JAL JCB プラチナカード

アドオンマイルでマイル還元率4.0%!JCBプラチナの優待特典が利用できるJALカード最高峰のステイタス!最高1億円の旅行傷害保険にプライオリティ・パスも無料付帯!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
31,000円+税 年会費
(2年目)
31,000円+税
還元率 1.0% 発行日数 4週間程度

JAL JCB プラチナカードはJALカード最高位のステイタスカード!基本還元率1.0%でJAL特約店なら2.0%、アドオンマイルなら4.0%でマイルが貯まる!グルメ・ベネフィットなどJCBプラチナの優待サービスが付帯し、最高1億円の旅行傷害保険に航空機遅延保険など圧巻の充実度を誇る補償も付帯!国内空港ラウンジサービスほかプライオリティ・パスのプレステージ会員にも無料登録できる!

マイル還元率 基本還元率1.0%!JAL特約店の利用で2.0%で、アドオンマイル対象サービスなら4.0%!
プラチナ特典 JCBプラチナに付帯するプレミアムサービスも利用可!もちろんGOLD Basic Serviceも付帯
付帯保険 旅行傷害保険は最高1億円!航空機遅延保険は国内も海外も自動付帯!ショッピングは年間500万円まで補償

JAL JCB プラチナカード こんな人におススメ

  • 海外を中心にJALのフライトをよく利用される方
  • 海外旅行の機会が多く海外の空港をよく利用される方
  • フライトを中心にJALマイルを貯めたい方
  • 付帯保険の充実度でクレジットカード選びをしたい方
入会限定キャンペーン

Web限定JALカード入会キャンペーン!この夏、この一枚!最大10,550マイルプレゼント!

2019-07-01~2019-09-30

JAL JCB プラチナカード|評判と特徴、審査基準を徹底解説

JAL JCB プラチナカードの特徴

JAL JCB プラチナカードは、JALカードのサービスとJCBプラチナのサービスが付帯した贅沢な1枚です。ラグジュアリーな優待特典も魅力ですが、高還元率でマイルが貯まるJALカードとしての機能も秀逸です。

年会費こそ31,000円(税抜)と高額ではありますが、JALカードの最上位カードとして年会費を上回るベネフィットが付帯します。

そんなJAL JCB プラチナカードの特徴について解説していきましょう。

JAL JCB プラチナカードならショッピングマイル・プレミアムへ自動加入で常時還元率1.0%!JAL特約店で2倍!アドオンマイルで4倍!

JAL JCB プラチナカードは、デフォルトで「ショッピングマイル・プレミアム」に自動加入となっているので、最初から還元率1.0%(100円=1マイル)で利用することができます。もちろん、JAL特約店で利用すると還元率が2倍になるので、2.0%でショッピングを楽しめます。

ここまでは下位カードの『JAL CLUB-Aゴールドカード』と同じですが、JAL JCB プラチナカードはさすがにJALカードの最上位カードだけあって、さらに高還元率でマイルを獲得することができます。それが「アドオンマイル」です。

「アドオンマイル」とは、JALグループの航空券を始めとした対象商品を購入すると、さらに100円ごとに2マイルが加算されるサービスです。対象商品となるのはJAL特約店に含まれているため、合計で100円ごとに4マイルを獲得することができ、還元率は驚異の4.0%にもなります。

アドオンマイル対象商品 詳細
・JALグループ国内線航空券
・国際線航空券
・日本国内のJALグループセンターで購入
・JALホームページから購入
・国内線予約、国際線予約の電話申し込みで購入
機内販売 ・JAL国内線および国際線機内販売にて購入
・JTA機内販売にて購入
通信販売 ・機内誌「JAL SHOP(通信販売)」から購入
・アゴラショッピングインフォメーションから購入
・「JAL World Shopping Club」「グルメ・ファーストクラス」などから購入
・JALショッピングから購入
ツアー ・JAL eトラベルプラザ
・ジャルパック リンリンダイヤル通販(国内線・国際線)

上記のうち、ツアーに関してはJAL特約店ではないので、マイルは100円=2マイルになります。その他のサービスはJAL特約店に含まれているので、100円=4マイルを獲得できます。

JAL JCB プラチナカードはJCBプラチナの上質な特典が付帯する!GOLD Basic Serviceも利用できる!

JAL JCB プラチナカードは高還元率でマイルが貯まるのも魅力ですが、付帯する優待特典も大いに魅力です。JALカードの特典以外に、JCBの基本的な優待サービス、JCBゴールドに付帯するGOLD Basic Service、さらにJCBプラチナと同等のサービスが付帯する贅沢ぶりです。

