JCB GOLD EXTAGE

20代限定のJCBゴールドカード!初年度年会費無料!Amazonで常に2.25%以上を還元!海外旅行保険付帯で空港ラウンジも無料!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
3,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドカード)は20代の限定JCBゴールドカード、JCBゴールドのエントリーカードとして人気で、初年度年会費無料、次年度3,000円+税とリーズナブルな上にAmazonで最高3.0%の還元も受けられる!最高5,000万円の旅行保険が付帯、ショッピング保険も200万円までカバー!空港ラウンジ&手荷物宅配サービスも無料。国際ブランドJCBのステータスと付帯する「ゴールド特典」も魅力!

年会費がお得 20代限定のJCBゴールドカード!初年度年会費無料!初回更新時には国内ステータス最高のJCBゴールドカード(ORIGINAL SERIES)へ自動でランクアップ!
還元率最大3% セブンイレブンでポイント3倍!スターバックスで10倍!海外2倍!OkiDokiランド経由でAmazonでは常時2.25%を還元!入会後3ヵ月間は還元率最大3.0%!
特典が満載 最高5,000万円の海外旅行傷害保険、最高200万円のショッピング保険も付帯!空港ラウンジ無料!

JCB GOLD EXTAGE こんな人におススメ

  • 20代限定、JCB「ゴールドカード」を気軽に取得したい若者に!
  • ゴールドカードならではの特典や「質の高いサービス」を求める方にも
  • Amazonやスターバックスコーヒーを利用する機会が多い方に!
  • 空港ラウンジを利用したい方、旅行傷害保険、ショッピング保険を必要とされる方
  • JCBカードで、さらなるステータスカードを目指す方にもピッタリ!
入会限定キャンペーン

初年度年会費も無料!さらにスターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

2019-04-01~2019-09-30

JCB GOLD EXTAGE|20代向けJCBゴールドカード

JCB GOLD EXTAGEの特徴

JCB GOLD EXTAGEは、JCBゴールドの「エントリーカード」に位置づけられており、20代の若者限定のお得なゴールドカードとして高い人気を誇ります。

ゴールドカードと言えば「高嶺の花」と思われがちですが、JCB GOLD EXTAGEなら年会費も安く、20代の方でも気軽にゴールドカードが取得できます。そんなJCB GOLD EXTAGEの特徴についてご紹介していきます。

CB GOLD EXTAGEは年会費初年度無料!次年度も3,000円とリーズナブル!

JCB GOLD EXTAGEの年会費は初年度無料で次年度以降も3,000円(税抜)と、リーズナブルな年会費が魅力のゴールドカードです。JCBゴールドと言えば、日本国内で最高のステータスを誇るクレジットカードですが、こうしたステータスカードが、わずかな年会費で持てるのは大いに魅力です。

もちろん、本会員の年会費がリーズナブルなら家族カードの年会費もリーズナブルです。家族カードは1枚目の年会費が完全無料となっていて、2枚目以降は1,000円(税抜)で利用できます。

CB GOLD EXTAGEの券面デザインは2種類!ディズニーデザインも選べる!

JCB GOLD EXTAGEの券面デザインは、上品なゴールドが印象的な通常デザインのほか、ミッキーマウスのイラストが目を惹く「ディズニー・デザイン」の2種類から選択できます。ディズニーデザインが選べるのも、JCBが東京ディズニーリゾートのオフィシャルスポンサーであればこその特権と言えるでしょう。

JCB GOLD EXTAGEはJCBのヤングゴールドカード!上位カードへのステップアップもOK!

JCB GOLD EXTAGEは、国際ブランドJCBが発行する20代限定のヤングゴールドカードで、申し込み条件は20歳以上29歳以下の方までと限定されています。将来の優良顧客確保のために、若いうちからゴールドカードの魅力に触れられるよう設計されているのが特徴です。

そのため、JCB GOLD EXTAGEはカード入会から5年を超えると自動的に、JCBゴールド(ORIGINAL SERIES)へと切替が行われます。JCBゴールドは、年会費初年度無料ですが、次年度以降は10,000円(税抜)の年会費がかかります。

JCB GOLD EXTAGEからJCBゴールドへ切り替えた後の年会費は跳ね上がってしまいますが、最高1億円の旅行傷害保険や最高500万円のショッピング保険が付帯しますし、ゴールド会員だけのプレミアムな特典を利用できるようになります。

JCBゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日

入会限定キャンペーン

新規入会とご利用条件クリアでいまなら最大15,000円分プレゼント! 初年度年会費も無料!さらにスターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

さらに、JCBゴールドで、2年連続年間100万円以上のカード利用という条件を達成すれば、更なるステータスカード『JCBゴールドザ・プレミア』へのインビテーションが届くこともあります。JCB GOLD EXTAGEを足がかりに、ステータスカードホルダーの道を進めます。

