JCBゴールド法人カード

JCBの法人ゴールドカード!利用可能額が上がり、最高1億円の旅行保険や遅延保険が付帯、空港ラウンジも無料!

JCBゴールド法人カード
国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜1.5% 発行日数 約2週間

JCBゴールド法人カードは、限度額250万円と利用枠が大きく仕入れにも便利!年会費は初年度無料、次年度波1万円+税、家族カードは枚数制限なしで取得OK!最高1億円の旅行傷害保険、最高500万円の旅行傷害保険に加え、渡航便遅延保険が付帯しているので旅先でも安心。国内+ハワイの提携ラウンジが無料で使える!

限度額最高250万円 利用限度額は最高250万円!海外も国内も仕入れで活躍!ショッピングガード保険は最高500万円まで補償!
年会費初年度無料 初年度無料で年会費は1万円+税!子カードは枚数制限なしで多くの特典と手厚い補償が受けられる!
旅行保険が充実 海外は最高1億円、国内は最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯!空港ラウンジも利用可能!

JCBゴールド法人カード こんな人におススメ

  • 業歴が5年以上の個人事業主、中小企業経営者の方に!
  • 仕入れ&会社の経費を、限度枠の大きなカードで決済したい方に!
  • ショッピング補償、付帯保険は手厚くカバーしたいという経営者の方
  • せっかくなら「特典の多い法人カードが欲しい!」という方に
  • コストパフォーマンスの良い法人カードをお探しの方に!
JCBゴールド法人カード
入会限定キャンペーン

<新規入会キャンペーン>
JCBギフトカードを最大12,000円分プレゼント!さらに弥生会計オンライン初年度無料キャンペーン実施中

2019-04-01~2019-09-30

JCBゴールド法人カード|審査基準から空港ラウンジや海外旅行保険

JCBゴールド法人カードの特徴

JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カードはJCB法人カードの上位カードで、ゴールド機能の付帯した法人カードが欲しい方や限度額にゆとりのある法人カードが欲しい方におすすめのクレジットカードです。

年会費は10,000円(税抜)で、ゴールドカードとしては比較的リーズナブル。使用者1枚追加ごとに3,000円ずつ(税抜)の年会費で使用できます。しかもオンライン入会なら初年度年会費無料で利用できるのも魅力。

そんなJCBゴールド法人カードについて、主な特徴をまとめてみました。

JCBゴールド法人カードの限度額は最高250万円!利用枠が大きいので仕入れなど各種経費の支払いにも使いやすい

JCBゴールド法人カードの利用枠は、最高250万円まで対応しています。1ランク下のJCB法人カードの限度額が100万円なので、一気に2.5倍までアップする計算です。ここまで大きな枠があれば、ちょっとした仕入れや出張費用にも活用できます。

ただし、当然ながら利用枠は審査結果によって異なります。すべての人に250万円という利用枠が与えられるわけではありません。審査結果によっては、限度額が100万円以下になる可能性もありますので、申し込み前から過度な期待はしないようにしましょう。

JCBゴールド法人カードで経費管理を一元化!経理業務の効率化やキャッシュフローの改善にも効果あり!ポイント還元で経費削減も!

JCBゴールド法人カードは個人事業主や中小企業代表者の方のための法人カードです。経費の支払いをJCBゴールド法人カードで行うことで経費管理を一元化でき、経理業務効率化に大きく貢献します。また、JCBゴールド法人カードにはポイント還元もありますので、実質的に値引きと同様のお得感もあり、JCBゴールド法人カードを導入するだけで、キャッシュフローの改善も期待できます。

旅行傷害保険は最高1億円!ショッピング保険は500万円まで補償!航空便遅延保険や空港ラウンジサービスも付帯する

JCBゴールド法人カードには、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯します。海外旅行傷害保険は一部利用付帯ですが、5,000万円分は自動付帯ですので、カードを持っているだけで、旅行傷害保険が適用されます。

また、国内・海外航空機便遅延保険が付帯されるので、搭乗機の遅延や欠航、チェックインで預けた荷物の遅延や紛失にも補償が適用されるので安心です。このほか、ショッピング保険は最高500万円まで補償されるので、カードで購入した商品の盗難や破損もカバーできます。付帯保険に関しては個人向けのJCBゴールドと同じです。

もちろん、ゴールドカードなので空港ラウンジサービスも付帯します。国内の主要29空港のラウンジとハワイのダニエル・K・イノウエ国際空港にてラウンジを利用できます。付帯保険や空港ラウンジサービスの詳細については後述します。

JCBゴールド法人カードの会員優待と特典はビジネスに役立つサービスが目白押し!

