ANA VISA/Master 一般カード

ANAマイルを最大1.3%還元!お買い物でもフライトでもマイルが貯まる!

ANA一般カード
国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.5%〜 発行日数 最短3営業日

初年度年会費無料で2年目以降も年会費をあまりかけずにANAマイルを貯めたいならANA一般カードがおすすめです。ANAカードの中でもスタンダードなカードです。

マイルが貯まる マイル還元率最大1.3%!お買い物やフライトでANAマイルがどんどん貯まる!
年会費初年度無料 初年度無料で最短3営業日発行!翌年度以降も年会費割引でお得に持てる!
国内旅行に最適 最高1,000万円の国内航空傷害保険&海外旅行傷害保険が自動付帯!

ANA VISA/Master 一般カード こんな人におススメ

  • ANAマイレージや、ANAのボーナスマイルを貯めている方
  • ANAでのフライト利用やANA系列のサービスを頻繁に利用される方
  • ANA系列のホテル、国内・海外ツアーをよりお得に楽しみたい方
ANA一般カード
入会限定キャンペーン

ANAカード会員限定キャンペーン!新規ご入会でもれなく最大1,000マイル相当がもらえる!

ANA VISA/Master 一般カードを徹底解説

ANAマイラーから絶大な支持を受けるANAカードは、国際ブランドのVISAとMasterCardに対応しており、国内だけでなく海外へ渡航の際もショッピングやキャッシングができる定番の一枚です。

ANA一般カードの紹介まとめ

ANA一般カード

ANA一般カードは、フライト時のマイルがどんどん貯まるカードとして人気があり。入会時やカード継続時に1,000マイルが付与されます。また海外・国内の旅行傷害保険が自動付帯するほか、年100万円までのショッピング保険も付帯しているので、国内・海外で安全かつ快適にカードが利用できます。

そして、電子マネーiDが標準搭載されているので、ネットショッピングでの決済はもちろん、普段利用するコンビニ、レストラン、カフェ、レジャー施設、ショッピングモールなど、653,000を超える「iD加盟店」で電子マネー決済ができ、利用した分だけ「カード利用ポイント」が貯まるのでお得です。

ANA一般カードの概要

飛行機

ANA一般カードは、数あるANAカードの中でも「最もベーシック」な基本となるカードです。基本とはいえ、搭乗ボーナスマイルがあるほか電子マネーにも対応するなど、陸マイラーにもうれしい機能が充実しています。

POINT

ANA一般カードの概要

  • ANAカードを発行する、三井住友カードについて
  • ANAカードは「ボーナスマイル」が三重取りできる!
  • ANAカードは、年会費が割引される!
  • 実質1,107円で、お得にANAカードを使う裏技
  • ANAマイレージクラブの仕組み

ANA一般カードを発行する、三井住友カードについて

ANAカードを発行する三井住友カードは、日本で始めてVISAカードを発行した老舗のクレジットカード会社です。社名からも分かる通り三井住友銀行系列の子会社がカード発行を行っており、VISA以外にもMasterCardにも対応しています。

ANA一般カードでもVISAのほかMasterCardが選択でき、クレジットカード機能に加えて、電子マネーへのチャージにも対応。カードの利用ポイントはマイル交換できるなど、陸〜空まで幅広く使えるのが最大の魅力です。

また「ANAカードマイルプラス提携店」でカードを利用すると通常のカード還元分に加えて、100円で1マイル(もしくは200円1マイル)のマイレージが別途付与されるので、マイレージの二重取りが可能になります。

ANA一般カードは「ボーナスマイル」が三重取りできる!

ANA一般カードは入会時だけでなく、カードの更新時に毎回1,000マイルのボーナスマイルが付与されます。またANA搭乗時には、通常マイルの+10%分「搭乗ボーナスマイル」が加算されるほか、前年度の利用金額と今年度の利用金額に応じてVステージポイント(ポイント制度のランクがV1〜V3へとランクアップし、通常0.5%のマイル還元率が1.1%〜最大1.3%にまでアップします。

ANA一般カードは、年会費が割引される!