JCB GOLD EXTAGEの会員特典

JCB GOLD EXTAGEに付帯するサービスは、一部を除いてほぼJCBゴールドに準じた内容です。ゴールドカードならではの贅沢な特典を以下にまとめてみました。

JCB GOLD EXTAGEの会員特典
空港ラウンジサービス 国内の主要空港ラウンジ+ハワイの空港ラウンジが無料
手荷物無料宅配券サービス 対象の海外パッケージツアーへの申し込みで代金をJCB GOLD EXTAGEで支払うと手荷物無料宅配券(往復分)をプレゼント(成田/羽田/中部/関西国際空港で利用可)
国内宿泊オンラインサービス JCBトラベルオンライン予約サービスで国内宿泊を予約すると通常の5倍OkiDokiポイントを進呈
JCBトラベル Oki Dokiトクトクサービス JCBトラベルデスクに、電話で国内外のパッケージツアーを申し込み、JCB GOLD EXTAGEで代金を支払うとOkiDokiポイントが5倍
東京ディズニーリゾートでの特典 JCBトラベルから東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル予約、またはパッケージプランを申し込むとOkiDokiポイントがお得
ドクターダイレクト24 医療や健康、介護、育児などの相談を24時間、年中無休で受け付けるサービス
健康チェックサービス 痰などの検体を郵送するだけで専門家のアドバイスや医療機関の紹介を受けられる
ハーツレンタカー割引サービス ハーツレンタカーの利用がお得になる割引サービス

このほか、JCBカードの基本サービスについては、一般カードのJCB CARD EXTAGEと内容が共通します。基本サービスの内容については、以下のページを参考にしてください。

JCB CARD EXTAGE

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日

入会限定キャンペーン

スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

JCB GOLD EXTAGEは高還元率が魅力!JCB ORIGINAL SERIESパートナーも利用できる!

JCB GOLD EXTAGEは、カード利用1,000円ごとに1ポイントが付与されます。また海外でのカード利用には、通常の2倍ポイントが加算されるほか、ポイント優待店「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」も利用できます。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの場合、例えば、スターバックスコーヒーやセブンイレブンのような加盟店を利用すれば、通常の2倍〜最高10倍のポイントが加算されます。

さらにJCB GOLD EXTAGEに入会後3ヶ月間は、通常の3倍ポイントが貯まります。また、4ヶ月目以降に関しては、12ヶ月目までは1.5倍、それ以降についても、年間20万円以上の利用があれば継続して還元率1.5倍で利用できます。

JCB GOLD EXTAGEの入会後ボーナスや加盟店での還元率は、下位カードのJCB CARD EXTAGEとまったく同じです。それに加えてゴールドカード特典の付帯もあるので、コストパフォーマンスを重視した場合は、JCB GOLD EXTAGEの方が圧倒的に勝ります。

JCB GOLD EXTAGEは最高5,000万円の旅行傷害保険が付帯!ショッピング保険も200万円までカバー!

JCB GOLD EXTAGEには、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯しています。また、ショッピング保険も付いており、国内・海外で購入した商品を最高200万円まで補償してくれます。JCBゴールドに準じたスペックとはいえ、さすがにこのあたりの補償内容は本家よりも低めに設定されています。

ちなみに海外・国内旅行傷害保険については「利用付帯」型です。このため、ツアーや航空券料金をカードで支払うか、空港までの電車、バス、タクシーなど「搭乗する公共交通乗用具」の料金をカードで決済してはじめて、旅行中の補償が適用されます。付帯保険については後ほど詳述します。

JCB GOLD EXTAGEの申込前に比較しておきたいカードはコレ!

JCB GOLD EXTAGEの申し込み前に比較しておきたいのは、下位カードのJCB CARD EXTAGEと、JCBゴールド、そしてJCB GOLD EXTAGEと同じヤングゴールドカードとしてライバルになる三井住友VISAプライムゴールドカードがあります。

以下に、各カードの特徴とメリット・デメリットをカンタンにまとめておきます。

JCB GOLD EXTAGE(ゴールドカード)と、必ず比較しておきたい三枚のカード!
クレジットカード名 JCB CARD EXTAGE
(一般カード)
JCBゴールド 三井住友VISA プライムゴールドカード
年会費 無料
※ただし5年後JCB一般カードに自動切替
初年度無料、次年度より10,000円+税 初年度無料、次年度より5,000円+税
※年会費割引特典で1,500円
還元率 入会後3ヶ月は1.5%
※4ヶ月目以降0.75%
0.5% 0.5%〜2.5%
メリット 年会費無料&高還元率でJCB一般カードと同等のサービスを利用できる ゴールドカードの中では、国内最高クラスの信頼とステータスを誇る 三井住友カードのヤングゴールドカード。ゴールド会員特典が充実。カード年会費が安く年会費割引もあり
デメリット あくまでも一般カードなのでゴールドカード特典は利用できない 年会費は高めでもゴールドカードとしてはリーズナブル ポイント還元率は低め。JCB GOLD EXTAGEと同じで20代しか利用できない

ざっとした比較ではありますが、それぞれのカードには以上のような特徴があります。JCB GOLD EXTAGEへの申し込みを検討されている20代の方は、ぜひカード選びの参考にしてみてください。

JCB GOLD EXTAGEは、こんな人におすすめ

ここからは、JCB GOLD EXTAGEのおすすめポイントとともに、おすすめできるのはどのような人か? などについて解説します。

JCB GOLD EXTAGEは20代限定!JCBのゴールドカードを気軽に取得したい若者に!

