TRUST CLUB ワールドカード

マスターカード序列2位のハイステイタス!年会費と特典のバランスが秀逸な贅沢な1枚

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
12,000円+税 年会費
(2年目)
12,000円+税
還元率 0.75%~ 発行日数 2~3週間

TRUST CLUB ワールドカードは、マスターカードのグレードで上から2番目のハイステイタスカード!Mastercard Taste of Premiumやラウンジ・キーなど贅沢な優待特典が多彩!ポイントも有効期限がないのでじっくりと貯められる!

コスパ秀逸 年会費と優待特典のバランスが秀逸!コスパの高いステイタスカード
優待特典 Mastercard Taste of Premiumほかラウンジ・キーなど贅沢な特典が多彩!
ポイント ポイント還元率は0.75%以上で比較的高還元率!有効期限ナシ!

TRUST CLUB ワールドカード こんな人におススメ

  • ステイタスが高くメインカードとして活用できるカードが欲しい方
  • 海外への渡航機会が多く海外での使い勝手が高いカードを作りたい方
  • 家族と一緒にクレジットカードを活用したい方
  • コスパの高いステイタスカードをお求めの方

TRUST CLUB ワールドカードの評判と特徴、審査基準を徹底解説

TRUST CLUB ワールドカードの特徴

TRUST CLUB ワールドカードは、三井住友トラストクラブ株式会社が発行しているマスターカードブランドのクレジットカードです。三井住友トラストクラブ株式会社では、「ダイナースクラブカード」と「TRUST CLUBカード」の2ブランドを発行しており、「TRUST CLUBカード」ではマスターカードとVISAをそれぞれ3種類ずつ発行しています。

「TRUST CLUBカード」で展開しているマスターカードブランドには、ここでご紹介する「TRUST CLUB ワールドカード」以外にも「TRUST CLUB プラチナマスターカード」や「TRUST CLUB ワールドエリートカード」といったカードもあります。TRUST CLUB ワールドカードの特徴とともに、これらのカードのステイタスの違いなどもご紹介していきましょう。

TRUST CLUB ワールドカードはマスターカードブランドの序列2位のハイステイタスカード!

TRUST CLUB ワールドカードは、マスターカード(Mastercard)の中では2番目にステイタスの高いグレードです。ちなみにマスターカードのグレードは以下のように分類されています。

Mastercardの格付け
序列 グレード 主な対象カード
1 ワールドエリート TRUST CLUB ワールドエリートカード
・ラグジュアリーカード など
2 ワールド TRUST CLUB ワールドカード
・Porscheカード など
3 プラチナ TRUST CLUB プラチナマスターカード
・三井住友プラチナカード
・楽天ブラックカード
・Orico Card THE PLATINUM など
4 チタン
5 ゴールド Mastercardブランドのゴールドカード
6 スタンダード 年会費無料~3,000円程度の一般的なMastercardブランドのカード

赤字で示したカードが三井住友トラストクラブ株式会社が発行しているマスターカードの種類になります。詳細は省きますが、2019年7月より、三井住友トラストクラブ株式会社で取り扱うマスターカードはすべて序列上位3位までに集約されました。上の表を見てもおわかりのように、JCBやVISAなどと異なりマスターカードのグレードは結構細かく分類されています。

マスターカードの中でもっとも高いグレードが「ワールドエリート」となっていて、国内ではこれまでラグジュアリーカードしか対象カードが存在していませんでしたが、2019年7月から三井住友トラストクラブ株式会社から「TRUST CLUB ワールドエリートカード」が発行されています。

また、これら一連のリニューアルに伴い、カードブランドも「SuMi TRUST CLUBカード」から「TRUST CLUBカード」へと変更されています。

TRUST CLUB ワールドカードは特典が豊富で多彩!年会費とのバランスもよくコスパが高い!

