JCBカードの空港ラウンジサービス~条件・料金と航空会社ラウンジとの違い

空港ラウンジサービス

航空機を利用するときに「空港ラウンジサービス」が利用できれば、騒がしいロビーで長時間待たされることもなく快適です。

今回は、空港ラウンジサービスの中でも「JCBカード」の付帯特典について、概要から利用条件、料金、航空会社のラウンジとの違いを簡単に解説します。

航空会社のラウンジに興味はあってもよく分からないという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

JCBカードで利用できる「空港ラウンジサービス」とは?

JCBカードで利用できる「空港ラウンジサービス」とは、航空機の発着前後に発生する待ち時間を、空港内の「ラウンジ」でリラックスして過ごせるサービスです。

ロビーとは異なり、空港ラウンジでは、ゆったりとした空間でドリンクや軽食を楽しめるほか、雑誌や無料Wi-Fiなどのサービスが提供されます。

もちろん、サービス内容や設備はラウンジによって全く異なりますが、よく飛行機で旅行・出張に行く方にとってはとてもありがたいサービスです。

JCBカードで空港ラウンジを利用する条件・料金は?利用方法も解説!

この章では、JCBカードで航空ラウンジを利用するにはどんな条件が必要なのか、料金はかかるのか、利用するにはどうしたらよいか……というところを解説します。

実際にどうすれば使えるかを知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

JCBカードで空港ラウンジが利用できる条件は「ゴールドカード以上」

まず、JCBカードで空港ラウンジが利用できるといっても、「すべてのJCBカード」で利用可能というわけではありません。簡単に言えば、「ゴールドカード以上」のステータス性の高いカード会員だけが、空港ラウンジを無料で利用できます。

JCBの場合は同伴者1名まで無料というケースもありますが、それもラウンジによって条件は異なりますので、確認が必要です。また、「プライオリティパス」という、世界1,200か所の空港ラウンジに対応しているプレミアムな空港ラウンジサービスが利用できるのは、JCBオリジナルシリーズではJCBゴールド ザ プレミア、JCBプラチナ、JCBザ クラスの3種類だけです。

上位ランクのカードになるほど、上質な空港ラウンジサービスが受けられるしくみです(年会費が違うので、当然と言えば当然ですね)。

空港ラウンジの利用料金は「基本無料」

気になる空港ラウンジの利用料金ですが、なんと本会員は「基本無料」です。一部有料のドリンクなどが提供されている空港ラウンジもあります。

家族会員も無料ですが、それ以外の同伴者は有料となってしまいます。

一般のカードラウンジであれば1名あたり1,000〜1,500円の支払いで利用できますが、複数人同伴しようと思うと断られてしまうケースもあります。

ちなみに、オリジナルシリーズの中でもJCBザ・クラス、JCBプラチナの個人会員のお客様に限り、同伴者1名まで無料で利用できますので、ここもランクによって差別化されていますね。

空港ラウンジの利用は「カード」と「航空券」の提示でOK

空港ラウンジを利用したい時は、基本的に対象となる「クレジットカード」と「航空券(半券)」を提示すればOKです。

入り口で名前などを書くケースもありますが、よほど混んでいなければ断られることはないでしょう。制限時間がある日もあるようですが、基本的にはゆっくりと過ごせるようになっていますので、搭乗の待ち時間を有意義に使えますね。

カードラウンジと航空会社ラウンジはどう違う?

カードラウンジ

JCBカードで直接利用できるのはいわゆる「カードラウンジ」で、JCBゴールド ザ プレミア以上のハイクラスカードでは「プライオリティパス」を使えば「航空会社ラウンジ」を利用できることもあります。

ここでは、カードラウンジと航空会社ラウンジの一般的な違いを簡単に解説します。

POINT

  • カードラウンジ(空港ラウンジ)
  • 航空会社ラウンジ

カードラウンジ(空港ラウンジ)

一般的にクレジットカードで利用できる空港ラウンジと言えば、空港とクレジットカード会社が提携して運営する「カードラウンジ」を指しています。

カードラウンジは複数のクレジットカード会社が運営しているケースが多く、利用者が多い傾向があります。サービス内容は無料Wi-Fiのほか、ソフトドリンク、有料アルコールドリンク、おつまみなど、それほど「豪華」ではありません。

出発前の時間にコーヒーを無料で楽しめて、ゆっくり座っていられるだけでも価値があると思いますので、こちらのカードラウンジが使えるだけでも魅力的です。

航空会社ラウンジ

航空会社ラウンジとは、ハイクラスの座席チケットを購入したユーザーや、航空会社の上級会員などが利用する「航空会社運営」のラウンジのことです。

いわゆる「VIPラウンジ」とも呼ばれているところも多く、JCBカードの付帯サービスとしては「プライオリティパス」を所持していないと利用できません(持っていても使えない場所もあり)。

デスク、ソファのほか、無料でソフトドリンク・アルコールの提供がされていることも多いですね。また、シャワー室が完備しているというプレミアムなサービスが使えるラウンジもあります。

提供されるフードも「サンドウィッチ」など「軽食」と呼べるレベルのものもたくさんあり、一部ラウンジではまるで朝食バイキングのような品揃えになっているところもあります。

プライオリティパス付きのクレジットカードを取得したら、ぜひこちらのラウンジを利用したいところですね。

空港ラウンジが利用できるおすすめJCBカード

空港ラウンジが利用できるJCBカードは限られています。その中でも特におすすめのコスパが良いクレジットカードは、「JCBゴールドカード」です。

JCBゴールドカード

JCBゴールドカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日


JCBゴールドカードは、年会費初年度無料、2年目以降1万円(税抜)で持つことができるJCBの王道ゴールドカードです。ゴールドカードらしい様々な付帯保険、サービスは「他社よりもちょっとランクが高い」印象で、総合力が高い1枚です。

入会限定キャンペーン

新規入会とご利用条件クリアでいまなら最大15,000円分プレゼント! 初年度年会費も無料!さらにスターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

空港ラウンジ利用ももちろん可能で、全国の主要空港にあるカードラウンジを利用できるほか、ハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジも利用可能です。

このカードのすごいところは、2年連続100万円以上のカード利用を達成すると、年会費はそのままで、「プライオリティパス」つきの「JCBゴールド ザ プレミア」にアップグレードできるというところです。

年間の利用額が100万円を切ってしまうと、翌年の利用は年会費プラス5,000円かかってしまいますが、メインカードとして年間100万円以上使っているなら「実質無料」です。

1万円で充実したサービスと、VIPラウンジを利用できるプライオリティパスが利用できるカードは他にほとんどありません。空港ラウンジを楽しみたい、旅行好きの方におすすめのJCBカードです。

JCBカードで空港ラウンジを利用するならハイクラスカードを持とう

JCBカードを使って空港ラウンジを利用するなら、ゴールドカード以上の「ハイクラスカード」が必須です。

JCBでは、ゴールドカード、ゴールド ザ プレミア、プラチナカード、ブラックカードなら空港ラウンジを無料で利用できます。

ゴールド ザ プレミア以上のハイステータスなクレジットカードを持っていると、「プライオリティパス」で世界1,200カ所のワンランク上のラウンジサービスが活用できますので、旅行に頻繁に行く方、出張が多い方は、ぜひクレジットカードで ラウンジを利用してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内