JCBゴールド法人カードには、上で紹介した付帯保険や空港ラウンジサービス以外にも、旅行やビジネスなどに役立つ特典が付帯されます。

JCBゴールド法人カードのビジネス関連優待
MyJCB JCB会員専用のスタンダードな会員サービス。オンラインで各種手続きが行える
JCB E-Co明細サービス 追加で発行可能な「ETCスルーカードN」の利用区間や走行日、金額などをオンラインチェックできる法人専用サービス
JCB.ANA@desk 法人専用のインターネット航空券予約サービス。出張管理などにも役立つ
JCB de JAL ONLINE 簡単予約可能な法人専用チケットレスサービス。JALの事前座席指定サービスも利用OK
JR東海エクスプレス予約サービス 東海道・山陽新幹線(東京~博多)のネット予約が可能。チケットレスで利用できる人気のサービス
じゃらんコーポレートサービス じゃらんnetの宿泊プランのほか、法人限定で格安プランの提供もあり
アスクルサービス 事務用品などで有名なアスクルでお得に購入できる。最短当日お届けや配送料無料のサービスもあり
弥生 MyJCBから外部接続サービスで利用明細を弥生会計オンラインに取り込めるため経理負担軽減にも効果あり
ソリマチ カード利用明細を会計王シリーズやみんなの青色申告へ仕訳データとして連携OK。経理業務効率化に期待大
JCBタクシーチケット 名前と料金だけ記入すれば利用OKなタクシーチケット。会員のサインがあれば会員以外も利用できるので送迎や接待に活用できる
JCBプレモカード 利用者拡大中の新しいJCBギフトカード。顧客や取引先へのプレゼント、従業員の奨励などにも使える
JCBギフトカード おなじみのJCBギフトカード。発送サービスにも対応している
JCBトラベル 社員旅行ほか出張などの相談・予約がOK。ビジネス向けの予約ページもあり
福利厚生倶楽部 スポーツクラブや保養所など、全国で福利厚生サービスを格安利用可能。育児サポートや資格取得も利用できる

上記は一般カードのJCB法人カードにも付帯するサービスとなりますが、JCBゴールド法人カードには個人向けのJCBゴールドと同じ「GOLD Basic Service」も付帯します。

GOLD Basic Service
ゴールド会員専用デスク 専用のオペレーターが通話料無料で対応
ゴルフエントリーサービス 全国にあるおよそ1,200ヶ所のゴルフ場を予約手配してくれる
JCBゴールド ゴルフイベントへの参加 コンペ形式のゴルフイベントを開催
JCBゴルファーズ倶楽部の入会 倶楽部へ入会すると名門コースでのプレーも楽しめる
グルメ優待サービス 全国およそ250の店舗で20%OFFなどお得な優待を受けられる
JCB THE PREMIUM グルメ情報やトラベル情報、地域情報などが掲載されている会員情報誌「JCB THE PREMIUM」を毎月お届け
JCB GOLD Service Club Off 全国約70,000ヶ所の様々な施設を優待利用できる
JCBトラベル OkiDokiトクトクサービス JCBトラベルデスクにて対象のパッケージツアーに電話で申し込むとOkiDokiポイントがお得に貯まる
手荷物無料宅配券サービス JCBトラベルの海外パッケージツアーへ申し込むと手荷物無料宅配券をプレゼント
ハーツレンタカーサービス ハーツレンタカーの割引サービス
国内/海外オンライン予約 JCBトラベル提携オンライン予約サービスでOkiDokiポイントが5倍~12倍
京爛漫 京都を満喫できるJCBのオリジナルガイドブック。各種優待を受けられる
東京ディズニーリゾートへの旅トラベル特典 JCBトラベルにてディズニーホテルなど対象の施設に宿泊できるパッケージプランを申し込むとOkiDokiポイントがお得に貯まる
JCBゴールドチケットサービス コンサートや歌舞伎、演劇など各種チケットの先行販売や特典付きチケットの案内をしてくれる
健康サービス 人間ドックサービス・ドクターダイレクト24・健康チェックサービスなどを利用できる
JCB暮らしのお金相談ダイヤル 資産運用から年金、税務など、暮らしに関わるお金の悩みをプロに相談できるサービス
ゴールドフラワーサービス 電話1本で指定先へお花を届けてくれる便利なサービス。5%OFFの優待もあり

