ダイナースクラブ ビジネスカード

銀座サロンの利用OK!追加会員は年会費無料で発行可能なダイナースクラブの法人カード

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
27,000円+税 年会費
(2年目)
27,000円+税
還元率 0.3%~ 発行日数 2~3週間程度

ダイナースクラブ ビジネスカードはダイナースクラブの法人カード!ビジネス・ラウンジとしてダイヤモンド経営者倶楽部の運営する銀座サロンを利用できるほか、ダイナースクラブ ビジネス・オファーなどビジネス関連特典が付帯!もちろんダイナースクラブのラグジュアリーな優待特典も利用できる贅沢な法人カード!

銀座サロン ダイヤモンド経営者倶楽部運営のビジネス・ラウンジを利用できる
追加カード無料 追加会員のための追加カードは発行枚数無制限で年会費も無料
贅沢な特典 グルメ優待やゴルフ優待など贅沢な特典もビジネスに活用できる

ダイナースクラブ ビジネスカード こんな人におススメ

  • 経理業務の一元化に最適なビジネスカードをお探しの方
  • 出張機会が多く空港ラウンジなどの利用頻度が多いビジネスオーナーや個人事業主の方
  • 会食や接待など幅広いビジネスシーンで使い倒せるビジネスカードが欲しい方

ダイナースクラブ ビジネスカード|評判と特徴、審査基準を徹底解説

ダイナースクラブ ビジネスカードの特徴

ダイナースクラブ ビジネスカードは、ビジネスオーナーや個人事業主向けに発行されているダイナースクラブのビジネスカードです。また、ビジネスオーナーや個人事業主以外にも、会社役員などの方でも申し込みが可能な点が特徴です。気になる年会費は27,000円(税抜)となっていますが、追加会員については年会費無料というのも魅力のひとつです。

もちろん特典の充実度も高く、ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジをはじめとした多彩なビジネス特典とあわせて、ダイナースクラブのラグジュアリーな優待も利用できます。そんなダイナースクラブ ビジネスカードの特徴について、解説していきます。

ダイナースクラブ ビジネスカードは年会費27,000円でで持てる!追加会員は年会費無料!

ダイナースクラブ ビジネスカードは27,000円(税抜)の年会費がかかります。個人向けのダイナースクラブカードが年会費は22,000円(税抜)ですので、ビジネスカードの方が+5,000円だけ高くなっています。

ダイナースクラブカードの場合、一般カードであっても他社ゴールドカードと同等かそれ以上のステータスを誇りますので、ビジネスカードの年会費が27,000円(税抜)であっても、ステータス性を考慮すれば妥当な年会費です。

年会費が同等クラスのビジネスカード比較
カード名 年会費(税抜)
ダイナースクラブ ビジネスカード 27,000円
JCBプラチナ法人カード 30,000円
セゾンプラチナ・ビジネス・AMEX 20,000円
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・AMEX 20,000円

ダイナースクラブ ビジネスカードの年会費は、他社ビジネスカードのプラチナカードクラスに匹敵します。もちろん、内容だって他社プラチナ法人カードに負けない内容です。

しかも追加会員の場合は年会費無料で発行OKですし、後述するように贅沢なビジネス特典も付帯しますので、コスパ面においても十分な魅力をもった1枚です。

ビジネスラウンジや料亭プランなどダイナースクラブ ビジネスカードでしか体験できない魅力的なビジネス特典!

ダイナースクラブ ビジネスカードのビジネス関連特典は非常にオリジナリティに優れており、他社ビジネスカードでは体験できない特別な特典を利用することができます。さすがにステータスカードの最高峰と言われるだけあって、ビジネスカードの特典も特別感が満載です。