JAL JCB プラチナカードに付帯する主な優待特典
特典・優待 サービス名 内容
JALカード優待 JALビジネスクラス・チェックイン エコノミーでもビジネスクラスのチェックインカウンターを利用OK
機内販売割引 JALとJTAの機内販売が10%割引
国内空港店舗・空港免税店割引 国内の空港店舗および空港免税店で割引
JALパックの割引 国内外のパッケージツアー最大5%割引
JALビジネスきっぷ 急な出張でも当日予約&変更OK!区間マイルも100%!/td>
ホテルニッコー&JALシティ優待 優待宿泊プランほか各種特典を受けられる
会員誌・オリジナルカレンダー 会員誌「アゴラ」送付やオリジナルカレンダー毎年お届け
※カレンダー不要なら500e JALポイントもらえる
JCBの基本サービス たびらば(旅LOVER) JCBが選りすぐったお得な情報を提供してくれるWebサイト
JCB PLAZA 現地のJCB加盟店予約や観光サポートを日本語で対応
JCBプラザコールセンター(日本/海外) 日本:渡航前に渡航先のJCB加盟店が予約手配可能
海外:24時間各種トラブルなどの相談OK
空港免税店割引 成田国際空港と関西国際空港の免税店で割引優待
JCB空港優待ガイド 国内主要空港にあるJCBの加盟店をクーポン付きで紹介
空港宅配優待サービス QLライナーやJAL ABCを15%OFFで利用できる
JCB GLOBAL WiFi 海外で利用可能なWiFiルーターが優待価格で使える
海外レンタカーサービス 渡航先のレンタカー会社を紹介&優待価格で利用OK
JCB海外おみやげサービス 出発前におみやげを選べば帰国にあわせて希望先へ届けてくれる
JCB旅行ガイドアプリ チップ計算機能までついた旅先で役立つアプリ
チケットJCB 演劇やコンサート、スポーツまで多彩なチケット情報
GOLD Basic Service 空港ラウンジサービス 国内主要30空港+ダニエル・K・イノウエ国際空港のラウンジを無料利用OK
JCB THE PREMIUM JCBのPREMIUM会員にだけ配布される月刊の会員情報誌
JCB GOLD Service Club Off 映画、レジャー、スポーツクラブ、美術館、グルメなど全国70,000ヵ所以上で優待
グルメ優待サービス 全国250の対象店舗で飲食代などが20%OFF
手荷物宅配券サービス JCBトラベルデスクから申し込んだ海外パッケージツアーの代金をカードで支払うと手荷物宅配券が付与される
ハーツレンタカー ハーツレンタカーで割引を受けられる
京爛漫 JCB発行の京都優待ガイド
JCBゴールド チケットサービス JCB会員向けに各種チケットの先行販売や特典付きチケットを案内してくれる
JCBゴールド ゴルフサービス 全国約1,200ヵ所のゴルフ場でのイベントやJCBゴルファーズ倶楽部への入会による名門コースでのプレーなど
健康サービス ドクターダイレクト24(国内)で24時間健康相談ができるほか健康チェックサービスなどを利用できる
JCB暮らしのお金相談ダイヤル 資産運用や年金など、専門家が暮らしにまつわるお金のアドバイスをしてくれる
ゴールドフラワーサービス 割引価格で指定先へ花を届けてくれる
JCBプラチナの優待 プラチナ・コンシェルジュデスク 24時間365日各種相談に対応してくれる。旅行の手配やゴルフ場予約など代行が可能
プライオリティ・パス 世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できる
グルメ・ベネフィット 厳選有名レストランを2名以上で予約すると1名分無料
JCBプレミアムステイプラン 国内の人気ホテルや旅館をお得に利用できる
JCB Lounge 京都 京都駅ビルにある「JCB Lounge 京都」を利用できる

もしこれらの特典をフル活用することができるのであれば、年会費31,000円(税抜)などあっという間に元が取れてしまいます。マイルを貯める以外にも、旅行やグルメなど多方面で活用できるクレジットカードが欲しいという方には要チェックの1枚です。

JAL JCB プラチナカードには国内空港ラウンジサービスほかプライオリティ・パスのプレステージ会員も付帯する!

上でもご説明しましたが、JAL JCB プラチナカードには国内空港ラウンジサービス(主要30空港+ハワイ)のほかに、世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスも付帯します。国内でも海外でも空港ラウンジを利用できるので、退屈になりがちな待ち時間も有意義に過ごすことができます。空港ラウンジサービスやプライオリティ・パスについての詳細は後述します。

最高1億円の海外・国内旅行傷害保険は家族特約付き!ショッピングガード保険は最高500万円!航空機遅延保険も付く!

JAL JCB プラチナカードに付帯する保険は海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険がそれぞれ最高1億円で、海外旅行傷害保険には家族特約も付きます。さらにショッピングガード保険として年間最高500万円の補償が付帯するほか、海外と国内にはそれぞれ航空機遅延保険も自動付帯します。

また、旅先でのケガや病気に備えるのに重要な「傷害治療費」と「疾病治療費」に至っては1,000万円の補償が付帯しています。付帯保険についても後述しますが、この補償額はJALカードの中でもずば抜けています。海外旅行傷害保険に関しては、もう1枚のJALプラチナカードである『JAL AMEX プラチナ』よりも秀逸です。

JAL JCB プラチナカードはフライトボーナスマイルでザクザク貯まる!ツアープレミアム加入なら対象割引運賃でさらにお得に!