年会費は初年度無料

次年度以降2,160円が必要ですが、カードの利用状況に応じて「年会費の割引」が適用されます。WEB明細サービスを利用し年に6回以上のカード利用があれば、540円の割引が適用されます(⇒2年目以降の年会費は1,620円にまで減額)。

また「マイ・ペイすリボ」と呼ばれるリボルビング返済の手続きを行い、なおかつ年1回以上のカード利用があれば、1,107円ものの割引が適用されます(⇒2年目以降の年会費は1,053円にまで減額)。

実質1,107円で、お得にANA一般カードを使う裏技

もし、リボルビングにより返済を避けたい(無駄な利息を増やしたくない)方は、カード契約後、オンラインサービスVpass(カード会員の専用ページ)にログインし、カード利用枠をリボの支払額と「同額」にしましょう。これで、実質「一括払い」となり「リボ払いの手数料無し」で、マイ・ペイすリボが登録できます。

つまり上記の裏技を使えば、次年度以降年会費も1,107円のままANAカードが利用できるという仕組みです。

ANAマイレージクラブの仕組み

ANA一般カードでは「マイルの貯め方」が自由に選択できるのですが、ANA独自のポイントプログラムを『ANAマイレージクラブ』と呼んでいます。

自動でマイル交換ができる『3マイルコース』は移行料無料、1P=3マイルと交換できます。また『5マイルコース』は移行料無料、1P=5マイルと交換できますが、マイルの移行手続きは「都度移行」となっており、ポイントを指定してANAマイルに交換(移行)する必要があります。

このほか『10マイルコース』もあり、1P=10マイルという高い還元率でマイル交換できるのですが、移行手数料は年6,480円(マイルの移行上限は無し)掛かるので、沢山の
マイル交換を行わなければ「手数料の元」を取れない可能性があります。

ANAマイレージコースは、年間の搭乗回数やマイルの獲得数などを比較し、みなさんに合ったサービスを選択してください。

ANA一般カードの特徴

ANA一般カード

ANA一般カードの特徴は、マイルの還元率の大きさをはじめ、ボーナスマイルの付与、旅行傷害保険、ETCカードの無料発行、国際ブランドの付帯など大きく分けて5つあります。

ANA一般カードの特徴
特徴① 搭乗ボーナスマイルは1,000マイル、入会時&継続時には、1,000マイル分のボーナスマイル進呈!
特徴② マイル還元率は、前年度の利用金額によっては最高1.3%にまでアップ!
特徴③ 年100万円のショッピング保険が付帯するほか、最高1,000万円の海外旅行傷害保険、国内航空傷害保険が自動付帯
特徴④ 年1回の利用で、通常540円のETCカード年会費無料!
特徴⑤ 世界シェア1位のVISAと世界シェア2位のMasterCardが選べる

特徴①搭乗ボーナスマイルは1,000マイル、入会時&継続時には、1,000マイル分のボーナスマイル進呈!

女性

ANA一般カードは入会時の特典として1,000マイル、カードの更新時にも毎回1,000マイルのボーナスマイルが進呈されます。また、通常のマイレージに+10%多いマイレージが加算されるので、他のクレジットカードよりも大量のマイルが貯められます。

例えば、羽田からバンコクのANA航空券購入で加算されるマイレージは「通常5,738マイル」ですが、10%のボーナスマイルが加算されることで「6,311マイル」付与される計算となります。

海外へのフライト回数が多い方、国内の移動が「ANAばかり使う」という方であれば、ANA一般カードを使うことで一回あたりのボーナスマイルはもちろん、年間の累計マイルも比例して大きくなるのでお得です。

マイルが沢山貯まったら、特典航空券と交換し「海外旅行」を無料で楽しんでみましょう。例えば日本人の間で人気の高いハワイは、閑散期なら35,000マイルでエコノミークラスの航空券(往復分)がゲットできます。また、ゆったりとした座席とハイクオリティなサービスが人気のビジネスクラスは60,000マイル(往復分)と交換できます。これなら普段からコツコツマイレージを貯めておくことで「年1回のハワイ旅行」も夢ではありません!

また「ANAカードの入会キャンペーン」を利用すれば、入会時の1,000マイル、リボ払いの設定で16,000マイル、家族カードの契約で5,000マイル、電子マネーiDの利用で最大5,000マイル、ANAの搭乗で最大2,000マイル=計29,000マイルが獲得できます。

もちろんハワイよりも近い、アジア圏であれば12,000マイルから利用できますし、国内なら1区間(片道)5,000マイルから利用できるので、初回の特典マイルだけで無料の旅行が楽しめます♪

また貯まったマイルは航空券だけでなく、既に取得した座席をエコノミークラスからプレミアムエコノミーの座席へランクアップしたり、ビジネスクラスへとグレードアップすることも可能です。ANAマイレージを使って、より快適な空の旅を満喫してみてください。

特徴②マイル還元率は、前年度の利用金額によっては最高1.3%にまでアップ!