ダイナースクラブ ビジネスカードの主な特典
特典 内容
ダイナースクラブ ビジネス・ラウンジ 通常はダイヤモンド経営者倶楽部の会員でなければ利用できない会員制ラウンジ「銀座サロン」をダイナースクラブ ビジネスカード会員の特典として利用できる。商談や待ち合わせなどに活用できる
ダイナースクラブ ビジネス・オファー 企業情報/入札情報サービスや健康診断、法律や税務相談、フィットネス、海外おみやげ宅配サービス、G-Callショッピング(通販サイト)、人事労務などの各種優待サービス
会計ソフトfreee(フリー) freeeの有料プランを、通常12ヵ月無料のところ+2ヵ月無料になり、合計で14ヵ月無料
JALオンライン JALの国内線出張手配サービス。出張費の削減や請求や支払いの合理化に便利
ゴルフ優待 名門ゴルフ場優待予約や練習場優待、レッスン優待、フィッティングサービスなどのゴルフ関連特典が充実
トラベルデスク 電話1本で宿泊予約や航空券手配などに対応してくれる。主張などの際に便利
グルメ優待 2名以上の予約で1名分が無料になる「エグゼクティブ ダイニング」をはじめ、カードの提示やサイン不要で支払い可能な「スムーズ ダイニング」ほか、ごひいき予約や料亭プランなど、ダイナースクラブのラグジュアリーなグルメ優待をビジネスに活用できる
イベント関連 ダイナースクラブ ビジネスカード会員向けの特別なイベントを開催

ビジネスの打ち合わせや接待、出張などに大いに活用できる特別な優待特典が多彩です。もちろん、個人向けのダイナースクラブカードと同様に、以下の特典なども利用できます。

  • 海外・国内の空港ラウンジサービス
  • 国内外のホテル&旅館の宿泊優待
  • コナミスポーツクラブ
  • ホテル内フィットネス優待

ビジネスシーンだけにとどまらず、プライベートな時間もダイナースクラブの優待サービスを活用できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードはポイントも貯まる!追加会員利用分のポイントも集約できて効率的!

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ポイントプログラムとして「ダイナースクラブ リワードプログラム」を利用できます(詳細は後述)。ポイントプログラムすら付帯しないビジネスカードもある中で、しっかりとポイントを貯めることができるのは大いに魅力的です。もちろん追加会員の利用した分もポイントが貯まりますし、貯まったポイントはすべて本会員のポイントに集約されるため、取りこぼしなく確実にポイントを貯めていくことが可能です。

ダイナースクラブ ビジネスカードにはカード利用額に一律の制限がない!

ダイナースクラブカードというと、カード利用額に一律の制限が設けれれていないことでも知られていますが、これはダイナースクラブ ビジネスカードでも同様です。通常、クレジットカードはカード利用可能枠があらかじめ決められているため、どのような属性の人が申し込んでも皆一律にカード利用枠の範囲内で利用可能額が設定されます。しかしダイナースクラブカードにはそうした縛りが設けられていないという特徴があります。一律の制限が設けられていないので、属性が高いと判断されれば高額の利用枠が設定される可能性もあるのです。

PICK UP

【メモ】「一律の制限がない」は「無限に使える」ということではないので注意

ダイナースクラブカードはあらかじめカード利用枠が決まっているわけではなく、申し込んだ側の属性にあわせてダイナースクラブカード側で個別に設定しています。これが「カード利用額に一律の制限がない」という意味になります。一律の制限がないと聞くと「利用額の上限がないから高額な買い物もできる」と思ってしまいがちですが、決してそういうわけではないので注意が必要です。利用可能額の上限は必ず設けられており、この上限が申込者ごとに違うというだけのことなので、誤解による拡大解釈をしないように注意しましょう。

充実の付帯保険に国内&海外の空港ラウンジサービス付帯!ダイナースクラブ ビジネスカードは国内外で利用価値が高い!

ダイナースクラブ ビジネスカードの魅力はビジネス関連特典だけではありません。トラベルを中心としたダイナースクラブの贅沢な優待サービスを利用できるのも大きな魅力です。特に、付帯保険や空港ラウンジサービスの充実度の高さは非常に有名です。

旅行傷害保険は、海外・国内ともに最高1億円でショッピング補償が年間500万円、しかもゴルファー保険として最高1億円の補償も付帯しています。海外旅行傷害保険は一部利用付帯、国内旅行傷害保険は利用付帯となりますが、補償だけでいえばプラチナカードクラスの内容です。

さらに、ダイナースクラブカードはプライオリティ・パスなどの海外空港ラウンジサービスに加入しなくても、ダイナースクラブ独自の海外空港ラウンジサービスを利用できることでも知られています。上級ステータスラウンジも含め、世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。もちろん、国内空港ラウンジサービスも付帯しており、国内31空港のラウンジを無料で利用できます。国内外の出張時にも大いに活用できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードにはキャッシングサービスも付帯する!ビジネスカードとしては貴重

