リクルートカード

通常ポイント還元率1.2%、リクルートで最大4.2%の高還元率カード!年会費も永年無料でオトク!

リクルートカード
国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.2%〜2.2% 発行日数 約3週間程度

リクルートカードは本会員+家族カードともに年会費永年無料!ポイントは実質無期限、リクルート系サービス(じゃらん、HOT PEPPER、ポンパレモールなど)でポイントが使えるほか、共通ポイントPontaにも等価でポイント交換可!Pontaの提携店での利用やJALマイルにも移行OK!最高2,000万円の旅行保険や最高200万円のショッピング保険付帯、電子マネーチャージでもポイントが貯まる!

還元率 通常還元率1.2%!リクルートで最大4.2%のポイント還元!ネットや実店舗でリクルートポイントが貯まる!
共通ポイント Pontaポイントと相互交換可能!全国のリクルートポイント加盟店&Pontaポイント加盟店でポイントが使える
年会費 本会員・家族会員ともに永年無料、ETCカードも無料で発行!旅行保険ショッピング保険も付帯でコスパ大!

リクルートカード こんな人におススメ

  • 高還元率カードをお探しの方、ポイントをオトクに貯めたい方に!
  • 年会費は無料が良い、コスパの高いカードをお探しの方に
  • リクルート系列のサービスを利用している、共通ポイントPontaも
  • 海外・国内旅行傷害保険、ショッピング保険が必要な方に!
  • 電子マネーのチャージにも「ポイントを貯めたい!」という方に
リクルートカード
入会限定キャンペーン

新規入会+ご利用で最大6,000円相当のポイントプレゼント!

リクルートカードを徹底解説

リクルートカードは、こんな人におすすめ

じゃらんリクルートカードは、通常1.2%〜最高4.2%という「高い還元率」で人気のクレジットカードです。またリクルートカードがうれしいのは、本会員+家族会員ともに「年会費が永年無料」であること! さらにETCカードも無料で取得できるなど「コストパフォーマンスの高さ」では他社カードに負けません。以下に、リクルートカードが「おすすめできる方の特徴」をまとめてみました。

各おすすめの理由について、順に解説します。

高還元率カードをお探しの方、ポイントをオトクに貯めたい方に!

リクルートカードは、「高い還元率」で人気のクレジットカードです。リクルートカードの基本還元率は1.2%(100円利用毎に1.2Pを付与)です。また、じゃらんやポンパレモールなど「リクルート系サービス」を利用した場合、還元率は(最高)4.2%にまでアップします。

年会費は無料が良い、コスパの高いカードをお探しの方に

リクルートカードの年会費は、本会員+家族会員ともに永年無料です。また、リクルートカードはVISAやMasterCard、JCBなどの国際ブランドが自由に選択できるほか、ETCカードも無料※で追加発行してくれます。最高4.2%の高還元カード(前項参照)が永年無料で利用できるのは『リクルートカード最大のメリット』と言えるでしょう!

※ETCカードは、VISA・MasterCardのみ、新規発行に1,000円+税の手数料が必要です(JCBは無料)。

リクルート系列のサービスを利用している、共通ポイントPontaも

リクルートカードを使うと、100円につき1.2P〜2.2Pのリクルートポイントが貯まります。また貯まったポイント『1P=1円』としてリクルート系列のサービスや、ポイント提携店で利用できます。

PICK UP

リクルートポイントが使えるサービス&提携店(一例)

HOT PEPPERグルメ/じゃらん/HOT PEPPER Beauty/ポンパレモール/suumo(スーモ)/ゼクシィ他

このほか、リクルートポイントは共通ポイントのPonta(ポンタ)と相互提携しており、リクルートポイント1Pにつき『1ポンタポイント』と交換できます。

PICK UP

リクルートポイントは、Pontaポイントと等価交換できる!

リクルートポイント1P = 1Ponta(ポンタ)ポイント

ポンタと言えば、コンビニエンスストアのローソンをはじめ、ローソンチケット、ローソンフレッシュのほか、ライフ(スーパーマーケット)、大戸屋、ケンタッキー、昭和シェル石油、コジマ(家電量販店)、GEO(ゲオ)など、全国の加盟店、オンラインショップで幅広く使える「共通ポイント」です。このため貯まったポイントは無駄なく「現金感覚」で使えるので大変便利です♪

実質・有効期限ナシ、無制限でポイントが貯められるので便利!