ANA一般カードの特典は、①のボーナスマイルだけでなく「Vステージポイント」と呼ばれるサービスでも別途、ボーナスポイントが加算されます。

Vステージポイントのランクは、前年と今年度の支払い累計で決まる

前年度の利用金額と今年度の利用金額に応じてVステージポイントを利用すれば、マイル還元率は最大1.3%にまでアップします。以下にVステージポイントの仕組み(ステイタスアップの条件)をまとめてみました。

Vステージポイントの仕組み
前年度と今年度の支払累計 ボーナスポイントの内容
50万円以上100万円未満 V1ランク
50万円で50ポイント進呈、以降は10万円毎に10ポイントを付与
100万円以上300万円未満 V2ランク
50万円で75ポイント進呈、以降10万円毎に15ポイントを付与
300万円以上 V3ランク
50万円で150ポイントを付与、以降10万円毎に30ポイントを付与

上記の通りANA一般カードを使えば、通常のポイントに加えてボーナスポイント、ボーナスマイルとマイルの三重取りができるため、他のカードよりもANAマイレージがより速く、大量獲得できます。

また、マイレージだけでなくANA系列のツアー、ホテル、加盟店の利用時には「5 %の優待割引」が適用されるなど、国内・海外旅行がお好きな方に「コストパフォーマンスが高い」カードと言えるでしょう。

特徴③年100万円のショッピング保険が付帯するほか、最高1,000万円の海外旅行傷害保険、国内航空傷害保険が自動付帯

ANA一般カードは最高1,000万円の海外旅行傷害保険が付帯するほか、国内の(飛行機)移動に適用される「航空傷害保険」も最大1,000万円まで保障が受けられます。

また救援者に対しても年100万円の費用が支払われるので、渡航先で事故やケガに遭った場合でも安心です。

そして、カードで購入した品物も、海外利用分は年100万円まで保障が受けられます。これなら渡航先で、品物の破損・盗難に遭った場合でも最高100万円の保障が受けられるので安心です。また海外だけでなく国内でも、リボ払いや分割払いで購入した品物の破損・盗難に対して最高100万円(年)のショッピング保険が適用されます。

もちろん、使っているANAカードが盗難や不正利用の被害に遭った場合も、届け日から60日前にさかのぼった(第三者による)不正利用分と、届け出以降の不正利用は補償されるので、スリやひったくり、スキミング被害、ネット犯罪による情報漏洩の場合でも、被害は最小限に抑えられます。

特徴④ 年1回の利用で、通常540円のETCカード年会費無料!

ANA一般カードは「年1回のETC利用」で、ETC年会費が無料になります。自動車を利用される方はANAカードに申込「ETCカード」を実質無料で手に入れましょう。

特徴⑤ 世界シェア1位のVISAと世界シェア2位のMasterCardが選べる

visaカードANA一般カードは世界シェアNo.1のVISAカードもしくは、世界シェア第二位のMasterCard(マスターカード)のいずれかを選んで申し込めます。

VISAであれば海外、国内だけでなく、アジア圏でもシェア率No.1なので、渡航先のホテル滞在やショッピング、キャッシングを利用する場合も不自由なくカードが使えるので便利です。

masterカードもちろんMasterCardについても「使えない場所を見つけるのが難しい」ほど、国内・海外ともに加盟店の数は多くVISA・MasterCardともに加盟店数は「3,000万店」を超えています。

国内ではJCBなど国産のカードブランドも人気ですが、海外では使えない場所も多いので注意が必要です。特に海外への渡航が多い方は、加盟店利用が多いVISAかMasterCardを選んでおけば確実です。

その他の特徴

ANA一般カードは電子マネー楽天Edy(標準搭載)、iD (標準搭載)PiTaPaに対応しており、電子マネー決済が行えます。

マイル ↔ 楽天Edyの互換性

楽天edy貯まったマイルは10,000マイル=10,000円分の楽天Edyに交換できるほか、楽天Edyで貯まったポイントをマイル交換することも可能(200円=1マイルが貯まる)です。またEdyマイルプラス加盟店では、200円=2マイルが貯まるので「2.0%の高い還元率」が受けられます。

マイル ↔ iDの互換性

iDANA一般カードに付帯したiDカードは10,000マイルをiD10,000円分と交換できるほか、iDカードで貯まった「1iDバリュー」を1円相当にキャッシュバックできます。ただし現金化できるのではなく、三井住友カードiDの利用代金支払いに充当されるのでポイントの利用時には注意しましょう。