女性

JCB GOLD EXTAGEは、20代限定のJCBゴールドです。若者限定のヤングゴールドカードということもあり、年会費は初年度無料、次年度以降も3,000円(税抜)とリーズナブルな設定です。年齢条件は、20歳〜29歳以下で、入会から5年を経過すると自動的にJCBゴールドへと切り替えが行われます。

JCB GOLD EXTAGE最大の魅力は年会費の安さではありません。国内で高いステータスを誇る「JCBゴールド」の若者版ゴールドカードとして、JCBゴールド、JCBゴールド・ザ・プレミア、さらに上のステータスカードへと続く「エントリーカード」としても人気です。

JCB GOLD EXTAGEにもゴールドカードならではの特典が豊富!質の高いサービスを求める方にもおすすめ

JCB GOLD EXTAGEには、下位カードのJCB CARD EXTAGEには無い上質なゴールド会員特典が付帯します。例えば、提携店での優待・特典、提携ホテルやツアーの予約、東京ディズニーリゾートのホテルやツアーの予約でお得にポイントを貯められるほか、ゴールド会員専用デスクやドクターダイレクト、健康チェックサービス、空港ラウンジサービスなど、優待特典が満載です!

JCB GOLD EXTAGEならJCB ORIGINAL SERIESパートナーでお得!Amazonやスタバなどを利用する機会が多い方に!

JCB GOLD EXTAGEはJCB ORIGINAL SERIESのラインナップに加わっているカードなので、ポイント優待を受けられる「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を利用できます。セブンイレブンやAmazon、スターバックスカードのオンライン入金などでより多くのポイント還元が受けられます。これらポイント優待店舗の利用頻度が多い方なら、利用価値は何倍にも膨れ上がります。加盟企業によって倍率は異なりますが、2倍~10倍のポイント還元を受けられます。

空港ラウンジを利用したい方や旅行傷害保険・ショッピング保険の付帯を希望される方!JCB GOLD EXTAGEは付帯保険も充実

JCB GOLD EXTAGEは、国内の主要空港とハワイの国際空港で空港ラウンジを無料利用できるほか、海外帰国時にはスーツケース1個まで宅配サービスが無料になります。そして、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯しているほか、ショッピング保険も200万円までカバーしているので補償面でも安心です。

JCB GOLD EXTAGEでさらなる上位カードも狙える!JCBカードのステータスカードホルダーを目指す方にもピッタリ!

JCB GOLD EXTAGEは、入会後5年が経過すると自動的にJCBゴールドに切替が行われます。JCBゴールドと言えば、最高1億円の旅行傷害保険に加え、質の高いサービスや特典が付帯するなど国内のゴールドカードの中でも「最高のステータス」を持つカードです。また、JCBゴールドを取得後に年間100万円以上カードを利用すれば、さらにワンランク上の「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインビテーションも期待できます。

さらに、JCBゴールド ザ・プレミアになれば、世界の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」が無料登録できるほか、会員専用ラウンジの提供、プレミアムな宿泊プラン、ダイニング優待サービスなど、ラグジュアリーな魅力ある特典が付帯しています。ステータスカード取得を目指される方は、JCB GOLD EXTAGEを起点に、カードの利用実績をコツコツ積んでいくことで達成できます。

JCB GOLD EXTAGEのメリット

ここまでの内容を踏まえて、JCB GOLD EXTAGEのメリットをまとめてみました。

CHECK

JCB GOLD EXTAGEのメリット

  • 20代限定のヤングゴールドカード!ディズニーデザインも選べる!
  • 初年度年会費無料で次年度以降3,000円!年会費もリーズナブル!
  • ゴールドカード会員特典!ゴールド会員専用デスクほか各種優待やボーナスポイント特典も満載!
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯!ショッピング保険は200万円までカバー!
  • 「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」でポイント優待!通常の2倍〜最大10倍のポイント!
  • 入会後3ヶ月間はポイント3倍!4ヶ月目からも還元率1.5倍!
  • 年間のカード利用額に応じて、翌年+10%〜60%のボーナスポイントを進呈!
  • 貯まったポイントは商品、電子マネー、共通ポイントへの移行、キャッシュバックに利用できる!
  • 家族カード1名無料!2人目以降も1,000円+税とリーズナブルでETCカードも無料!

このように、JCB GOLD EXTAGEは、20代の若者に向けて発行されるJCBのヤングゴールドカードです。入会から5年が経過するとJCBゴールドに自動切替される上に、さらなるステータスカード「JCBゴールド ザ・プレミア」まで視野に入るなど、JCBのエントリーカードとして人気があります。

JCB GOLD EXTAGEのデメリット

JCB GOLD EXTAGEデメリットは、

  • JCB STAR MEMBERSの対象外
  • 5年間しか所持することができない
  • 途中解約すると手数料が必要

以上の3つです。以下、順に解説していきましょう。

JCB STAR MEMBERSの対象外

JCB GOLD EXTAGEはヤングゴールドカードとしてJCBゴールドに準じたサービスを利用できますが、すべて同じ特典を利用できるわけではありません。そのうちのひとつが「JCB STAR MEMBERS」です。「JCB STAR MEMBERS」とは、年間の利用額に応じて翌年度の還元率がアップしたりする特典を利用できるサービスのことです。

年間の利用額基準さえクリアすれば翌年度の還元率がアップするのは魅力的なシステムですが、「入会後3ヶ月間ポイント3倍/4ヶ月目以降も1.5倍」という独自のポイントシステムが採用されているJCB GOLD EXTAGEは「JCB STAR MEMBERS」の対象外になっていますので注意が必要です。

格安年会費でゴールド特典を利用できるJCB GOLD EXTAGEは5年間しか持てない!

