三井住友VISAデビュープラスカード

初めてのクレジットカードにおすすめ!安心の三井住友VISAカード!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 1.0%~2.5% 発行日数 最短3営業日

三井住友VISAデビュープラスカードは初めてカードを持つ学生・新社会人のためのクレジットカード。実質年会費無料でポイント還元率が2倍!18歳〜25歳だけが持てる特別なVISAカードです。

初心者おすすめ クレジットカードが初めての方の三井住友VISAカード!実質、年会費無料
若者限定 25歳以下限定で還元率2倍!三井住友VISAカードで最もお得なヤングカード
高還元率 還元率は1%~でどこで利用してもお得な一枚

三井住友VISAデビュープラスカード こんな人におススメ

  • クレジットカードを初めて取得される方
  • 18歳以上〜25歳までの方(ヤングカード)
  • 実質無料で、クレジットカードを取得されたい方
  • キャッシュバックがあり、還元率が高いカードをお探しの方!
  • 信頼の三井住友VISAカードを取得されたい方!
入会限定キャンペーン

新規ご入会お得なWキャンペーン! vpassアプリログインで最大12,000円!ご利用金額の20%をプレゼント!さらに入会後のご利用で抽選で合計10万本のお買い物が全額タダに!(上限10万円まで)

2019-09-02~2019-12-27

三井住友VISAデビュープラスカードの評判と特徴、審査基準を徹底解説

三井住友VISAデビュープラスカードとは?

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードは18歳〜25歳までの若者向けVISAカードで、年会費無料で利用できるほか、還元率(通常2倍、入会から3カ月間はポイント5倍)の高さで人気があります。また、三井住友VISAデビュープラスカードで最も嬉しいのは、26歳になると自動的に『三井住友VISAプライムゴールドカード』へランクアップできる点です。

通常、ゴールドカードへの入会は審査基準(年収や勤続年数など)が厳しいのですが、先に三井住友VISAデビュープラスカードを取得しておけば、自動的にゴールドカードが取得できるのはうれしい限りです。

若者向けカードということもあり、三井住友VISAデビュープラスカードの審査は難しくありません。18歳から25歳の若者をターゲットにしたカードなので、年収や勤続年数なども特に重要視されず、年齢の条件さえ合えば、誰でも比較的カンタンにカードが取得できます。審査に自信が無い方で、25歳までの方は三井住友VISAデビュープラスカードに申し込んでみましょう!

三井住友VISAデビュープラスカードが選ばれる3つの特徴

三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカードの特徴を挙げると、次の3つのポイントに分けられます。

  • 若者向け!初めての1枚におすすめ
  • 段階的にステータスカードへとアップ
  • 高還元率!入会後3ヶ月は還元率2.5%

では三井住友VISAデビュープラスカードの特徴を、以下に解説していきましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードは初めての1枚に最適!25歳以下限定のヤングカード!実質年会費無料で利用できる

冒頭でもお伝えしましたが、三井住友VISAデビュープラスカードは18歳~25歳までの若者向けカードです。年会費は1,250円(税抜)ということになっていますが、初年度は無料ですし、年1回以上の利用があれば翌年の年会費が無料になるため、三井住友VISAデビュープラスカードを所持している間はずっと年会費無料で利用することも難しくありません。

将来はステータスカードを手に入れたい!という若者に人気!三井住友VISAデビュープラスカードはステータスカードへランクアップできる

三井住友VISAデビュープラスカードが人気なのは、単に若者向けカードだからというわけではありません。段階的にステータスカードへとステップアップしていくことができるカードとしても人気が高いのです。

25歳までは三井住友VISAデビュープラスカードですが、26歳からは三井住友VISAプライムゴールドカードへと自動的に切り替えになります。三井住友VISAプライムゴールドカードは29歳まで限定のヤングゴールドカードです。ちなみに希望しない場合は三井住友VISAクラシックカードへの切り替えも可能です。

そして、29歳まで三井住友VISAプライムゴールドカードを使っていると、30歳からは三井住友VISAゴールドカードへとランクアップできます。三井住友VISAプライムゴールドカードは格安年会費のヤングゴールドカードですのでステータスはほぼありませんが、三井住友VISAゴールドカードへとランクアップすれば正真正銘ステータスカードホルダーの仲間入りです。

三井住友VISAデビュープラスカードのポイントは常時2倍還元!入会後3ヶ月間は5倍の還元で還元率は2.5%!