ちなみに、先にご紹介した付帯保険や空港ラウンジサービスも「GOLD Basic Service」に含まれています。ゴールドカード以上のステータスカードを持っている方だけの限定特典で、一般カードでは利用できない贅沢なサービスです。

JCBゴールド法人カードは、こんな人におすすめ

おすすめ

ここからは、JCBゴールド法人カードのおすすめポイントと、どのような人におすすめできるのか? などについて、解説していきます。

経理負担を軽減したい個人事業主や中小企業経営者の方に!JCBゴールド法人カードは従業員用に追加カードの発行もできて経費管理もしやすい

経営者

JCBゴールド法人カードは、法人カードで経理業務効率化を図りたい個人事業主の方、法人経営者の方におすすめのカードです。JCBゴールド法人カードは、追加カードを枚数制限なしで発行できますので、すべての経費を一元化することも可能で、経費管理の改善にも効果を期待できます。

ただ一般の法人カードとは異なり、ゴールドカードというステータスもあるので、ある程度の業歴がなければ審査可決は難しくなります。目安としては「業歴5年以上」の個人事業主や中小企業経営者の方で、堅実に経営をされている方なら問題無く審査に通るでしょう。「審査が難しいかな?」と思われる方には、一般カードの『JCB法人カード』の利用がおすすめです。

JCB法人カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 0.5%〜1.0%  発行日数 約2週間

JCB法人カードは、ビジネスで役立つJCBのクレジットカード!初年度無料、次年度1,250円(+税)でコストを掛けずに、法人カードが取得できる。最高3,000万円の旅行保険やショッピング保険も付帯、渡航先では日本語サポートもアリ!最新のセキュリティ対策でカードがいつでも安全に使える!

入会限定キャンペーン

<新規入会キャンペーン>
JCBギフトカードを最大7,000円分プレゼント!さらに弥生会計オンライン初年度無料キャンペーン実施中

仕入れ&会社の経費を限度枠の大きなカードで決済したい方に!JCBゴールド法人カードなら一般カードよりも利用枠が大きい!

JCBゴールド法人カードの利用限度額は50万円〜最高250万円に設定されます。このため、一般カードの『JCB法人カード(限度額10万円〜100万円)』では「利用枠が足りない……」という方に、JCBゴールド法人カードの取得をおすすめします。一定の利用枠があれば、様々な経費の支払いにも活用できます。

JCBゴールド法人カードには充実の保険が付帯!法人カードでも補償は手厚くカバーしたいという経営者の方におすすめ!

JCBゴールド法人カードは、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険に加え、海外・国内航空機遅延保険、最高500万円のショッピングガード保険が付帯します。国内&海外の出張や旅行の際にも、万が一のトラブルに備えることができるので安心です。

せっかくなら「特典の多い法人カードが欲しい!」という方に!JCBゴールド法人カードならビジネス特典やゴールド特典が満載!

JCBゴールド法人カードをお持ちの方は、国内の主要空港+ハワイの空港ラウンジを無料で利用できます。また、渡航先ではJCBプラザコールセンターが日本語で現地の予約・各種手配、緊急時のサポートをしてくれるので大変便利です。

このほか、健康サービス、ゴルフ場やエンターテイメントのオンライン予約、お金の相談サービス、事務用品の優待、ギフトカードの発送サービス、福利厚生サービスの優待、WEB明細など、ビジネスで役立つ特典も満載です。

法人カードもコスパにこだわりたい方に!JCBゴールド法人カードは年会費以上の価値が付帯!

JCBゴールド法人カードの年会費は、オンライン入会の場合なら初年度無料です。また、次年度以降の年会費も10,000円(税抜)となっていて、比較的リーズナブルな年会費設定です。追加カードは、1枚につき3,000円(税抜)で取得できるほか、ETCカードも無料で発行できます。

年会費10,000円というのは、一般カードの「1.250円」に比べると高く感じますが、既述のとおり「GOLD Basic Service」の特典だけでも年会費以上のベネフィットがあります。このため、「コストパフォーマンスの良いカード」をお探しの方には、JCBゴールド法人カードの取得がおすすめです。

