JCBカードのポイント還元率~高還元なカードはどれ?ポイントを賢く貯める

ワンポイントを表現する女性

JCBカードを持とうか検討している方、もしくはもう持っている方は、よりお得に使いこなすために「ポイント還元率」のシステムや「どうやってポイントアップさせるのか」を知りたいですよね。

今回は、JCBカードの中でもポイント還元率の高いおすすめカードのほか、ポイントシステムや還元率アップの賢い方法までご紹介します。JCBカードを使ってポイントをどんどん貯めたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

JCBカードでポイント還元率が高い1枚はこれ!

JCB CARD W / W plus L

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%~ 発行日数 最短3営業日

JCBカードの中で還元率が高く、おすすめのクレジットカードは「JCB CARD W /W plus L」です。

年会費は無料、ポイント還元率は常時1.0%と高い還元率を誇ります。また、年会費無料にも関わらず「海外旅行傷害保険」、「海外ショッピングガード保険」がついてくるのも魅力的。

入会限定キャンペーン

新規入会キャンペーン!新規入会とご利用条件クリアでいまなら最大13,000円分プレゼント! 新規ご入会の方はAmazon.co.jpの利用でポイント最大13倍

とにかくお得なJCBカードが欲しい方に検討してほしいですね。

他にも、もっと還元率が高いJCBカードもあります。ですが、総合的に見て、こちらが今最もおすすめできる1枚です。

JCBカードのポイント還元のしくみ(システム)、基本還元率は?

ポイントを表現する女性

ここでは、JCBカードのポイント還元のしくみ(システム)や、還元されるポイントの種類について解説します。

JCBカードで採用しているのは「OkiDokiポイント」!交換先は何がある?

JCBカードで採用しているポイントプログラムは「Oki Dokiポイント」です。こちらは、JCBカードの独自ポイントで、JCBカードでしか使われていません。

利用金額1,000円につき、1〜2ポイント程度がたまるのが普通です。貯めたポイントは、1ポイント3〜5円相当のポイントやギフト、商品などに交換可能です。

交換先はAmazonの支払いのほか、マイルやギフトカード、各種共通ポイントや商品などに交換できます。

JCBカードの基本還元率は0.5%〜

JCBカードの基本還元率はJCB一般カードを基準にすると、0.5%。一般的なクレジットカードの水準と同じです。

ただし、冒頭でご紹介した「JCB CARD W」のような高還元率カードを選べば、さらに還元率はUPします。また、ポイントの交換先によっても、最終的な還元率は左右されます。

ポイント交換先によってどの程度ポイント還元率が変わるのか、一例を載せておきますね。

ポイント交換先 Oki Dokiポイントからの移行レート 交換可能最少単位 最終的なポイント還元率(0.5%でポイントを貯めていた場合)
nanacoポイント 1ポイント→5ポイント 200ポイント以上1ポイント単位 0.50%
スターバックスカードチャージ 1ポイント→4円分 200ポイント以上2ポイント単位 0.40%
ディズニーパークチケット 1,600ポイント→パークチケット1枚 1,600ポイント単位 約0.5%
dポイント 1ポイント→4ポイント 200ポイント以上1ポイント単位 0.40%
Tポイント 1ポイント→4ポイント 500ポイント以上100ポイント単位 0.40%
楽天スーパーポイント 1ポイント→4ポイント 200ポイント以上1ポイント単位 0.40%
WAONポイント 1ポイント→4ポイント 200ポイント以上10ポイント単位 0.40%
JCBギフトカード 1,050ポイント→5,000円分 200ポイント以上1ポイント単位 約0.5%

最も効率が良い交換先は、JCBギフトカード。交換手数料として50ポイントは必要ですが、何枚交換しても、10枚までなら一律で「50ポイント」の手数料ポイントしか必要ありません。

JCBギフトカードは、JCBカードが使えるお店なら現金感覚で使えますから、最もいろいろな用途に使えて、お得な選択肢の一つと言えます。

JCBカードのポイント還元率をアップさせる方法

オッケーサインを出す女性

ここでは、JCBカードのポイント還元率をアップさせるための方法を3つご紹介します。

POINT

JCBカードのポイント還元率をアップさせる方法

  • JCBオリジナルシリーズパートナーの活用
  • OkiDokiランド経由でショッピングを楽しむ
  • 年間利用額を積んで「JCBスターメンバーズ」をランクアップ

1.JCBオリジナルシリーズパートナーの活用

JCBオリジナルパートナーとは、JCBのオリジナルシリーズと提携している「ポイント優待店」のことです。

例えば、次のお店でポイント優待を受けられます。

ポイント優待店 ポイント倍率
スターバックスコーヒー(カードチャージ) 10倍
イトーヨーカドー 3倍
セブンイレブン 3倍
Amazon.co.jp 2倍〜
昭和シェル石油 2倍
エッソ・モービル・ゼネラル 2倍
AOKI 5倍
高島屋 3倍

特にポイント還元率が高いのは、スターバックスカードへのチャージで、なんとポイント10倍。還元率でいうと、驚異の5%です。

ここでは一例しかご紹介していませんが、自分がよく利用するお店があれば、ぜひもっと活用して効率よくポイントを貯めてみてくださいね。

2.OkiDokiランド経由でショッピングを楽しむ

OkiDokiランドとは、JCBカードが運営する「ポイントアップモール」のことです。OkiDokiランド経由でお買い物をすると、通常のポイントから何倍かポイントアップされる、というシステムです。

例えば、Amazon.co.jpや楽天市場なども、OkiDokiランド経由で買い物をするだけで、通常の2倍〜のポイントが貯められます。ただ単にサイトを「経由」するだけなのですが、JCBからの紹介扱いになるため、紹介料の一部を還元してくれている、というシステムです。

特にネットショッピングには強いので、ぜひショッピングを楽しむときは、OkiDokiランドに該当のお店がないかチェックしてみましょう。

3.年間利用額を積んで「JCBスターメンバーズ」をランクアップ

JCBカードには「スターメンバーズ」というポイントアップ制度があります。

例えば、カードのプログラム名称が「Oki Doki for ORIGINAL」・「Oki Dokiポイント CLASSIC」・「Oki Doki for Debit OS」・「Oki Doki for OS(法人)」の会員の場合、次のようにポイントアップします。

集計期間中の利用合計金額(税込) メンバーランク JCBザ・クラス/JCBゴールド ザ・プレミア/プラチナ ゴールド/ネクサス/デビットゴールド 左記以外カード(一般カードなど)
300万円以上 ロイヤルα(アルファ)PLUS ランク適用中のポイントが70%UP ランク適用中のポイントが60%UP 対象外
100万円以上 スターα(アルファ)PLUS 60%UP 50%UP
50万円以上 スターβ(ベータ)PLUS 30%UP 20%UP
30万円以上 スターe(イー)PLUS 20%UP 10%UP

このシステムがあるので、JCBカードはまさに「使えば使うほどお得になるクレジットカード」です。

カードによっては、最高0.85%還元も可能ですから、ぜひJCBカードをメインカードとしてどんどん使っていきましょう。

JCBカードのポイント還元率は工夫次第で高くなる!上手に貯めよう

JCBカードのポイント還元率は、工夫次第で非常に高くなります。

普通に使っているだけでは0.5%〜の還元率しかありませんが、高還元率のカードを選び、使うお店選びを変えるだけで何倍も早くポイントが貯められます。

これからJCBカードをどんどん活用しようと考えている方は、ポイントアップの方法などを参考にして、ぜひ上手にポイントを貯めていってくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内