JCBカードの海外旅行保険の特徴~JCBのクレジットカード付帯保険は使える?

部屋でくつろぐ女性

JCBカードの海外旅行保険は、内容が「年会費以上」で充実しており、おすすめできます。

今回は、そんなJCBカードの海外旅行保険に注目して、特徴や内容、使い方から注意点までまとめてみました。

JCBカードの海外旅行保険に興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

JCBカードの海外旅行保険の特徴は?

JCBカードの海外旅行保険の特徴は、なんといってもその「充実度の高さ」です。

JCBブランド(プロパーカード)は特に付帯保険が充実しており、海外旅行保険も例に漏れず、他社ブランドの同じランクのカードよりも「ワンランク上」の補償が魅力的です。

JCBの海外旅行保険は、同じランクの他社カードと比較して「ワンランク上」

例えば、JCB一般カード。こちらは海外旅行傷害保険が最高3,000万円の補償です。

一般カードは、他社カードですと海外旅行傷害保険が2,000万円以下、しかも死亡・後遺障害以外の補償はなし、ということもあります。

その一方で、一般カードながらJCBカードは傷害・疾病治療費が100万円まで補償されます。一般カードとしては手厚いと言えるでしょう。

ゴールドカードも、内容を見てみると最高1億円の海外旅行傷害保険という「プラチナカードクラス」の内容・非常に充実していると言えます。

このように、JCBカードは「年会費以上の保険内容」が大きな特徴となっており、海外旅行の味方です。

JCBカードの海外旅行保険の内容

おすすめのクレジットカード

ここでは、JCBカードの海外旅行保険の補償項目・内容を項目ごとの適用条件とあわせてご紹介いたします。

なお、カードの種類によっては「海外航空機遅延保険」はついていません。ゴールドカード以上の適用となります。

POINT

JCBカード海外旅行保険の補償項目・内容

  • 傷害死亡・後遺障害
  • 怪我や病気の治療費
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用等
  • 海外航空機遅延保険

1.傷害死亡・後遺障害

その名称通り、怪我が原因で死亡したり、重大な後遺症が残ってしまったりという時に支払われる保険です。

ここで注意したいのが「病気が原因での死亡・後遺障害」は対象外ということ。万が一海外旅行でかかった病気が原因で亡くなってしまっても、補償はされませんので覚えておきましょう。

また、保険の適用条件は「旅行期間中の事故によるケガが原因で、事故の日から180日以内に死亡または後遺障害を生じた時」とされています。

適用期間がすぐではないところは、安心できるポイントですね。

2.怪我や病気の治療費

海外旅行保険が最も利用シーンが多い項目が、こちらの「怪我や病気の治療費」です。

別名、疾病・傷害治療費。旅行中の怪我や病気で、病院を受診した時の治療費を補償してくれます。

適用条件は、旅行中に病気が発症、もしくは事故による怪我をしたとき、怪我の場合は事故の日から180日以内にかかった費用が対象です。

病気の場合は、旅行期間中または旅行から帰ってきて72時間以内に病院に行き、最初の治療日から180日以内の費用に限り補償が受けられます。

ただし、特定感染症は帰国後30日を経過するまでに治療を受ければ対象となるようですね。

特定感染症は、以下の通りです。

※特定の感染症とはコレラ、ペスト、天然痘、発疹チフス、ラッサ熱、マラリア、回帰熱、黄熱、重症急性呼吸器症候群、エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、マールブルク病、コクシジオイデス症、デング熱、顎口虫(がっこうちゅう)、ウエストナイル熱、リッサウイルス感染症、腎症候性出血熱、ハンタウイルス肺症候群、高病原性鳥インフルエンザ、ニパウイルス感染症、赤痢、ダニ媒介性脳炎、腸チフス、リフトバレー熱、レプトスピラ症をいいます

引用元:JCB公式ページ

3.賠償責任

賠償責任は、旅行中に他人を怪我させたり、ホテルの備品や他人の持ち物をあやまって壊してしまったりした際に、法律上の損害賠償請求をうけた場合に限り利用できます。旅行先でトラブルがあった時にはついていると安心ですね。

