三井住友ビジネスゴールドカード

三井住友VISAカードが発行する、中小企業経営者向けビジネスゴールド!旅行保険やビジネスサポートが充実!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
10,000円+税 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.454%〜0.975% 発行日数 約3週間

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友カードが発行する中小企業経営者向けビジネスゴールド!国内主要空港のラウンジが無料、最高5,000万円旅行保険、最高300万円のショッピング保険も付帯。ビジネスに役立つオフィス用品や各種ビジネスサービス、宿泊施設、福利厚生サービスが優待価格で利用OK!子カードは最高20枚まで、ETCカードも追加発行でき、新幹線のネット予約や航空券チケットレス発券まで対応!

特典&優待多数! 国内主要空港の空港ラウンジ無料、ビジネスサポートデスク、オフィス用品、各種ビジネスサービスも優待価格で提供!
年会費1万円 本会員10,000円+税、家族カード2,000円+税で最大20枚まで発行OK!ETCカードも追加発行可、出張や移動にも便利
保険&補償も充実 最高5,000万円の海外・国内旅行保険、最高300万円のショッピング保険付帯、海外でもVJデスクが日本語でサポート!

三井住友ビジネスゴールドカード こんな人におススメ

  • ワンランク上のビジネスカード(法人カード)が欲しい、中小企業経営者の方に!
  • 国内を飛行機で移動することが多く、空港ラウンジを無料で利用したい方に!
  • 国内・海外旅行傷害保険の付いた法人カードが欲しい方に!
  • オフィス用品や輸送費、福利厚生サービスをお得な優待価格で利用したい方に!
  • 社員にも子カードを発行したい、ETCカードを持たせたいという方に
入会限定キャンペーン

インターネット入会限定 新規入会&条件クリアでもれなく最大8,000円分のVJAギフトカードプレゼント!

2018-09-29~2019-03-29

三井住友ビジネスゴールドカードを徹底解説

三井住友ビジネスゴールドカードは、こんな人におすすめ

会社

三井住友ビジネスゴールドカードは、信頼の三井住友カード株式会社が発行する「中小企業経営者」向けゴールドカードです。以下に「おすすめできる方」の特徴をまとめてみました。
各おすすめのポイントについて、順番に解説します。

ワンランク上のビジネスカード(法人カード)が欲しい、中小企業経営者の方に!

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友カード株式会社が発行する、法人向けの「ゴールドカード」です。ベーシックな三井住友ビジネスカード(クラシック)とは違い、空港ラウンジが無料、高額の旅行傷害保険が付帯するなど、ゴールド会員だけの特典が付帯しています。また、ステータスの高さも「ベーシックカードより上」なので、法人カードにワンランク上のステータスを求める方や、内容(特典)重視の経営者にオススメの法人ゴールドカードです。

会費は経費で計上できる、明細は会計ソフトと連携できるので便利!

三井住友ビジネスゴールドカードがあれば、年会費は「事業に必要な経費」として計上できます。また、法人口座から引き落としが行われるので、経費の管理がしやすく、明細は会計ソフト(勘定奉行など)と連携できるので、毎日のお金の動き(キャッシュ/フロー)もコントロールしやすくなります。

国内を飛行機で移動することが多く、空港ラウンジを無料で利用したい方に!

三井住友ビジネスゴールドカードがあれば、国内の主要空港ラウンジが無料で利用できます。また本会員だけでなく、子カード会員の方もラウンジが無料で利用できます。

国内・海外旅行傷害保険の付いた法人カードが欲しい方に!

三井住友ビジネスゴールドカードには、最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯しています。このほか、300万円のショッピング保険が付帯しており、カードで買い物した商品の破損や盗難被害に対し、商品購入翌日より90日間まで(限度額内の)補償が受けられます。法人カードで決済をしておけば、大切な仕入れ商品や経費で支払ったモノが300万円まで補償されるので「現金で支払うより安全」です。

オフィス用品や輸送費、福利厚生サービスをお得な優待価格で利用したい方に!