JAL JCB プラチナカードも、他のJALカードと同様にフライトボーナスマイルが付与されます。

JAL JCB プラチナカードのボーナスマイル
入会搭乗ボーナス 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 2,000マイル
搭乗ごとのボーナス フライトマイルの25%

フライトボーナスマイルについてはCLUB-Aゴールドカードと同じです。フライトを利用すればするほどマイルが効果的に貯まっていきます。

さらに、オプションサービスの「JALカード ツアープレミアム」に加入すると、対象割引運賃で搭乗した際に通常50%~75%しか付与されないフライトマイルが、積算率100%で利用できます。

JAL JCB プラチナカードの利用を考えるくらいの人であれば、フライトの利用頻度が多いということになるので、「JALカード ツアープレミアム」への加入は絶対的におすすめです。

20代のためのJALカード!JAL JCB プラチナカードなら「JAL CLUB EST」にも入会できる!

JAL JCB プラチナカードは20歳以上(学生は不可)から申し込めますが、20代なら「JAL CLUB EST」への加入がおすすめです。20代の若者向けに特別な特典が付帯されているので、せっかくJALカードを持つなら入会しておいて損はありません。「JAL CLUB EST」へ入会すると、専用のカードが発行されます。20代しか持つことが許されないカードフェイスなので、その点においても貴重です。

JAL CLUB ESTの特典
特典 内容
サクララウンジ年5回まで利用可 国内17空港にある上級会員しか利用できないサクララウンジを年5回利用できる(同伴者1名までOK)
マイル有効期限延長 通常36ヶ月のマイル有効期限が60ヶ月に延長される
e JALポイント5,000円分/年 JALホームページで現金代わりに使えるe JALポイントを年間5,000円分付与
JALビジネスクラス・チェックインカウンター 国際線利用時にJALビジネスクラス・チェックインカウンターを利用可
限定ボーナスマイル 通常のフライトボーナスマイルに加えて限定ボーナスとして1,000マイル、搭乗ごとにフライトマイルの5%分がさらにプラスされる
FLY ONポイントの優遇 毎年最初の搭乗時にFLY ONポイントを2,000ポイントプレゼント
100マイル単位でe JALポイントへ交換 通常5,000マイルからになるe JALポイントへの交換が100マイルから可能
マイル還元率2倍 ショッピングマイル・プレミアムに自動加入なのでマイル還元率1.0%で利用できる

JAL CLUB ESTは、カード年会費のほかにサービス年会費として5,000円(税抜)が必要ですが、JAL JCB プラチナカードの年会費にショッピングマイル・プレミアム分の年会費が含まれているので、JAL CLUB ESTの年会費は2,000円(税抜)でOKです。たった2,000円プラスするだけで上記のような特典を利用できるのですから、加入しない手はありません。

JAL JCB プラチナカードは、こんな人におすすめ

続いて、JAL JCB プラチナカードのおすすめポイントと、おすすめできる人などについて解説していきます。

海外旅行の頻度が高い方!JAL JCB プラチナカードは海外渡航者に心強いJALカード!T&E分野に強いJCBカードのベネフィットも付帯する

JAL JCB プラチナカードは、JALカードの中でももっとも海外旅行の頻度が高い方におすすめです。先にもご説明したように、JALカードとしてよりもT&Eカード(トラベル&エンターテイメント・カード)としての特色が強く、海外利用向けのクレジットカードと言っても過言ではないほど、優待サービスが充実しています。

年会費は31,000円(税抜)ですが、これが高額な年会費なのかお手頃な年会費に感じるのかは、いかに付帯特典からベネフィットを受けているかによって変わってきます。もちろん、付帯特典を使い倒すことができれば年会費以上のベネフィットを享受することができます。

利用シーンを問わずJALマイルを貯めたい方!JAL JCB プラチナカードはショッピングマイル・プレミアム自動加入!アドオンマイルで還元率4.0%!

もちろん、JALカードとしての魅力も存分に持ち合わせています。特に、アドオンマイルで還元率4.0%というのは圧巻です。JAL航空券(グループ便含む)や機内販売、そして通販などで還元率が4.0%になります。フライトの頻度が多いのであればかなり効率よくマイルを蓄積していくことができるお得なサービスです。

JAL JCB プラチナカードは最高1億円の旅行傷害保険付帯!補償の充実したクレジットカードで海外や国内旅行を楽しみたい方におすすめ

旅行を頻繁にされる方であれば、旅先でのケガや病気に備える旅行傷害保険の重要性はよくおわかりでしょう。しかし、国内ならともかく海外ともなると、医療機関を受診した際の医療費は高額になるケースが多いです。入院や手術が伴うケースなら、数百万円になってしまうこともあります。

海外旅行の専門家から言わせると、海外旅行保険の補償額は「傷害治療費」や「疾病治療費」でそれぞれ1,000万円の補償は必要だそうです。しかし一般的なクレジットカードでは、それだけの補償を受けられません。通常は、一般カードクラスでも100万円程度、ゴールドカードクラスでも200万円~300万円程度が主流です。

そのため、海外旅行傷害保険の補償を充実させるために複数枚のカードを所持していくことで、それぞれの補償を合算させるという方法が一般的になっています。クレジットカードの海外旅行傷害保険では、「傷害死亡・後遺障害」以外はそれぞれ合算させることができるのです。

ところが、JAL JCB プラチナカードに付帯する海外旅行傷害保険では、「傷害治療費」も「疾病治療費」も1,000万円の補償が付帯しています。これはクレジットカードとしては最高クラスの補償額で、海外旅行傷害保険としてはJAL JCB プラチナカード1枚あれば基本的には安心して海外旅行を楽しめるということになります。

クレジットカード機能だけでなく電子マネーも上手に活用したい方!JAL JCB プラチナカードならQUICPayやWAONでマイルを貯められる!

