JCBカードの「セキュリティコード」が書いてある場所は?

クレジットカードを見る女性

JCBカードでネットショッピングを楽しむのに必要な「セキュリティコード」ですが、どこに書いてあるかわからない・知らないという方もいると思います。

今回は、JCBカードのセキュリティコードについて、どこに書いてあるのか、領事の注意点はなにか、変更したいときはどうするかなどを解説します。JCBカードのセキュリティコードについて知りたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

JCBのセキュリティコードが書いてある場所はここ!

JCBカードのセキュリティコードが書いてある場所は、「カードの裏面」です。カードの裏面には、7桁の数字が印字されていますよね。

このうち、セキュリティコードとして使うのは右の「3桁」のみです。ネットショッピングの決済で「セキュリティコード」を要求された場合は、JCBカード裏面をチェックしましょうね。

そもそも、セキュティコードとは?

セキュリティコードの書いてある場所がわかったところで、そもそも「セキュリティコードって何?」、「なんのためにあるの?」という疑問が出てくる方もいると思います。

セキュリティコードとは、クレジットカード取引の安全性を高めるための「暗証番号」の一つです。この番号は、実店舗でのショッピングで利用明細、売上票に載ってこない情報です。

セキュリティコードはネットショッピングの不正利用対策!

セキュリティコードは主にネットショッピングで活用されるのが特徴です。万が一クレジットカード情報が盗まれてしまっても、カードに直接印字されているセキュリティコードを入力できなければ、ほとんどのサイトで決済はできません。

決済ができない=不正利用が防げるので、今ではネットショッピングで必ずセキュリティコードを確認されるようになってきています。

手元にカードがなければ簡単にはわからない情報ですから、強力なセキュリティ対策になっていますね。

ネットショッピングではセキュリティコードを入れる前に注意を

考え事をしている女性

ネットショッピングをする上で気をつけたいのが、ショッピング先のサイトのセキュリティがしっかりしているか、というところです。

セキュリティコードなどの個人情報を入力する前に、必ず「SSLで暗号化」されたサイトであることをチェックしましょう。暗号化サイトの特徴は、次の通りです。

POINT

  • アドレスバーに表示されるURLが「https://……」という形式になっている
  • ブラウザに鍵マークが表示されている

ネットショッピングや個人情報の入力は、この2つの条件を満たしているかどうかを確認してから利用しましょう。

JCBカードでセキュリティコードを変更したいときはどうする?

お手持ちのJCBカードのセキュリティコードを変更したくなった時は、カードの「再発行」が必要です。

場合によっては再発行手数料がかかるケースもありますので、他人に知られてしまった、うっかりセキュリティコードをメモして紛失したなど「緊急性がある」時以外は、なるべく再発行は利用しないようにしましょう。

カード番号も全てかわってしまうので、引き落としに利用していると大変になってしまいますからね。

JCBカードのセキュリティコードはカード裏面!覚えておこう

JCBカードのセキュリティコードは、カード裏面に記載してあります。

ネットショッピングの際は、利用サイトのセキュリティ情報などもしっかりとチェックした上で、安全に買い物ができるように注意しましょう。

他人にセキュリティコードが知られてしまった場合は、再発行という手段もあります。困った時はぜひ、JCBカードデスクに相談してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集