意外と知られていませんが、ダイナースクラブ ビジネスカードにはキャッシングサービスも付帯しています。キャッシングサービスは個人向けカードであれば当たり前のように付帯しているものですが、ビジネスカードとなるとキャッシングサービスが付帯しないカードも少なくありません。そうした中で、キャッシングサービスの付帯するダイナースクラブ ビジネスカードの存在は貴重です。

ダイナースクラブ ビジネスカードは、こんな人におすすめ

ダイナースクラブ ビジネスカードには以上のような特徴があります。特に、以下のような条件に該当するような人は、ダイナースクラブ ビジネスカードをおすすめします。

国内外問わず出張の機会が多いビジネスオーナーや個人事業主の方にダイナースクラブ ビジネスカードがおすすめ

ダイナースクラブ ビジネスカードには、国内空港ラウンジサービスだけでなく、海外空港ラウンジサービスまで無料で付帯します。また、JALオンラインをはじめ国内外の宿泊優待、渡航先でのサポートや各種手配などを利用できるので、出張の機会が多いビジネスオーナーや個人事業主などに方には非常におすすめ度が高いです。ステータスカードだからこその上質なサービスをビジネスに活かせます。

接待などでビジネス関連の付き合いが多いビジネスオーナーや会社役員の方!ダイナースクラブ ビジネスカードならダイナースクラブの贅沢な優待をビジネスに活用できる

上質なサービスといえば、ダイナースクラブの贅沢な優待特典もあらゆるビジネスシーンに活かせます。所定のコースが1名分無料になる「エグゼクティブ ダイニング」や、粋なおもてなしとして活用度の高い「料亭プラン」、大切な会食時にこそ活用したい「おもてなしプラン」などグルメ関連の充実度は国内で発行されているクレジットカードの中では群を抜いていますし、豊富なゴルフ関連の優待サービスもダイナースクラブの醍醐味とも呼べる特典です。いずれも、大事な取引先やビジネスパートナーとの会食や接待時などには存分に活用できる特典です。

手間のかかる経理業務を効率化したい方!経費の一元管理にもダイナースクラブ ビジネスカードをおすすめできる!税務や法律相談の優待もあり

ラグジュアリーな特典ばかりがダイナースクラブ ビジネスカードの魅力ではありません。当然、ビジネスカードとしての機能も秀逸です。すべての支払いをダイナースクラブ ビジネスカードへ集約すれば経費の一元管理がスムーズに行えますし、従業員向けに追加カードを発行すれば経費精算などの手間も簡素化できます。

さらに、「ダイナースクラブ ビジネス・オファー」という加盟店プログラムを利用できますので、人事労務や税務相談、法律相談などを優待価格で利用できるほか、幅広いオフィス用品を取りそろえる「G-Callショッピング」という通販サイトではこだわりの食材などを購入することも可能です。

待ち合わせや商談の場所にもこだわりたい方にもダイナースクラブ ビジネスカードが役立つ!銀座サロンの活用でワンランク上のビジネスシーンを演出できる

ダイナースクラブ ビジネスカードの特筆すべき特典といえば「銀座サロン」でしょう。ダイヤモンド経営者倶楽部の運営する会員制サロンとして知られる「銀座サロン」を、ダイナースクラブ ビジネスカードの会員特典として利用することが可能です
ビジネスに役立つ書籍も豊富で、待ち合わせだけでなく商談の場としても活用できます。限られた人しか利用できない特別なサロンですから、ワンランク上のビジネスシーンを演出したい人にもおすすめの特典です。

ダイナースクラブ ビジネスカードのメリット

ダイナースクラブ ビジネスカードのメリットは、“たった”27,000円(税抜)の年会費で他社プラチナカードに匹敵するベネフィットを受けられる点でしょう。コスパが高いことは疑いようもなく、ビジネスシーンにおける存在感は抜群です。

ダイナースクラブ ビジネスカードはワンランク上のビジネス特典とラグジュアリーな優待特典が付帯!存在感抜群のビジネスカード!