JCB GOLD EXTAGEは年会費初年度年会費無料で、次年度以降もたった3,000円(税抜)で持つことのできるゴールドカードです。JCBのゴールドカードを格安で持つことができるのは大いに魅力ですが、所持できるのは5年間だけに限られます。

20代の若者がJCBゴールドの魅力に触れられるようにお試し感覚で使えるヤングゴールドカードなので、一生持つことはできません。5年後には自動的にJCBゴールドへと切り替えられますが、その際に審査が行われるので、JCB GOLD EXTAGEを利用している人すべてが必ずJCBゴールドに切り替えられるとは限りません。

JCB GOLD EXTAGEは5年間の利用が条件!途中解約すると手数料がかかる

JCB GOLD EXTAGEは、5年間しっかりと利用することを条件に、JCBゴールドに準ずる特典を格安年会費で楽しめるようになっています。しかし、5年後のカード更新時が経過する前に途中解約してしまうと、2,000円(税抜)の手数料が発生します。これは家族カードも同様で、家族カード1枚につき2,000円の手数料が必要になります。

JCB GOLD EXTAGEの評判

JCB GOLD EXTAGEは、若者でも気軽に利用できるJCBのゴールドカードで、実際のユーザーからも評判は上々です。

年間20万円以上使っていれば還元率1.5倍が維持できるのはJCB GOLD EXTAGEの魅力!

JCB GOLD EXTAGEの場合、入会後3ヶ月はポイント3倍(還元率1.5%)、4ヶ月目~12ヶ月目は1.5倍(還元率0.75%)で利用でき。JCBカードとしては高還元率で利用できるのが魅力です。しかも、次年度以降も年間20万円という条件さえクリアすればポイント1.5倍が維持されます。

本家のJCBゴールドはポイント還元率が0.5%ですから、5年間限定とはいえ0.75%で利用できるのはメリットとしては大きいです。年間20万円という条件も1ヶ月あたりたった17,000円弱。実際に、「スマホ料金や公共料金の引き落としだけで簡単にクリアできるから嬉しい」というユーザーからの声も聞かれます。

5年後にはJCBゴールドへアップグレード!自動切り替えでステータスカードホルダーに!

JCB GOLD EXTAGEは、5年後のカード更新時に、自動的にJCBゴールドへと切り替えが行われます。その際には審査も行われるので、場合によってはJCBゴールドを手にできない可能性もありますが、JCB GOLD EXTAGEで優良な利用ができていれば高い確率でJCBゴールドをゲットできます。

JCBゴールドへの切替審査自体も、まったくの新規でJCBゴールドへ申し込むよりは難易度が低いでしょうし、将来的にステータスカードを所持したいという目標があるのであれば、まずはJCB GOLD EXTAGEを経由することで確実なグレードアップを果たすというのもおすすめの方法です。

JCB GOLD EXTAGEの審査

気になるJCB GOLD EXTAGEの審査ですが、ヤングゴールドカードという点で審査難易度も低めです。そもそもが格安年会費で気軽にゴールド特典を試せるようなカードとなっているので、著しくハードルが高いということはまずあり得ません。

JCB GOLD EXTAGEの審査難易度は低め!なかなかステータスカードに手の届かない若者におすすめ!審査落ちしない秘訣は?

JCB GOLD EXTAGEは20代限定であることと、5年間しか所持できないこと、それに初年度の年会費が無料で次年度以降も3,000円(税抜)という格安年会費で利用できることから、そもそもの審査基準も低めに設定されていると考えて差し支えないでしょう。

若者の場合は、なかなかゴールドカード以上の審査基準を満たせないケースも多いので、ステータスカードに手が届かない人も少なくありません。しかし、そうした人でも気軽に利用できるように作られたのがJCB GOLD EXTAGEなので、その存在意義を考えると審査のハードルは低いです。

しかし、カードローンやクレジットカードのキャッシングなどで借り入れが多いと、カードの審査にも影響を及ぼします。最近の傾向では、ひと昔前に比べてクレジットカードの審査自体がシビアになってきています。ちょっとでも信用情報に不安があるとあっけなく審査落ちしてしまうケースも増加しているのです。

逆に、20代などの若者であれば他社借入件数も少ないでしょうし、若者向けに発行されているJCB GOLD EXTAGEのようなカードなら信用情報(クレジットヒストリー=クレヒス)が乏しくても発行されやすいような審査基準になっています。審査通過率という点では通常のクレジットカードより高いのが特徴です。

JCB GOLD EXTAGEのキャンペーン

JCBでは、各カードごとに新規入会などのキャンペーンを行うことがよくあります。新規入会に限りポイントアップキャンペーンを行ったり、JCBギフトカードやキャッシュバックなどのキャンペーンを行うこともあります。

JCB GOLD EXTAGEのキャンペーン情報を逐一チェックしてお得なチャンスを逃さないようにしよう!