JALとJCBの提携カードであるJAL JCB プラチナカードなら、後払い式(ポストペイ型)電子マネーの「QUICPay」を利用できます。QUICPayは後払い式なので利用分はJAL JCB プラチナカードの利用代金と一緒なので、マイル付与の対象になります。

さらに、JALマイレージバンクとWAONがひとつになって「JMB WAON」なら、JALカードからのチャージでマイルが貯まるほか、JMB WAONを利用するたびにWAONポイントの代わりにJALマイルが貯まります。

JGCへの入会を考えている方!JAL JCB プラチナカードならJGCカードへの切り替えもOK!

JAL JCB プラチナカードを利用するほどの属性をお持ちであれば、相応にフライト機会も多いでしょうし、中には上級会員となるJALグローバルクラブへの入会を視野に入れている方もいらっしゃるでしょう。その際に重要なアイテムとなるのが「JGCカード」の存在です。

JALグローバルクラブへ入会してJALの上級会員資格を得ても、その効力は1年間しかありません。上級会員資格を達成するのはそれこそ「修行」と呼ばれるほど大変なので、それを毎年毎年クリアするのは至難の業です。しかし、JGCカードがあればそうした「修行」を繰り返さなくて済みます。

一度JGCカードを発行してもらえれば、半永久的にJAL上級会員の資格を維持することができるようになります。JGCカードはCLUB-Aカード以上のJALカードに対して発行されます。もちろん、JAL JCB プラチナカードでもJGCカードへの切り替えが可能です。

PICK UP

【メモ】事前にJALカードを所持しておけばJGCカードの発行もスムーズ

FLY ONポイントなど必要な条件をクリアして「JMBサファイア」のステイタスを獲得すれば「JGCカード」の発行が可能になります。あらかじめJAL JCB プラチナカード(もしくはCLUB-Aカード以上のJALカード)を持っていれば審査を受けずに切り替えるだけで済みます。

JGCカードの発行資格を得てから申し込みを行って審査を受けた場合、もし審査落ちしたらまた同じ「修行」を繰り返さなくてはなりません。事前にJALカードを発行しておけば、JGCカードの審査落ちリスクがなくなるのでおすすめです。

JAL JCB プラチナカードのメリット

ここまでの内容を踏まえ、JAL JCB プラチナカードのメリットについてまとめてみました。

メリット

JAL JCB プラチナカードのメリット

  • ショッピングマイル・プレミアム自動加入で基本還元率1.0%!
  • JAL特約店で還元率2倍!アドオンマイルで還元率4倍!
  • JALカードにJCBプラチナの優待特典が付帯する!
  • 国内空港ラウンジサービスほかプライオリティ・パスのプレステージ会員が付帯!
  • 最高1億円の旅行傷害保険!治療費用は1,000万円!
  • 年間500万円のショッピングガード保険と航空機遅延保険付帯
  • QUICPayとWAONなど電子マネーでマイルが貯まる!

JAL JCB プラチナカードはJALカードの最高峰カードとしてJCBプラチナの優待サービスまで利用でき、プライオリティ・パスや最高1億円の旅行傷害保険など、ステータスカードにふさわしい上質な付帯特典を誇る1枚です。もちろん、航空券や機内販売など「アドオンマイル」の対象サービスなら高還元率でマイルを貯めることができ、フライト機会の多い方にはもっともおすすめできるカードです。

JAL JCB プラチナカードのデメリット

JAL JCB プラチナカードのデメリットは、

  • 海外旅行には他ブランドとの併用が必須
  • 年会費が高額なので特典を使いこなせないならカードのグレードを下げないと損

以上の2点に尽きます。

JCBは海外の加盟店数がイマイチ!JAL JCB プラチナカードのほかにもVISAやMastercardが必須!

JCBは、日本国内での加盟店は非常に多いのですが、海外の加盟店数は非常に少ないのがデメリットです。国際ブランド別では、もっとも加盟店数が多いのはVISAで、次いでMastercardとなっています。海外ではVISAかMastercardのどちらかがあればほぼ困ることはありません。

JCBも、アメリカではディスカバーカードと提携を行っているので、ほぼアメリカ全土で利用することは可能です。しかし、ヨーロッパでは加盟店数が少なく、主要都市でも使えないお店が多いです。海外へ行くならVISAやMastercardとの併用は必須です。

JAL JCB プラチナカードの特典を使いこなせないなら年会費が無駄!CLUB-Aゴールドカードなど下位カードへ切り替えよう!