4.携行品損害

携行品損害は、自分の持ち物が旅行中に盗まれたり、事故によって壊れてしまったりしたときに、損害をうけた品物の価値に相当するお金が保険金としてかえってきます。

JCBの場合、事故負担額は1回の事故につき3,000円。携行品1つあたりの限度額は10万円です。

注意したいのは、保険金は損害を受けた携行品の「時価」で支払われるという点です。

ですから、もう何十年も使っているようなものが盗まれたり、壊れたりしても、ほとんどお金がかえってこないかもしれませんね。

また、購入して間もない商品の場合は、JCBカードで支払っているのであれば、海外旅行保険よりも「ショッピングガード保険」を使ったほうがいいでしょう。

5.救援者費用等

雪山で遭難して救援が必要となったり、怪我や病気で入院をして家族の助けが必要になったりした時には「救援者費用」が役立ちます。

救援者費用は、文字通り、「救援のために人が駆けつけるのにかかる費用」のこと。

救援者費用が支払われるのは、以下の条件に当てはまる場合です。

1.ケガをして事故の日から180日以内に亡くなられたとき
2.病気により亡くなられたとき
3.病気にかかり医師の治療を受け、旅行行程終了後30日以内に亡くなられたとき
4.ケガまたは病気により継続して3日以上入院されたとき
5.搭乗している航空機、船舶等が行方不明または遭難したとき
6.事故により生死が確認できない場合または緊急な捜索・救助活動が必要になったとき(ただし被保険者の無事が確認できた後に現地に赴く救援者の費用は対象となりません)

引用元:JCB公式ページ

6.海外航空機遅延保険

海外航空機遅延保険は、航空機が遅れたり、手荷物が手元にすぐにとどかなかったりした時に利用できる保険。JCBカードの場合、ゴールドカード以上についてきます。

出航や乗り継ぎの際、遅延した航空機の実際の到着時刻より4時間以内に代替便を利用できなかった場合は、食事代やホテル代として保険金が支払われます。

また、次のケースでも手荷物を購入するのにあてるお金として、保険金が支払われます。

・旅行先へ到着ご6時間以内にて荷物が届かず、48時間以内に必要な物品を購入した場合
・到着後48時間以内に手荷物が届かず紛失扱いになった際に、到着後96時間以内に必要物品を購入した場合

条件がやや厳しく、大幅な遅延でないと利用はできません。ですが、ついていると、いざというときに嬉しい保険ですね。

JCBカードの海外旅行保険を利用するメリット

クレジットカード紹介

JCBカードの海外旅行保険を利用するメリットは、次の通りです。

POINT

JCBカードの海外旅行保険を利用するメリット

  • いざというときの安心感がある
  • 高額な医療費を負担してもらえる
  • キャッシュレス診療が使える
  • 同じ年会費帯の他社カードよりも内容が手厚い

1.いざというときの安心感がある

保険は安心をお金で買うもの。JCBカードのカード保険は、基本無料ですが、カードの種類によって手厚い補償がついているのは安心感がありますよね。

旅行中に怪我や病気になったらどうしよう……数十万円もの請求が来たらどうしよう……そんな悩みは、少なくとも解消されるはずです。

特に、JCBゴールドなら疾病・傷害治療費は300万円まで補償。医療費がそれほど高額にならない地域であれば、JCBゴールドだけでも十分でしょう。

2.高額な医療費を負担してもらえる

海外旅行に行くなら、海外旅行保険は必須です。北米をはじめとした一部地域では、医療費が非常に高額です。日本の10倍以上支払わなくてはいけないケースも。

特に、手術や入院といった複雑な治療を受けると、請求は何百万円単位になる可能性だってあるのです。あまりにも高額な請求をされても、多くの方が支払えないでしょう。

JCBカードの海外旅行保険に加入していれば、ある程度の金額まではカバーが可能。他の有料保険やカード保険と組み合わせて上手に使う事で、高額な医療費の負担は全ておまかせできます。

3.キャッシュレス診療が使える

JCBカードは、プロパーカードであればキャッシュレス診療に対応しています。キャッシュレス診療とは、文字通りキャッシュレス=現金の支払いなしで病院での診療が受けられるサービスのこと。

キャッシュレス診療を使う際に「日本語安心サービス」に電話をして、受診する医療機関を教えてもらう手間はあります。ですが、現地で支払いなしで保険を直接使えるのは非常にありがたいサービスなのです。

後から保険会社に請求するとなると、一時的な建て替えが発生してしまい非常に面倒ですし、状況によっては、最悪の場合請求してもお金がかえってこないケースもあるようですね。

そういったトラブルが防げるのも、キャッシュレス診療の魅力です。手厚い保険にキャッシュレス診療。JCBカードの付帯保険は、まさに理想的な海外旅行保険ですね。

4.同じ年会費帯の他社カードよりも内容が手厚い

冒頭でもお話したように、JCBカードの海外旅行保険は、コストパフォーマンスに優れています。年会費が同じくらいの他のクレジットカードに比べ、内容がワンランク上という事が多いのです。

例えば、JCBゴールド。1万円台の年会費である三井住友VISAゴールドカードや、アメックス・グリーンと比べても、海外旅行保険はトップクラスの手厚さです。

コストパフォーマンス重視でお得にカードの海外旅行保険が使いたいなら、JCBカードはぴったりですね。

JCBカードの海外旅行保険、カードごとに自動付帯・利用付帯の条件が違う!