JCBゴールド法人カードのメリット

ここまでの内容をふまえて、JCBゴールド法人カードのメリットをまとめてみました。

POINT

JCBゴールド法人カードのメリット

  • 利用限度額は最高250万円!経費の支払いや国内・海外の出張にも活用できる!
  • ショッピング保険は最高500万円、仕入れで購入した商品も手厚く補償!
  • 年会費はオンライン入会なら初年度無料!次年度も10,000円!
  • 追加カードは枚数制限なしで発行OK!年会費は3,000円とリーズナブル!
  • 海外旅行傷害保険は最高1億円!国内も5,000万円まで補償が受けられる!
  • 空港ラウンジサービス付帯!海外・国内航空機遅延保険も付帯しているので移動も安心
  • GOLD Basic Serviceやビジネスに役立つ優待特典が付帯する!
  • ゴールドデスクのほか、渡航先ではJCBプラザコールセンターが日本語でサポート!

このように、JCBゴールド法人カードは「ゴールドカードの特典」が受けられる上に、ショッピング保険や最高1億円の旅行傷害保険、渡航便遅延保険が付くなど、補償も手厚いです。このほか、利用枠の大きな法人カードが欲しい方にもおすすめできます。

JCBゴールド法人カードのデメリット

JCBゴールド法人カードには上述したようなメリットがある反面、デメリットもあります。デメリットはメリットほど多くはありませんし、そもそもデメリットさえ理解しておけば使いやすさのアップにも繋げることができます。

JCBゴールド法人カードは国際ブランドがJCBのみ!海外の加盟店数が少ない!

JCBゴールド法人カードは海外でも日本語サポートが受けられるほか、手厚い旅行傷害保険が付帯しているので便利です。ただ、海外でカードを利用する場合、JCBに対応していない店舗も多いので、旅先でのショッピングやホテル代の支払いに利用される方は注意しましょう。

JCBは日本発の国際ブランドなので日本国内では非常に使い勝手が高いのですが、世界的にみると加盟店数ではVISAやMasterCardの方が圧倒的なシェアを誇ります。海外ではJCBの加盟店数が非常に少ないので注意が必要です。海外へ行く場合は異なる国際ブランドのクレジットカードを携行していきましょう。

JCBゴールド法人カードの評判

JCBゴールド法人カードを実際に使用しているユーザーのレビューなどから評判を探ってみますと、なかなかの評価を得ているようです。

JCBゴールド法人カードでもっとも高い評価を得ているのは経費管理のしやすさと贅沢な特典

JCBゴールド法人カードは、JCB法人カードとJCBゴールドが一体となったカードで、贅沢なゴールドカード特典を利用できる点で評判が良いです。特典をフル活用すれば10,000円の年会費もあっという間にペイできてしまうコスパの高さも人気です。

しかも、経費の支払いをできる限りJCBゴールド法人カードにまとめることで、経理業務も大幅に効率化できるというユーザーの声も多いです。特に、毎月領収書と奮闘している個人事業主にとっては非常に大きな味方となってくれる1枚のようです。

JCBゴールド法人カードの審査

JCBゴールド法人カードの審査難易度は、やや高めです。法人カードであることと、ゴールドカードというステータスカードであるという点で審査は決して甘くはありません。

新設したばかりの法人や開業したての個人事業主ではJCBゴールド法人カードの審査ハードルは高い

JCBゴールド法人カードの申込資格は18歳以上の個人事業主または法人です。これだけを見れば、「18歳以上であればOKなんだ」と甘く考えてしまいがちですが、上記のような理由から審査難易度は結構高めです。法人カードでもあるので、会社設立や開業から3年以上の実績は欲しいところです。もちろん、黒字経営であることも大事です。審査に不安があるという場合は、まず一般カードの『JCB法人カード』からスタートしてみることをおすすめします。

JCBゴールド法人カードのキャンペーン

JCBゴールド法人カードの入会を検討するなら、キャンペーン情報のチェックもお忘れなく! 現在行われているキャンペーンは、

  • インターネット新規入会限定キャンペーン
  • JCB×弥生 特別キャンペーン

以上の2つです。その他、不定期でAmazonのクーポンをプレゼントしてくれるキャンペーンなどが行われることもあります。

JCBゴールド法人カードの新規入会キャンペーンがお得!最大12,000円分プレゼント!