JAL JCB プラチナカードの31,000円(税抜)という年会費は決して安くはありません。また、そもそもそれだけの年会費が必要ということは、相応の特典が付帯されていることの証拠でもあります。つまり、特典を使わないならその価値を捨てているのと同じなので、年会費分だけ無駄な負担になります。

どうしてもJAL JCB プラチナカードでなければならない理由があるならともかく、そうでないならもっとも年会費の低いCLUB-AゴールドカードやCLUB-Aカードなどへ切り替えるという選択肢も検討しましょう。

JAL JCB プラチナカードの評判

JAL JCB プラチナカードの評判ですが、高還元率でJALマイルが貯まることと、贅沢な特典によるベネフィットが受けられるという点から、31,000円(税抜)という年会費も決して高額ではないという評価をしているユーザーがほとんどです。さらには、プラチナ・コンシェルジュデスクの存在も高評です。

マイルの貯まりやすいJAL JCB プラチナカード!ベネフィットも多くてバランスの取れたJALカードだと評判!

JAL JCB プラチナカードでは、特にアドオンマイルについて評価が高めです。フライトの利用機会が多い人にとっては、航空券や機内販売で還元率4.0%というのは驚異的な魅力です。また、特典関係でもっとも評価が高いのはプラチナ・コンシェルジュデスクです。時間帯によっては繋がりにくい場合も多くなってきているという口コミもありましたが、それでもプラチナ・コンシェルジュデスクを利用して非常に満足したという声も多いです。

良い評判 航空券の購入機会が多いので還元率4.0%はすごい
飲食店を探すのにプラチナ・コンシェルジュデスクには大変お世話になっている
特典のベネフィットは強力!これで年会費31,000円は安い
悪い評判 プラチナ・コンシェルジュデスクへの要望が希望通りにならないこともある

最近はプラチナ・コンシェルジュデスクを利用される方が増加傾向にあり、以前は繋がりやすかった電話も今では多少待たされることもあるようですが、それでも付帯サービスの中ではもっとも高評価です。一部ではコンシェルジュデスクへの要望が希望通りにいかなかったという声もありますが、コンシェルジュデスクも万能ではありませんので、要望によっては叶わないケースがあって然るべきです。

担当者個人の裁量や能力によっても結果は違ってきますので、ユーザーそれぞれで満足度も異なります。しかし、総体的な評価ではかなりの高評価が集まっていますので、そこはやはりプラチナ・コンシェルジュデスクとしての質は相当高いと考えていいでしょう。

JAL JCB プラチナカードの審査

JALカードの最上位カードとなるJAL JCB プラチナカードですから、審査基準も決して低くはありません。ネット上の口コミでは審査に通った人からの情報が圧倒的に多いので審査通過者も多いように感じられますが、そもそも審査落ちした人が口コミ投稿することはあまりないので、審査通過者以上に審査落ちする人のほうが多いということも念頭に入れておくことが大事です。

審査が比較的厳しめの航空券クレジットカードの最上位カードとして相応に審査難易度は高い!JCBと相性が悪い人もハードルが高い!

JAL JCB プラチナカードはJALカードの中でもっともステイタスの高いカードであると同時に、JCBプラチナがベースとなっています。一般的に審査が厳しめだと言われている航空系クレジットカードであり、さらに国際ブランドJCBが発行元となっていますので、審査難易度は高いです。

また、人によっては「どうもこのカード会社は相性悪いなぁ……」と感じてしまうカード会社もあるでしょう。なぜか特定のカード会社だけいくら申し込んでも審査落ちの連続――というケースも結構あります。JCBもそうした傾向の強いカード会社で、人によっては何度申し込んでみても審査に落とされてしまうこともあるようです。

当然ながら、審査落ちするということはクレヒスに問題があったり、過去の利用実績など様々な要因があることは間違いありませんが、「JCBとは相性よくない気がする……」という方にとってはかなりハードルが高いカードとなるでしょう。

JAL JCB プラチナカードのキャンペーン

入会キャンペーンが行われているタイミングでカードへ入会することはとても大切です。なぜなら、一度にたくさんのポイントやマイルを獲得することができるので、キャンペーンが行われていないタイミングで申し込んだ場合に比べてお得度が高いのです。

もちろん、JALカードでは定期的に入会キャンペーンが行われていますし、JAL JCB プラチナカードも対象カードとなっていますので、せっかく入会を検討するなら入会キャンペーンに合わせるようにした方が断然お得です。

JAL JCB プラチナカードで獲得できるキャンペーンマイルはJALカードの中でもっとも多い!最上位カードだからこそのメリット!

ちなみに2019年6月現在、JAL JCB プラチナカードへの入会で最大10,550マイルがプレゼントされるキャンペーンが行われています。もちろん、JAL JCB プラチナカードはJALカードの中で最上位カードでもありますので、もらえるキャンペーンマイルはJALカードの中でもっとも多いというメリットがあります。このメリットは違うキャンペーンが行われても不変なので、キャンペーン情報は逃さずチェックしておくことをおすすめします。

JAL JCB プラチナカードの還元率

JAL JCB プラチナカードは「ショッピングマイル・プレミアム」に自動加入(サービス年会費はカード年会費に含まれる)となるので、基本還元率は1.0%です。JAL普通カードやJAL CLUB-Aカードなら「ショッピングマイル・プレミアム」に加入するかどうかは任意となりますが、CLUB-Aゴールドカード以上のステータスカードは自動加入となっています。

JAL JCB プラチナカードならJAL特約店で還元率2.0%!アドオンマイルで航空券や機内販売が還元率4.0%!