TRUST CLUB ワールドカードの年会費は12,000円(税抜)ですが、MasterCard特典の「Mastercard Taste of Premium」やプライオリティ・パスなどの特典が多数用意されているのも大きな特徴です。

まず、「Mastercard Taste of Premium」の中身からみていきましょう。

ジャンル 優待・サービス 内容
トラベル 国際線手荷物無料宅配 出発時および帰国時の手荷物を各2個まで無料宅配OK
海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待 海外用携帯電話:通信料15%OFF、レンタル50%OFF
海外Wi-Fiルーター:通信料15%OFF
空港クローク優待サービス 1着につき10%OFFで利用できる
国内高級ホテル・高級旅館予約サービス 全国の高級ホテルや高級旅館の予約がOK
Trip.com 特別優待 初回利用時10%OFF、2回目以降8%OFF
ザ・カハラ・ホテル&リゾート特別宿泊 ハワイ・オアフ島のザ・カハラ・ホテルで特別宿泊プランを利用可
海外空港送迎手配サービス 空港からホテルまで提携ハイヤーを予約OK
グルメ ダイニングby招待日和 全国のおよそ200店の有名レストランで2名以上予約すると1名分が無料になる
ライフ カーシェアリング特別優待 通常1,550円のカーシェアリング会員カード発行手数料無料のほか、通常1,030円の基本料金も3ヶ月無料
ふるさと納税特別優待 ふるさと納税にて特別な返礼品をもらえる
Tokyo Supercars 特別優待 スーパーカー関連イベントを特別価格で利用可
エンタメ ヘリクルーズ手配サービス ヘリクルーズで東京の夜景を上空から楽しめる
歌舞伎・能手配サービス 近年人気急上昇中の歌舞伎や能のチケットを手配OK
ゴルフ 国内ゴルフ予約サービス 全国1,900コースの手配が可能。優待価格で利用できる約150コースの案内も可能
会員制ゴルフ予約サービス 通常では利用が難しいコースをメンバー限定で予約できる
海外有名ゴルフコース手配サービス 宿泊セットという条件を満たし場合に限り有名な海外ゴルフコースの手配OK
楽天スポニチゴルファーズ倶楽部特別入会 入会すると全国およそ140のメンバーシップコースを予約できる

トラベル&エンターテインメントの特典が充実しています。特に「ダイニングby招待日和」や「ヘリクルーズ」、「歌舞伎・能のチケット手配」などはかなり贅沢ですが活用度も非常に高そうな優待サービスです。もちろん、ゴルフ関連の優待も充実度が高いので、ゴルフ好きな方にもおすすめです。

また、「Mastercard Taste of Premium」以外にも次のような特典が付帯します。

    

特典 内容
海外トラベルデスク 渡航前に航空券やツアー、ホテル予約の手配や案内を受けられる。渡航先では現地スタッフが日本語で各種サポートをしてくれる
国内トラベルデスク 旅先の各種案内や手配などのサポートを受けられる
空港送迎サービス 海外トラベルデスクで海外パッケージ等を50万円以上購入すると、自宅から空港までタクシー片道分無料もしくは一部負担で手配OK
コートお預かりサービス カードと搭乗券提示で対象空港にてコートお預かりサービスを利用可
海外レンタカー優待 ハーツレンタカーを特別優待価格で利用できる
国内レンタカー優待 トヨタレンタカーにて特別割引になる
ラウンジ・キー 世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用可。年会費無料で1回あたり27USドルの利用料が発生(2019年10月からが32USドル)
空港ラウンジサービス 国内31空港+ハワイ&韓国の空港ラウンジを利用できる
コナミスポーツクラブ 全国に点在するコナミスポーツクラブを法人会員料金で利用可
付帯保険 最高7,000万円の海外・国内旅行傷害保険に年間500万円のショッピング補償

特にラウンジ・キーはプライオリティ・パスと同等の空港ラウンジサービスなので、非常に便利です。この特典だけでも年会費分をペイできるメリットがあります。

空港ラウンジサービスや付帯保険についての詳細は後述します。

PICK UP

【メモ】ラウンジ・キーとプライオリティ・パスの違い

世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーは、近年利用できるクレジットカードが増加傾向です。しかし、「そもそもラウンジ・キーって一体何?」と、思われる方も多いはず。海外の空港ラウンジを利用できるサービスとして有名なのがプライオリティ・パスですが、実は、プライオリティ・パスもラウンジ・キーも運営母体は同じです。

両者の違いは使い方です。プライオリティ・パスはクレジットカード経由でなくても単体で加入でき、空港ラウンジを利用する際は会員証の提示が必須です。逆に、ラウンジ・キーはクレジットカードに付帯するサービスで、会員証というものは存在せずにカードそのものが会員証の役割を果たします。

そのため、プライオリティ・パスのようにクレジットカードには入会せずにラウンジ・キーだけに入会するような使い方はできません。あくまでもクレジットカードと一体化したサービスとして利用できるのがラウンジ・キーの特徴です。

TRUST CLUB ワールドカードはステイタスカードとしては比較的ポイント還元率が高い!