JCBゴールド法人カードへインターネットから新規入会すると以下のキャンペーン特典が付与されます。

  1. インターネットからの新規入会でもれなく8,000円分のJCBギフトカード
  2. 使用者の追加で1名につき2,000円分のJCBギフトカード(最大2名まで)
  3. 公共料金や携帯電話を1,000円以上支払うと2名にひとり1,000円キャッシュバック

インターネットから新規入会するだけでも8,000円分のJCBギフトカードが手に入ります。仮にポイントだけで8,000円分獲得するとなると、還元率0.5%なのでカード利用160万円分に匹敵します。新規入会だけでそれに匹敵するギフトカードを獲得できるのですから大いに魅力的です。

JCBゴールド法人カードの還元率

JCBゴールド法人カードのポイント還元率は他のJCBカードと同じ0.5%です。1,000円の利用で1ポイントが付与されます。還元率0.5%は、還元率1.0%以上のカードに比べたら低めの還元率でもあるので、その点がデメリットだとも言われます。

しかしJCBカードは、T&Eカードとして旅行やエンターテイメントの分野で優待サービスを活用するためのカードでもありますので、ポイント還元というのはおまけ程度のものだという認識も必要です。しかもJCBカードの場合、比較的高還元率で利用することも不可能ではありません。

JCBゴールド法人カードの還元率は海外なら2倍!JCBオリジナルパートナーで2倍以上!JCBスターメンバーズでボーナスポイントもあり!

JCBゴールド法人カードは、上述のとおり1,000円利用ごとに1ポイントが付与されますが、海外加盟店の利用は1,000円ごとに2P(通常の2倍)ポイントが貯まります。さらにJCBゴールド法人カードは「JCB ORIGINAL SERIES」にラインナップされているので、「JCBオリジナルシリーズパートナー」の加盟店で利用すれば通常の2倍~10倍のポイント優待を受けられます。

加えてJCBゴールド法人カードは、年間のカード利用額に応じて翌年度のポイント還元率がアップする「JCB STAR MEMBERS(スターメンバーズ)」の対象カードでもあるので、利用すればするほどお得(最大25%UP)になります。JCBオリジナルパートナーやJCBスターメンバーズについては、公式サイトなどをしっかりとチェックしておきましょう。

JCBゴールド法人カードのポイント

JCBゴールド法人カードに付帯するポイントプログラムはOkiDokiポイントで、これも他のJCBカードと同様です。

貯めたポイントはJCBの厳選したアイテム、JCBギフトカードや各種電子ギフト、共通ポイント、請求額への充当(キャッシュバック)、電子マネーなどに交換できます。

JCBゴールド法人カードで貯めたポイントの移行先も豊富でマイルへの交換もOK!ただしマイルを貯める目的ではおすすめできない!

OkiDokiポイン

JCBゴールド法人カードで貯めたOkiDokiポイントは、500P以上1ポイント単位で、JAL/ANA/デルタの各マイレージに移行できます。移行レートは1P=3マイルで移行手数料も無料です。

ただし、移行レートは決して魅力的とは言えません、ANAカードなどの航空系クレジットカードの方が移行レートでは遥かに魅力的だからです。したがって、JCBゴールド法人カードをマイルを貯める目的だけで使用するのはおすすめできません。

OkiDokiポイントの主な移行先
移行先 移行レート 還元率
パートナーポイントプログラム
(OkiDokiポイントをAmazonで使える)
1ポイント=3.5円分 0.35%
JCB×Yahoo! JAPANポイントクラブ 【好きなときコース】
1ポイント=4.5円分
【らくらく自動移行コース】
1ポイント=5円分
好きなときコース→0.45%
らくらく自動移行コース→0.5%
オンラインギフト
(Google Play/App Store/iTunesコード/Amazonプライムギフトコードなど)
1ポイント=4円前後 0.4%
nanacoポイント 1ポイント=5円分 0.5%
dポイント 1ポイント=4円分 0.4%
WALLETポイント 1ポイント=4円分 0.4%
ビックポイント
ビックネットポイント
1ポイント=5円分 0.5%
ベルメゾン・ポイント 1ポイント=5円分 0.5%
ジョーシンポイント 1ポイント=5円分 0.5%
楽天スーパーポイント 1ポイント=4円分 0.4%
セシールスマイルポイント 1ポイント=5円分 0.5%
楽天Edy 1ポイント=3円分 0.3%
カエトクカード 1ポイント=4円分 0.4%
スターバックスカードチャージ 1ポイント=4円分 0.4%
Tポイント 1ポイント=4円分 0.4%
WAONポイント 1ポイント=4円分 0.4%
JCBプレモカードチャージ 1ポイント=5円分 0.5%
JCBトラベルOkiDokiポイント充当プラン 1ポイント=5円分 0.5%
カード支払い金額に充当
(キャッシュバック)
1ポイント=3円分 0.3%