JAL JCB プラチナカードでJAL特約店を利用すれば還元率2.0%になります。これは、ショッピングマイル・プレミアムへ加入していればどのJALカードであっても同じです。ただし、JAL JCB プラチナカードには「アドオンマイル」というサービスがあり、これが下位カードとの決定的な違いとなります。

「アドオンマイル」は、対象となるサービスを利用すると100円ごとに2マイルが積算されるサービスのことで、航空券の購入や機内販売などが対象となっています。これらのサービスはJAL特約店でもありますので、還元率が2倍になり100円=4マイルという高還元率が実現するのです。CLUB-Aゴールドカード以下の下位カードにはこうしたサービスがありませんので、JAL JCB プラチナカードだけの特権的なサービスとなります。

JAL JCB プラチナカードのポイント

JAL JCB プラチナカードのポイントプログラムはJALマイレージバンクです。JCBのOki Dokiポイントを貯めることもできますが、せっかくのJALカードならJALマイルを貯めなければ損です。最初からOki Dokiポイント目当てであったりJAL関連のサービスが不要ならJCBプラチナへ直接申し込んでしまうのいいでしょう。 JALカードとしての機能が付帯しているから申し込むわけですし、そうなるとポイントプログラムはJALマイレージバンク以外に選択肢はありません。還元率の観点から見ても、Oki Dokiポイントでは非効率的です。

JAL JCB プラチナカードは旅好きなJALマイラーのためのカード!積極的にマイルを貯めよう!

JAL JCB プラチナカードは、JALカードの最上位カードとして、マイル還元率も秀逸です。先述したようにアドオンマイルなら還元率4.0%なので、フライト機会の多い旅好きな方には非常におすすめできる1枚です。JAL特約店なら還元率2.0%ですし、通常のショッピングでも1.0%という高還元率での利用が可能ですから、JALマイラーならぜひとも選択肢に加えたいマイルカードと言えるでしょう。

JAL JCB プラチナカードと電子マネー

JALカードなら、JMB WAONを利用できます。JMB WAONは、文字どおりJALマイレージバンクとWAONがひとつになった電子マネーで、WAONで支払いをするとWAONポイントではなくマイルが貯まります。しかもJALカードでチャージするとチャージ分もマイル付与対象なので、チャージと支払いの両方でマイルを獲得することができます。

JCB発行のJAL JCB プラチナカードならQUICPayも利用できる!モバイルSuicaやSMART ICOCAにもチャージ可能!

JAL JCB プラチナカードはJCBが発行しているので、他のJCBカードと同様にQUICPayを利用することができます。QUICPayは後払いなので事前チャージ不要で利用できるのがメリットですし、JAL JCB プラチナカードと紐付けての利用になるので、QUICPay利用分はJAL JCB プラチナカードと一緒の請求ですから、通常ショッピングとしてマイル付与の対象になります。ただし、モバイルSuicaとSMART ICOCAはチャージ可能ではあるものの、マイル付与対象外なのでマイルは貯まりません。

QUICPay(nanaco)でポイント二重取り!還元率1.5%!

QUICPayは、事前登録すると「QUICPay(nanaco)」というサービスを利用できます。QUICPay(nanaco)をセブンイレブンで利用すると。200円ごとに1nanacoポイントが貯まり、QUICPayで紐付けているJAL JCB プラチナカードのマイルも同時に貯まります。

JAL JCB プラチナカードのマイル還元率は1.0%なので、nanacoポイントの還元率0.5%と合わせると、1.5%で利用できる計算です。QUICPayだけでは還元率1.0%のままなので、QUICPay(nanaco)も積極活用するとお得です。

JAL JCB プラチナカードの空港ラウンジサービス

空港ラウンジ

JAL JCB プラチナカードには、JCBゴールドの国内空港ラウンジサービスと、JCBプラチナに付帯するプライオリティ・パスの2つが付帯します。これにより、国内旅行だけでなく海外旅行でも空港ラウンジをフル活用できるので、ベネフィットは大きいです。

JAL JCB プラチナカードの空港ラウンジサービスは国内主要30空港+ハワイ!プライオリティ・パスで世界1,200ヵ所以上のラウンジ利用が可能!

JAL JCB プラチナカードで利用できる国内空港ラウンジサービスは同伴者1名まで無料で利用できます。利用可能なラウンジは次のとおりです。

国内空港ラウンジサービスの対象空港ラウンジ
新千歳空港 スーパーラウンジ
ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジ EAST SIDE
成田国際空港 第1ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE」
第2ターミナル「IASS EXECUTIVE LOUNGE」
羽田空港 第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」
第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」
第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」
第2旅客ターミナル「エアポートラウンジ(南)」
第2旅客ターミナル「POWER LOUNGE CENTRAL」
第2旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」
国際旅客ターミナル「SKY LOUNGE」
国際旅客ターミナル「SKY LOUNGE ANNEX」
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
中部国際空港セントレア プレミアムラウンジ セントレア
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジ らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港) ラウンジオーサカ
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ「六甲」「アネックス六甲」「金剛」
カードメンバーズラウンジ「比叡」
KIX エアポートラウンジ
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジ DAISEN
出雲空港 出雲縁結び空港エアポートラウンジ
山口宇部空港 ラウンジ きらら
高松空港 ラウンジ 讃岐
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
松山空港 ビジネスラウンジ
スカイラウンジ
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港 ラウンジ ひまわり
長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
大分空港 ラウンジ くにさき
熊本空港 ラウンジ ASO
鹿児島空港 スカイラウンジ 菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~
ダニエル・K・イノウエ国際空港 IASS HAWAII LOUNGE