TRUST CLUBカードは種類によってポイント還元率もそれぞれ異なりますが、TRUST CLUB ワールドカードは100円ごとに3ポイント獲得することができます。1ポイントあたりの価値は0.25円なので、標準還元率は0.75%となります。1.0%に満たない還元率ではありますが、他のステイタスカードでは0.4%~0.5%という還元率がほとんどですので、そこから考えればTRUST CLUB ワールドカードのポイント還元率は比較的高い水準です。

TRUST CLUB ワールドカードは、こんな人におすすめ

ここからは、TRUST CLUB ワールドカードに関する特徴などをもとに、おすすめポイントとともにおすすめしたい人について解説していきます。

ゴールドカードよりもステイタスが高いカードが欲しい方!TRUST CLUB ワールドカードはマスターカードのワールドグレード!

TRUST CLUB ワールドカードは、マスターカードで上から2番目の「ワールド」というグレードに属しています。ポルシェのオーナーなど限られた人しか加入できない「Porscheカード」と同ステイタスを誇るステイタスカードです。ゴールドカードよりもさらにワンランク上のステイタスカードが欲しいという方には非常におすすめです。

ステータスカードを求めている方は、ゴールドカードよりもワンランク上のカードをおすすめします。しかも年会費は12,000円(税抜)なので一般的なゴールドカードと同等の年会費で利用できますし、その上ゴールドカードよりも充実した特典も用意されているのでメインカードとしても活躍します。

TRUST CLUB ワールドカードにはトラベル優待ほかラウンジ・キーや旅行傷害保険も付帯!海外に出かける機会が多い方におすすめ

TRUST CLUB ワールドカードには、「Mastercard Taste of Premium」やラウンジ・キー、「ダイニングby招待日和」ほか、トラベルからグルメ、エンターテインメントまで多彩な優待特典が付帯します。

国内はもちろん海外旅行に出かける機会が多い方に充実した特典が豊富ですし、最高7,000万円の旅行傷害保険や海外緊急アシスタンスサービスなどが付帯しているので、旅先での突発的なトラブルにも備えることができます。

TRUST CLUB ワールドカードなら無期限でポイントが貯まる!ポイントの有効期限を気にせずに貯めたい人におすすめ

TRUST CLUB ワールドカードはポイントの有効期限が一切ありません。そのため、目標のポイント数まで期限を気にせずゆっくり貯めることができます。高還元率なカードでも有効期限があると目標のポイント数まで貯められなかったり好きなタイミングで交換することができなかったりするデメリットが発生しますが、TRUST CLUB ワールドカードなら有効期限を気にしなくて済むので自由に好きなだけ貯められます。

TRUST CLUB ワールドカードなら充実の優待特典で年会費以上にベネフィットがある!特典の充実度や年会費など総合的なバランスに優れたクレジットカードをお探しの方に!

クレジットカードの種類も数多くありますが、年会費が安くてもまともな特典が付帯していなかったり、逆に、魅力的な特典が付帯していても年会費が高額であったり、バランスが取れたクレジットカードだと思っても加盟店数が少なくて旅先でメインカードとして使えなかったりと、なかなか特典と年会費と機能性のバランスが取れたクレジットカードを見つけるのも難しいものです。

TRUST CLUB ワールドカードなら、12,000円(税抜)という手頃な年会費に加えて、プラチナカードクラスの優待特典を利用できますし、なによりMastercardブランドなので世界中のどこでも使いやすいというメリットがあります。優れた優待特典は年会費以上のベネフィットをもたらしてくれます。年会費と特典、そして機能性のバランスは非常に秀逸です。

TRUST CLUB ワールドカードのメリット

TRUST CLUB ワールドカードのメリットは、年会費と優待特典のバランスが取れており、国内外で特典を有効活用する機会が多い方にとっては非常にコスパが良い点です。

年会費と優待特典の優れたバランス!コスパで選ぶ方にはTRUST CLUB ワールドカードはメリットが多い!

