GINZA SIX カード プレステージ

GINZA SIX カードのプラチナカード!銀座シックスでポイント還元率3%!プレミアムサービス、プライオリティパス、最高1億円の旅行保険も付帯!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
50,000円+税 年会費
(2年目)
50,000円+税
還元率 1.0%〜3.0% 発行日数 約1週間

GINZA SIX カード プレステージは、GINZA SIXでの還元率3%、年会費50,000円のMasterCardプラチナカード!GINZA SIXの駐車場2時間無料、プレミアムラウンジ“LOUNGE SIX”やサービス、ポーターサービスが利用しやすく、MasterCardコンシェルジュは最上級のホスピタリティを提供!最高1億円の旅行保険、家族特約、プライオリティパスのプレステージ会員も付帯!

会員特典 GINZA SIXのショッピングは還元率3%!プレミアムラウンジ“LOUNGE SIX”や駐車場無料サービス、ポーターサービスも利用しやすい!
プラチナ特典 MasterCardコンシェルジュが最上級のホスピタリティを提供!プライオリティ・パスに空港ラウンジサービスも魅力!
旅行保険 最高1億円の海外旅行保険、最高5,000万円の国内旅行保険、最高300万円のショッピング保険、家族特約も付帯!

GINZA SIX カード プレステージ こんな人におススメ

  • GINZA SIXを利用する機会が多い方にふさわしいカード
  • プラチナカード会員の特典を利用したい、富裕層の方に
  • 海外へ渡航する機会が多い方、ラウンジを利用したい方に
  • 旅行保険や傷害補償は「手厚い方が良い」という方にも
  • MasterCardプラチナ特典を利用したい方に

GINZA SIX カード プレステージを徹底解説

GINZA SIX カード プレステージは、こんな人におすすめ

GINZA SIX カード プレステージは、本会員50,000円(+税)と、やや高めの年会費設定ですが、GINZA SIXをはじめ、国内外でPremiumな特典やサービスが受けられる「富裕層向けプラチナカード」として発行されています。
各おすすめポイントについて、順に解説します。

GINZA SIXを利用する機会が多い方にふさわしいカード

GINZA SIX カード プレステージは、GINZA SIX カード ゴールドの1ランク上位に位置する『プラチナカード』です。

GINZA SIX カード ゴールドでは(GINZA SIXでの)還元率が2%に留まっていましたが、GINZA SIX カード プレステージは更に1%高い「3%のポイント還元」が受けられます。このためGINZA SIXを良く利用される方にふさわしい、プレミアムなカードとなっています。

またGINZA SIX カード ゴールドよりもGINZA SIX内プレミアムラウンジ※が利用しやすく『年間100万円以上』のカード利用があれば、LOUNGE SIXが無料で利用できます。

※ 下位カードGINZA SIX カード ゴールドの場合、年間300万円以上のカード利用がなければLOUNGE SIXは利用できません。

PICK UP

【メモ】貯まったポイントは、1P=1円として、GINZA SIXでのお買い物に利用OK!

GINZA SIX カード プレステージで貯まったポイントは、1P=1円としてGINZA SIXでのお買い物に利用できます。

GINZA SIXにはラグジュアリーブランドが多く出店し、最先端のファッションから時計や宝飾品、美食家をも満足させるレストランやグルメフロアなどのショップで構成される、銀座の複合商業施設です。

プラチナカード会員の特典を利用したい、富裕層の方に

GINZA SIX カード プレステージは、年会費50,000円(+税)と富裕層の方を対象にしたプラチナカードです。会員特典としてMasterCardコンシェルジュデスクやMasterCard Taste of Premiumなど、質の高いプラチナ向け「優待サービス」が付帯しています。

海外へ渡航する機会が多い方、ラウンジを利用したい方に

GINZA SIX カード プレステージは、海外の渡航機会が多い方におすすめのプラチナカードです。まずGINZA SIX カード プレステージでは国内28空港+ハワイのホノルル国際空港(正式名:ダニエル・K・イノウエ)の空港ラウンジが無料で利用できます。

また、プライオリティパスと呼ばれる、世界最大級の空港ラウンジネットワークサービスに無料登録でき、世界1,000カ所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。