キャンペーン時期を逃さないようにすると、申し込みの際には一気にお得度が上がります。現在行われているJCB GOLD EXTAGE関連のキャンペーンは、「スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージでポイント10倍」のキャンペーンです。

このキャンペーンはJCB GOLD EXTAGEだけのオリジナルなキャンペーンではなく、「JCB OROGINAL SERIES」にラインナップされているすべてのJCBカードが対象になります。詳しくはキャンペーンページをチェックしてみてください。

JCB GOLD EXTAGEの還元率

JCBの基本還元率は0.5%ですが、JCB GOLD EXTAGEなら入会後3ヶ月は還元率1.5%、4ヶ月目~12ヶ月目までは還元率0.75%で利用できるほか、年間20万円以上の利用があれば翌年度以降も還元率0.75%で利用することができます。還元率1.0%を超えるような高還元率カードには及ばないものの、JCBのプロパーカードとしてはまずまずの還元率と言えるでしょう。

JCB GOLD EXTAGEをさらに高還元率で利用するならJCB ORIGINAL SERIESパートナーやOkiDokiランドの活用!

JCB GOLD EXTAGEのポイント還元率をさらにアップさせるには、「JCB ORIGINAL SERIESパートナー(ポイント優待店)」の活用が不可欠です。JCB GOLD EXTAGEはJCB ORIGINAL SERIES​にラインナップされているカードなので、この「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」を活用することで高還元率での利用が実現できます。

セブンイレブン ポイント3倍
スターバックス スターバックスカードへのオンライン入金・オートチャージでポイント10倍
昭和シェル石油 ポイント2倍
ENEOS・エッソ・モービル・ゼネラル ポイント2倍
Amazon ポイント3倍
ビックカメラ ポイント2倍
高島屋 ポイント3倍
タカシマヤグループショッピングセンター・レストラン街 ポイント2倍
小田急百貨店 ポイント3倍
福田屋百貨店 ポイント3倍
Mammy’s ポイント3倍
AOKI ポイント5倍
洋服の青山 ポイント5倍
ドミノ・ピザ ポイント2倍
ニッポンレンタカー ポイント2倍
オリックスレンタカー ポイント6倍
一休.comレストラン ポイント3倍
高級ホテル・旅行予約「一休.com」 ポイント3倍
ワタミグループ ポイント3倍
ホテル椿山荘東京 ポイント5倍
箱根小涌園 天悠 ポイント2倍
木曽路グループ ポイント2倍
国内宿泊オンライン予約 ポイント5倍
アレックス(美容室) ポイント5倍
THE BODY SHOP ポイント6倍
セシール ポイント3倍
ディノス ポイント3倍
ヌマヤ ポイント2倍
フランドルオンラインストア ポイント9倍
フランフランオンラインショップ ポイント3倍
Right-on ポイント3倍
※オンラインショップは6倍
U-NEXT ポイント2倍
HMV&BOOKS online ポイント7倍
キッザニア東京・キッザニア甲子園 ポイント5倍
ラグーナテンボス ポイント5倍
トレンドマイクロ・オンラインショップ ポイント20倍
ゴルフ場予約 ゴルフダイジェスト・オンライン ゴルフ場をリアルタイム予約&プレーで20ポイント付与
GDOゴルフショップ ゴルフダイジェスト・オンライン ポイント5倍
バリューゴルフショップ ポイント5倍
JCB海外おみやげサービス ポイント10倍
JCBトラベル パッケージツアー予約 ポイント5倍
東京ディズニーリゾートへの旅トラベル特典 ポイント5倍
アート引越センター 訪問見積完了で130ポイント付与
タイムズのロードサービス
<カーレスキュー>
月会費を支払うと毎月4ポイント付与
日経ビジネス 1年購読の契約で180ポイント付与

以上が「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」です。2倍~20倍という高還元率での利用ができます。

また、リアル店舗なら上でご紹介した「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」が便利ですが、ネット通販ならJCBのオンラインモール「OkiDokiランド」の利用をおすすめします。楽天市場やYahoo!ショッピング、LOHACOなど様々なネット通販を利用でき、最大20倍のポイントが貯まります。

「OkiDokiランド」で獲得できるポイントの倍率は、通常は2倍~20倍ですが、JCB GOLD EXTAGEを2倍の店舗で利用すると3倍になるという特典が付帯しているので、3倍~20倍のポイントを獲得することができ、通常のJCBカードよりもお得です。

JCB GOLD EXTAGEのポイント

JCB GOLD EXTAGEは、OkiDokiポイントと呼ばれるポイントプログラムを採用しており、標準ではカード利用1,000円ごとに1ポイントが貯まります。貯まったポイントは、JCBが厳選した家電やグルメ、生活雑貨などのアイテム、商品券やギフトカード、電子マネー・共通ポイントへの移行、提携マイルとの交換、キャッシュバック(カード請求分への充当)に利用できます。

JCB GOLD EXTAGEで貯めたOkiDokiポイントの交換先はできるだけ1P=5円相当になるようなアイテムやサービスを選ぼう!