おすすめのクレジットカード

JCBカードの海外旅行保険は、カードの種類によって自動付帯・利用付帯の条件が異なります。よって、海外旅行に出かける前に、公式ページで必ず適用条件は確認した方がいいですね。

ここでは、代表的なカード「JCB一般カード」と「JCBゴールド」を例にして見ていきましょう。

JCB一般カードの海外旅行保険は利用付帯

JCB一般カードの海外旅行保険は利用付帯です。保険を適用させるには、「MY Jチェック」というWEB上での利用明細確認サービスへの登録と、旅行代金の支払いが必須となっています。

条件を満たさなければ、保険は一切適用されませんので、注意が必要です。

JCBゴールドの海外旅行保険は自動付帯(一部利用付帯)

JCBゴールドの海外旅行保険は、基本は自動付帯。ただし、死亡・後遺障害のみ一部利用付帯で、基本は5,000万円のところを、JCBゴールドで旅行代金の支払いをすれば1億円になります。

手続きを何もしなくてもほとんどの保険内容は適用されるので安心ではありますが、旅行代金を支払わないと万が一の時の補償金額が下がってしまうのは残念ですね。

海外旅行保険をせっかく使うのであれば、旅行代金の支払いにカードを利用しておいた方がいいでしょう。

JCBカードの海外旅行保険、使い方は?

ポイントを教える男性

JCBカードの海外旅行保険を使う方法は、大きく分けて2パターンです。

POINT

JCBカードの海外旅行保険を使う方法

  • 海外旅行中に保険を使いたい場合
  • 帰国後に保険金を請求する場合

1.海外旅行中に保険を使いたい場合

海外旅行中にケガや病気をした、病院を受診したい、など「保険を使うシーン」が出てきた時には、24時間通話OKな「日本語安心サービス」に電話をします。

地域によってかける電話番号は異なりますので、渡航前に日本語安心サービスの電話番号をひかえておいたほうがいいでしょう。キャッシュレス診療利用時もこちらに電話して手続きをします。

日本語安心サービスのサービス内容は、以下の通り。海外旅行でのトラブル時には、ぜひご活用ください。

■事故相談サービス
ケガ・病気、持ち物の盗難、賠償責任事故といった旅行中に遭遇するさまざまな事故に関するご相談を承ります。

・日本人医師・最寄の医療機関の紹介・予約
・医療機関へのキャッシュレス治療の手配
 (家族特約対象者は、キャッシュレス治療サービスはご利用できません。)
・医師や医療機関との緊急時の通訳サポート
・保険金請求に必要な書類の手配
・付添者、通訳等の手配
・警察への盗難届、事故証明書入手などのサポート
・賠償事故の場合の現場アジャスターとの仲介
・現地で保険金を受け取りたい場合の請求・支払い手続きなど
 (家族特約対象者は、日本帰国後の手続きとなります。)

■保険相談サービス
保険全般に関するさまざまなご相談を承ります。

・現在契約している保険の内容に関する照会
・その他保険に関わる各種照会・相談

引用元:JCB公式ページ

2.帰国後に保険金を請求する場合

帰国後に保険金を日本から請求する場合は、治療や被害をうけた日から30日以内に、「JCBカード自動付帯サービス専用ダイヤル」に連絡をします。指示に従って手続きをしましょう。

連絡先は、次の通りです。

・損保ジャパン日本興亜JCB事故受付デスク
・電話番号:0120-258-554
・受付時間 9:00AM〜5:00PM(日曜日、祝日は休み)

事故の状況によっては、海外旅行先でしか手配できない書類も。

帰国後に連絡をするよりも、事故や被害にあってしまった「その時」に、日本語安心サービスに電話しておく事をおすすめします。

JCBカードの海外旅行保険を利用する注意点

クレジットカードで困りごとがある女性

JCBカードの海外旅行保険を利用する上で、注意したいことは次の3点です。先の解説と重複する部分がありますが注意点の「まとめ」として、ぜひチェックしてみてくださいね。