そして、カード会員の方が海外にお出かけの際には、自宅から空港の往復(出発と帰国)区間、スーツケース2個まで無料配送のサービスが受けられます。

旅行保険や傷害補償は「手厚い方が良い」という方にも

GINZA SIX カード プレステージには、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行保険、家族特約(最高1,000万円)に加え、最高300万円のショッピング保険、渡航遅延保険、犯罪被害傷害保険などの手厚い補償が付帯します。

MasterCardプラチナ特典を利用したい方に

冒頭でも説明しましたが、GINZA SIX カード プレステージには、MasterCardプラチナ会員特典(MasterCard Taste of Premium)が付帯しています。

MasterCard Taste of Premiumには、MasterCardコンシェルジュデスク、ダイニング特典(所定のコース料金が1名分無料になる)などのサービスが付帯します。

このほかにも、コンシェルジュデスクやトラベルデスクを通じた、ホテルや旅館の手配、ゴルフ予約、歌舞伎や能のチケット予約、ツアーや航空券手配などのサービスが利用でき、提携するホテルやレストラン、ショップではお得な会員優待が受けられます。

GINZA SIX カード 「プレステージ」と「ゴールド」で迷ったら?

年会費5,000円(+税)のGINZA SIX カード ゴールドカードと、年会費50,000円(+税)のGINZA SIX カード プレステージの二枚は、みなさんが『何を重視するのか』でおすすめできるカードが異なります。

例えば「コストパフォーマンス重視」という方には、年会費が安いGINZA SIX カード ゴールドカードをおすすめします。

一方で「カードはステータスと内容が最も重要」という富裕層の方には、より上質なサービスが受けられる、年会費50,000円(+税)のGINZA SIX カード プレステージの取得をおすすめします。みなさんの目的やライフスタイルに合ったカードを選択しましょう。

GINZA SIX カード プレステージの紹介まとめ

GINZA SIX カード プレステージの年会費は50,000円(+税)ですが、家族カード年会費は永年無料です。同カードは完全なる「富裕層向けプラチナカード」であり(一般カードに比べると)受けられる特典や補償内容は、より充実したものとなっています。

例えば、GINZA SIX カード プレステージでは、GINZA SIXでの還元率が3%(ゴールドは2%)にアップしているほか、駐車場サービスも2時間無料(ゴールドは1時間)です。

また、同カードは年間100万円以上の利用でGINZA SIX内の「LOUNGE SIX」が無料で利用できます。

さらに、GINZA SIX カード プレステージの旅行保険は最高1億円までカバー、最高300万円のショッピング保険、最高1,000万円の犯罪被害傷害保険に加え、渡航便遅延保険も付いているなど手厚い補償が受けられます。

GINZA SIX カード プレステージでは「全国26空港+ハワイ国際空港」と利用できる空港ラウンジの数が拡大しているほか、世界最大のネットワークを誇る空港ラウンジプログラム「プライオリティパス」のプレステージ会員にも無料で登録できます。

ちなみにGINZA SIX カード プレステージの家族カードは、年会費が永年無料です。GINZA SIX カード ゴールドは1枚目無料、2枚目以降750円(+税)の年会費が必要でしたが、プレステージでは全員無料でカードが取得できます。

同じ「GINZA SIXカード」でも、年会費によって、付帯するサービス、特典は大きく異なります。このため、内容をよく比較した上で(目的に合ったカードを)申し込むようにしましょう。