では、TRUST CLUB ワールドカードのメリットをまとめておきましょう。

メリット

TRUST CLUB ワールドカードのメリット

  • Mastercard序列2位!年会費12,000円でゴールドカード以上のハイステイタス!
  • Taste of Premiumなどトラベル・グルメ・エンタメの特典が充実!年会費以上のベネフィット!
  • 国内空港ラウンジサービスと世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キー付帯
  • 最高7,000万円の海外・国内旅行傷害保険に年間最高500万円のバイヤーズプロテクションまで付帯
  • 年間10万円のキャンセルプロテクションが付帯する
  • 基本還元率は0.75%!ステイタスカードとしては比較的高還元率で利用できる!
  • ポイントの有効期限なし!ゆっくり自分のペースでポイントを貯められる!
  • 家族カードは年会費無料

なんと言っても、MasterCardの上位クラスカードを所有している会員向けに用意されているMasterCard独自の優待特典「Taste of Premium」を利用できるのが大きなメリットです。「ダイニング BY 招待日和」は、高級レストランのコース料理を2名以上で利用すると1名分が無料になるなど、限られたお客様しか利用できない特別な特典が多数用意されています。

また、世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーの付帯ほか、国際線の手荷物無料宅配サービスも用意されており、自宅から空港までの往路と復路をそれぞれ無料でスムーズに移動できるなどのメリットもありますし、最高7,000万円の旅行傷害保険に年間最高500万円のショッピング補償に加えて年間10万円のキャンセルプロテクションまで付帯します。キャンセルプロテクションまで付帯するのはステイタスカードの証です。

TRUST CLUB ワールドカードのデメリット

総合的なバランスが優れているTRUST CLUB ワールドカードですが、メリットばかりではなくデメリットになる部分もあります。

TRUST CLUB ワールドカードは入会基準の敷居が高め

年会費と優待特典のバランスが良く、これなら入会したい! と考える方も多いと思いますが、最低でも「25歳以上で年収400万円以上」の入会資格をクリアしなければいけません。また、今までクレジットカードを利用してきたクレヒスの状態が悪い、またはクレジットカードの利用歴がないためクレヒスも存在しない方は、審査条件を満たせない可能性が高いです。ただし、インビテーション(招待制)ではないため、所定の条件さえ満たしていれば問題なく審査に通ると考えて良いでしょう。

TRUST CLUB ワールドカードにコンシェルジュサービスは付帯しない

TRUST CLUB ワールドカードはプラチナレベルのステイタスカードですが、「コンシェルジュサービス」は残念ながら利用できません。TRUST CLUBカードのマスターカードブランドでコンシェルジュサービスを利用したいなら、最上位カードの「TRUST CLUB ワールドエリートカード」でなければ利用できません。

TRUST CLUB ワールドカードの評判

TRUST CLUB ワールドカードを実際に利用している方の口コミから評判を調べてみました。TRUST CLUB ワールドカードは2019年7月に登場したばかりのカードではありますが、前身の「SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード」からのリニューアルなので、基本的なスペックは変わりません。そのため、以前からのユーザーを中心に、そこそこの評価を得ています。

TRUST CLUB ワールドカードはワールドマスターカードなのに入手しやすい

先述しましたが、TRUST CLUB ワールドカードはMasterCardのカードクラスで上から2番目のグレードに位置する「ワールド」ですが、それだけのステイタスカードでありながら年会費や入会条件など最も所有しやすいステイタスカードだ! という意見もあります。コスパに優れたカードでもあるので、以前からのユーザーを中心に人気が高いです。

TRUST CLUB ワールドカードならステイタスカードの醍醐味を堪能できる!Taste of Premium®の特典が嬉しい

また、MasterCardの優待特典が充実しており、贅沢なサービスを満喫できるという点での評判が良いです。12,000円程度の年会費でステイタスカードの醍醐味を存分に味わえるという充実した内容に魅力を感じている人も少なくありません。