ダイナースクラブ ビジネスカードの主なメリットを挙げると、以下のようになります。

メリット

ダイナースクラブ ビジネスカードのメリット

  • 年会費27,000円(税抜)で他社プラチナカード級のベネフィット!
  • 追加カード会員は年会費無料で所有できる!
  • ダイヤモンド経営者倶楽部運営のビジネスラウンジ「銀座サロン」を利用できる!
  • ダイナースクラブ ビジネス・オファーで加盟店優待プログラムあり
  • エグゼクティブ ダイニングや料亭プランなど接待に有益なグルメ優待特典!
  • ゴルフ関連特典が充実!ゴルフ接待などにも活用度大!
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる空港ラウンジサービス!
  • JALオンラインの活用で国内出張にも便利!
  • ビジネスカードでもキャッシングサービスを利用できる
  • ダイナースクラブ リワードプログラムでポイントも還元される
  • 最高1億円の旅行傷害保険に年間500万円のショッピング補償!
  • ゴルファー保険も最高1億円の補償が付帯する!

もちろん、個人向けのダイナースクラブカードにも付帯しているトラベル関連優待やコナミスポーツクラブなどのエンタメ関連の優待特典も利用できます。ビジネスパートナーとの会食や取引先との接待や打ち合わせ、国内外の出張など、活用シーンも非常に多彩です。経費管理の一元化はもちろんのこと、多方面からビジネスをサポートしてくれます。

ダイナースクラブ ビジネスカードのデメリット

ダイナースクラブ ビジネスカードのデメリットについてみていきましょう。ビジネスカードとしては魅力に富むダイナースクラブ ビジネスカードではありますが、やはり国際ブランドとしては「世界的な加盟店数の少なさ」がデメリットとして挙げられます。日本国内ならJCB、北米ならディスカバーカードとの提携でそこそこ使えるカードになっていますが、その他のエリアでは加盟店数はかなり少なく、そこが最大のデメリットになります。

ヨーロッパなどへの出張にはVISAやMasterCardブランドも一緒に携行していくと安心!

国際ブランドの中でもっとも加盟店数が多いのはVISA、次いでMasterCardです。逆に、ダイナースクラブはJCBと並んでもっとも加盟店数の少ない国際ブランドとして有名です。ただしJCBは日本国内の加盟店数が多いので、日本国内であればダイナースクラブよりもJCBの方が利便性の高い国際ブランドです。

しかし近年では、加盟店数の少ない国際ブランドも他ブランドとの提携によって使えるお店が増えてきています。ダイナースクラブも、日本国内ではJCBと、北米ではディスカバーカードと提携しているため、それぞれの加盟店で利用することが可能です。日本国内および北米(米国・カナダ)ではそれほど使い勝手に困ることはありません。

一方、ヨーロッパなどのエリアでは相変わらず加盟店が少なく、ダイナースクラブだけではかなり不便です。VISAやMasterCardであればヨーロッパでの加盟店数が多いので、ヨーロッパ方面へ旅行へ行くならVISAかMasterCardを必ず携行していくことをおすすめします。

ダイナースクラブ ビジネスカードの評判

ダイナースクラブ ビジネスカードの評判ですが、実はカードフェイスについての評判が良いという意外な一面があります。また、ダイナースクラブ ビジネスカード独自の特典いについての評判も上々です。

ダイナースクラブ ビジネスカードの綺麗なブルーの券面に惚れ込むユーザー多数!銀座サロンなどの特典も評判が良い

ダイナースクラブ ビジネスカードは、ビジネスカード全体からすれば決して所有者が多数派というわけではありません。審査も相応に高めですし、それだけに持った者にしかわからない価値は非常に高いものがあります。特典で言えば、ダイナースクラブ ビジネスカードにしか付帯しない「銀座サロン」の評判がとても良いです。

実際にのところダイナースクラブ ビジネスカードの場合は、ビジネスカードとしては、ビジネス関連特典が決して充実しているとは言えません。グルメ優待やゴルフ優待などもビジネスと関連付けて活用できるためとても充実度が高そうにも感じますが、ことビジネス関連特典だけに絞って言えば、充実度が高いとは言い難い点もあるのです。ですが、「銀座サロンの存在はやはり別格」であると捉えているユーザーが多いこともまた確かです。

派手過ぎず地味過ぎないちょうど良いカードフェイスも好評

また、ダイナースクラブ ビジネスカードのユーザーの中には、美しいブルーの券面が気に入っているという人も多いです。実際の口コミからカードフェイスのカラーを絶賛する内容が多く見られることからも、それを裏付けています。一般的には地味なデザインの多いビジネスカードですが、ダイナースクラブ ビジネスカードに関してはデザイン性にも優れているのが特徴であり魅力でもあります。