GINZA SIX カード プレステージの概要

ここまでの内容を踏まえて『GINZA SIX カード プレステージの概要』をまとめてみました。

GINZA SIX カード プレステージの概要

  • 年会費50,000円(+税)の富裕層向けプラチナカード
  • 家族カードは無料、ETCカードも無料で追加発行OK!
  • 基本還元率は1%、GINZA SIXではポイント3倍進呈!
  • 貯まったポイントは、GINZA SIXにて「1P=1円」としてお買い物に利用可
  • 駐車場2時間無料、カード利用額に応じて「最大5時間」まで無料で駐車できる
  • 年間100万円以上のカード利用で、Premiumラウンジ”LOUNGE SIX”が無料
  • 全国の主要28空港、ハワイの国際空港ラウンジが無料で利用できる
  • 海外旅行時は、自宅から空港の往復区間、スーツケース2個まで無料配送
  • プライオリティパスのプレステージ会員に無料登録できる!
  • MasterCard Taste of Premiumが付帯、プラチナ会員向けのレストラン・ホテル優待・提携店で優れた特典が受けられる
  • 最高1億円の旅行保険(+家族特約)最高300万円のショッピング保険が付帯
  • 最高1,000万円の犯罪被害傷害保険も付帯
  • 渡航便遅延保険も付帯、搭乗機の遅延や欠航・受託手荷物の遅延や紛失を補償
  • MasterCardコンシェルジュが最上級のホスピタリティを提供!

このようにGINZA SIX カード プレステージには、プラチナカードにふさわしい特典や補償、コンシェルジュサービスが付帯します。またGINZA SIXのラウンジ特典も下位カード(GINZA SIX カード ゴールドカード)に比べてより利用しやすい条件が適用されています。

GINZA SIX カード プレステージの特徴

ここからは『GINZA SIX カード プレステージの特徴』をより詳しく見ていくことにしましょう。

年会費

GINZA SIX カード プレステージの年会費は、本会員50,000円(+税)です。GINZA SIXカードの基本となるGINZA SIX カード ゴールドの年会費が5,000円(+税)なので、10倍もの年会費が掛かる計算です。

ただ、GINZA SIX カード プレステージは「MasterCardプラチナ」としての充実した会員特典や手厚い補償内容(保険)に加え、プライオリティ「プレステージ会員」に無料登録できる等、ワンランク上の特典が付帯します。

会員特典|富裕層向けプラチナカードとしての特典満載!

GINZA SIX カード プレステージの特典は、GINZA SIXで受けられる特典に加え、MasterCard Taste of Premiumのほか、空港ラウンジが無料、プライオリティパスのプレステージ会員の登録が無料、最高1億円の旅行保険などが付帯します。

ここからは、GINZA SIXでの特典とプラチナ特典をより詳しく見ていきましょう。

GINZA SIXでの特典

GINZA SIX カード プレステージをお持ちの方は、駐車場やバレーパーキングなどのサービスが利用できます。またカードの利用が100万円を超えるとLOUNGE SIX(GINZA SIX内の会員専用ラウンジ)が利用できます。

以下、GINZA SIXで受けられる特典を「ステージ」毎にまとめてみました。

GINZA SIXで受けられる特典
サービス/カード利用額(年間) 100万円未満 100万円以上 300万円以上
LOUNGE SIX
駐車場サービス 2時間無料 3時間無料 5時間無料
バレーパーキング 1,000円 1,000円 無料
プレゼント 特典プレゼント 特典プレゼントに加え、誕生月にプレゼントを進呈

「バレーパーキング」とは、専門のスタッフにキーを預けると、私たちに代わって車を駐車・保管してくれるサービスです(車を取りにきた時にも出庫をしてくれる)。海外ではメジャーなサービスですが、国内では主に、高級ホテルやレストランにて導入されています。

バレーパーキングの利用には事前予約が必要ですが、1回1,000円で利用できるほか、年300万円以上のカード利用があればいつでも無料で(バレーパーキングが)利用できます。

MasterCard Taste of Premiumでの特典

GINZA SIX カード プレステージには、MasterCard Taste of Premiumと呼ばれる『MasterCardのプラチナカード会員特典』が付帯します。以下MasterCard Taste of Premiumで受けられる特典をまとめてみました。