TRUST CLUB ワールドカードは比較的高還元率でしかもポイントを貯めやすい

TRUST CLUB ワールドカードは、ポイント還元率が0.75%と比較的高く、しかもポイント有効期限がないという、使い勝手の良いポイントサービスであるという点を評価する意見もあります。せっかく貯めたポイントも有効期限によって失効してしまう心配もない点が高く評価されています。

TRUST CLUB ワールドカードの審査

TRUST CLUB ワールドカードは、年会費と特典のバランスが取れている優れたクレジットカードなのでぜひ所有したいと考える方も多いですが、入会するためには当然ながら所定の審査をクリアしなければいけません。

TRUST CLUB ワールドカードは審査基準はやや厳しめ!審査難易度は高い

TRUST CLUB ワールドカードの入会基準として公表されている条件は以下の2つです。

  1. 25歳以上
  2. 年収400万円以上

最低でも以上のような年齢と年収の目安を満たすことが必要です。25歳以上からが申し込みの条件となっていることから、そもそもの審査難易度は比較的高めになっていることがわかります。

また、審査通過のためには一定のクレヒスも必要になると考えられますので、少なくとも初めてクレジットカードを所有する人は審査が通りにくいと考えられますし、カードローンなどの借入額が多い場合でも審査通過率は低くなると考えられますので、下位カードの「TRUST CLUB プラチナマスターカード」などでクレジットカードを活用してクレヒスを積んでから申し込みすることをおすすめします。

TRUST CLUB ワールドカードの還元率

TRUST CLUB ワールドカードは100円で3ポイントが付与されます。TRUST CLUBカードの場合、4ポイント=1円相当なので、1ポイントあたりの価値は0.25円です。したがって、TRUST CLUB ワールドカードのポイント還元率は通常で0.75%です。

TRUST CLUB ワールドカードは年間利用額に応じたボーナスポイントで最大6,000ポイント獲得できる!

TRUST CLUB ワールドカードは、年間利用額に応じてボーナスポイント付与されます。

  • 年間50万円以上→翌年2,500ポイント加算
  • 年間100万円以上→翌年6,000ポイント加算

上記のように最大で6,000ポイント獲得できます。ポイント有効期限もないので、ボーナスポイントもしっかりと貯めておくことでさらに効果的にポイントを蓄積していくことができます。

TRUST CLUB ワールドカードならネット通販でも高還元率!TRUST CLUB ポイントモール経由でショッピングをするとボーナスポイントがもらえる!

TRUST CLUB ワールドカードは「TRUST CLUB ポイントモール」というオンラインモールを利用することができます。通常のポイント付与に加えて、ショップごとのボーナスポイントを獲得することができるので非常にお得です。

例えば「TRUST CLUB ポイントモール」経由で楽天市場やYahoo!ショッピングを利用した場合、ボーナスとして100円=1ポイントプラスされるので、基本還元率の0.75%ととあわせれば還元率1.0%で利用できます。

また、ボーナスポイントではなくキャッシュバックで還元を受けることもできます。その場合は0.5%の割合でキャッシュバックが可能です。ポイントは1ポイントあたり0.25円なので、キャッシュバックの方がお得度が高いです。

貯まったポイントの移行先でTRUST CLUB ワールドカードの年会費充当を選べば高還元率での移行ができる!

TRUST CLUB ワールドカードで貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやTポイントなどの共通ポイントや、Amazonギフト券など各種ギフト券への移行ができます。それらへ移行する場合は1ポイントあたり0.25円の価値になるわけですが、唯一、年会費への充当を選ぶと1ポイントあたりの価値が0.405円に跳ね上がります。

つまり、100円=3ポイント獲得できるTRUST CLUB ワールドカードなら、還元率1.21%という高還元率での利用が可能になります。なるべく高還元率で使いたいなら、ポイントの移行先は迷わず「年会費への充当」をチョイスするのがおすすめです。

TRUST CLUB ワールドカードのポイント

TRUST CLUB ワールドカードのポイントプログラムは「TRUST CLUB リワードプログラム」です。前述したようにポイントには有効期限がないため、目標額に向けてゆっくり貯めることができます。

TRUST CLUB ワールドカードで貯まったポイントはアイテムから共通ポイント、各種ギフト券、年会費への充当まで多彩な移行先がある!