三井住友VISAデビュープラスカードは、通常のポイント還元率が常時2倍です。三井住友VISAカードの還元率は0.5%なので、2倍ということは1.0%で利用できるのです。三井住友VISAカードとしては高還元率で利用することができます。

また、三井住友VISAデビュープラスカードに限り、入会後の3ヶ月間は還元率が5倍になります。つまり還元率2.5%です。これは見逃すことのできない超高還元率で、若者だけの特権です。それだけでも持つ意味のあるカードと言ってもいいくらいです。

三井住友VISAデビュープラスカードは、こんな人におすすめ

大学生

では上記の特徴を踏まえ、ここからは三井住友VISAデビュープラスカードがどんな人におすすめできるカードなのかについてみていきましょう。

クレジットカードを初めて取得される25歳以下の方におすすめ!三井住友VISAデビュープラスカードは25歳以下限定のヤングカード!

三井住友VISAデビュープラスカードは、初めてカードを取得される18歳〜25歳の若者に向けて発行されるカードです。同社の三井住友VISAクラシックカード、三井住友VISAプライムゴールドカード等と比べて簡単(=年収等の条件が厳しく無い)に取得できます。

もちろん、三井住友VISAデビュープラスカードは学生の方でも申し込みできます。高校生は申し込めませんが、大学生、専門学校生、予備校生の方でも取得できる若者向けのクレジットカードなのです。

ただし「学生」として申し込む場合は、認定された専門学校や短期大学、その他大学に進学している必要があります。これ以外の研究生や聴講生、科目履修生、予備校生、語学学校生、認定校以外の学校に通われている方は、申込フォームの区分を「一般」として、カード手続きを行ってください。

三井住友VISAデビュープラスカードは若者向けの特別なVISAカード!初めてのクレジットカードで審査が不安な方におすすめ!

三井住友VISAデビュープラスカードは、満18歳〜25歳までの方に限定した、特別なVISAカードです。若い方が「気軽にカードが使える」よう工夫されているので、高還元率で年会費も実質無料になるなどお得度が高い(=コスパ大)ことで人気があります。

また、社会人向けのカードとは違い、審査の難易度もゆるやかに設定されているので、年収や勤続年数などは厳しく問われません。アルバイトなどで月々決まった収入があり、他のクレジットカードやローンの延滞などがなければ、誰でもカンタンに(三井住友VISAデビュープラスカード)が取得できます。

コスパの高いクレジットカードをお探しの方!三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は実質無料でコスパが高い!

三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は初年度無料、次年度以降も実質無料で利用できます。通常、次年度は年1,250円(税抜)の年会費が発生するのですが、1年に1回以上カードを使用すれば次年度分のカード会費は無料になります。

せっかくクレジットカードを取得しているにもかかわらず「年に一度も使わない」という方はまずいないでしょう。なので、三井住友VISAデビュープラスカードの年会費は(25歳まで)実質無料のまま継続して利用することができます。

ポイント還元率が高くポイントの使い勝手の高いクレジットカードをお探しの方!三井住友VISAデビュープラスカードは還元率1.0%以上で利用できる!

三井住友VISAデビュープラスカードの還元率はいつでも2倍、入会から3カ月間は通常の5倍ものポイントが獲得できます。また、前年度の利用額に応じてボーナスポイントが加算されるので、使えば使うほど、大量のポイントが貯まる仕組みです♪

そして、三井住友VISAデビュープラスカードで貯めたポイントは提携先が豊富。例えば、カタログでの商品やギフトカードへの交換、キャッシュバック、T-ポイントや楽天スーパーポイントなどの共通ポイントへの交換、ANAマイレージヘの移行など、交換先も多彩。これなら、ポイントを無駄なく120%有効に使い切れるのでお得ですね!

信頼の三井住友VISAカードで将来的にステータスカードを取得されたい方!三井住友VISAデビュープラスカードはステータスカードへとランクアップ可能!