MasterCard Taste of Premiumで受けられる特典
Taste of Premiumダイニング by 招待日和 全国約200カ所以上のレストラン・料亭にて、前菜やグラスワインのプレゼント、所定のコース料金が1名分無料になる等の特典が受けられる(※ ただし2名以上で予約のこと)
国際線荷物無料宅配 海外旅行時、自宅⇔空港の往復区間、手荷物2個まで無料で配送するサービス。
プラチナカードデスク GINZA SIX カード プレステージ会員専用のコンシェルジュデスクがホテルやレストラン、各種チケットの手配、会員サービスの案内を行うサービス。
Taste of Premium会員制ゴルフ 名門ゴルフ場の予約、優待利用などを提供するサービス。
Taste of Premium ヘリクルーズ 東京上空をヘリでクルーズする優待サービス。
Taste of Premium 歌舞伎・能 歌舞伎や能のチケットを手配するサービス。
トラベルサービス高級ホテル・旅館 国内外の厳選された高級ホテル・旅館を手配するサービス。
海外ホテル・航空券手配 海外のホテル、航空券の予約、ツアーなどの手配を行うサービス。

このようにMasterCard Taste of Premiumの特典は「プラチナカード」にふさわしい内容となっています。

なお、1ランク下のGINZA SIX カード ゴールドにも” MasterCard Taste of Premium”は付帯しますが、受けられる特典は限定的です。

例えば、GINZA SIX カード ゴールドの場合、海外旅行帰宅時の手荷物宅配は「優待価格」での提供となっていました。

一方、GINZA SIX カード プレステージでは海外旅行時の出発・帰国時(往復区間)の荷物は2個まで無料で配送してもらえるなど、特典や内容がよりグレードアップしています。

プラチナカード特典満載!

ここまで紹介した特典のほかにも、GINZA SIX カード プレステージには、以下の特典が付帯します。

GINZA SIX カード プレステージの「プラチナカード特典」
空港ラウンジ 国内の主要空港とホノルル国際空港が無料で利用できる
プライオリティパス プライオリティパスのプレステージ会員に無料で登録できる
旅行保険 海外は最高1億円、国内最高5,000万円の旅行保険が付帯
犯罪被害傷害保険 第三者の行為によってケガや被害を受けた場合、治療費などの損害を最高1,000万円まで補償
提携店での優待 MasterCard Taste of Premium優待店での特典ス。

カード会員は、全国主要空港とホノルルの国際空港にて、空港ラウンジが無料で利用できます。また、プライオリティパスが無料で申し込めるほか、カード提携店での優待、充実の旅行保険(最高1億円)が付帯します。

MasterCardコンシェルジュが、最上級のホスピタリティを提供!

プラチナカードであるGINZA SIX カード プレステージ会員は、最上級のホスピタリティを提供する『MasterCardコンシェルジュデスク』が利用できます。

ここでは会員専用ダイヤルを設け、ホテルやレストランの手配、ビジネスサービス、配送、イベントやチケットの手配、探し物(希少アイテムの検索&情報提供)を行います。

また名門ゴルフ場の手配、法律専門家の紹介、旅行(ツアー・エアチケット)の検索や予約、住まいに関するサービス(空調・電気等)まで、会員の毎日を力強くサポートします。

GINZA SIXで3%の還元が受けられる!

GINZA SIX カード プレステージは、GINZA SIXでのお買い物100円ごとに3Pのポイント(=GINZA SIXポイント)が付与されます。これはGINZA SIX カード ゴールドの還元率2%よりも更に高いレートです。

※ なおGINZA SIX以外の場所では、100円=1P(1%)の還元となります。

このためGINZA SIXでショッピングをされる方、同施設内のレストランやグルメフロアを利用する機会が多い方にふさわしいカードと言えるでしょう。

ポイントプログラム|GINZA SIXポイント

GINZA SIX カード プレステージのポイントプログラムは「GINZA SIXポイント」と言います。なお専用アプリだけでもポイントは貯まりますが(GINZA SIX内における)アプリの還元率は1%です。

また下位カードGINZA SIX カード ゴールドは還元率2%であり、GINZA SIXでのショッピング還元率が最も高いのは、100円=3P(還元率3%)のGINZA SIX カード プレステージです。

貯まったポイントは1P=1円(1,000Pより利用可)としてGINZA SIXでのお買い物に利用できます。

ただし、ポイントを利用するには、専用のスマートフォンアプリをダウンロードする必要があります(iPhone/Android対応)。カードだけでは、ポイントを使ったお買い物ができないので注意しましょう。