「TRUST CLUB リワードプログラム」には、楽天スーパーポイントやTポイントなどの共通ポイントや、Amazonギフト券やJCBギフトカードなど各種ギフト券への交換、キャッシュバックや年会費充当などの交換先が用意されています。

上述したとおり、もっとも効率的な交換先は「年会費充当」です。その他の交換先は1ポイント=0.25円相当なので、100円=3ポイントのTRUST CLUB ワールドカードでは還元率0.75%止まりになりますが、年会費充当の場合は1ポイント=0.405円相当なので、還元率は1.21%にも達します。どうせなら、他より高還元率で交換できる年会費充当がもっともお得です。

TRUST CLUB ワールドカードと電子マネー

キャッシュレス化が推進されている現在、電子マネーとクレジットカードとは切っても切り離せない関係性が出来上がっています。では、TRUST CLUB ワールドカードと電子マネーとの相性はどうなのでしょうか。

TRUST CLUB ワールドカードはチャージできる電子マネーが少ない!モバイルSuicaや楽天Edyにチャージできる

クレジットカードと電子マネーを併用し、クレジットカードのポイントと電子マネーのポイントを二重取りしたいと考える方も多いですが、TRUST CLUB ワールドカードはポイント還元対象になる電子マネーが少ないです。チャージ可能なのはモバイルSuicaとSMART ICOCA、それに楽天Edyです。

TRUST CLUB ワールドカードはモバイルSuicaとSMART ICOCAへのチャージがポイント付与の対象となっていますが、楽天Edyではチャージできてもポイント付与対象外となっています。総体的に電子マネーとの相性はあまり良くありません。電子マネーへのチャージ分でポイントを獲得したい人にはあまり向かないクレジットカードなので注意が必要です。

TRUST CLUB ワールドカードの空港ラウンジサービス

空港ラウンジ

TRUST CLUB ワールドカードには、国内空港ラウンジサービスと海外1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーが付帯します。

TRUST CLUB ワールドカードは国内31空港ものラウンジを利用できる!

TRUST CLUB ワールドカードに付帯する国内空港ラウンジサービスは、31空港が対象となっています。通常、他のクレジットカードに付帯する空港ラウンジサービスといえば国内28空港か29空港が普通なので、31空港という数字はずば抜けています。これも、TRUST CLUB ワールドカードを含めたTRUST CLUBカードの特長のひとつです。

空港ラウンジサービスの対象空港と利用可能ラウンジ
エリア 空港名 ラウンジ名
北海道 新千歳空港 ・ロイヤルラウンジ
・スーパーラウンジ
函館空港 ビジネスラウンジ A Spring
旭川空港 ラウンジ大雪
東北 青森空港 エアポートラウンジ
秋田空港 ロイヤルスカイ
仙台空港 ビジネスラウンジ EAST SIDE
関東 成田国際空港 ・第1ターミナルビル T.E.Iラウンジ
・第1ターミナルビル IASS Executive Lounge 1
・第2ターミナルビル T.E.Iラウンジ
・第2ターミナルビル IASS Executive Lounge 2
羽田空港 ・第1ターミナルビル POWER LOUNGE NORTH
・第1ターミナルビル POWER LOUNGE SOUTH
・POWER LOUNGE CENTRAL -旧第1ターミナルビル エアポートラウンジ(中央)
・POWER LOUNGE CENTRAL (チェックイン前ロビーエリア) -旧第2ターミナルビル エアポートラウンジ(北)
・第2ターミナルビル POWER LOUNGE NORTH
・第2ターミナルビル エアポートラウンジ(南)
・国際線旅客ターミナル SKY LOUNGE
・国際線旅客ターミナル SKY LOUNGE ANNEX
北陸 新潟空港 エアリウムラウンジ
富山空港 ラウンジ らいちょう
小松空港 スカイラウンジ白山
中部 中部国際空港 プレミアムラウンジ セントレア
富士山静岡空港 YOUR LOUNGE
関西 関西国際空港 ・カードメンバーズラウンジ「六甲、金剛」
・アネックス六甲
・カードメンバーズラウンジ「比叡」
伊丹空港 ラウンジオーサカ
神戸空港 ラウンジ神戸
中国 岡山空港 ラウンジ マスカット
広島空港 ビジネスラウンジ もみじ
米子空港 ラウンジ大山
出雲縁結び空港 エアポートラウンジ
山口宇部空港 ラウンジきらら
四国 徳島空港 エアポートラウンジ ヴォルティス
高松空港 ラウンジ讃岐
松山空港 ・ビジネスラウンジ
・スカイラウンジ
九州 福岡空港 ・くつろぎのラウンジTIME
・ラウンジTIME インターナショナル
北九州空港 ラウンジひまわり
大分空港 ラウンジ くにさき
長崎空港 ビジネスラウンジ アザレア
熊本空港 ラウンジASO
鹿児島空港 スカイラウンジ菜の花
沖縄 那覇空港 ラウンジ華~hana
海外 ハワイ・ホノルル国際空港 IASS Hawaii Lounge
韓国・仁川国際空港 ・第1ターミナル MATINA
・第2ターミナル AIRCAFE