利用可能な空港とラウンジは、国内30空港43ラウンジ+ハワイ1空港1ラウンジとなります。

また、プライオリティ・パスは、通常429USドル(1USドル=100円換算で42,900円)の年会費が必要な「プレステージ会員」に無料で登録できます。ちなみに「プレステージ会員」はプライオリティ・パスの中でも最上位の会員ランクです。「プレステージ会員」なら、世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを無料(同伴者は32USドル必要)で利用可能になりますので、海外旅行の頻度が多い方には最適な付帯サービスとなります。

JAL JCB プラチナカードの付帯保険

既述のとおり、JAL JCB プラチナカードに付帯する保険は充実度が高いです。特に海外旅行傷害保険は最上位カードにふさわしい補償が付帯しています。同じJALプラチナカードの『JAL AMEXプラチナ』と比較してみましょう。

JAL JCBプラチナとJAL AMEXプラチナの海外旅行傷害保険比較
クレジットカード名 JAL JCBプラチナ JAL AMEXプラチナ
傷害死亡・後遺障害 本会員:最高1億円
家族特約:1,000万円
最高1億円※うち利用付帯5,000万円
家族特約:1,000万円
傷害治療費 本会員:1,000万円
家族特約:200万円
本会員:200万円
家族特約:200万円
疾病治療費 本会員:1,000万円
家族特約:200万円
本会員:200万円
家族特約:200万円
賠償責任保険 本会員:1億円
家族特約:2,000万円
本会員:3,000万円
家族特約:3,000万円
携行品損害保険 本会員:1旅行中100万円限度
家族特約:1旅行中50万円限度
本会員:1旅行中50万円限度
家族特約:1旅行中50万円限度
救援者費用 本会員:1,000万円
家族特約:200万円
本会員:200万円
家族特約:200万円
日本語による24時間救急サービス 本会員:○
家族特約:一部利用可
本会員:○
家族特約:×

同じJALプラチナでも、JAL JCB プラチナカードとJAL AMEX プラチナカードとでは補償額が大きく異なります。JAL JCB プラチナカードはまさにJALカード最高峰の付帯保険を備えているカードです。

続いて、国内旅行傷害保険の内容は以下のとおりです。

JAL JCBプラチナとJAL AMEXプラチナの国内旅行傷害保険比較
クレジットカード名 JAL JCBプラチナ
(家族特約なし)
JAL AMEXプラチナ
(家族特約あり)
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高5,000万円
家族特約:1,000万円
傷害入院 10,000円/日 本会員:10,000円/日
家族特約:10,000円/日
手術 種類に応じ10万・20万・40万 本会員:種類に応じ10万・20万・40万
家族特約:種類に応じ10万・20万・40万
傷害通院 2,000円/日 本会員:3,000円/日
家族特約:3,000円/日

国内旅行傷害保険では、AMEXの方が家族特約が付帯するなど充実度が高いですが、海外旅行傷害保険にウェイトを置いていることを考えればJAL JCB プラチナカードの充実度もかなり高いことがわかります。

その他の付帯保険では、年間最高500万円のショッピングガード保険(海外・国内)が付帯するほか、航空機遅延保険も付帯しています。

海外・国内航空機遅延保険
保険内容 補償内容
乗継遅延費用 最高2万円
出航遅延費用 最高2万円
寄託手荷物遅延費用 最高2万円
寄託手荷物紛失費用 最高4万円

航空機遅延保険は、海外・国内ともに自動付帯となっているので安心です。

JAL JCB プラチナカードの追加カード|ETCカードや家族カード

JAL JCB プラチナカードなら、ETCカードが年会費無料で発行でき、発行手数料も無料です。家族カードは15,500円(税抜)の年会費が必要となり、さすがにJALカードの最上位カードだけあって家族カード年会費も高額です。

JAL JCB プラチナカードの家族カード会員なら本会員の半額で利用することができる!

JAL JCB プラチナカードの家族カード年会費は本会員のちょうど半額となっています。家族カードでも利用できるサービスはほぼ変わりませんので、それをたった15,500円(税抜)で利用することができるのは大きな魅力です。

ちなみに家族カードの発行対象は、生計を同一にする配偶者と親、それに高校生を除く18歳以上の子供となっていますが、高校生であっても、留学やホームステイなどで海外へ行く場合には同意書の提出があれば発行対象となります。

JAL JCB プラチナカードの締め日と支払日

JAL JCB プラチナカードの締め日と支払日は、

締め日 支払日(引き落とし日)
毎月15日 翌月10日

以上のようになります。

JAL JCB プラチナカードの請求はJCBから行われる!締め日と支払日をしっかり把握して遅延のないように計画的に使おう!