提携マイレージは無し

GINZA SIX カード プレステージに提携マイレージはありません。GINZA SIX カード プレステージのポイントは『GINZA SIXでのお買い物』にのみ利用可能です。

電子マネー|楽天Edyやnanaco、モバイルSuicaにチャージできる

GINZA SIX カード プレステージは、楽天Edyをはじめnanaco(ナナコ)やモバイルSuica、SMART ICOCAの電子マネーチャージに対応していますが、チャージ分にポイントは付与されません。

最高1億円の海外旅行保険、最高5,000万円の国内旅行保険が付帯

GINZA SIX カード プレステージには、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯します。

そして傷害治療や疾病治療、救援者費用はそれぞれ最高200万円まで補償、携帯品損害も最高50万円まで補償する上に「家族特約」も最高1,000万円までカバーしています。

このほか、航空機の遅延(乗り継ぎ便の遅延、受託手荷物の遅延や紛失)には最高2万円の補償が付くなど、旅先でも安心できる内容です。

犯罪被害傷害保険も付帯で、さらに安心!

GINZA SIX カード プレステージには、犯罪被害傷害保険が付帯します。ここでは、第三者から受けた被害によるケガ、通院・治療にかかる費用が最高1,000万円まで補償されます。

利用できる空港ラウンジは、さらに拡大!

GINZA SIX カード プレステージをお持ちの方は、国内の主要28空港とハワイのホノルル国際空港(正式名:ダニエル・K・イノウエ国際空港)に設けられた空港ラウンジが無料で利用できます。

下位カードGINZA SIX カード ゴールドは「国内6空港+ハワイ」に限られていましたが、GINZA SIX カード プレステージでは、利用できるラウンジが4倍以上に拡大しています。

プライオリティパス「プレステージ会員」に登録可

GINZA SIX カード プレステージ会員は、世界最大級の空港ラウンジネットワークを持つ「プライオリティパス」プレステージ会員に無料で登録できます。

本来であれば「399ドルの年会費」が必要ですが(GINZA SIX カード プレステージ会員の方は)特典として無料登録できる仕組みです。

なおプレステージ会員になると、世界1,000カ所以上のラウンジが無料で何度でも利用でき、同伴者についても1回27ドルの利用料で(プライオリティパスラウンジが)利用可能です。

プラチナカードで利用できる空港ラウンジは「28空港+海外1カ所」とやや限定的ですが、プライオリティパスがあれば、ほぼ全ての主要空港でラウンジが使えるので便利です。

ETCカードも無料

GINZA SIX カード プレステージをお持ちの方は、年会費・発行手数料無料でETCカードが取得できます。

GINZA SIX カード プレステージの注意点|年会費と特典のバランス

ここまで説明した通り、GINZA SIX カード プレステージは、富裕層の方が納得をするラグジュアリーな特典が付帯していました。

特にGINZA SIXでの3%還元、年間100万円以上の利用でLOUNGE SIXが利用できるなど「GINZA SIXを利用する機会が多い方」にふさわしい内容となっています。

ただ年会費の項目でも説明をしましたが、GINZA SIX カード プレステージには年50,000円(+税)の年会費が掛かり、プラチナクラスの特典や補償内容が「必要無い」という方には、年会費とのバランスが不釣り合いになります。

このため「コストパフォーマンス重視」の方には、下位カードGINZA SIX カード ゴールドカードの方が「年会費とのバランスが取れている」と感じることでしょう。

GINZA SIX カード ゴールドにプライオリティパス等は付きませんが、MasterCard Taste of Premiumのサービスも一部利用できるなど、充実した特典が付帯します。

GINZA SIX カード ゴールド

年会費
(初年度)
5,000円+税 年会費
(2年目)
5,000円+税
還元率 1.0%〜2.0% 発行日数 審査後約1週間

GINZA SIX カード ゴールドはGINZA SIXでの還元率2%、GINZA SIX内駐車場が1時間無料、条件クリアでプレミアムラウンジLOUNGE SIXや、ポーターサービスも利用できるゴールドカード!MasterCard Taste of Premiumが付帯し、最高3,000万円の旅行保険、最高200万円のショッピング保険も適用、空港ラウンジ、ダイニング優待など特典満載!