マイル ↔ PiTaPaの互換性

PiTaPaでも貯めたポイントをマイルに交換したり、マイルをPiTaPaに交換できます。

  • 500ショップdeポイント⇒20マイルと交換可能
  • 10,000マイルでショップdeポイント100,000ポイント

ただし、PiTaPaに関しては別途Vpass(会員ページ)より発行手続きをする必要があります。

ANA一般カードの注意点

ANA

ANA一般カードを申し込む際には、年会費を安くするため「マイ・ペイすリボ」を利用される方が多いです。この場合は、リボルビング返済の手数料を無くすため忘れず、会員ページ「V pass」から、カード利用枠をリボの支払額と「同額」に設定してください。

リボ払いの変更設定は、カードの申込時にはできず、必ずカードの取得後に「V pass」にログインして手続きする必要があります。カードを受け取った後、V passでの設定は必ず忘れないようにしましょう。

リボ払いの設定が終わると、後日「毎月の支払額変更」の手続きが終わったことを知らせる手紙(青色のハガキ)が届きます。封を切ったら、中のカード利用枠「リボ払い」の金額がカード利用枠と一致しているか確認しておいてください。

これで年会費は初年度無料、次年度も1,107円という安い年会費でANAカードが使い続けられます。

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 18歳以上の方(ただし、高校生や大学生は除く) 
国際ブランド VISAカード マスターカード 
年会費(初年度) 無料 年会費(2年目) 2,000円+税
家族カード(初年度) 初年度無料  家族カード(2年目) 1,080円 ただし、以下の条件を満たせば、次年度以降の年会費は割引が適用される。 ・「マイ・ペイすリボ」に登録を行い、年1回以上カードの利用があれば年会費は513円(567円の割引) 
ETCカード発行手数料 無料  ETCカード年会費 初年度は無料、次年度からは540円 ※備考欄を参照のこと 
ETCカード備考 1年に1回以上ETCを利用すれば、年会費は無料になる。
発行期間 最短3営業日
利用限度額(下限) 20万円  利用限度額(上限) 100万円
利用限度額備考 限度額は審査によって決定される。また「一次的な増枠」を希望した場合100万円を超える利用も一部認められる(要審査)。
発行会社 三井住友カード 提携:全日本空輸(ANA 英称:All Nippon Airways Co., Ltd.) 
支払い
キャッシング手数料 ①5万円〜99万円までは18.0% ②100万円以上は15.0% 
締め日 毎月15日締め   引落日 翌月10日払い 
支払い方法 1回/2回/ボーナス1回/リボ払い/分割払い 
キャッシング金利 ①5万円~99万円の利用 ⇒ 18.00% 
②100万円以上の利用 ⇒ 15.00% 
ポイントシステム
ポイントプログラム ワールドプレゼント 
ポイント還元率 0.5%(1,000円毎に1ポイント) 
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
最低交換単位 200P 
マイレージ
交換可能なマイレージ ANAマイレージ (マイルの有効期限は3年間)
マイレージ還元率 0.5%〜1.3%
最低交換単位 1P(1,000円相当)以上 
マイレージ移行手数料 ①5マイルコース(1p=5マイル)の場合、移行手数料無料 ② 10マイルコース(1p=10マイル)の場合、年6,480円の移行手数料が必要 ③ 3マイルコース(1p=3マイル)は都度移行のサービスで、移行手数料は無料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー iD/楽天Edy/PiTaPa
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯 
国内旅行保険「傷害保険」 ①5マイルコース(1p=5マイル)の場合、移行手数料無料 ② 10マイルコース(1p=10マイル)の場合、年6,480円の移行手数料が必要 ③ 3マイルコース(1p=3マイル)は都度移行のサービスで、移行手数料は無料
国内旅行保険「国内航空傷害保険」 最高1,000万円(※航空機搭乗中の傷害に対し適用)  
国内旅行保険「その他」
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯 
海外旅行保険「傷害治療」
海外旅行保険「携行品損害」
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高1,000万円   
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」
海外旅行保険「賠償責任」
海外旅行保険「救援者費用」 最高100万円
海外旅行保険「その他」 最高1,000万円 
ショッピング保険 年間100万円/90日(自己負担は3,000円で、国内でリボ・分割利用に対し適用。海外の場合は、全カード利用分が対象) 
その他
特典
航空ラウンジ
プライオリティパス
手荷物宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ
備考 ANAマイレージクラブ入会から現在までの「総飛行マイル」が200万マイルを超えた場合のみ、「ANA SUITE LOUNGE」が生涯使えるラウンジ専用カード(同伴者も1名まで無料)が発行される。

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容

最近閲覧したカード
CLOSE
最近チェックしたクレジットカード