国内にもたくさんのカード会社がありますが『信頼と歴史』で言えば、三井住友VISAカードは国内トップクラスに位置しています。また「三井住友銀行系列のカードブランド」というステータスもあり、若者からシニア層まで、幅広い方が三井住友VISAカードを使用しています。

初めてカードを取得される方なら特に「格式あるカード会社」を利用したいと思われるでしょう。その点、三井住友VISAカードなら安心ですし、18歳〜25歳をターゲットにした三井住友VISAデビュープラスカードは「三井住友VISAブランド」のスタートにふさわしいカードと言えるでしょう。

しかも三井住友VISAデビュープラスカードは、26歳からヤングゴールドカードの三井住友VISAプライムゴールドカードへ、そして30歳からは三井住友VISAゴールドカードへと切り替えることができ、段階的にステータスカードへとステップアップができますので、将来的にステータスカードホルダーを目指す方にもおすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

三井住友VISAデビュープラスカードのメリットについてまとめてみました。

POINT

三井住友VISAデビュープラスカードのメリット

  • 年会費が実質無料の18歳〜25歳限定カード!
  • 将来は三井住友VISAゴールドカードへランクアップ
  • 通常のポイント還元率は2倍!入会から3カ月は5倍!
  • 年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえる!

このように、三井住友VISAデビュープラスカードは年会費もお得、年齢制限はあるものの、通常の2倍(入会後3カ月は5倍)もの大きな還元率が受けられるという、若者向けのお得なカードです。

三井住友VISAデビュープラスカードのデメリット

続いて、三井住友VISAデビュープラスカードのデメリットについてみていきます。魅力の多い若者向けカードではありますが、デメリットとして以下の2点が挙げられます。

  • 25歳以下しか申し込めない
  • 海外旅行保険が付帯しない

三井住友VISAデビュープラスカードは25歳以下限定!26歳以上は申し込めない

特徴としてご説明したきましたように、三井住友VISAデビュープラスカードは18歳~25歳までの方が申し込めるクレジットカードですので、26歳以上は申し込めません。

三井住友VISAカードとしては魅力的な高還元率カードではありますが、その恩恵を受けられるのは25歳以下でなければなりません。

三井住友VISAデビュープラスカードには海外旅行保険などが付帯していない!

実質年会費無料でしかも高還元率が魅力の三井住友VISAデビュープラスカードですが、付帯保険は年間100万円のお買物安心保険のみです。海外旅行傷害保険の付帯もありません。

海外の旅行先で万が一怪我や病気に見舞われた場合、治療費で数百万円かかってしまうこともよくあることなので、海外旅行傷害保険が付帯しないのは不安です。

海外へ行く機会があるという場合は、海外旅行傷害保険の付帯する別のクレジットカードへ申し込むか、もしくは保険会社の旅行保険に加入するようにしましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードの評判

若者向けクレジットカードとして、ターゲットとなる若者を中心に評価の高い三井住友VISAデビュープラスカード。その評判について迫ってみましょう。

三井住友VISAカード発行の4枚のヤングカードの中でも三井住友VISAデビュープラスカードの評判が良い

三井住友カード株式会社では、三井住友VISAデビュープラスカードのほか、同じく若者向けのカード(通称:ヤングカード)が、以下の4種類あります。

  • 三井住友VISAデビュープラスカード(18歳〜25歳)
  • 三井住友VISAデビュープラスカード(学生)
  • 三井住友VISAクラシックカード(学生)
  • 三井住友VISAプライムゴールドカード

上のうち、三井住友VISAデビュープラスカード(学生)は、18歳以上の学生(在学中の方)を対象にしたカードです。

在学中の学生向けカードには、この三井住友VISAデビュープラスカード(学生)のほか、三井住友VISAクラシックカード(学生)と呼ばれるカードがあります。ここで代表的な二枚のカードを比較してみましょう。