ダイナースクラブ ビジネスカードの審査

ダイナースクラブ ビジネスカードは、ビジネスオーナーや個人事業主が申し込めるビジネスカードです。申し込み自体はサラリーマンでも申し込むことが可能ですが、審査の段階で確実に弾かれてしまうので注意が必要です。

ビジネスカードの中にはセゾンプラチナ・ビジネス・アメックスのように個人でも申し込むことができるタイプもありますが、ダイナースクラブ ビジネスカードは法人代表者や個人事業主でなければ審査に通ることはありません。

ダイナースクラブ ビジネスカードはビジネスオーナーや個人事業主のためのビジネスカード!審査難易度は比較的高い

ダイナースクラブ ビジネスカードの審査難易度は高いです。そもそもがビジネスオーナーや個人事業主のためのカードでもあるので、一般的なクレジットカードとは審査基準も異なります。ただし、すでにダイナースクラブカードの個人カードを所有しており、かつ優良な利用をしているユーザーならば、ビジネスカードの審査にも有利に反映してもらえる可能性はあります。

しかし詳細は審査基準というのは誰にもわかりませんので、法人なら設立して数年経過しており、かつい黒字経営をしているというくらいの経営実績は最低ラインとなるはずです。実際、あっさり否決されてしまったという人も多いので、安易に申し込んで簡単に審査通過できるような甘いカードではないことは確かです。

ダイナースクラブ ビジネスカードの還元率

ダイナースクラブ ビジネスカードのポイントは100円ごとに1ポイント獲得できます。1ポイントあたりの価値は0.3円~0.6円ほどになるので、還元率は0.3%~0.6%程度です。決して高還元率ではありませんが、ビジネスカードとしてポイント還元を受けられるのは確実にメリットです。

ダイナースクラブ ビジネスカードで貯めたポイントは有効期限なし!ANAマイルへ移行するなら還元率1.0%で利用できる!

ダイナースクラブ ビジネスカードで貯めたポイントはアイテムやポイント充当、ポイント移行など様々な選択肢がありますが、もっとも高レートで移行できるのはANAマイルです。1,000ポイント=1,000マイルに移行できるので、還元率は1.0%になります。ただしマイル移行には「ダイナースグローバルマイレージ」に加入する必要があり、別途年会費として6,000円(税抜)がかかります。

ポイント有効期限は無期限で貯められるので、マイルに移行するときにだけ加入するようにすれば、毎年サービス年会費を支払う負担も軽減されます。ちなみに移行可能なマイルはANAのほか、デルタ航空、ユナイテッド航空、大韓航空、アリタリア-イタリア航空がありますが、ANA以外の4社は2020年2月から2,000ポイント→1,000マイルと改変されるため還元率0.5%に改悪となりますので注意が必要です。

ダイナースクラブ ビジネスカードならダイナースクラブポイントアップ加盟店で還元率2倍!

ダイナースクラブカードには、「ポイントアップ加盟店」の優待サービスがありますが、ダイナースクラブ ビジネスカードでも同様に利用することができます。「ポイントアップ加盟店」なら、+1ポイントのボーナスが付与されるため、100円ごとに2ポイントを獲得することができます。ポイントアップ加盟店には、レストランほかホテル・旅館、各種ショップやサービスなど多彩なジャンルの店舗が加盟していますので、意識的に利用するようにすれば通常よりも効率よくポイントを獲得できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードのポイント

ダイナースクラブ ビジネスカードのポイントプログラムは、「ダイナースクラブ リワードプログラム」です。ビジネスカードだからといって特別なこともなく、個人向けのダイナースクラブカードと同様の内容になっています。

上でもご紹介したように還元率自体は決して高くありませんが、ポイントプログラムすら付帯しないビジネスカードもあるので、低還元率であってもポイント還元を受けられるのは、ビジネスカードとしてはメリットが大きいです。

ダイナースクラブ ビジネスカードのリワードプログラムはポイントの有効期限が無期限なのも魅力!