三井住友ビジネスゴールドカードがあれば、大手企業にも導入されている福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」が利用できます。月320円の会費が必要ですが、国内外90万カ所の宿泊施設やスポーツジム、アミューズメント施設、レストラン、教育プログラム、エステ、アパレル、提携点でのお買い物(またはサービス)が、お得な優待価格で提供されます。

このほか、ビジネスサポートサービスとして海外輸送費や国内外のレンタカーが優待価格で利用できます。そして、提携レストランでの食事代、事務用品・消耗品が会員価格で購入できる上に、じゃらんと提携した優待プラン(宿泊費の割引)等も適用されます。

社員にも子カードを発行したい、ETCカードを持たせたいという方に

三井住友ビジネスゴールドカードは、最高20枚まで子カードが追加発行できます。またETCカードについても複数枚発行でき、ETCカードのカード決済分は1,000円につき1Pのポイントが加算されるのでオトクです。そしてETCカードが便利なのは(利用料は)使った分だけの後払い決済なので、前払いや仮払いの心配が要りません。商用車を利用している方、営業で車をよく利用される方にもオススメのサービスです。

三井住友ビジネスゴールドカードの紹介まとめ

出張

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友カード株式会社が発行する「中小企業経営者向け」のゴールドカードで、プロパーカード(三井住友ビジネスカードクラシック)より、ワンランク上のサービスが付帯します。例えば、三井住友ビジネスゴールドカードには高額な旅行傷害保険(最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯)のほか、最高300万円のショッピング保険が付帯します。

また、国内の主要な空港ラウンジが無料になるほか、事務用品や輸送費、引っ越し代、レンタカー、提携する宿泊施設、会議室、レストラン、福利厚生サービスが優待価格でオトクに利用できます。

三井住友ビジネスゴールドカードのカード利用枠は「最高300万円」までカバーしているので、仕入れや経費の支払いにもゆとりがあります(※ ただし、利用枠は審査結果によって決定)。

ビジネスカードの引き落としは「法人口座」から行われます。このため経費の管理がしやすく、社員に子カードを持たせておけば、前払いや仮払いの必要が無いので便利です。そして勘定奉行などの会計ソフトとも連携しているので、会計業務がラクになります。

三井住友ビジネスゴールドカードの年会費は10,000円+税、子カードは2,000円+税ですが、最高20枚まで子カードが追加発行できます。またETCカードも複数枚発行でき、ETC利用料にはポイントも付与されます。法人カード年会費など「事業に必要な費用」は、経費として落とせます。子カードの年会費も含め、事業費として計上すればよりオトクに、法人カードが活用できます。

三井住友ビジネスゴールドカードで貯まったポイントは、マイレージや電子マネーには交換できませんが、三井住友のギフトカードやAmazonギフト、iTunesカードに交換できるので便利です。また年間累計ポイントが1,000Pを超えると300P分のボーナスポイントが進呈されます。

このほか、出張でうれしいのはオンラインで新幹線や国内線の予約ができる点です。また「エアライン&ホテルデスク」を利用すれば、国内外の宿泊施設や国際航空券が購入できます。そして、じゃらんと提携した『ビジネス用じゃらんnetホテル予約』では、同サイトが提供する宿泊プランをオンラインで予約でき、一部施設についてはお得な優待価格で利用できます。

このように、法人カード「三井住友ビジネスゴールドカード」を利用すれば、会計業務の簡略化はもちろん、優待特典を受けることで『経費の削減』にもつながります!

三井住友ビジネスゴールドカードの概要

ここまでの内容を踏まえて『三井住友ビジネスゴールドカードの概要』をまとめてみました。

CHECK

三井住友ビジネスゴールドカードの概要

  • 信頼の三井住友カード株式会社が発行する、中小企業経営者向けのゴールドカード!
  • 本会員10,000円+税、子カード2,000円+税で最大20枚まで取得可!ETCカードも複数枚追加発行できるので便利!
  • ゴールドにふさわしい割引や特典が満載、ビジネスサポートサービスも優待価格で利用できる!
  • 国内の主要な空港ラウンジが本会員、子カード会員ともに無料で利用可!
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行保険が付帯、ショッピング保険も300万円まで補償
  • 利用枠は最高300万円までカバー!仕入れや経費の支払いにも最適!
  • 渡航先での日本語「VJデスク」が年中無休、24時間サポートをしてくれるので安心
  • 新幹線からエアチケット、国内外のホテルがオンラインで予約できる!