OkiDokiポイントの主な移行先は以上のようになります。ただし、商品やアイテムは除いてあります。先述したように、OkiDokiポイントは還元率0.5%で貯まりますが、上記のように移行先によっては0.5%に満たないケースも多々あります。ポイントの価値をムダにしないためにも、なるべく還元率0.5の移行先を選ぶのがおすすめです。

マイル等への移行レート
移行先 移行レート 還元率
JALマイレージバンク 1ポイント=3マイル 0.3%
ANAマイレージクラブ 1ポイント=3マイル 0.3%
デルタ航空 スカイマイル 1ポイント=3マイル 0.3%
ANAスカイコイン 1ポイント=3円分 0.3%

マイル移行は、たしかに航空系クレジットカードの方がお得です。ただし、1マイルあたりの価値をどのように考えるかでお得度も変わってきます。1マイル=1円であれば還元率0.3%ということになりますが、特典航空券への交換であれば1マイルあたりの価値も2円以上になります。そうなると、OkiDokiポイントのマイル移行レートはさらにアップすることになり、還元率も0.6%以上ということになります。

還元率0.6%となると、OkiDokiポイントとしての還元率としてはまずますではありますが、既述のとおりマイルを貯める目的であれば航空系クレジットカードの方が圧倒的なお得度があります。マイル移行レートも実質1.0%以上ですし、ボーナスマイルなどの付与もあります。「マイルを貯めるため」という視点でみた場合は、航空系クレジットカード以外に選択肢はないでしょう。

OkiDokiポイントの移行先でおすすめなのはマイルよりもJCBプレモカードへのチャージ!

JCBゴールド法人カードで貯めたOkiDokiポイントの交換先としておすすめなのは、やはり普段遣いとして活用できる共通ポイントや電子マネー、各種ギフトカードやギフトコードなどがおすすめとなります。しかし、還元率0.5%で移行できる交換先は限られてしまうのがやや残念なところでもあります。

そんな中で、もっとも使える移行先となるのがJCBプレモカードへのチャージです。プレモカードはJCBのカード型ギフトカードで、OkiDokiポイントでチャージして使うことができます。ファミリーマートやローソン、百貨店や家電量販店、ファミレスやファストフード店など利用可能な店舗も幅広いので、非常に使い勝手の高い移行先です。

JCBゴールド法人カードと電子マネー

JCBゴールド法人カードにはポストペイ型(後払い式)の電子マネーとしておなじみの「QUICPay」を追加カードとして発行できます。現在のところ、クレジットカード一体型はありませんがQUICPay利用分もポイントが貯まるのでとてもお得です。QUICPayはJCBも開発に携わった電子マネーなので、紐づけて利用できるのはJCBの特権的な魅力です。

JCBゴールド法人カードで利用できるQUICPayは事前チャージ不要だから便利!

QUICPayは、三井住友カードの「iD」と同様にクレジットカードと紐づけることで後払い用として使用できるメリットがあります。通常の電子マネーのように事前チャージ不要で利用でき、請求はJCBゴールド法人カードの利用額との合算となるため、QUICPay使用分もポイント付与の対象です。

JCBゴールド法人カードの空港ラウンジサービス

法人カードとはいえ、ゴールドカードとしてJCBの「GOLD Basic Service」を利用できるJCBゴールド法人カードも、個人向けのJCBゴールドと同様に空港ラウンジサービスを利用できます。

JCBゴールド法人カードなら国内主要空港+ハワイの空港ラウンジを無料で使える!

空港ラウンジ

JCBゴールド法人カードは「GOLD Basic Service」の特典として、国内の主要空港ラウンジとダニエル・K・イノウエ空港(ホノルル)のラウンジが無料で使えます。すべてのラウンジが使えるわけではありませんが、ビジネスや出張の機会があればぜひ提携ラウンジを利用してみてください。

JCBゴールド法人カードの付帯保険

JCBゴールド法人カードには、個人向けJCBゴールドと同じ内容の保険が付帯しています。海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円、そして海外・国内航空機遅延保険も付帯します。さらに、ショッピングガード保険は最高500万円の補償です。

JCBゴールド法人カードの海外旅行傷害保険は一部利用付帯ながらゴールドカード最高クラスの1億円を補償!家族特約も付く充実ぶり!