JAL JCB プラチナカードを含むJCBブランドのJALカードは、すべてJCBが発行していますので、請求もJCBから行われます。プラチナカードというステイタスカードを所持できるくらいの属性であれば節度を持った利用ができることと思いますが、一部ではステイタスカードを所持したことが嬉しくて使いすぎてしまう人もいるようです。くれぐれも遅延や延滞を繰り返して強制解約にならないよう、賢い利用を心掛けましょう。

JAL JCB プラチナカードの紹介まとめ

JAL JCB プラチナカードについてご紹介してきましたが、いがでしたか? JAL JCB プラチナカードはアドオンマイルで還元率4.0%など、超高還元率で利用できるJALカードの最上位カードです。

JCBプラチナと同等の優待特典が付帯し、国内空港ラウンジサービスでは同伴者1名まで無料、世界1,200ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスは年会費429USドルもする「プレステージ会員」へ無料で入会、プラチナ・コンシェルジュデスクで可能な限りの要望に応えてくれるなど、多彩なベネフィットを誇る1枚です。

トラベル&エンターテイメントで威力を発揮するJCBブランドのJALプラチナ!

グルメ・ベネフィットやJCBプレミアムステイプランほか、トラベルやエンタメ関連の優待サービスが豊富なJCBらしい贅沢な内容となっていますし、最高1億円の旅行傷害保険に航空機遅延保険の付帯、さらに年間最高500万円の補償を受けられるショッピングガード保険などなど、他のJALカードでは類を見ないほどの充実度を誇ります。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

JALカードとJR東日本のゴールドカードが一体化!コスパ最強のゴールドカード!

JAL CLUB-Aゴールドカード

ショッピングマイルプレミアムでマイル還元率1.0%!区間フライトマイルにボーナスマイル、空港ラウンジ特典も魅力!

JAL普通カード

JALマイルが貯まりやすい基本カード!初年度年会費無料、入会時&搭乗時にボーナスマイルも進呈!

空を旅するJALマイラーのクレジットカード!ボーナスマイルとフライトマイルはゴールドカードと同じ!

アドオンマイルでマイル還元率4.0%!JCBプラチナの優待特典が利用できるJALカード最高峰のステイタス!最高1億円の旅行傷害保険にプライオリティ・パスも無料付帯!

学生専用のJALカード、充実した特典に加え区間積算マイルは100%!入会ボーナス&毎年初回搭乗ボーナスマイルも進呈!

(JCB) JMBカードにSuicaを搭載、チャージにもマイルを付与!初年度年会費、入会時&毎年初回搭乗にもボーナスマイル進呈!

JAL普通カードより区間マイル数が多い!Suica搭載、入会搭乗ボーナスや最高5,000万円の旅行保険も自動付帯!

JAL JCBカードのスタンダードモデル!初年度年会費無料で高還元率でマイルを貯められる!

ショッピングマイル・プレミアムでマイル高還元率!空港ラウンジサービスまで付帯する!

マイル還元率1.0%で利用できるJALの学生カード!ツアープレミアムの年会費無料で入会OK!オリジナル特典もある!

ゴールドカード最高クラスの海外旅行傷害保険!JCBのゴールド特典も付帯するJALのゴールドカード!還元率1.0%!

アドオンマイルで還元率最大3.0%!空港ラウンジサービス同伴者1名無料で空港宅配サービスも付帯!

ゴールドカードと同等のボーナスマイル!海外・国内旅行傷害保険も充実!JCBの優待も利用OK!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 日本に生活基盤のある、20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
国際ブランド JCBカード 
年会費(初年度) 31,000円+税 年会費(2年目) 31,000円+税
家族カード(初年度) 15,500円+税 家族カード(2年目) 15,500円+税
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 4週間程度
利用限度額(下限) 公式サイト参照 利用限度額(上限) 公式サイト参照
利用限度額備考
発行会社 株式会社ジャルカード(株式会社JALカード)/株式会社ジェーシービー
支払い
キャッシング手数料 ATM手数料:1万円以下は100円+税/1万円超は200円+税
締め日 15日 引落日 10日
支払い方法 1回/2回/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
キャッシング金利 15.0~18.0%
ポイントシステム
ポイントプログラム JALマイレージバンク(Oki Dokiポイントも選択可)
ポイント還元率 1.0%
ポイント有効期限 36ヶ月(JALマイレージバンク)
最低交換単位 1ポイント
マイレージ
交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー QUICPay/WAON/モバイルSuica/SMART ICOCA
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高1億円
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」 傷害入院:10,000円/日
手術:種類に応じ10万円・20万円・40万円
傷害通院:2,000円/日
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
海外旅行保険「傷害治療」 1,000万円
海外旅行保険「携行品損害」 1旅行中100万円(年間100万円限度)
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高1億円
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」 1,000万円
海外旅行保険「疾病治療」 1,000万円
海外旅行保険「賠償責任」 1億円
海外旅行保険「救援者費用」 1,000万円
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 ショッピングガード保険:年間最高500万円(海外・国内)
その他 海外・国内航空機遅延保険
特典
航空ラウンジ 国内主要30空港+ハワイ
プライオリティパス プレステージ会員無料(要申込)
手荷物宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ プラチナ・コンシェルジュデスク
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容