ダイナースクラブカードのリワードプログラムは、ポイント有効期限のないポイントプログラムとしても知られています。いくら高還元率であっても、有効期限があると思うようにポイントを貯めていくことができませんが、有効期限が無期限であればいくらでも好きなだけ貯めることができるので、有効期限のあるポイントプログラムよりも魅力に勝ります。

ダイナースクラブ ビジネスカードの追加会員が貯めたポイントも集約できる!発行枚数が多いほどコスパもアップ

追加会員が利用して獲得したリワードプログラムも、本カードに集約されるため、ポイントの貯まりやすさでも効率的です。しかも追加会員に関してはカード年会費が一切かからないため、発行枚数が多ければ多いほどコスパがアップしていくという相乗効果も期待できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードと電子マネー

ダイナースクラブカードの場合、JCBのQUICPayや三井住友カードのiDのように、カード本体に搭載したり追加発行したりできる電子マネーはありません。優待特典の魅力的なダイナースクラブですが、こと電子マネーに関してはあまり相性が良いとは言えません。

ダイナースクラブ ビジネスカードでチャージ可能な電子マネーは楽天EdyとモバイルSuica、SMART ICOCAなど

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、以下の電子マネーへのチャージに対応しています。

  • 楽天Edy
  • モバイルSuica
  • SMART ICOCA

上記のうち、SMART ICOCAだけはチャージ分もポイント付与の対象です。チャージ100円ごとに1ポイントを獲得できます。楽天EdyとモバイルSuicaに関しては、チャージこそ可能ですがポイントは付与されません。

ダイナースクラブ ビジネスカードの空港ラウンジサービス

ダイナースクラブ ビジネスカードには「国内空港ラウンジサービス」と「海外空港ラウンジサービス」が利用できます。国内外あわせて1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用することが可能です。

ダイナースクラブ ビジネスカードの国内空港ラウンジサービスは31空港が対象!

ダイナースクラブ ビジネスカードの「国内空港ラウンジサービス」は以下の31空港が対象です。

ダイナースクラブ ビジネスカードの国内空港ラウンジサービス
地域 空港 ラウンジ名
北海道・東北 新千歳空港 スーパーラウンジ
新千歳空港 NORTH LOUNGE
旭川空港 ラウンジ大雪(TAISETSU)
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジ EAST SIDE
関東 成田国際空港
第1ターミナル
ビジネス&トラベルサポートセンター(T.E.Iラウンジ)
成田国際空港
第1ターミナル
KAL Business Class Lounge
成田国際空港
第1ターミナル
IASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田国際空港
第2ターミナル
T.E.Iラウンジ
成田国際空港
第2ターミナル
IASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港
第1ターミナル
POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港
第1ターミナル
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港
第1ターミナル
POWER LOUNGE SOUTH
羽田空港
第2ターミナル
エアポートラウンジ(南)
羽田空港
第2ターミナル
POWER LOUNGE CENTRAL
羽田空港
第2ターミナル
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港
国際線旅客ターミナル
SKY LOUNGE
羽田空港
国際線旅客ターミナル
SKY LOUNGE ANNEX
中部/北陸 富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
中部国際空港 KAL Lounge
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジ らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
関西 伊丹空港 ラウンジオーサカ
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「金剛」
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「比叡」
関西国際空港 KAL Business Class Lounge
神戸空港 ラウンジ神戸
中国 岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジ 大山
出雲空港 出雲縁結び空港エアポートラウンジ
山口宇部空港 ラウンジ きらら
四国 高松空港 ラウンジ 讃岐
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
松山空港 ビジネスラウンジ
松山空港 スカイラウンジ
九州・沖縄 福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
福岡空港 ラウンジTIMEインターナショナル
福岡空港 KAL Lounge
北九州空港 ラウンジひまわり
長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
大分空港 ラウンジ くにさき
熊本空港 ラウンジ「ASO」
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~

特徴的なのは、ゴールドカードやプラチナカードといったステータスカードを所有していてもなかなか利用することができない「KAL Business Class Lounge」を利用することができる点です。

ダイナースクラブ ビジネスカードならプライオリティ・パスなどに加入しなくても海外の空港ラウンジサービスを利用できる

通常、海外の空港ラウンジサービスというと「プライオリティ・パス」などが有名ですが、ダイナースクラブならプライオリティ・パスなどへ加入しなくても、カードの特典として海外空港ラウンジサービスを利用できます。