JCBゴールド法人カードは個人向けカードのJCBゴールドと同じ付帯保険なので、海外旅行傷害保険には家族特約も付帯します。

海外旅行傷害保険
保険内容 補償内容 家族特約
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
(うち利用付帯5,000万円)
最高1,000万円
傷害治療費 最高300万円 最高200万円
疾病治療費 最高300万円 最高200万円
賠償責任保険 最高1億円 最高2,000万円
携行品損害 1旅行中最高50万円 1旅行中最高50万円
救援者費用 最高400万円 最高200万円

一部利用付帯とはいえ、最高1億円の補償はゴールドカードとしても国内最高クラスです。

国内旅行傷害保険
保険内容 補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院保険 5,000円/日
※8日以上の治療から対象
手術保険 入院日額×(10倍、20倍、40倍)
※8日以上の治療から対象
通院保険 2,000円/日
※8日以上の治療から対象

国内のは万一の場合でも健康保険等が使えるので海外で受診するよりは費用面でも安心ですが、自動付帯で上記のような補償を受けられるのでメリットは大きいです。

国内・海外航空機遅延保険
保険内容 補償内容
乗継遅延費用保険金 最高2万円
出航遅延費用等保険金 最高2万円
寄託手荷物遅延費用保険金 最高2万円
寄託手荷物紛失費用保険金 最高4万円

航空機遅延保険は国内も海外も補償対象で、しかも自動付帯。出航遅延にともなって生じた飲食費や宿泊代、寄託手荷物の遅延や紛失によって生じた衣類購入費用等を補償してもらえます。

JCBゴールド法人カードの追加カード|ETCカードや家族カード

JCBゴールド法人カードで追加発行可能なカードは、先にもご紹介した電子マネー「QUICPay」のほか、ETCスルーカードN、エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード、そして従業員用の追加カードの発行が可能です。

従業員用の追加カードは個人向けカードでいうところの家族カード的なものですが、個人向けカードの家族カードとは年会費も異なります。個人向けカードの家族カードは年会費1,000円(1名無料)ですが、JCBゴールド法人カードの追加カードは3,000円の年会費がかかります。

ETCスルーカードNの年会費は無料で複数枚の発行OK!エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカードは年会費たったの96円!

ETCカードは、法人カード専用の「ETCスルーカードN」を追加発行できます。年会費無料で、複数枚発行にも対応しています。さらに、社用車の燃料費を管理しやすくするのであれば、「エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード」も追加で発行できます。全国のエッソ・モービル・ゼネラルのサービスステーションにてカード価格で給油可能なほか、たった96円(税抜)というリーズナブルな年会費で利用できます。

JCBゴールド法人カードの締め日と支払日

JCBゴールド法人カードの締め日と支払日は以下のとおりです。

  • 締め日…毎月15日
  • 支払日…翌月10日

締め日と支払日は個人向けのJCBカードと同じです。

毎月24日前後に支払い金額が決定!支払いは決して遅延や延滞のないようにJCBゴールド法人カードを賢く使おう!

毎月15日に締め切られると、24日前後にはカード支払い額が確定します。支払日は翌月10日ですが、早めに口座へ準備しておくようにし、決して遅延や延滞のないように賢い利用を心掛けましょう。

JCBゴールド法人カードの紹介まとめ

JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カードは、個人事業主や中小法人向けのゴールドカードです。利用枠が「最高250万円」と大きいので、仕入れや経費の支払いに活用できます。また、ショッピングガード保険は最高500万円まで補償をカバーできるので、仕入れや経費で購入した商品が保険で補償されるので安心です。また、最高1億円の海外旅行傷害保険、最高5,000万円の国内旅行傷害保険が付帯し、国内・海外航空機遅延保険も付帯する充実の補償も魅力です。

JCBゴールド法人カードは個人向けのJCBゴールドと同様のゴールドカード特典を利用でき、国内の主要空港+ホノルルの空港ラウンジを無料で使える空港ラウンジサービスが付帯します。もちろん、カード提携店での優待、人間ドックや定期検診、福利厚生サービスの優待利用、事務用品の優待購入、JCBトラベルのツアー割引、ゴルフやグルメ、各種エンターテイメント、WEB明細などなど、旅行やビジネスに役立つサービスが利用できます。

JCBゴールド法人カードの年会費は初年度無料、次年度以降10,000円(税抜)です。追加カードは1名ごとに3,000円(税抜)で、枚数制限なしの発行が可能で、ETCカードも年会費無料&複数枚発行が可能です。個人事業主および中小法人経営者の方で「コストパフォーマンスの良いカード」をお探しの方は、ぜひJCBゴールド法人カードの取得を検討してみましょう。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

年会費無料でポイント還元率常時2倍!女性向けカードもあるJCBのプロパーカード!