OkiDokiポイントが還元率0.5%と言われるのは、1ポイントあたりの価値が5円相当だからです。しかしポイントの交換先によっては、1ポイントあたりの価値が下がってしまうこともあります。例えば共通ポイントや電子マネーへの移行がもっとも分かりやすく、1ポイントあたり5円相当で移行できるものもあれば、1ポイントあたり3円や4円相当でしか移行できないものもあります。そうなると、還元率は0.3%や0.4%にとどまってしまい、1ポイントあたりの価値が低くなってしまいます。

OkiDokiポイントで移行できる共通ポイントや電子マネーの移行レートを見てみますと、

移行先 移行レート
nanacoポイント 1ポイント=5円相当
dポイント 1ポイント4円同等
au WALLETポイント 1ポイント=4円相当
ビックポイント
ビックネットポイント
1ポイント=5円相当
ベルメゾン・ポイント 1ポイント=5円相当
ジョーシンポイント 1ポイント=5円相当
楽天スーパーポイント 1ポイント=4円相当
楽天Edy 1ポイント=3円相当
セシールスマイルポイント 1ポイント=5円相当
カエトクカード 1ポイント=4円相当
スタバカードチャージ 1ポイント=4円相当
Tポイント 1ポイント=4円相当
WAONポイント 1ポイント=4円相当
AmazonでOkiDokiポイントが1ポイントから使える
「パートナーポイントプログラム」
1ポイント=3.5円相当
JCB×Yahoo!JAPANポイントクラブ 好きなときコース:1P=3.5円相当
らくらく自動移行コース:1P=5円相当
JCBプレモカードへのチャージ 1ポイント=5円相当

nanacoポイントやビックネットポイントなどは1ポイントあたり5円相当で移行できますが、楽天スーパーポイントやTポイント、dポイントやau WALLETほか楽天EdyやWAONポイントといったメジャーな共通ポイントや電子マネーは、軒並み3円~4円相当にとどまっています。

OkiDokiポイントの交換先はJCBプレモカードがもっともおすすめ

そこでおすすめなのが、JCBのギフトカード「JCBプレモカード」へのチャージです。1ポイントあたり5円相当で移行できますし、ローソンやファミリーマートほか家電量販店や百貨店など幅広い使いみちがあるのも魅力です。

ギフトカードやキャッシュバックでも移行レートは低めなので、中途半端な移行レートにしてしまうようなポイント消費はもったいないです。高レートで移行でき、使いみちも豊富な「JCBプレモカード」へのチャージが便利です。

OkiDokiポイントは提携マイレージへの移行もOK!ただしマイルを貯めるなら航空系クレジットカードの方がはるかにお得!

JCB GOLD EXTAGEで貯まったOkiDokiポイントは、ANA、JAL、デルタ航空のマイレージに移行できます。これは他のJCBカードとも同じです。交換レートは1ポイント=3マイルで、移行手数料無料、移行条件もありません。

余ったポイントがあればこうした航空マイレージへの移行もありですが、マイルを貯めるのであればANAカードなどの航空系クレジットカードの方が移行レートが高くお得です。例えばANAカードなら1P=5マイル以上で移行できますし、ボーナスマイルもあります。

そもそも陸マイラーにしても空マイラーにしても、マイルを貯めるならそれ相応のクレジットカードを選ぶべきです。1ポイント=3マイルにしかならないJCB GOLD EXTAGEでマイルを貯めるのはお得ではありませんし、あくまでも「マイルはポイント移行先のおまけのようなもの」だと位置付けておきましょう。

JCB GOLD EXTAGEと電子マネー

JCB GOLD EXTAGEの電子マネーについてみていきましょう。搭載できるのはQUICPayで、QUICPayは追加カードとしての発行もOKです。また、nanacoを使用しているなら「QUICPay(nanaco)」もおすすめです。JCB ORIGINAL SERIESパートナーでもあるセブンイレブンでQUICPay(nanaco)を使えば、OkiDokiポイントも3倍ですし200円ごとに1ポイントのnanacoポイントも獲得でき、ポイントの二重取りができます。

JCB GOLD EXTAGEは電子マネーQUICPayの搭載が可能!

JCB GOLD EXTAGEは、カードにポストペイ型電子マネーのQUICPayを標準搭載することができます。日常的に電子マネーをよく使うという方は、便利なQUICPay一体型JCB GOLD EXTAGEを選択しましょう。Apple PayやGoogle Payも使えるので、利便性も抜群です

JCB GOLD EXTAGEの空港ラウンジサービス

JCB GOLD EXTAGEは格安年会費のヤングゴールドカードではありますがそのベースはJCBゴールド。なので、空港ラウンジサービスも付帯しています。

JCB GOLD EXTAGEの空港ラウンジサービスは本家JCBゴールドと同じ!国内主要空港+ハワイの空港ラウンジが無料!