このように、三井住友ビジネスゴールドカードには、ワンランク上の優待・特典や手厚い旅行傷害保険、ショッピング保険、サポートサービスが付帯している「法人ゴールドカード」です。年会費は10,000円+税ですが「事業で必要なカード」は経費計上できるので、ビジネスや出張へと、どんどん活用してみてください。

三井住友ビジネスゴールドカードの特徴

三井住友ビジネスゴールドカード

ここからは『三井住友ビジネスゴールドカードの特徴』をより詳しく見ていくことにします。

年会費は10,000円+税、子カードはわずか2,000円+税で利用できる!

三井住友ビジネスゴールドカードの年会費は、本会員が10,000円で、子カードが2,000円+税です。ベーシックカード(三井住友ビジネスカードクラシック)より、やや高めの設定ですが、内容やステイタスを考えると、お得な年会費と言えます。

法人カード「カード年会費」は経費として計上できるのでオトク!

本会員である親カード、子カードともに「年会費」は経費として落とせます。なぜなら、業務に必要なカードは「年会費で計上」できるからです。このほか、カードの特典にある福利厚生サービスや接待費を支払う場合も「経費にできる項目」があれば、忘れずに計上しておきましょう。

三井住友ビジネスゴールドカードは、法人口座からの引き落としとなり、明細や経費の管理がしやすいです。また法人口座で一括管理をすれば、経費の仮払いや立て替えの必要が無く、経費の計上漏れや請求漏れも無くなるので安心です。このほか、三井住友ビジネスゴールドカードの利用明細は、会計ソフト「勘定奉行」とデータ連携できるので資金の流れがよりカンタンに管理できます。税申告の際にも、ぜひ活用してみてください。

最高20枚まで、子カードが取得できるので便利!

三井住友ビジネスゴールドカードの子カードは、最大20枚まで発行できます。また、ETCカードも親カード&子カードともに追加発行でき、商用車をよく使う事業者の方やにも利便性が高いです。

そしてうれしいのは、ETCカードの利用にも(カードで決済した場合)ポイントが付くという点です。また、自動車に関する費用も(事業に関係があれば)経費計上できるので、三井住友ビジネスゴールドカードを使い、しっかり経費の管理をしてください。

ポイント還元率は、基本1,000円=1P貯まる!

三井住友ビジネスゴールドカードは、基本1,000円で1P貯まる仕組みです(国内・海外同じ)。還元率にすると0.454%〜0.975%となっており、最も還元率が良いのは「VJAギフトカード」への交換です。

なお、三井住友ビジネスゴールドカードのポイントプログラムは、三井住友ビジネスカード(クラシック)と同じ「ワールドプレゼント」です。ポイントの還元内容については、以下のカードを参考にしてみてください。

三井住友ビジネスカード クラシック(一般)

年会費
(初年度)
1,250円+税 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 0.454%〜0.975% 発行日数 公式サイト参照

三井住友カードが発行する、中小企業・個人事業主向けビジネスカード!経費管理や資金運用の効率化に最適!

入会限定キャンペーン

インターネット入会限定 新規入会&条件クリアでもれなく最大8,000円分のVJAギフトカードプレゼント!

マイル提携はなし、ポイント交換できるのはギフトカードなど

三井住友ビジネスゴールドカードで貯まったポイントは、一般カードのようにマイルへの移行、電子マネや共通ポイントへの交換、キャッシュバックには対応していません。これは、他の法人カードについても同じです。

※ ただし、三井住友ビジネスプラチナカードについては、ANA・シンガポール航空・アリタリア航空のマイレージと提携しており、ポイントからマイルへの移行が可能です。

ビジネスカードで交換できるのは、ギフトカードなどに限定されるので注意しましょう。以下に「交換できるギフトカード」の種類を載せておきます。

三井住友ビジネスゴールドカードで交換できるモノ(一例)
交換先 還元レート(還元率)
VJAギフトカード 0.909%〜0.975%
Amazonギフト券 0.666%
iTunesカード 0.60%

また一般カードであれば、カード利用額に応じて「V1〜V3」のステージ制ボーナスポイントが付与されるのですが、ビジネス向けカードには同様のポイント制度がありません。その代わりに、三井住友ビジネスゴールドカードで「年間累計ポイントが1,000P」を超えると、300Pのボーナスポイントが進呈されます。

通常の2倍〜最大20倍のポイント進呈、ポイントアップモールを利用しよう!