三井住友VISAデビュープラスカードと三井住友クラシックカード(学生)の比較
区分 三井住友VISAデビュープラスカード 三井住友VISAクラシックカード
入会資格 満18歳〜25歳までの方
※ ただし、高校生は不可。未成年の場合は親権者の同意が必要。
満18歳以上の学生の方
※ただし、高校生、研究生や聴講生、履修生、語学学校生、予備校生、認可校以外の専門学校生以外は申込不可
年会費 初年度無料、次年度以降も1回以上のカード利用で無料(カードの利用が無ければ年1,350円) 在学中は無料、家族カードも無料。卒業後は、三井住友VISAクラシックカードに切替(年会費1,350円)
還元率 0.909%〜1.5% 0.454%〜1.0%
付帯する保険 ①海外旅行傷害保険は無し
②ショッピング保険は最高100万円まで
①最高2,500万円までの海外旅行傷害保険が付帯
②ショッピング保険は最高100万円まで
利用限度額 最高80万円まで 最高30万円まで

二枚のカードを比較すると、三井住友VISAデビュープラスカードの方が、還元率は大きく(赤字の部分)設定されています。また、年会費条件についても(三井住友VISAデビュープラスカードの方が)初年度無料、次年度以降も実質無料と、お得度は高くなっています。

ただ、三井住友VISAデビュープラスカードには「海外旅行傷害保険」が付帯していません。このため保険が必要な学生の方は、三井住友VISAクラシックカード(学生)の方がおすすめ。また、学生以外の方でも通常の「三井住友VISAクラシックカード」を申込むことで海外旅行傷害保険付きカードが取得できます。

三井住友VISAカードのヤングカードを選ぶ基準(三井住友VISAカード)

若者向けの三井住友VISAカードの選び方で迷った時は、以下の条件を目安にしてみてください。

カード選びの基準(三井住友VISAカード)
年会費無料&還元率で選ぶなら ⇒ 三井住友VISAデビュープラスカード
海外旅行傷害保険付きカードが欲しいなら 三井住友VISAクラシックカード

年会費と還元率の高さで選ぶなら三井住友VISAデビュープラスカード、海外旅行傷害保険付きカードで選ぶなら三井住友VISAクラシックカードがおすすめです。

三井住友VISAデビュープラスカードの評判が良いのは三井住友VISAプライムゴールドカード経由でステータスカードへランクアップできるから

三井住友VISAデビュープラスカードを利用中の方は、26歳になって最初のカード更新時に、三井住友VISAプライムゴールドカードへの切り替えが自動的に行われます。そして30歳になってから最初の更新時にステータスカードとして有名な三井住友VISAゴールドカードへと切り替えが行われます。三井住友VISAデビュープラスカードを所持するだけで、将来のステータスカードホルダーとしての道が開ける点も高評価の要因なのです。

三井住友VISAプライムゴールドカードは「20代向け」ヤングゴールドカードです。年会費は初年度無料、次年度から2,700円〜5400円(※カードの利用条件によって年会費は変動)の年会費は掛かりますが、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯するほか、300万円のショッピング保険、大手三社のマイレージ(全日空・シンガポール航空・アリタリア航空)が貯まるほか、カードの利用限度額も200万円にまでアップします。

年収など属性に自信は無くても、「将来的にはステータスのあるカードを持ちたい」という方は、まず三井住友VISAデビュープラスカードの申し込みを始めるのが最良の道です。

三井住友VISAデビュープラスカードの審査

若者向けカードとはいえ、そこは銀行系クレジットカードとしてのステータスもある三井住友VISAデビュープラスカード。気になるのはやはり審査基準と審査難易度ですよね。

実際、三井住友VISAカードの審査難易度は高めの傾向にあるというのは有名な話です。若者向けカードであってもその厳しさは変わらないのでしょうか? その点について解説していきます。

一般カードの三井住友VISAクラシックカードより審査規準が低い!クレジットカード初心者向けのカードとしておすすめ

確かに三井住友VISAカードは銀行系クレジットカードということもあり比較的審査基準が高いです。ただし、三井住友VISAデビュープラスカードはターゲットが25歳以下の若者ということもありますし、実質年会費無料で利用できるので維持費もほとんどかかりません。そのため、審査基準は通常の三井住友VISAカードよりも低いです。審査に慣れていないクレジットカード初心者でも安心して申し込めます。