JCB GOLD EXTAGEをお持ちの方は、JCBゴールドと同様の空港ラウンジサービスを利用できます。国内の主要空港ラウンジほか、ホノルルのダニエル・K・イノウエ国際空港が無料で利用できます。

JCB GOLD EXTAGEで利用できるラウンジ(一覧)
新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジA Spring.
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
成田国際空港 第1ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE1/成田国際空港 第2ターミナル IASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 第1旅客ターミナル エアポートラウンジ(中央)/第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」/第1旅客ターミナル「POWER LOUNGE SOUTH」/第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(南)/第2旅客ターミナル エアポートラウンジ(北)/第2旅客ターミナル「POWER LOUNGE NORTH」/国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE」/国際線旅客ターミナル「SKY LOUNGE ANNEX」
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジらいちょう
小松空港(1カ所) スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港) ラウンジオーサカ
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ六甲/カードメンバーズラウンジアネックス六甲/カードメンバーズラウンジ金剛/カードメンバーズラウンジ比叡/KIXエアポートラウンジ
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジもみじ
米子空港 ラウンジ DAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
高松空港 ラウンジ讃岐
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港 ラウンジひまわり
長崎空港 ビジネスラウンジアザレア
大分空港 ラウンジくにさき
熊本空港 ラウンジASO
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~
ホノルル国際空港(海外) IASS HAWAII LOUNGE

家族カード会員の方も本会員同様にカードと搭乗券を提示すれば上記空港ラウンジが無料で利用できます。機会があれば、ぜひ空港内のラウンジを利用してみてください。

JCB GOLD EXTAGEの付帯保険

JCB GOLD EXTAGEには、最高5,000万円の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険や最高200万円のショッピングガード保険が付帯しています。補償内容は本家JCBゴールドよりも低めですが、格安ゴールドカードとしてはまずまずの補償が付帯されています。

海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も利用付帯!航空機遅延保険や家族特約の付帯はない!

JCB GOLD EXTAGEには、JCBゴールドに付帯されている航空機遅延保険や、家族特約といったサービスはありませんので、そこが付帯保険に関する本家との違いです。

海外旅行傷害保険の内容
保険内容 補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療費 最高200万円
疾病治療費 最高200万円
賠償責任保険 最高3,000万円
携行品損害 1旅行中最高50万円
救援者費用 最高200万円

格安ゴールドカードにしては比較的充実度の高い内容です。ただし、「傷害治療費」・「疾病治療費」はゴールドカードとしてはやはり心細い内容です。年会費を考えれば仕方がないですが、海外へ行くなら他にも海外旅行傷害保険の付帯するクレジットカードを持っていくとより安心です。

国内旅行傷害保険
保険内容 補償内容
傷害死亡・後遺障害 最高5,000万円
入院 5,000円/日
※8日以上の治療から対象
手術 入院日額×倍率(10・20・40倍)
※8日以上の治療から対象
通院 2,000円/日
※8日以上の治療から対象

国内旅行傷害保険に関しては、本家のJCBゴールドと同じ内容です。利用付帯というデメリットこそありますが、内容的にはゴールドカードらしい内容となっています。

JCB GOLD EXTAGEの追加カード|ETCカードや家族カード

JCB GOLD EXTAGEは、他のJCBカードと同様にETCカードの発行が可能ですし、20代限定&5年間限定のカードではありますが、家族カードの発行もOKです。

JCB GOLD EXTAGEはETCカードも無料!家族カードも1枚目は年会費完全無料で発行!2枚目以降も1,000円!

JCB GOLD EXTAGEは、年会費・発行手数料無料でETCカードを発行してくれます。マイカーをお持ちの方は、忘れずに申し込んでおきましょう。さらに、家族カードの1枚目は年会費一切無料です。2枚目以降もたった1,000円(税抜)の年会費で発行可能です。

ETCカードと家族カードの年会費
ETCカード 発行手数料・年会費ともに無料
家族カード 1枚目:年会費無料
2枚目:1,000円+税

JCB GOLD EXTAGEの途中解約による手数料は家族カードも対象なので注意

ちなみにJCB GOLD EXTAGEは、5年経過前に途中解約してしまうと2,000円(税抜)の手数料が発生してしまいますが、家族カードを発行している場合は家族カード1枚につき2,000円の手数料が発生してしまうので注意してください。仮に、本会員と家族カードあわせて5枚が発行されていれば、途中解約で10,000円の手数料が発生してしまいます。

JCB GOLD EXTAGEの締め日と支払日

JCB GOLD EXTAGEのの締め日と支払日は他のJCBカードと同じです(※詳細は公式サイトをご参照ください)。

JCB GOLD EXTAGEから将来のステータスカードホルダーを目指すなら遅延や延滞は絶対に避けよう!

