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

年会費
(初年度)
22,000円+税 年会費
(2年目)
22,000円+税
還元率 0.40%〜0.416% 発行日数 最短3営業日

ダイナースクラブカードは、世界的に高いステータスを誇るダイナースが発行するプロパーカード。

申し込み制で取得できるプロパーカードは、ダイナースクラブカードのみとなっています。

入会限定キャンペーン

ダイナースクラブ新規入会キャンペーン!ご利用ポイントが10倍!最大45,000ポイントを獲得可能!さらにご入会でもれなくオリジナルラゲッジタグプレゼント!抽選でサムソナイト ブラックレーベルスーツケースもプレゼント!

年会費は22,000円(税抜)と比較的高い設定となっていますが、上質なサービスや手厚い保険の付帯する、プラチナカード相当の価値を持つ1枚として人気の高い1枚です。

ダイナースクラブカードのコンパニオンカードは、TRUST CLUBプラチナマスターカードとなっており、通常3,000円(税抜)の年会費を無料で発行が可能です。MasterCardブランドの利便性・上質なサービスが追加で利用できるようになるのは嬉しいですよね。

また、親カードとなるダイナースクラブカードは、T&E(トラベル&エンターテイメント)に特化したカードとされています。

グルメ・トラベル・エンターテイメント・ゴルフなど、多岐にわたる充実な特典が付帯。より、上質かつラグジュアリーなサービスの利用が可能になりますよ。

ダイナースクラブ コンパニオンカードの発行をお考えの方はもちろん、ワンランク上の上質なサービスを受けたい、という方はぜひご検討くださいね。

2.ダイナースクラブ プレミアムカード

ダイナースクラブ プレミアムカードは、ダイナースクラブ最上級の招待制のカード。

申し込みによる発行は不可能となっており、ダイナースクラブより送られるインビテーションを受け取った方のみ発行可能な、最高のステータスを誇る1枚です。ダイナースクラブの特典に加え、さらに上質でラグジュアリーな特典や優待プログラムが付帯しています。

年会費は130,000円(税抜)と超高額となりますが、コンパニオンカードであるMasterCard最上位グレードである「TRUST CLUBワールドエリート」の追加発行が可能。ダイナースクラブプレミアムカードに加え、ワールドエリートの充実した特典を受けられるようになります。

コンパニオンカードの年会費は、通常130,000円(税抜)ですが、ダイナースクラブプレミアムカード保有者に限り無料。多岐にわたる上質なサービスに加え、24時間対応のコンシェルジュサービスも付帯し、より快適なクレジットカードライフを送れるようになります。

ダイナースクラブカードを保有している方、検討している方で、より上質なサービスを受けたい、という方は、ダイナースクラブカードで利用実績を積んでインビテーションを待ち、ダイナースクラブ プレミアムカードの発行をおすすめします。

ダイナースクラブ コンパニオンカードのメリット

クレカを持つ女性

ダイナースクラブ コンパニオンカードの発行で、得られるメリットは数多くあります。

ここでは、ダイナースクラブ コンパニオンカードのメリットをご紹介します。発行を検討している方や、メリットが知りたい、という方は参考にしてみてくださいね。

POINT

ダイナースクラブ コンパニオンカードのメリット

  • 本人も家族会員も年会費が無料
  • コンパニオンカードの特典・サービスを利用できる
  • MasterCard加盟店・国内JCB加盟店でも使えるようになる
  • ダイナースクラブ プレミアムカード保有者なら通常年会費130,000円のブラックカードが無料に
  • 日常や旅先での使い勝手が大幅に向上!2枚持ちで使い分けができる

1.本人も家族会員も年会費が無料

ダイナースクラブ コンパニオンカードは、保有するカードにより発行できるカードが2種類ありますが、そのどちらのコンパニオンカードにおいても、本会員・家族会員ともに年会費は無料となっています。

ダイナースクラブカード年会費以外に必要となる費用が一切なく、MasterCardブランドのステータスカードを持てるのは大きなメリットと言えますね。

2.コンパニオンカードの特典・サービスを利用できる

コンパニオンカードには、MasterCardの特典やサービスが付帯しています。

ダイナースクラブ コンパニオンカードを発行すれば、ダイナースクラブカードの特典やサービスに加え、MasterCardが提供している様々な特典・サービスを利用できるようになりますよ。

上記の表にも記載されていますが、

・Taste of Premiumの特典(8特典または18特典)
・ダイニングby招待日和
・世界100カ国以上でのWi-Fi無料利用サービス
・国際線手荷物の無料配送・割引優待

などの特典やサービスを無料で利用できるようになります。

年会費無料で、純粋にお得に活用できるサービスが増えるのは、嬉しいメリットと言えるでしょう。

3.MasterCard加盟店・国内JCB加盟店でも使えるようになる

ダイナースクラブはJCBとの提携があり、国内であれば不便なく利用できます。しかしながら、ダイナースおよびJCBは、海外での加盟店数の少なさから、旅行や出張時には不便さが目立つと言われていました。

そこでコンパニオンカードを発行すれば、加盟店数世界2位のMasterCsrd加盟店でも利用できるようになり、カバー率が大幅に上がるため、利用できないというケースはほぼ回避できるようになります。