POINT

JCBカードの海外旅行保険を利用する注意点

  • 適用条件に注意
  • 自分のカードの自動付帯・利用付帯の範囲を知っておこう
  • カードの種類によってつかない海外旅行保険内容がある

1.適用条件に注意

保険には、適用条件が厳しく定められており、条件を満たさなくては保険の補償が受けられません。

例えば、キャッシュレス決済利用時は日本語安心サービスに事前連絡が必要であって、それをせずに医療機関を受診しては適用外です。また、利用する保険内容によっては、現地で取得する必要書類があります。

渡航前にそういった全ての細かな条件を把握しておくのは難しいと思いますので、現地で困ったらすぐに「日本語安心サービス」に相談するようにしましょう。

2.自分のカードの自動付帯・利用付帯の範囲を知っておこう

自分が使っているクレジットカードの利用付帯、自動付帯の条件や範囲を知っておかなくては、いざというときに「保険が使えない」状況になりかねません。

渡航前に自動付帯、利用付帯の条件と適用範囲を確認しておき、使いたい時に保険が使える状態にしておきましょう。

特に利用付帯のクレジットカードを持っている場合は、事前に利用条件を満たすことを忘れないでくださいね。

3.カードの種類によってつかない海外旅行保険内容がある

JCB海外旅行保険には、JCBゴールド以上のハイステータスカードにしかつかない内容があります。

航空機の遅延や手荷物の紛失、遅延に関する保険ですが、これが「一般カードにはつかない」と知らないと、いざ使おうとした時に損をした気分になってしまいますよね。

カードの種類によって使える保険が異なることを知っておき、自分の所持しているカードがどの保険まで対応しているのかは、旅行前に確認しておいてくださいね。

海外旅行保険が充実のおすすめJCBカード

ここでは、海外旅行保険が充実しているおすすめのJCBカードをご紹介します。

コストパフォーマンスが良く手厚い保険内容が魅力なのは「JCBゴールド」、「JCB CARD W/W plus L」です。

1.JCBゴールド

JCBゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日

JCBゴールドは、JCBが発行する正統派ゴールドカード。年会費は決して安くないですが、同じ1万円台の他のクレジットカードと比較して内容が手厚く充実しています。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大16,000円分プレゼント! キャンペーン参加の上、JCBでスマホ決済すれば全員に20%キャッシュバック!JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スマリボ登録&利用でポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!

海外旅行保険は、特に損害賠償の金額、死亡・後遺障害の金額が大きく、それぞれ最高1億円までの補償がついています。

疾病・傷害治療費も300万円まで補償がありますので、渡航先によってはこれ1枚でほぼ間に合います。

心配な方は他のカード保険や有料の保険サービスを利用するべきですが、ゴールドカードクラスの中でも最高の補償を受けたい方ならぴったり。海外旅行に行く前に、ぜひJCBゴールドを取得しておきましょう。

2.JCB CARD W /W plus L

JCB CARD W / W plus L

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%~ 発行日数 最短3営業日

JCB CARD W /W plus Lは、JCBカードが発行するコストパフォーマンス最強の「年会費無料カード」です。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大14,000円分プレゼント! キャンペーン参加の上、JCBでスマホ決済すれば全員に20%キャッシュバック!JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スマリボ登録&利用でポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!初年度年会費無料!

海外旅行傷害保険は、なんと年会費無料にも関わらず2,000万円。疾病・傷害治療費も100万円ついて、このコストパフォーマンスは素晴らしいの一言です。

ゴールドカードと比較すると見劣りはしますが、年会費無料カードとしてはトップクラス。できるだけクレジットカードにお金はかけたくない、でも海外旅行保険はつけたいという方向け。

ただし、さすがにこれ1枚だけでは補償が寂しいので、他のクレジットカード保険や有料保険を組み合わせてくださいね。

JCBカードの海外旅行保険は充実!サービス内容もおすすめできるので、ぜひ1枚は持って行こう

JCBカードの海外旅行保険は、他のクレジットカード会社が発行する同じ年会費帯のクレジットカード保険と比較して「手厚い」という特徴があります。

また、内容もしっかりと充実しており、ゴールドカード以上なら航空機の遅延や手荷物の遅延・紛失といった空港トラブルにも対応。

保険とは違いますが、現地でのサポートサービス「JCBプラザ」も魅力的。不安が多い海外旅行先で、現地スタッフから手厚くサポートをしてもらえます。

JCBカードは、海外旅行に持っていくには総合的にオススメできるカードブランドです。ぜひVISAやMasterCardといった他社ブランドと併用しながら、サービスや保険をうまく活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内