銀座で使える、おすすめのプラチナカードは他にも!

GINZA SIX カード プレステージの他にも、銀座エリアで、ラグジュアリーな特典が受けられるカードに『銀座ダイナースクラブカード』があります。

ダイナースクラブと言えば、社会的ステータスの高さでも有名なT&E(トラベルアンドダイニング)の富裕層向けカードです。

また銀座ダイナースクラブカードは「銀座エリアに特化した」特典が付帯し、ダイナース銀座専用ラウンジの提供、銀座の銘店で受けられる会員優待&ワンランク上の上質なサービスが受けられます。

銀座エリアでの買い物や食事の機会が多い方は、GINZA SIX カードのほか、銀座ダイナースクラブカードの取得を検討されると良いでしょう。

銀座ダイナースクラブカード

年会費
(初年度)
25,000円+税 年会費
(2年目)
25,000円+税
還元率 0.40%〜0.42% 発行日数 最短2営業日で発行

銀座ダイナースクラブカードは「銀座を愛する方」にふさわしいダイナースカード!銀座ラウンジ&大丸東京店のラウンジが無料、銀座エリアでの優待特典のほか、特約店ではダブルポイントを進呈。家族カード無料、ラグジュアリーホテルやダイニング優待のほか空港ラウンジ無料。最高1億円の旅行保険が付帯するなど、社会的ステータスの高さを示す特別な一枚!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 原則、20歳以上の方で安定した継続収入のある方(学生は除く)
国際ブランド マスターカード 
年会費(初年度) 50,000円+税 年会費(2年目) 50,000円+税
家族カード(初年度) 永年無料 家族カード(2年目) 永年無料
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 約1週間
利用限度額(下限) 50万円 利用限度額(上限) 500万円
利用限度額備考 申込者のカード利用状況によって限度額を決定
発行会社 SIX (GINZA SIXリテールマネージメント株式会社と三菱UFJニコスの提携カード)
支払い
キャッシング手数料 14.95~17.95%(海外利用時の手数料+1.63%)
締め日 毎月15日 引落日 翌月10日
支払い方法 1回/2回/分割/リボ/ボーナス一括払い
キャッシング金利 14.95~17.95%(海外利用時の手数料+1.63%)
ポイントシステム
ポイントプログラム GINZA SIXポイント
ポイント還元率 1.0%〜3.0%(基本100円=1P、ギンザシックス店舗はポイント3倍)
ポイント有効期限 最長2年間
最低交換単位 1,000P〜
マイレージ
交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー 楽天Edy/nanaco/モバイルSuica/SMART ICOCA(チャージポイントは無し)
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高5,000万円(家族特約1,000万円)
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」 ① 入院費用:5,000円(日額)
② 通院費用:2,000円(日額)
③ 航空便遅延保険:最高2万円
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
海外旅行保険「傷害治療」 最高200万円 
海外旅行保険「携行品損害」 最高50万円(免責:3,000円)
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高1億円(うち自動付帯5,000万円)
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」 最高1,000万円
海外旅行保険「疾病治療」 最高200万円
海外旅行保険「賠償責任」 最高3,000万円
海外旅行保険「救援者費用」 最高200万円
海外旅行保険「その他」 航空便遅延保険:最高2万円
ショッピング保険 最高300万円(免責:3,000円)
その他 ・犯罪被害傷害保険:最高1,000万円
・その他、カード盗難・紛失補償、ネット不正利用保険が付帯
特典
航空ラウンジ 国内主要28空港とハワイ(ホノルル/ダニエル・Kイノウエ国際空港)のラウンジが無料
プライオリティパス プレステージ会員に無料登録できる
手荷物宅配 海外出発・帰国時の荷物を2個まで無料配送(MasterCard Taste of Premium特典)
ゴールドデスクコンシェルジュ ・LOUNGE SIXコンシェルジュサービス
・GINZA SIX カード プレステージコンシェルジュ
備考 MasterCard Taste of Premium特典が付帯

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容

最近閲覧したカード
CLOSE
最近チェックしたクレジットカード