リクルートポイントの有効期限は、原則「ポイント獲得から12カ月後の月末」となっています。ただ「新たなポイント獲得」があれば(全てのポイントの)有効期限が1年間延長されます。このため「年に1回以上」ポイントを獲得すれば、実質無期限でポイントが貯められる仕組みです。これなら、期限切れを気にすることなく、ポイントが有効活用できますね!

ポンタに交換すれば、JALマイルにも交換OK!

リクルートカードには、直接提携しているマイレージプログラムがありません。ただし、一旦Ponta(ポンタ)ポイントに交換をすれば、ポンタを介して「JALマイレージ」へとポイント移行できます。換算レートは2P=1マイルと(航空系クレジットに比べると)やや低めのレートですが、楽天カードやTポイントのレートと同じ「還元レート」であり、マイル交換で損をする訳ではありません。JALマイルを貯めている方は、リクルートポイントをどんどん活用しましょう。このほかにも、ポンタを経由すればdポイントやLINEポイントにも交換できます。

海外・国内旅行傷害保険、ショッピング保険が必要な方に!

リクルートカードには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付帯しています。また、カードで購入した商品の破損や盗難を90日間補償してくれるショッピング保険(最高200万円)も付帯しているので安心です!

電子マネーのチャージにも「ポイントを貯めたい!」という方に

リクルートカードは「電子マネーチャージ」にもポイントが貯まる、オトクなカードです。例えば、nanaco(ナナコ)、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA などの電子マネーにチャージした場合、100円毎に1.2Pのポイントが付与されます。

リクルートカードなら・チャージでもポイントが貯まる!
JCBカード nanaco(ナナコ)、モバイルSuica
VISA/MasterCard nanaco(ナナコ)、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA

※ 国際カードによって、貯められる電子マネーは異なります。

通勤や通学はもちろん、普段のお買い物に電子マネーを利用している方は、リクルートカードで、ポイントをどんどん貯めましょう(nanacoなら、税金の支払いもできるので◎)このほか、携帯電話や光熱費、定期券購入についても一部「ポイント還元」が受けられます(※ 対応するサービスはカード受取後、公式サイト等で確認を行ってください)。

その他、リクルートカードのおすすめポイント!

このほかにも、リクルート系サービスでカードを利用すると、基本ポイント1.2%に加えて+2%〜最大20%のサービス利用ポイントが加算されます。例えば、ポンパレモールを利用した場合、基本ポイント1.2%+20.0%のボーナスを加え「最大21.2%」のポイント還元が受けられます!

リクルートカードの紹介まとめ

リクルートカード

リクルートカードは、本会員&家族会員ともに「年会費永年無料」のお得なクレジットカードです。また、リクルートカードは還元率の高さでも人気があり、通常還元率は1.2%、リクルート系のサービスを利用した場合は最高4.2%のポイント還元が受けられます!

このほか、リクルートカードは「電子マネーチャージ」にもポイントが貯まります(100円=1.2%)。nanacoやモバイルSuicaなど電子マネーを利用される方は現金では無く、リクルートカードを使ってチャージしましょう。また一部光熱費や電話代、定期券の購入にもポイント(=1.2%)が貯まります。

リクルートカードで貯まったポイントは、リクルート系列のサービス(HOT PEPPERグルメ/じゃらん/HOT PEPPER Beauty/ポンパレモール)で利用できるほか、共通ポイントPonta(ポンタ)にも【1P=1ポンタ】の等価で交換できます。また、ポンタを経由すれば、全国のPontaポイント加盟店のほか、JALマイルやLINEポイント、dポイントにも交換できるので、利用価値はますます高まります♪

リクルートポイントの有効期限は実質「無期限」なので(ポイントが貯まる度に、自動で1年間ポイント有効期限が延長される仕組み)、いつでも期限切れを気にすることなく、ポイントが有効活用できます。

また、リクルートカードは年会費無料にも関わらず、最高2,000万円の海外旅行傷害保険と最高1,000万円の国内旅行傷害保険、最高200万円のショッピング保険まで付帯します。旅行が好きな方や出張の機会がある方は、無料のリクルートカードで「安心の補償」を手に入れましょう!