日本の国際ブランドJCBのプロパーカード!抜群のステイタスと利便性

還元率2.0%!年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯するリボ払い専用カード

JCB EIT

年会費永年無料で、ポイントはいつでも2倍!最高2,000万円の海外旅行保険も付いてくる!

JCBゴールドカード

国際ブランドJCBのプロパーゴールドカード!最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯!

若者限定のJCBプロパーカード!年会費無料、AmazonでOki Dokiポイント最大3.0%還元!旅行保険&ショッピング保険も付帯!

20代限定のJCBゴールドカード!初年度年会費無料!Amazonで常に2.25%以上を還元!海外旅行保険付帯で空港ラウンジも無料!

JCBの法人クレジットカード!手堅い企業におすすめの決済用カード!初年度年会費無料、旅行保険付帯で日本語サポートも万全!

JCBゴールド法人カード

JCBの法人ゴールドカード!利用可能額が上がり、最高1億円の旅行保険や遅延保険が付帯、空港ラウンジも無料!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 法人または個人事業主の方(カード使用者は満18歳以上のこと)
国際ブランド JCBカード 
年会費(初年度) 無料 年会費(2年目) 10,000円+税
家族カード(初年度) 3,000円(+税) 家族カード(2年目) 3,000円(+税)
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料 
ETCカード備考
発行期間 約2週間
利用限度額(下限) 50万円 利用限度額(上限) 250万円
利用限度額備考
発行会社 株式会社ジェーシービー
支払い
キャッシング手数料
締め日 JCB公式サイトで確認のこと 引落日 JCB公式サイトで確認のこと
支払い方法
キャッシング金利
ポイントシステム
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
ポイント還元率 0.5%〜1.5%
ポイント有効期限 ポイント獲得月より3年間(36カ月)
最低交換単位 200P〜 
マイレージ
交換可能なマイレージ ① JALマイレージ
② ANAマイレージ
③ スカイマイル
マイレージ還元率 ① JALマイレージ:0.3%(1p ⇒ 3マイル)
② ANAマイレージ:0.3%(1p ⇒ 3マイル)
③ スカイマイル:0.3%(1p ⇒ 3マイル)
最低交換単位 ①〜③ともに500P以上1P単位で交換可能
マイレージ移行手数料 ①〜③ともに無料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高5,000万円 
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」 ・ 入院保険金:日額5,000円
・ 通院保険金:日額2,000円
・ 手術保険金:最高20万円(入院日額×10倍〜40倍)
・ 渡航便遅延保険:最高10万円(乗継便遅延保険金2万円程度、出航遅延費用保険金2万円程度、寄託手荷物遅延費用2万円程度、寄託手荷物紛失費用保険金4万円程度)  
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯 
海外旅行保険「傷害治療」 最高300万円(1事故あたり)
海外旅行保険「携行品損害」 最高100万円(1事故当たりの自己負担3,000円) 1旅行中20万円、携帯品1個あたり10万円まで
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高1億円(うち自動付帯分5,000万円) 
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 最高300万円(1疾病あたり)  
海外旅行保険「賠償責任」 最高1億円(1事故あたり) 
海外旅行保険「救援者費用」 最高400万円 
海外旅行保険「その他」 便遅延保険:最高10万円
※ 乗継便遅延保険金2万円程度、出航遅延費用保険金2万円程度、寄託手荷物遅延費用2万円程度、寄託手荷物紛失費用保険金4万円程度)   
ショッピング保険 最高500万円(1事故あたりの自己負担額3,000円)
その他
特典
航空ラウンジ 国内の主要空港の提携ラウンジ、ホノルル国際空港ラウンジ 
プライオリティパス
手荷物宅配 手荷物無料宅配券(片道)
※ JCBトラベルデスクより海外ツアーを申し込み、カードで決済すると空港から自宅までの手荷物無料宅配券を進呈!  
ゴールドデスクコンシェルジュ JCBゴールド会員専用デスク  
備考 JCBプラザコールセンター(海外)

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容