三井住友VISAデビュープラスカードの利用限度額は10万~80万円!学生向けは30万円が限度

三井住友VISAデビュープラスカードの利用限度額は審査で決められるため個人によって異なりますが、10万円~80万円の間で決定されます。また、学生が申し込める三井住友VISAデビュープラスカード(学生)の場合は10万円~30万円となります。

三井住友VISAデビュープラスカードのキャンペーン

三井住友VISAデビュープラスカードでは次のようなキャンペーンを行っています。

  • 新規入会&条件クリアで最大7,000円
  • Apple PayにiDを新規登録でコンビニ半額

三井住友VISAデビュープラスカードの入会キャンペーン!新規入会登録後に条件クリアで最大7,000円

三井住友VISAデビュープラスカードは、不定期で数回キャンペーンを実施しています。せっかくカードを取得するのなら、お得なキャンペーンの機会に合わせて申し込むようにしましょう!

現在、入会時に最大7,000円分が進呈されます。この特典を受けるためには以下の条件をクリアする必要があります。

  1. 入会後2ヶ月後末までに6万円利用で6,000円
  2. 上記条件達成者で入会後2ヶ月後末までに電子マネーiDを所持すると1,000円

ちなみに、7,000円分というのはポイント付与ではなく、カード利用額の減額というかたちで還元されます。

三井住友VISAデビュープラスカードへ入会してApple PayでiDを新規設定後にエントリーするとコンビニ半額が抽選であたる

三井住友VISAデビュープラスカードに入会後、Apple Payに電子マネーのiDを新規設定、そしてそのごのキャンペーンへエントリーすると抽選で「コンビニでの利用額の半額をキャッシュバック」があたります。キャッシュバックの上限は5,000円です。

三井住友VISAデビュープラスカードの還元率

三井住友VISAデビュープラスカードのポイント還元率は1.0%です。通常、三井住友VISAカードは1,000円ごとに1ポイント(5円相当)ですが、三井住友VISAデビュープラスカードは常時2倍となり1,000円ごとに2ポイント付与となります。

三井住友VISAデビュープラスカードなら入会後3ヶ月は5倍の還元率2.5%!ココイコ!やポイントUPモールもおすすめ

三井住友VISAデビュープラスカードは、通常でも還元率1.0%ですが、入会後3ヶ月間に限り5倍の2.5%です。3ヶ月限定とはいえこれだけの高還元率は魅力です。

さらに、リアル店舗がお得になる「ココイコ!」を活用するのも、三井住友VISAデビュープラスカードを高還元率で利用するコツです。「ココイコ!」なら気になるお店をチェックしてから事前エントリーし、そこで利用するとポイントアップやキャッシュバックなどの優待を受けられます。

また、いつものネットショッピングを三井住友カード運営のオンラインショッピングモール「ポイントupモール」経由にするだけで最大20倍のポイントを獲得できます。

POINT

さらに最大20倍のポイントがもらえる、ポイントアップモール!

ワールドプレゼント

ポイントUPモールは、イントプログラム「ワールドポイント」がよりお得に貯まるサイトの名称で、エントリーを行い、通販サイトやネットでの旅行予約、その他大手ショッピングサイトを利用すれば、通常の2倍〜最大20倍のポイントが貯まるお得なサービスです。

ポイントUPモールに参加している提携先を一部紹介しますと、

ポイントUPモールの提携先(一例)
Amazon 楽天市場 Yahoo!ショッピング ベルメゾン
一休(ホテル・レストラン) じゃらん GILT(ギルト) サントリー
ユニクロ AXES ショップジャパン ローソンチケット SEIYUドットコム
ロフト JALショッピング エクスペディア(旅行) ANAスカイツアー
高島屋オンライン ジャパネットたかた 成城石井 大丸松坂屋
伊勢丹 三越 フェリシモ イオンネットショップ
その他

普段よく使うショップがあれば、ぜひポイントUPモールを経由して買い物をしてみてください。

三井住友VISAデビュープラスカードのポイント

三井住友VISAデビュープラスカードで貯まるポイントプログラムは、三井住友VISAのワールドプレゼントです。

三井住友VISAデビュープラスカードも年間利用額に応じて翌年度ボーナスポイント付与がある!