リクルートカードの概要

ここまでの内容を踏まえて『リクルートカードの概要』をまとめてみました。

CHECK

リクルートカードの概要

  • 本会員&家族会員ともに年会費は永年無料!
  • 通常ポイント還元率1.2%、リクルートのサービス(じゃらん、ポンパレモールなど)利用で最高4.2%のポイント還元!
  • リクルートポイントは、共通ポイントPonta(ポンタ)に交換可能!ポンタ加盟店でも貯まったポイントが使える!
  • Ponta(ポンタ)ポイントを経由すれば、JALマイルや他社ポイントにも交換OK!
  • ポイントは「実質無制限」で貯められる!
  • 最高2,000万円の海外旅行傷害保険と、最高1,000万円の国内旅行傷害保険、最高200万円のショッピング保険が付帯!
  • 電子マネーのチャージにも「還元率1.2%」のポイントが貯まる!
  • 光熱費、通信費、定期券の購入にも一部ポイントが貯まるのでオトク!

このようにリクルートカードは、年会費無料で還元率が高く(最大4.2%)、ポンタと相互提携するなどポイントの使い勝手が良く、旅行傷害保険が付帯しているなど、最高に「コストパフォーマンスが高い」クレジットカードです。内容重視でカードをお探しの方に、ピッタリの一枚と言えるでしょう!

リクルートカードの特徴

リクルートカード

ここからは『リクルートカードの特徴』をより詳しく見ていくことにします。

リクルートカードは、年会費が永年無料!

リクルートカードの年会費は、本会員だけでなく家族会員についても「永年無料」です。また、国際ブランドはVISAのほか、MasterCard、JCBの三種類から好きなカードが選べます。

そして、中国で広く使える「銀聯カード」も、ショッピング専用カードとして追加発行できます(※ ただし、銀聯カードに対応しているのは、VISAとMasterCardのみ)。中国を旅行される方や出張で訪れる機会がある方は、忘れずに「銀聯カード」の追加申請をしてください。

ポイント還元率|基本は1.2%、リクルート系サービスの利用で最高4.2%の高還元!

リクルートカードは、カードの利用100円毎に1.2%のポイントが貯まります(国内・海外共通)。また「リクルート系のサービス」を利用すれば、カードの基本ポイント1.2%に加えて各サービスの追加ポイントが加算されるので、さらに大きなポイント(最大4.2%)還元が受けられます!

リクルート系列でもらえるボーナスポイントの一例
じゃらん(旅行予約サイト) 基本ポイント1.2%+じゃらんポイント2.0% = 3.2%の還元!
ポンパレモール(ネット通販) 基本ポイント1.2%+ポンパレポイント3.0% = 4.2%の還元!

ただし、各サービスの加算ポイントは、キャンペーン内容(=リクルート限定ポイント)やサービス利用によって異なります。ポイントの加算条件や還元率の「最新情報」については、リクルート公式サイトや「リクルートID」のサイトで確認を行ってください。

電子マネーのチャージ、光熱費の支払いでもポイントが貯められる!

リクルートカードは、電子マネーのチャージ(※本記事後半で解説)にも1.2%のポイントが付くほか、定期券の購入、一部光熱費や通信費の支払いについても100円=1.2Pのポイントが付与されます。月々の支払いは銀行口座の引き落としではなく、リクルートカードを指定すればよりオトクにポイントが貯まりますよ!

PICK UP

【注意】一部利用できないサービスあり

カードでポイントが加算されるかどうか(または、カード払いできるかどうか)は、利用する各サービスにて「カード払いの可否と、利用できる国際ブランド」の確認を必ず行ってください(※ 一部利用できないサービスが存在します)。

リクルートポイントは、リクルートのサービスで使うとオトク!

リクルートカードで貯まったリクルートポイントは、じゃらん(旅行予約サイト)やじゃらんゴルフ、HOT PEPPERグルメ、HOT PEPPER Beauty(サロン予約)で利用できます。また、リクルート会員だけの優待プランやお得なクーポンも用意されているので、ポイント還元に加え「優待&割引」の特典が受けられます!

リクルートポイントは、共通ポイントPonta(ポンタ)と相互交換できる!

