JCBカードが急に使えなくなった時の原因と対処法は?

頭を抱えて困る女性

JCBカードを使おうとしたら、使えない! となったら本当に困ってしまいますよね。

そこで今回は、JCBカードが使えなかった時、どんな原因と対象方法があるかを解説します。JCBカードが使えずに困っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

JCBカードが急に使えなくなった時の原因と対処法はこれ!

JCBカードが急に使えなくなった時に考えられる原因、対処法は次の通りです。

POINT

  • 有効期限が切れている
  • 利用可能額が超えていないかチェックする
  • カードの利用代金が支払えているか確認
  • JCBカードの磁気不良・ICチップ不具合を疑う
  • 最近、高額商品を急に購入した
  • ネットショップで打ち込んだカード情報が間違っている
  • 購入時のパスワードを3回間違えた

1.有効期限が切れている

使えないと焦る前に、まずは有効期限を確認しましょう。有効期限は 月/西暦の下2桁 で構成されています。例えば、次のように表記されています。

05/22 →2022年5月まで有効

これを見間違えていると、もしかしたらうっかり有効期限切れのカードを持ってきた可能性があります。使えなかったら有効期限、確認を徹底してくださいね。

2.利用可能額が超えていないかチェックする

利用可能額が超えてしまうと、当然クレジットカードは使えません。

すぐに解消するには、早期返済をJCBカードに申し出るか、今月だけが特殊な事情で増えてしまっているなら、来月までの一時増枠をお願いするか、という方法があります。

次の支払日が来れば自動引き落としされて利用限度額は回復しますが、どうしてもの場合は先にご紹介した方法を実践してみてくださいね。

リボ払いを多用しすぎると、慢性的に「利用限度額いっぱい」の状態にも

リボ払いを多用しすぎてしまうと、気がついたら利用限度額いっぱいになってしまうこともあります。

リボ払いを使うと、月々の支払額が一定になるメリットはあります。ですが、毎月の支払い額が変わらないことで油断してしまい、最終的には使いすぎてカード破産してしまう……という方も少なくありません。

もし、リボ払いの多用が原因で利用限度額いっぱいになってしまったなら、今後は使い方を注意してみてくださいね。

3.カードの利用代金が支払えているか確認

クレジットカードの利用代金が引き落としできないと、カードは利用停止されてしまいます。普段使いの口座とクレジットカード引き落としの口座を分けている方は、うっかり支払い忘れがあることもあります。

有効期限や利用可能額に問題がなさそうなら、利用代金の引き落としが正常にできているかを確認しましょう。そして、万が一支払い忘れが発覚したら、すぐにカード裏面のカードデスクに連絡し、いつまでに支払えるかを伝えておきましょう。

連絡もせず、次の引き落とし実行日まで何もしない方よりも、きちんと連絡と事情説明をしてくれるお客さんの方が「信用できる」と判断されます。今後のためにも、連絡は忘れないでくださいね。

4.JCBカードの磁気不良・ICチップ不具合を疑う

有効期限もOK、引き落としも正常にできている、利用限度額もいっぱいではない……となれば、クレジットカードの磁気ストライプやICチップの不良が考えられます。
これまで、ICチップの部分に強い力が加わったり、高温になる場所にカードを放置したり、クレジットカードに物理的ダメージを与えるシーンはなかったでしょうか。
磁気ストライプやICチップの故障は見た目だけではわからないので、困った際はカード裏面の電話番号(カードデスク)に連絡してください。

再発行になる可能性もありますので、もし再発行になったとしたら、引き落としカードとして設定していたサービスに新しいカードで再登録するのを忘れないでくださいね。

5.最近、高額商品を急に購入した

海外でクレジットカードを使った、最近急に高額商品を購入した時には、もしかしたら「セキュリティを確保するため」にJCBからロックされている可能性があります。

というのは、普段とは違う場所や行動をする=他人が使っている可能性があるからです。不正利用を防ぐためにJCB側が行なっている対策ですので、カードデスクに電話をして事情を話せば、ロックは解除できます。

急に使えなくなってしまったら、焦らずにまずは「カード会社に連絡」が解決への近道ですね。

6.ネットショップで打ち込んだカード情報が間違っている

ネットショップで打ち込んだカード情報が間違っていたら、当然カードの利用はできません。

ネットショップの場合は手入力でミスをする可能性も十分ありますから、そういう時は焦らずにもう一度情報を入力してみましょう。

それでもダメなら、カード自体が使えない可能性がありますので、先に解説した「利用限度額」や「支払い」を確認し、最終的にはカード会社に問い合わせてみてくださいね。

7.購入時のパスワードを3回間違えた

店頭でクレジットカードの暗証番号を続けて3回間違えると、そのカードはロックされて使えなくなってしまいます。

その後、カード会社に連絡してすぐに使えるようになるわけではなく、なんと「再発行」になってしまいます。厳しいですね。第三者が取得したカードを使ってなりすましている可能性もありますので、電話で伝えたくらいではロック解除はできないということでしょう。

トラブルを防ぐためにも、2回連続で間違えてしまった時点で、すぐに「カード会社に番号を照会」するのがおすすめです。JCBの場合は、はがきなどで番号が郵送されてきます。

多少時間がかかっても、照会した方が確実に再発行を防げるので、絶対に一か八かで暗証番号を入力しないでくださいね。

JCBカードがそもそも「使えない」、「対応していない」お店という場合も

JCBカードがそもそも使えない、というお店も中には存在します。

そうなると、そのお店では現金を使うか、別ブランドのクレジットカード(VISA、MasterCardなど)を使うしかお会計をする方法はありません。

店舗が対応していないというだけで、JCBカードそのものの問題ではないのですが、いざという時に使えないと困ってしまいますよね。

そうならないためにも、国際ブランドは複数に分けて持っていた方が安心です。

JCBカードが使えなくて困った時は、カードデスクに連絡してみよう

JCBカードが使えずに困った時は、お店側がJCBブランドに対応していないか、カードになんらかの問題が起きていると考えられます。

いざという時に困った事態にならないためにも、JCBカードを利用する際は普段から利用限度額や支払日をきちんとチェックしましょう。万が一それでも使えない……となったときは、すぐにJCBカードデスク(カード裏面に記載の番号)に相談してください。

最悪再発行となってしまうこともありますが、そうなったときには、使えなくなったカードを引き落とし先に設定していたサービスへ「新しいカードで登録」し直すのを忘れないでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内