ちなみに下位カードの「TRUST CLUB プラチナマスターカード」は海外の2空港(ハワイ・韓国)は利用できませんが、TRUST CLUB ワールドカードは利用できます。

TRUST CLUB ワールドカードに付帯するラウンジ・キーは都度料金が24USドル発生する!2019年10月からは32USドルにアップ!

世界1,000ヵ所以上もの空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーでは、年会費こそ無料ですが利用のたびに1回あたり27USドルの料金が発生します。ちなみに料金はその場で支払うのではなく、後日の請求となります。

ただし、2019年10月からは、料金が27USドルから32USドルへとアップしますので注意が必要です。また、同伴者についても同一料金となります。

TRUST CLUB ワールドカードの付帯保険

TRUST CLUB ワールドカードには、最高7,000万円の海外・国内旅行傷害保険が付帯し、国内旅行傷害保険には家族特約が付帯しています。ただし、国内旅行傷害保険には「傷害死亡・後遺障害」以外の補償が付帯していないので、ステイタスカードとしては今ひとつ残念な内容です。

また、年間最高500万円のバイヤーズプロテクション(ショッピング補償)と年間10万円のキャンセルプロテクションが付帯しており、このあたりあステイタスカードの貫禄を感じる内容になっています。

TRUST CLUB ワールドカードの旅行傷害保険は海外も国内も利用付帯なのが残念!補償内容ももう少し充実させて欲しいのが本音!

では、TRUST CLUB ワールドカードに付帯する保険の内容をみてみましょう。

TRUST CLUB ワールドカードの付帯保険
保険種類 保険内容 補償内容
海外旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高7,000万円
傷害・疾病治療費 200万円
賠償責任保険 3,000万円
携行品損害 1旅行中30万円
救援者費用 100万円
国内旅行傷害保険
(利用付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高7,000万円
家族特約:1,000万円
傷害入院
手術
傷害通院
ショッピング補償 バイヤーズプロテクション 年間500万円
キャンセル補償 キャンセルプロテクション 年間最高10万円

海外旅行傷害保険も国内旅行傷害保険も利用付帯となっているほか、海外旅行傷害保険の「傷害・疾病治療費」が200万円と、ステイタスカードとしては物足りない内容です。また、国内旅行傷害保険の入院や通院などが付帯しないのも気になります。デメリットとまでは言えませんが、カード自体はもう少し充実度の高い補償内容であってもおかしくないステイタスですので、少々残念な点となります。

TRUST CLUB ワールドカードの追加カード|ETCカードや家族カード

TRUST CLUB ワールドカードはETCカードや家族カードの発行も可能です。ステイタスカードということもありどうしても付帯特典などに視線が集中しがちですが、必要な方にはETCカードも家族カードも発行OKです。

TRUST CLUB ワールドカードならETCカードも家族カードも年会費無料!維持費がかからずに便利に使える

ステイタスカードというと、その追加カードにも年会費が発生するイメージが強いですが、TRUST CLUB ワールドカードならETCカードも家族カードも年会費無料です。ETCカードについては本人が所有する車両台数に応じて発行することもでき、最大5枚までの発行に対応しています。家族カードについては、本人会員と同等のサービスを年会費無料できるので非常にメリットが大きいです。

TRUST CLUB ワールドカードの締め日と支払日

TRUST CLUB ワールドカードの締め日と支払日は、

  • 締め日…15日
  • 支払日…翌月8日か10日

以上のようになります。

TRUST CLUB ワールドカードの支払日は金融機関によって異なるので注意!