リクルートポイントは、2015年11月24日より、共通ポイントPonta(ポンタ)とサービス統合を行い「ポイントが相互利用」できるよう生まれ変わりました。

PICK UP

リクルートポイント ⇔ Ponta(ポンタ)

これまで「リクルートポイントは、使い道が少ない…」という意見も多かったのですが、ポンタとの統合後は使える提携店や提携サービスが全国規模で広がり、2017年1月の時点では「提携企業104社」にまで拡大しています。

以下に、代表的なPontaの提携サービスと提携企業をまとめてみました。リクルートポイントをPontaに交換(1リクルートポイント=1Pontaポイント)すれば、以下のサービスでポイントが利用できます。

代表的なPontaの提携サービスと提携企業(一例
分野 代表的な店舗と企業
コンビニ&スーパーマーケット 全国のローソン/ローソンストア100/ローソンマート他
グルメ&飲食店 ケンタッキーフライドチキン/ピザハット/大戸屋/LEOC他
通販&ネットショッピング ローソンフレッシュ/ローチケ.com/エルパカBOOKS/Loppi/HMV/smartbox他
家電量販店 コジマ/ビックカメラ他
トラベル(旅行予約) スマ宿/H.I.S/H.I.S.地球旅市場/JAL/JAL ABC/国内線.com/ルートインホテルズ/ホテル・ジェーピー他
ファッション&生活 AOKI/セカンドストリート/サムソナイト/ジャンブルストア他
美容・医療 クリエイティブヘルスNEXT/Dental Ponta
保険とくらし 保険クリニック/保険の窓口インズウェブ/Life Net/アクアクララ/ウェディングPonta/東急リバブル/日本通運/ハート引越センター/アパマンショップ/サカイ引越センター/Gabaマンツーマン英会話
書籍&エンターテインメント カラオケ本舗 まねきねこ/ゲオ/HMV/セガ/日刊スポーツ/シーモア/週刊ダイヤモンド/プレジデント他
スポーツ&アウトドア ビーアンドディー/ヒマラヤ/ルネサンス/ゴルフダイジェスト・オンライン他
自動車&カーサービス Alfa Romeo/Chrysler/Jeep/FIAT/日産レンタカー/オリックスレンタカー/昭和シェル石油/ONIX/オートックワン/コインパーク他
他社ポイント LINEギフトコード/dポイント
マイル JALマイレージバンク

リクルートカードは、直接(他社)マイレージプログラムと提携していません。ただし、ポンタに一旦交換することで、JALマイレージバンクに移行(交換)できるので便利です。このほかにも、ポイントはdocomoの電子マネー「dポイント」に交換できるほか、LINEのギフトコードにも交換可能です。リクルートの提携サービスだけでなく、便利なPonta(ポンタ)サービスにも、どんどん活用してみてください!

公共料金の支払い、病院の支払い、語学レッスンにもポイントが使える!

リクルートカードで貯まったポイントは、ポンタを経由して「東京電力」の料金支払いに利用できます。また変わったところでは、提携する歯科医院(デンタルポンタ)での利用、人間ドック検診料の支払い、英会話レッスンの費用支払い、ローソンチケットの購入、昭和シェル石油のガソリン料金支払いにも、リクルートポイント(=Pontaポイント)が利用できます。

最高2,000万円の旅行傷害保険が付帯、ショッピング保険も最高200万円まで補償!

リクルートカードには、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。このほか、最高1,000万円の国内旅行傷害保険が付いているので、旅先でもケガや病気に備えることができます(※ 詳しい補償内容は『カードスペック』を参照してください)。

ただし、両保険とも「利用付帯」となっています。このため、事前にツアーの代金や搭乗する公共交通機関(電車・バス・タクシーなど)の料金をカード決済して、はじめて補償が適用されます。自動付帯型(カードを持っているだけで補償が適用される保険)では無いので注意しましょう。

ショッピング保険は、最高200万円まで補償!

リクルートカードには、最高200万円のショッピング保険も付帯しています。国内・海外問わず、カードで購入した商品の偶発的な破損や盗難による損害を(購入から90日の間)補償してくれるので安心です。

リクルートのポイントアップキャンペーンは、活用しなきゃ損!