既述のとおり、JCB GOLD EXTAGEは5年後にJCBゴールドに自動切替となります。さらにJCBゴールドで優良な実績を積んでいけばさらに上位の「JCBゴールド ザ・プレミア」へのインビテーションが届きます。最終的にはJCBのブラックカードとも呼ばれる「JCBザ・クラス」への道も開けていきます。

しかし、着実にステップアップしていくためには優良な実績が必須。ましてやカード利用額の遅延や延滞を繰り返していてはインビテーションなど届くはずもありません。締め日や支払日のチェックを怠らず、毎月計画的に利用することを心掛けて着実に返済を重ねていくことが信用確保のためにも最重要です。

JCB GOLD EXTAGEの紹介まとめ

男性

JCB GOLD EXTAGEは、20歳〜29歳までの若者限定のヤングゴールドカードです。JCB GOLD EXTAGE最大のメリットは、国際ブランドJCBのゴールドカードを、初年度無料で次年度以降も3,000円+税という超お手軽で取得できる点にあります。また、JCB GOLD EXTAGEは家族カードも1枚目年会費無料、2枚目以降は1,000円+税とリーズナブルな年会費で利用できます。

一部の特典を除き、基本的にはJCBゴールドのスペックを受け継いでいますが、入会後3ヶ月間ポイント3倍、4ヶ月目以降も1.5倍の還元率で利用できるというオリジナルな特典も備えます。高還元率で格安年会費、しかもゴールドカード特典が付帯するという、まさに若者の特権的な内容となっているのが最大の特徴です。

ただし、空港ラウンジの利用やゴールドカードデスク、その他「ゴールドカード特典」をほとんど利用しないのであれば持つ意味はほぼありません。それなら、年会費完全無料でJCB一般カードと同等のサービスを利用できるJCB CARD EXTAGEをおすすめします。ご自身の目的に合ったふさわしい「JCBヤングカード」を選択しましょう。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

年会費無料でポイント還元率常時2倍!女性向けカードもあるJCBのプロパーカード!

日本の国際ブランドJCBのプロパーカード!抜群のステイタスと利便性

還元率2.0%!年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯するリボ払い専用カード

JCB EIT

年会費永年無料で、ポイントはいつでも2倍!最高2,000万円の海外旅行保険も付いてくる!

JCBゴールドカード

国際ブランドJCBのプロパーゴールドカード!最高1億円の海外旅行傷害保険が自動付帯!

若者限定のJCBプロパーカード!年会費無料、AmazonでOki Dokiポイント最大3.0%還元!旅行保険&ショッピング保険も付帯!

20代限定のJCBゴールドカード!初年度年会費無料!Amazonで常に2.25%以上を還元!海外旅行保険付帯で空港ラウンジも無料!

JCBの法人クレジットカード!手堅い企業におすすめの決済用カード!初年度年会費無料、旅行保険付帯で日本語サポートも万全!

JCBゴールド法人カード

JCBの法人ゴールドカード!利用可能額が上がり、最高1億円の旅行保険や遅延保険が付帯、空港ラウンジも無料!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 原則20歳〜29歳以下で、本人または配偶者に安定した収入のある方(学生不可)
国際ブランド JCBカード 
年会費(初年度) 無料 年会費(2年目) 3,000円+税
家族カード(初年度) 無料 家族カード(2年目) 無料 ※ 2枚目以降は年会費1,000円(税抜)
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 最短3営業日
利用限度額(下限) 審査によって決定 利用限度額(上限) 審査によって決定
利用限度額備考
発行会社 株式会社ジェーシービー   
支払い
キャッシング手数料 公式サイト参照
締め日 公式サイト参照 引落日 公式サイト参照
支払い方法
キャッシング金利 公式サイト参照
ポイントシステム
ポイントプログラム Oki Doki ポイント 
ポイント還元率 0.5%〜2.5%(通常1,000円=1P) 
ポイント有効期限 ポイント獲得月から24カ月(2年)
最低交換単位 1P〜 
マイレージ
交換可能なマイレージ ① ANA(ANAマイレージクラブ)
② JAL(JALマイレージバンク) 
③ デルタ(スカイマイル)
マイレージ還元率 ① ANA:0.3%(500ポイント⇒ 1,500マイル)
② JAL :0.3%(500ポイント⇒ 1,500マイル)
③ デルタ:0.3%(500ポイント⇒ 1,500マイル)
最低交換単位 ① ANA:500ポイント以上1ポイント単位
② JAL:500ポイント以上1ポイント単位
③ デルタ:500ポイント以上1ポイント単位
マイレージ移行手数料 ① ANA:無料 ② JAL:無料 ② デルタ:無料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー QUICPay 
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 
国内旅行保険「傷害保険」 最高5,000万円 
国内旅行保険「国内航空傷害保険」 10万円 
国内旅行保険「その他」 ① 入院保険金:日額5,000円
② 通院保険金:日額2,000円
③ 手術保険金 20万円
海外旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 
海外旅行保険「傷害治療」 最高200万円 
海外旅行保険「携行品損害」 最高100万円
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高5,000万円 
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 最高200万円  
海外旅行保険「賠償責任」 最高3,000万円 
海外旅行保険「救援者費用」 最高200万円  
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 最高200万円(※ 国内・海外での利用補償)
免責は1事故3,000円 
その他
特典
航空ラウンジ 国内28空港43カ所、海外1空港1カ所のラウンジが無料で利用可
※ 同伴者料金は1名につき250円〜   
プライオリティパス
手荷物宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容