TRUST CLUB ワールドカードの支払日は原則10日となっていますが、ご利用の金融機関によってはお支払い日が8日になります。金融機関によって支払日が異なりますので、申し込み時やカード発行時などにしっかりと確認しておくようにしましょう。

TRUST CLUB ワールドカードの紹介まとめ

TRUST CLUB ワールドカードは、マスターカードの序列2位に位置する上位カードとして高いステイタスを誇る1枚です。Mastercard提供の「Taste of Premium」が利用できる上、25歳以上 年収400万円以上の資格基準で取得できます。ゴールドカードよりワンランク上のクレジットカードが欲しい方におすすめです。

TRUST CLUB ワールドカードは25歳以上から持てるオトナのカード!

TRUST CLUB ワールドカードは、入会資格の条件さえ満たせば充実した特典が用意されている贅沢なオトナのカードです。普段使いの1枚としてメインカードにもおすすめできる実力があるクレジットカードです。

年会費の12,000円(税抜)が高いか安いかは特典の利用頻度次第となりますが、優待特典をフル活用できるなら年会費以上のベネフィットがあります。年会費と特典のバランスがとれた非常にコスパの高いステイタスカードです。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

年会費無料でポイント還元率常時2倍!女性向けカードもあるJCBのプロパーカード!

年会費無料で1.25%の高還元率!海外旅行傷害保険も自動付帯

ライフカード 本会員+家族カードは年会費永年無料!入会後1年間はポイント1.5倍、誕生月は還元率3倍!

日本で最も有名なクレジットカード!安心と信頼のVISAカード

docomoで常に10%還元のケータイ最強カード!iPhoneも新品交換の最大10万円のケータイ補償!もちろんローソンでは最大5%お得!

アメックスとセゾンの最強ゴールドカード!年会費以上の特典がお得度大

楽天カード

楽天市場で3%還元!専業主婦でも作れる高還元カード

VIASO(ビアソ)カード

年会費永年無料で自動キャッシュバック!海外旅行傷害保険も自動付帯

世界が誇る信頼のカードブランド!ゴールドクラスのサービスが付帯

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 25歳以上・年収400万円以上
国際ブランド マスターカード 
年会費(初年度) 12,000円+税 年会費(2年目) 12,000円+税
家族カード(初年度) 無料 家族カード(2年目) 無料
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 2~3週間
利用限度額(下限) 100万円 利用限度額(上限) 300万円
利用限度額備考
発行会社 三井住友トラストクラブ株式会社
支払い
キャッシング手数料 ATM手数料:1万円以下は100円+税/1万円超は200円+税
締め日 15日 引落日 10日(金融機関によっては8日)
支払い方法 1回/2回/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
キャッシング金利 15.0%~20.0%
ポイントシステム
ポイントプログラム TRUST CLUB リワードポイント
ポイント還元率 0.75%~
ポイント有効期限 無期限
最低交換単位 4,000ポイント~
マイレージ
交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/楽天Edy
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高7,000万円
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」 家族特約:最高1,000万円
海外旅行保険「付帯保険条件」 利用付帯
海外旅行保険「傷害治療」 200万円
海外旅行保険「携行品損害」 1旅行中30万円
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高7,000万円
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」
海外旅行保険「疾病治療」 200万円
海外旅行保険「賠償責任」 3,000万円
海外旅行保険「救援者費用」 100万円
海外旅行保険「その他」
ショッピング保険 バイヤーズプロテクション:年間500万円
その他 キャンセルプロテクション:年間最高10万円
特典
航空ラウンジ 国内空港ラウンジサービス(国内31空港+海外2空港)
プライオリティパス ラウンジ・キー
手荷物宅配 国際線手荷物無料宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容