三井住友カード株式会社は「ポイントアップモール」と呼ばれる、オンライン上のショッピングモールを運営しており(モール内には)AmazonやYahoo!ショッピング、楽天市場、ユニクロをはじめ、大手旅行サイト、アパレル、家電量販店、百貨店、ネットスーパーなど様々な業種・ショップが加盟しています。ここで買い物をすると、通常の2倍〜最大20倍のボーナスポイントが進呈されます。

例えば、Amazonで買い物(業務に必要な事務用品や書籍の購入)をした場合、普通に買い物をするよりも、2倍〜9倍多いボーナスポイントが加算されます。また、ポイントアップモールに参加している旅行予約サイトを通せば、より多くのポイントが加算されるので(商品券などに交換すれば)経費の削減にもつながります。ポイント制度は上手に活用しましょう。

オンラインで電車、飛行機、ホテルの予約が手配できる!

三井住友ビジネスゴールドカード会員の方は「JR東海プラスEXサービス」で新幹線(東京—新大阪間)チケットの予約ができるほか、JALやANAの国内線予約(チケットレス発券)が利用できます。また「エアライン&ホテルデスク」と呼ばれるサービスが利用でき、国際線のエアチケットや国内外のホテルや宿泊施設が、オンラインで手配できます。

このほか「ビジネス用じゃらんnetホテル予約」を利用すれば、じゃらんの紹介している国内・宿泊施設がオンラインで予約できるほか、お得な優待プランが利用できます。

VJタクシーチケットなら、全国の主要なタクシーがサイン一つで乗車できる!

三井住友ビジネスゴールドカードをお持ちの方は、VJタクシーチケット(三井住友カード株式会社のタクシーチケットサービス)が発行できます。VJタクシーチケットがあれば、主要なタクシーが24時間サインだけで(カード決済)乗車できるほか、いつでもキャッシュレスで支払い、利用分のみ「自動引落」が行われるので、経費の管理がより一層ラクになります。

利用枠は最高300万円まで、仕入れや経費の支払いにも!

三井住友ビジネスゴールドカードが良いのは、下位カードよりも「カード利用枠」が大きい点にあります。1ランク下の三井住友ビジネスカード(クラシック)の利用枠は最高100万円ですが、三井住友ビジネスゴールドカードは3倍の利用枠があるので、仕入れ代金の支払いや経費の支払いにもピッタリなカードと言えます。

ただし利用枠は「各事業者」によって異なります。実際に使える利用枠は、審査結果によって決まります。また審査結果よっては利用枠が100万円を下回ることもあります。「利用枠が足りない」という時には、カードを半年程使ってみてから「増枠申請」をしてみましょう。増枠申請については、会員ページVpass(ブイパス)や電話でも受け付けています。

本会員&子カード会員ともに、国内主要空港ラウンジが無料!

三井住友ビジネスゴールドカードをお持ちの方は、国内28空港のラウンジが無料で利用できます。また本会員だけでなく、家族会員(子カード会員)もラウンジ利用料が無料です。以下、利用できる「全国の空港ラウンジ」をまとめてみました。

三井住友ビジネスゴールドカードで利用できる空港ラウンジ
新千歳空港 スーパーラウンジ/ロイヤルラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台国際空港 ビジネスラウンジEAST SIDE
新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジ らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
中部国際空港 プレミアムラウンジセントレア
成田国際空港 ビジネス&トラベルサポートセンター内ラウンジ/T.E.Iラウンジ
羽田空港 エアポートラウンジ(中央)/POWER LOUNGE SOUTH/エアポートラウンジ(北)/エアポートラウンジ(南)/(北)/POWER LOUNGE NORTH
伊丹空港 ラウンジオーサカ
関西国際空港 カードメンバーズラウンジ 六甲・金剛・アネックス六甲」/カードメンバーズラウンジ 比叡
神戸空港 ラウンジ神戸
岡山空港 ラウンジマスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジ DAISEN
山口宇部空港 ラウンジきらら
徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ビジネスラウンジ/スカイラウンジ
福岡空港 くつろぎのラウンジTIME/ラウンジTIME インターナショナル
北九州空港 ラウンジひまわり
長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
大分空港 ラウンジ くにさき
熊本空港 ラウンジASO
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
那覇空港 ラウンジ華~hana~

ラウンジではインターネット環境や電源もあり、ノートパソコンの無い方は有料のコイン式パソコンが利用できます(※ ラウンジによって環境は異なります)。国内を飛行機で移動する際には、ぜひ活用してみてください。

オフィス用品、各種ビジネスサービスの優待&特典あり!