プライオリティ・パスの場合、クレジットカードに入会してからプライオリティ・パスへ申し込みを行わなければ利用できませんが、ダイナースクラブのラウンジサービスならダイナースクラブカードに入会するだけで利用できるという利点があります。

ダイナースクラブ ビジネスカードの付帯保険

ダイナースクラブ ビジネスカードいは、最高1億円の海外・国内旅行傷害保険に年間最高500万円のショッピング補償、それに最高1億円のゴルファー保険と、充実度の高い補償が付帯します。

ダイナースクラブ ビジネスカードの旅行保険は最高1億円!ゴルファー保険も最高1億円の補償が付帯する

では、ダイナースクラブ ビジネスカードに付帯する補償の詳細をみてみましょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードの付帯保険
保険種類 補償内容 本会員補償額 追加会員補償額
海外旅行傷害保険(一部利用付帯) 傷害死亡・後遺障害 最高1億円
1.自動付帯:最高5,000万円
2.利用付帯:最高5.000万円
最高5,000万円
1.自動付帯:最高2,500万円
2.利用付帯:最高2,500万円
傷害治療 最高300万円 最高300万円
疾病治療 最高300万円 最高300万円
携帯品損害 1旅行中50万円 1旅行中50万円
賠償責任 最高1億円 最高1億円
救援者費用 最高300万円 最高300万円
国内旅行傷害保険(利用付帯) 傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高5,000万円
入院保険金 日額5,000円 日額5,000円
通院保険金 日額3,000円 日額3,000円
手術保険金 最高20万円 最高20万円
ショッピング補償 ショッピング・リカバリー 年間最高500万円 年間最高500万円
ゴルファー保険 賠償責任 最高1億円 最高1億円
ゴルフ用品損害 年間5万円限度 年間5万円限度
ホールインワン・
アルバトロス費用
1回10万円限度 1回10万円限度

海外旅行傷害保険は一部利用付帯で国内旅行傷害保険も利用付帯ではありますが、最高1億円の補償は大いに魅力です。ショッピング補償も年間最高500万円ですので、プラチナカード級の補償が付帯します。

ダイナースクラブ ビジネスカードの追加カード|ETCカードや家族カード

ダイナースクラブ ビジネスカードはビジネスカードいう特性上、家族カードというものはありません。ただし、従業員(追加会員)用の追加カードが発行可能です。また、ETCカードも複数枚発行できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードは追加カードもETCカードも年会費無料!

ダイナースクラブ ビジネスカードは、追加会員用のカードもETCカードも年会費無料となっており、しかも実質的に枚数無制限で発行することができます。何枚発行しても年会費は一切発生しませんので、発行枚数が多ければ多いほどコスパがアップします。

ダイナースクラブ ビジネスカードの締め日と支払日

ダイナースクラブ ビジネスカードの締め日/支払日は、

  • 締め日…毎月15日
  • 支払日…翌月10日

以上のような内容です。

ダイナースクラブ ビジネスカードの締め日と支払日は変更できない!賢く計画的な利用で無理なく活用しよう!

ダイナースクラブ ビジネスカードに限った話ではありませんが、クレジットカードの締め日と支払日というのはこちら側の都合で変更することができません。入会の際に、その点にも同意をしたうえで申し込みをしているので、支払日などは絶対に厳守しなければなりません。当たり前の話ですが、支払いが遅れたり滞納したりすれば心象の悪化を招きますので、信用性にも傷が付きます。

遅延や延滞となると、利用可能額の減額ということもあり得ますし、場合によってはカード解約ということにもなりかねません。特にダイナースクラブほどのステータスカードともなればそうした点もかなりシビアな対応をしてきますので、自身がそのステータスカードを所有するにふさわしいかどうかをじっくりと見極めて入会を検討しましょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードの紹介まとめ

ダイナースクラブ ビジネスカードについてご紹介してきましたが、いかがでしたか? 主な特徴やメリットをまとめておきますと、

  • ビジネスラウンジ「銀座サロン」を利用できる
  • 国内外1,000ヵ所以上の空港ラウンジサービス
  • 経費決済のスマート化に一役
  • 追加会員は年会費無料で発行枚数の制限なし
  • ダイナースクラブ リワードプログラムでポイントが貯まる
  • グルメ・トラベル・エンタメの優待特典が豊富
  • 国内線出張手配「JALオンライン」
  • 付帯保険が充実!ゴルファー保険も付帯