ワールドプレゼントでは年間利用額に応じたボーナスポイントがあります。

ボーナスステージ 達成条件 付与されるボーナス
V3 300万円以上 50万円到達時に150ポイント
以後10万円ごとに30ポイント
V2 100万円以上
300万円未満
50万円到達時に75ポイント
以後10万円ごとに15ポイント
V1 50万円以上
100万円未満
50万円到達時に50ポイント
以後10万円ごとに10ポイント

先述した「ココイコ!」やポイントUPモールとあわせて、こうしたボーナスポイントの活用もぜひ覚えておきましょう。

MEMO

登録だけでポイントがもらえる、マイ・ぺいすリボについて

マイ・ペイすリボ

三井住友VISAデビュープラスカードには、マイ・ペいすリボと呼ばれる支払いの方法があります。これは三井住友VISAカード版「リボ払い」の名称で(マイ・ぺいすリボに)登録をしておけば、登録だけで3ポイント、リボ払いの利用1,000円3ポイントが貯まります(※ 入会後3カ月間は、登録の有無に関係なくボーナスポイントの5ポイントが進呈される)。

三井住友VISAデビュープラスカードと電子マネー

三井住友VISAデビュープラスカードは、ポストペイ型(後払い式)電子マネー「iD」を登載できます。その他、iDは追加カードとして発行することもできます。

三井住友VISAデビュープラスカードはWAONなどのチャージができる!Apple Payにも対応

また、三井住友VISAデビュープラスカードでは以下のような電子マネーに対応しています。

  • WAON
  • PiTaPa

また、Apple Payに登録すればiD決済用のクレジットカードとして割り振られます。注意点としては、上記電子マネーへチャージしてもポイント付与の対象にはならないというところです。

三井住友VISAデビュープラスカードの付帯保険

三井住友VISAデビュープラスカードで付帯されている保険は、年間100万円のお買物安心保険だけです。旅行傷害保険は付帯していません。

三井住友VISAデビュープラスカードに付帯するお買物安心保険の詳細

三井住友VISAデビュープラスカードに付帯するお買物安心保険は、三井住友VISAクレジットカードなどと同じで、補償は年間100万円までです。

海外利用時 国内利用時
補償対象 リボ払いまたは3回以上の分割払いで補償対象

補償対象は、メインが海外ショッピングです。国内の場合は1回払いや2回払いでは補償対象にならないので注意しましょう。国内で補償対象となるためにはリボ払いや3回以上の分割払いなど、手数料の発生する支払い方法でなければ補償されません。

三井住友VISAデビュープラスカードの追加カード|ETCカードや家族カード

三井住友VISAデビュープラスカードも、ETCカードや家族カードの発行OKです。そこは、他の三井住友VISAカードと同じです。

三井住友VISAデビュープラスカードのETCカードも家族カードも実質年会費無料で利用できる!

三井住友VISAデビュープラスカードは、ETCカード」の年会費が初年度無料、次年度も1回以上ETCの利用があれば年会費無料で利用できます。これなら、免許を取得したばかりの方でも、無料でETCカードが取得(参考:他社NEXCO等でETCカードを取得した場合、年1,234円の会費が掛かる)できるのでお得です!家族カードについても初年度無料、次年度も「年1回以上のカード利用」があれば、通常400円(税抜)の年会費が無料になります。

三井住友VISAデビュープラスカードの締め日と支払日(引き落とし日)

三井住友VISAデビュープラスカードの締め日は月末締め、支払日(引き落とし日)は翌月26日です。ただし、15日締めの10日払いへ変更することも可能です。都合の良い方を選べるのはメリットです。

三井住友VISAデビュープラスカードの紹介まとめ

三井住友VISAデビュープラスカードについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?