三井住友ビジネスゴールドカードで受けられる「ビジネスサポートサービス」の内容を一部紹介します。

三井住友ビジネスゴールドカードの「ビジネスサポートサービス」一例
アスクルサービス オフィス用品、アスクルの商品をオンライン注文できるサービス。
DHLエクスプレス 日本からの輸出が優待価格で利用可
日産レンタカー/タイムズレンタカー 日産レンタカーやタイムズのレンタカーが(営業車を)優待価格で利用できる
アート引越センター 引越基本料金が20%OFFの価格で利用できる、ダンボール30箱無料進呈

DHLエクスプレスは、世界220カ国の地域や国をカバーする「国際輸送サービス」で、小口貨物輸送や国際メール便など、多彩な輸送方法でサービスを行っています。ここで三井住友ビジネスゴールドカードを提示すれば、国内から海外の輸送費が優待価格で利用できます(※ 最新の優待内容は、DHLのサイトや窓口で事前に確認のこと)。

レンタカーにも割引が適用されます。国内は日産レンタカー、海外はタイムズのレンタカーが優待価格で利用でき(例:ハーツの場合日本で事前予約をすれば、レンタル料金が10%OFFになる)商用車の利用や、出張先での移動に便利です。

福利厚生サービスが、お得な優待価格で利用できる!

ベネフィット・ステーション

三井住友ビジネスゴールドカードがあれば、ベネフィット・ステーションと呼ばれる福利厚生サービスが利用できます。同サービスでは、国内外90万カ所の提携レストラン、ホテル等の宿泊施設、アミューズメント施設、教育施設、資格取得の講座、ツアー、スポーツジム、エステ、アパレルショップで優待や割引、各種特典が提供されます。

この他にも、接待などに役立つ提携ゴルフコースの予約(全国700カ所と提供)や、提携レストランの優待割引など、社員やスタッフの福利厚生に役立つサービスが満載です。

カード別の優待割引や特典もあり、レストラン優待、事務用品が安く購入できるのでオトク!

三井住友ビジネスゴールドカードは、VISAとMasterCardの二種類があり、それぞれの国際ブランドによって受けられる優待・特典が異なります。例えば、VISAの場合はVISAビジネスオファーと呼ばれる事務用品やオフィスの消耗品、会議室の優待サービスを設けています。また、VISAビジネスグルメオファーと呼ばれるサービスでは、全国の提携レストランが優待価格で利用できます。

こうした特典を上手に活用すれば、ムダなコストを省き、経費の削減ができるのでおすすめです。また、会食の機会にグルメオファーなどの特典を利用すれば、取引先への接待や社員とのミーティングにも活用できるので便利です。

最高5,000万円の海外・国内旅行保険、最高300万円までのショッピング保険も付帯で安心!

三井住友ビジネスゴールドカードには、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が付帯しています。また、最高300万円のショッピング保険も付帯しており、カードで購入した商品の破損や、盗難による損害を補償してくれます(詳しい補償内容は『カードスペック』を参照してください)。

例えば、カードで事務用品や仕入れの商品を購入しておけば、偶発的な破損や盗難などの損害が最高300万円まで(購入日翌日から90日の間)補償されるので安心です。

日本語による海外サポートサービスも付帯!

三井住友ビジネスゴールドカードをお持ちの方は、VJデスクと呼ばれる「日本語デスク」が利用でき、渡航先での各種予約や手配、緊急トラブルへの対応が24時間(年中無休)日本語でサポートしてもらえます。

海外キャッシングサービスなら、両替の手間なし!

三井住友ビジネスゴールドカードをお持ちの方は、海外の空港や駅、提携ATMにて現地通貨がそのまま引き出せます。これなら日本円から外貨両替をする手間が省け、キャッシングだけで、現地通貨が調達できるので便利です。

三井住友ビジネスゴールドカードと比較したい、二枚の法人カード

三井住友カードの『法人カード』には、三井住友ビジネスゴールドカードの他にも、二種類あります。

まず、三井住友ビジネスゴールドカードの下には「スタンダードカード」である、三井住友ビジネスカード(クラシック)があります。また(三井住友ビジネスゴールドカードの)1ランク上には、三井住友ビジネスプラチナカードと呼ばれる法人カードがあり、より内容の充実した「ステータスカード」として流通しています。

ゴールドの機能はあまり使わない…という方には、より年会費が安い三井住友ビジネスカード(クラシック)がおすすめ!