以上のようなものが挙げられます。個人向けのダイナースクラブカードと同様の贅沢な優待特典をビジネスに関連付けて利用できるのも大きなメリットと言えるでしょう。グルメ関連やゴルフ関連の優待特典は、ビジネスパートナーとのお付き合いや取引先への接待などにも大いに活用できます。

ダイナースクラブ ビジネスカードはダイナースクラブのラグジュアリーな優待サービスであらゆるビジネスシーンに彩りを加える

ダイナースクラブ ビジネスカードの年会費は27,000円(税抜)となっています。高額そうに思えるほどの年会費ではありますが、付帯する優待特典の内容から考えれば非常に高いコスパを誇ります。実質的にプラチナカードにも匹敵するほどの内容となっているのは、ステータスカードの代表格とも呼べるダイナースクラブならではです。

ビジネス・ラウンジ「銀座サロン」はダイナースクラブ ビジネスカードにしか付帯しない特別な特典ですし、エグゼクティブ ダイニングや料亭プラン、スムーズ ダイニングといったグルメ優待、名門ゴルフ場予約などのゴルフ優待といったサービスも様々なビジネスシーンにおいて活用度大の特典です。単に経理業務の効率化を図るだけでなく、シーンを選ばずに使い倒せるビジネスカードをお探しの方にイチオシの1枚です。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

ダイナースクラブカード

富裕層に人気の準プラチナカード!最高1億円の旅行保険&ハイクラスな優待サービスを提供

銀座サロンの利用OK!追加会員は年会費無料で発行可能なダイナースクラブの法人カード

ANAカードの上級カード!ボーナスマイル、最高1億円の旅行傷害保険、エグゼクティブ向けの特典&サービスが魅力!

銀座を愛する方のダイナースクラブカード!銀座ラウンジにコンシェルジュ、特約店でのダブルポイントなど銀座に特化した会員限定サービスが魅力!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 年齢27歳以上で法人、団体等の代表者・役員または個人事業主
※役員の方がお申し込みになる場合は、代表者の承諾書が必要となります。
国際ブランド ダイナーズ
年会費(初年度) 27,000円+税 年会費(2年目) 27,000円+税
家族カード(初年度) 無料 家族カード(2年目) 無料
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 2~3週間程度
利用限度額(下限) 個別に設定 利用限度額(上限) 個別に設定
利用限度額備考 一律の制限なし
発行会社 三井住友トラストクラブ株式会社
支払い
キャッシング手数料 ATM手数料:1万円以下は100円+税/1万円超は200円+税
締め日 15日 引落日 10日
支払い方法 一回払い、ボーナス一括払い、リボルビング払い
キャッシング金利 15.0%~20.0%
ポイントシステム
ポイントプログラム ダイナースクラブ リワードプログラム
ポイント還元率 0.3%~
ポイント有効期限 無期限
最低交換単位 100ポイント
マイレージ
交換可能なマイレージ 全日本空輸/ANAマイレージクラブ
デルタ航空/スカイマイル
ユナイテッド航空/マイレージ プラス
アリタリア-イタリア航空/ミッレミリア
大韓航空/スカイパス
※ダイナースグローバルマイレージへの加入必要(別途6,000円+税/年)
マイレージ還元率 ANA:1,000ポイント→1,000マイル
その他:2,000ポイント→1,000マイル(2020年2月~)
最低交換単位 1,000ポイント
マイレージ移行手数料 無料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー 楽天Edy/モバイルSuica/SMART ICOCA
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高1億円
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」 入院:5,000円/日
通院:3,000円/日
手術:最高20万円
海外旅行保険「付帯保険条件」 一部利用付帯
海外旅行保険「傷害治療」 300万円
海外旅行保険「携行品損害」 1旅行中50万円
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高1億円
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 300万円
海外旅行保険「賠償責任」 1億円
海外旅行保険「救援者費用」 300万円
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 ショッピング・リカバリー:年間最高500万円
その他 ゴルファー保険:最高1億円
特典
航空ラウンジ 国内・海外1,000ヶ所
プライオリティパス
手荷物宅配 手荷物宅配サービス
ゴールドデスクコンシェルジュ
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容