リクルートカードの強みは、リクルートの提携サービスを利用する時に発揮されます。利用時期によって異なりますが、旅行予約サイト「じゃらん」でカードを使った場合、通常ポイント1.2%に加えて、じゃらん利用ポイントを2%〜最大10%還元のプランも利用できます。仮に10%の還元があれば…リクルートカードを使うだけで「最大11.2%」のポイントが貯まります!

同様のサービスは、リクルート社の「ポンパレモール」でも実施されており、通常ポイント1.2%に加えて、ポンパレモール利用ポイントは2%、このほか最大20%還元の商品もあるので、リクルートカードを使えば「最大21.2%」の大量ポイントが加算されます。

リクルートのサービス利用で貯まるポイント(2017年実施キャンペーンの一例)
サイト 基本ポイント サービス利用ポイント 合計獲得ポイント
じゃらん 1.20% +2%〜10.0% = 最大11.2%
ポンパレモール 1.20% +2%〜20.0% = 最大21.2%
HOT PEPPER Beauty 1.20% = 最大3.2%
HOT PEPPERグルメ 1.20% = 最大3.2%

もちろん上記以外にも、時期やキャンペーンによって加算されるポイントは変わります。最新のキャンペーンポイント&ボーナスポイントについては、じゃらん、ポンパレモール、HOT PEPPER Beauty、HOT PEPPERグルメの各サイトで確認をしてください。

ETCカードも無料で発行!

リクルートカードでは、年会費&手数料無料でETCカードを追加発行してくれます。ただし、年会費無料なのはJCBカードだけで、VISAとMasterCardについては、初回発行手数料として1,000円が必要なので注意しましょう(※ 年会費は無料)。

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 18歳以上の方で、本人または俳風社に安定した継続収入がある方(※ 学生の場合は高校生を除く)。
国際ブランド VISAカード マスターカード JCBカード 
年会費(初年度) 永年無料 年会費(2年目) 永年無料
家族カード(初年度) 永年無料 ※ 本会員と生計を共にする配偶者・親・子ども(18歳以上)であれば申し込み可 家族カード(2年目) 永年無料 ※ 本会員と生計を共にする配偶者・親・子ども(18歳以上)であれば申し込み可
ETCカード発行手数料 無料 ※ ただし、VISAとMasterCardについては、新規発行手数料1,000円(税抜)が必要 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 約3週間程度
利用限度額(下限) 利用限度額(上限) 100万円 
利用限度額備考 学生の場合は、上限10万円まで
発行会社 株式会社リクルートホールディングス
支払い
キャッシング手数料 公式サイトを参照のこと
締め日 毎月15日 引落日 翌月10日
支払い方法 1回/分割/リボ/ボーナス一括払い
キャッシング金利 公式サイトを参照のこと 
ポイントシステム
ポイントプログラム リクルートポイント
ポイント還元率 1.2%~2.2%
ポイント有効期限 最後のポイント加算月から12カ月後の月末まで ※ ただし、新たなポイントの加算があれば加算月から12カ月後の月末まで、ポイント有効期限が延長される
最低交換単位 1P〜
マイレージ
交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー ① JCBの場合 QUICPay/モバイルSuica/nanaco ② VSA・MasterCardの場合 モバイルSuica/SMART ICOCA/nanaco/楽天Edy
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 ※ 事前にリクルートカードを使用し、搭乗する公共交通機関の支払いまたは、ツアー代金の支払いがあれば保険が適用される
国内旅行保険「傷害保険」 最高1,000万円 
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」
海外旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 ※ 事前にリクルートカードを使用し、搭乗する公共交通機関の支払いまたは、ツアー代金の支払いがあれば保険が適用される
海外旅行保険「傷害治療」 最高100万円
海外旅行保険「携行品損害」 最高200万円(自己負担額:1事故3,000円)
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高2,000万円  
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 最高100万円   
海外旅行保険「賠償責任」 最高2,000万円 
海外旅行保険「救援者費用」 最高100万円 
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 最高200万円
その他 カードで購入した日から90日まで、国内・海外問わず購入商品の破損や損害(偶発的な事故)を補償する 
特典
航空ラウンジ
プライオリティパス
手荷物宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ
備考 ショッピング専用、MUFG銀聯カードを発行(VISAまたはMasterCardのみ)

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容

最近閲覧したカード
CLOSE
最近チェックしたクレジットカード