三井住友ビジネスカード(クラシック)は名前の通り、三井住友の「スタンダードな法人カード」です。年会費は1,350円+税とリーズナブルですが、最高2,000万円の海外旅行傷害保険や最高100万円のショッピング保険が付くなど、コストパフォーマンスの高さで人気があります。

三井住友ビジネスカード クラシック(一般)

年会費
(初年度)
1,250円+税 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 0.454%〜0.975% 発行日数 公式サイト参照

三井住友カードが発行する、中小企業・個人事業主向けビジネスカード!経費管理や資金運用の効率化に最適!

入会限定キャンペーン

インターネット入会限定 新規入会&条件クリアでもれなく最大8,000円分のVJAギフトカードプレゼント!

ゴールドより、さらに上のカードが欲しい!ステータスを求める方には、三井住友ビジネスプラチナカードがおすすめ!

三井住友ビジネスプラチナカード

年会費
(初年度)
50,000円+税 年会費
(2年目)
50,000円+税
還元率 0.454%〜0.975% 発行日数 約3週間


三井住友ビジネスゴールドカードよりさらにステータスが高いカードに、三井住友ビジネスプラチナカードがあります。年会費は50,000円+税と高額ですが、エグゼクティブの方も納得のラグジュアリーな特典に加え、最高1億円の旅行傷害保険や最高500万円のショッピング保険、渡航便遅延保険が付きます。

また、国内外の空港ラウンジが無料、世界の提携ラウンジが使えるプライオリティ・パスが無料で登録できるなど、ハイスペックな法人カードとして人気です。

入会限定キャンペーン

インターネット入会限定 新規入会&条件クリアでもれなく最大8,000円分のVJAギフトカードプレゼント!

どの法人カードにすべきか、迷った時には「年会費と特典」をそれぞれ比較し、自分や事業所の目的に合った「法人カード」を選んでください。

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 法人のみ(カード利用者は20名まで)
国際ブランド VISAカード マスターカード 
年会費(初年度) 10,000円+税 年会費(2年目) 10,000円+税
家族カード(初年度) 2,000円(税抜) 家族カード(2年目) 2,000円(税抜)
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 初年度無料、次年度以降500円(税抜)
ETCカード備考
発行期間 約3週間
利用限度額(下限) 20万円 利用限度額(上限) 300万円 
利用限度額備考
発行会社 三井住友カード株式会社 
支払い
キャッシング手数料 15.0%
締め日 ① 毎月15日 ② 毎月末日  引落日 ① 翌月15日 ② 翌月26日  
支払い方法 1回払い
キャッシング金利 15.0%
ポイントシステム
ポイントプログラム ワールドプレゼント 
ポイント還元率 0.454%~0.975%(1,000円毎に1ポイント) 
ポイント有効期限 ポイント獲得月から2年間
最低交換単位 1Pから交換可能
マイレージ
交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯 
国内旅行保険「傷害保険」 最高5,000万円 
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」 治療・通院補償
① 手術保険金 最高20万円
② 入院保険金 日額:5,000円程度
③ 通院保険金 日額:2,000円程度
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯  
海外旅行保険「傷害治療」 最高300万円 
海外旅行保険「携行品損害」 最高50万円 (1旅行中、年間限度額50万円)自己負担3,000円 
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高5,000万円(自動付帯1,000万円) 
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 最高300万円   
海外旅行保険「賠償責任」 最高5,000万円 
海外旅行保険「救援者費用」 最高1,000万円  
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 最高300万円
※ カードで購入した商品の破損、盗難による損害を「購入日および、購入日の翌日から90日間」に渡って補償する制度  
その他
特典
航空ラウンジ 全国の主要空港ラウンジが本会員&同伴者1名まで無料  
プライオリティパス
手荷物宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ ・ ビジネスサポートサービス
・ エアライン&ホテルデスク 
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容

最近閲覧したカード
CLOSE
最近チェックしたクレジットカード