利用不可能な場所が減るのは、利便性が大幅に向上しますね。

4.ダイナースクラブ プレミアムカード保有者なら通常年会費130,000円のブラックカードが無料に

ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードは、先述した通り年会費無料で持つことのできるハイステータスなカード。

ダイナースクラブ プレミアムカードを保有していれば、コンパニオンカードとなる「TRUST CLUB ワールドエリートカード」を無料で追加発行することができます。

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、通常130,000円(税抜)の高額な年会費が必要となるブラックカード。13万円の年会費にふさわしい手厚いサービス内容がプラスで利用できるようになるのは、非常に大きなメリットです。

ダイナースクラブプレミアムカードを所持するだけで、年会費の2倍相当の価値をもつカードを保有できる計算ですので、ぜひとも活用したいですね。

5.日常や旅先での使い勝手が大幅に向上!2枚持ちで使い分けができる

ダイナースクラブカードとコンパニオンカードを2枚利用すれば、それぞれの良いところを「使い分け」できるメリットがあります。

例えば、グルメサービスをしっかり利用したい時には「ダイナースクラブ」、海外でのお買い物にはMasterCardブランドの「コンパニオンカード」といったように、それぞれの特性を活用すれば、非常に便利になりますよね。

せっかくハイステータスカードを2枚持ちできるのですから、ぜひ、それぞれの「良さ」を活かしましょう。

ダイナースクラブ コンパニオンカードの注意点

おすすめのクレジットカード

無料でMasterCardブランドのハイステータスカードを発行できる、ダイナースクラブ コンパニオンカードですが、発行や利用においていくつかの注意点があります。

ここでは、ダイナースクラブ コンパニオンカードの注意点を解説していますので、発行や利用前に事前に把握しておきましょう。

POINT

ダイナースクラブ コンパニオンカードの注意点

  • 提携カードではコンパニオンカードは発行できない
  • コンパニオンカードのポイント還元率は半分に
  • 保険や利用枠は上乗せにはならない

1.提携カードではコンパニオンカードは発行できない

ダイナースクラブ コンパニオンカードの発行が可能なクレジットカードは、ダイナースクラブカードとダイナースクラブ プレミアムカードの2枚のプロパーカードのみと限定されています。

そのため、航空会社や各クレジットカード会社との提携カードや、銀座ダイナースクラブカード、ビジネスカード 、SMBC信託銀行との提携により発行されたクレジットカードではコンパニオンカードの発行はできません。

コンパニオンカードを発行したい場合には、ダイナースクラブカードまたはダイナースクラブ プレミアムカードの保有が必要となりますので、覚えておきましょう。

2.コンパニオンカードのポイント還元率は半分に

コンパニオンカードの利用によりポイントを貯めることは可能ですが、還元率は親カードであるダイナースクラブカードよりも0.5%減となってしまいます。

ダイナースクラブカード:100円あたり1ポイント獲得となっているのに対し、ダイナースクラブ コンパニオンカード:200円あたり1ポイント。

また、ダイナースクラブ プレミアム コンパニオンカードでは、100円あたり1ポイント獲得となり、ダイナースクラブ プレミアムカードよりも0.5%還元率が低くなります(ダイナースクラブ プレミアムカードは1.5%)。

コンパニオンカードは便利に利用できる反面、ポイント還元率は低くなってしまうというデメリットがあります。効率よくポイントを貯めたい、という方は、コンパニオンカードよりダイナース加盟店で積極的にダイナースクラブカードを利用する方が貯まりやすく、おすすめです。

3.保険や利用枠は上乗せにはならない

ダイナースクラブ コンパニオンカードであるTRUST CLUB ワールドエリートカードには、海外旅行保険が付帯されていますが、コンパニオンカードでは重複して保険を付帯することができません。保険は上乗せにはならず、ダイナースクラブカードの保険が適用となります。

また、利用枠も親カードであるダイナースクラブカード、ならびにダイナースクラブ プレミアムカードと共通となるため、上乗せとなることはありません。ダイナースクラブカードで定めされた範囲内での利用となります。

利用限度額は人により異なり、一律の設定ではありませんので、ご注意ください。

ダイナースクラブ コンパニオンカードは無料で発行できる!発行してダイナースクラブカードをより便利に使いこなそう!

2019年7月23日より提供が始まった「コンパニオンカード」は、ダイナースクラブカード保有者であれば、無料でMastercardブランドのプラチナカード ・ブラックカードの追加発行が可能というサービス。

世界中で加盟店数の多いマスターカードブランドのコンパニオンカードを発行し、2枚をうまく使い分ければ、より快適にカードを利用できるようになります。

また、コンパニオンカードを利用することで、高いステータス性と、充実のサービス・特典や保険が付帯するダイナースクラブの特典に加え、コンパニオンカードに付帯する特典をも利用可能に。

上質かつラグジュアリーな数多くのサービスを受けられるのは、大きなメリットと言えるでしょう。

高いステータスを誇るダイナースクラブカードをより便利に利用したいとお考えの方は、ぜひコンパニオンカードを活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内