18歳〜25歳までの若者向けVISAカードです。発行をするのは、国内VISA発行No.1人気を誇る三井住友VISAカード。券面のシルバーは、ステータスカードの「三井住友VISAプラチナカード」を思わせる、ラグジュアリー感のあるデザインです。

年会費が実質無料(次年度以降も年1回以上のカード利用で無料)で、通常2倍の還元率、入会から3カ月間はポイントが5倍になるなど、高還元率で利用できるところも魅力。三井住友VISAのクレジットカードは誰もが「一枚は欲しいクレジットカード」としての代名詞ですが、三井住友VISAデビュープラスカードは、その入門カードとして気軽に取得できるお得なクレジットカードです。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

日本で最も有名なクレジットカード!安心と信頼のVISAカード

初めてのクレジットカードにおすすめ!安心の三井住友VISAカード!

大人のゴールドカード!安心と信頼の三井住友VISAカード

お得な年会費でキャンパスライフも充実!旅行派から女性向けまで揃った三井住友VISA学生カード!

三井住友VISAアミティエカード

三井住友VISA発行の女性専用カード!年会費は初年度無料、最高2,500万円の海外旅行保険が自動付帯!

三井住友VISAプライムゴールドカード

国内VISA最高峰!三井住友VISAカードの20代専用ヤングゴールドカード!初年度無料で国内空港ラウンジも無料!

三井住友カードが発行する、中小企業・個人事業主向けビジネスカード!経費管理や資金運用の効率化に最適!

リボ払い専用の三井住友VISAカード!ポイント還元率は3倍の1.5%!キャッシング金利も最大13.0%まで優遇される!

三井住友VISAカードが発行する、中小企業経営者向けビジネスゴールド!旅行保険やビジネスサポートが充実!

インビテーションなしで申込できる三井住友カードの最上位ランク

三井住友VISA発行、ビジネス向けプラチナカード!最高1億円の旅行保険付帯、旅先・出張先でも上質なサービスを提供!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 満18歳以上25歳までの方(※ ただし、高校生は除く)で、未成年の場合は親権者の同意が必要。
国際ブランド VISAカード マスターカード 
年会費(初年度) 無料 年会費(2年目) 1,250円+税
家族カード(初年度) 初年度無料 家族カード(2年目) 400円+税ただし、年1回以上のカード利用で、次年度の年会費は無料になる。
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 500円+税
ETCカード備考 初年度無料、次年度からは540円が必要。ただし、年1回以上のETC利用があれば次年度の年会費も無料になる。 
発行期間 最短3営業日
利用限度額(下限) 10万円 利用限度額(上限) 80万円
利用限度額備考 ①親権者の同意がない場合の利用枠は10万円
②親権者の同意がある場合の利用枠は30万円
発行会社 三井住友カード株式会社
支払い
キャッシング手数料 公式サイトを参照のこと
締め日 月末 引落日 翌月26日払い
支払い方法 1回/2回/分割/リボ/ボーナス一括払い
キャッシング金利 公式サイトを参照のこと 
ポイントシステム
ポイントプログラム ワールドプレゼント
ポイント還元率 1.0%~2.5%
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
最低交換単位 1P〜
マイレージ
交換可能なマイレージ ・ANAマイレージ(全日空)
・クリスフライヤー(シンガポール航空)
・クラブ・ミッレミリア(アリタリア航空) 
マイレージ還元率 ①ANAマイレージ(全日空)
1ポイント3マイル
②クリスフライヤー(シンガポール航空)
1ポイント3マイル
③クラブ・ミッレミリア(アリタリア航空)
1ポイント3マイル  
最低交換単位 ①ANAマイレージ(全日空)
1ポイントから交換可能
②クリスフライヤー(シンガポール航空)
100ポイントから交換可能
③クラブ・ミッレミリア(アリタリア航空)
200ポイントから交換可能
マイレージ移行手数料 無料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー iD/WAON/PiTaPa
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」
国内旅行保険「傷害保険」
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」
海外旅行保険「付帯保険条件」
海外旅行保険「傷害治療」
海外旅行保険「携行品損害」
海外旅行保険「死亡・後遺障害」
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」
海外旅行保険「賠償責任」
海外旅行保険「救援者費用」
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 最高100万円(補償期間は90日)
その他 ショッピング保険が適用されるのは、リボ払い/分割払/海外利用のみ
特典
航空ラウンジ
プライオリティパス
手荷物宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容