TRUST CLUB ワールド エリートカード

コンシェルジュサービスが付帯するMastercard最上位グレードカード!

国際ブランド
  • 年会費無料
  • 高還元率
  • 即日発行
  • 初めての1枚
  • 高ステータス
  • マイル重視
  • キャンペーン
  • 旅行保険
  • ETC発行
  • 家族カード
年会費
(初年度)
130,000円+税 年会費
(2年目)
130,000円+税
還元率 1.0%~ 発行日数 2~3週間

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、2019年7月より新登場のマスターカード最上位グレードのステイタスカード!年会費は13万円(税抜)ながらコンシェルジュサービスほかラウンジ・キーが完全無料で付帯し、最高1億円の旅行傷害保険やゴルファー保険、交通事故傷害保険なども付帯!トラベル&エンターテインメントの多彩な優待サービスほか有効期限のないポイントは還元率1.0%という高還元率で利用できる!

ステイタス ラグジュアリーカードと肩を並べるマスターカード最上位のワールドエリート!
コンシェルジュ Mastercardコンシェルジュサービスを利用できる!
付帯保険 最高1億円の旅行傷害保険ほか航空便遅延保険からキャンセルプロテクションまで付帯!

TRUST CLUB ワールド エリートカード こんな人におススメ

  • 希少性の高いステイタスカードに興味のある方
  • Mastercardのステイタスカードを極めたい方!
  • 渡航機会が多く海外で使いやすいステイタスカードをお探しの方

TRUST CLUB ワールド エリートカード|評判と特徴、審査基準を徹底解説

TRUST CLUB ワールドエリートカードの特徴

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、2019年7月に登場したばかりのクレジットカードです。三井住友トラストクラブ株式会社の発行する3種類のマスターカードブランドの中でもっともステイタスが高く、さらに全マスターカードブランドの中でも最上位のステイタスを誇ります。

ステイタスとしてはマスターカードのブラックカードに相当し、年会費は13万円(税抜)と高額ですが、その付帯サービスからもたらされるベネフィットも非常に魅力的です。そんなTRUST CLUB ワールドエリートカードの特徴について解説していきます。

TRUST CLUB ワールドエリートカードはTRUST CLUBカードのニューフェイス!マスターカード最上位のハイステイタスカード!

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、国際ブランドマスターカード(Mastercard)の中で最上位に位置するハイグレードなステイタスカードです。

Mastercardの格付け
序列 グレード 主な対象カード
1 ワールドエリート TRUST CLUB ワールドエリートカード
・ラグジュアリーカード など
2 ワールド TRUST CLUB ワールドカード
・Porscheカード など
3 プラチナ TRUST CLUB プラチナマスターカード
・三井住友プラチナカード
・楽天ブラックカード
・Orico Card THE PLATINUM など
4 チタン
5 ゴールド Mastercardブランドのゴールドカード
6 スタンダード 年会費無料~3,000円程度の一般的なMastercardブランドのカード

上の表は、マスターカードのグレードです。マスターカードの中で最上位のグレードとなるのが「ワールドエリート」というグレードです。これまでは、国内で発行されているマスターカードブランドのクレジットカードではラグジュアリーカードしか「ワールドエリート」に該当していませんでしたが、新たにTRUST CLUB ワールドエリートカードが発行されたことでユーザーの選択肢が増えました。

年会費13万円!マスターカード最上位ステイタスのTRUST CLUB ワールドエリートカードの気になる優待特典!

TRUST CLUB ワールドエリートカードの年会費は13万円円(税抜)です。さすがにブラックカードクラスだけあって年会費も通常のクレジットカードの比ではありません。では、そんなTRUST CLUB ワールドエリートカードにはどんな優待特典が付帯しているのでしょうか。

まず基本となるのが、マスターカードのステイタスカードにしか付帯しない「Mastercard Taste of Premium」です。

Taste of Premiumの特典内容
ジャンル 優待・サービス 内容
トラベル 国際線手荷物無料宅配 出発時および帰国時の手荷物を各3個ずつまで無料で宅配
海外用携帯電話/Wi-Fiレンタル優待 海外用携帯電話:通信料15%OFF、レンタル50%OFF
海外Wi-Fiルーター:通信料15%OFF
空港クローク優待サービス 1着につき10%OFF
国内高級ホテル・高級旅館予約サービス 全国の高級ホテルや高級旅館の予約がOK
Trip.com 特別優待 初回利用時10%OFF、2回目以降8%OFF
ザ・カハラ・ホテル&リゾート特別宿泊 ハワイ・オアフ島のザ・カハラ・ホテルで特別宿泊プランを利用可
海外空港送迎手配サービス 空港からホテルまで提携ハイヤーを予約OK
国内空港送迎優待サービス 旅行出発時と帰国時に提携タクシーを車種グレードアップで予約可
グルメ ダイニングby招待日和 全国のおよそ200店の有名レストランで2名以上予約すると1名分が無料になる
ライフ カーシェアリング特別優待 通常1,550円のカーシェアリング会員カード発行手数料無料のほか、通常1,030円の基本料金も3ヶ月無料
ふるさと納税特別優待 ふるさと納税にて特別な返礼品をもらえる
Tokyo Supercars 特別優待 スーパーカー関連イベントを特別価格で利用可
エンタメ ヘリクルーズ手配サービス ヘリクルーズで東京の夜景を上空から楽しめる
歌舞伎・能手配サービス 近年人気急上昇中の歌舞伎や能のチケットを手配OK
ゴルフ 国内ゴルフ予約サービス 全国1,900コースの手配が可能。優待価格で利用できる約150コースの案内も可能
会員制ゴルフ予約サービス 通常では利用が難しいコースをメンバー限定で予約できる
海外有名ゴルフコース手配サービス 宿泊セットという条件を満たし場合に限り有名な海外ゴルフコースの手配OK
楽天スポニチゴルファーズ倶楽部特別入会 入会すると全国およそ140のメンバーシップコースを予約できる

カードによっては「Mastercard Taste of Premium」の一部特典しか利用できないケースもありますが、TRUST CLUB ワールドエリートカードはマスターカードの最上位グレードということもありますので、すべての優待特典を利用することができます。旅行やエンタメ関連の内容が充実していますので、上質な時間を共有できます。

ハイステイタスカードの証!コンシェルジュサービスも利用できる!

「Mastercard Taste of Premium」以外の主な特典としては、以下のようなサービスを利用できます。

    

特典 内容
Mastercardコンシェルジュ レストランやゴルフ場などの予約・手配、記念日などの特別なプレゼントの手配、各種チケット手配、テレビなどで見かけた商品の検索などなど、できる限りの要望に応えてくれるラグジュアリーなサービス
海外トラベルデスク 渡航前に航空券やツアー、ホテル予約の手配や案内を受けられる。渡航先では現地スタッフが日本語で各種サポートをしてくれる
国内トラベルデスク 旅先の各種案内や手配などのサポートを受けられる
空港送迎サービス 海外トラベルデスクで海外パッケージ等を50万円以上購入すると、自宅から空港までタクシー片道分無料もしくは一部負担で手配OK/100万円以上購入すると、往復無料もしくは一部負担で手配OK
コートお預かりサービス カードと搭乗券提示で対象空港にてコートお預かりサービスを利用可
海外レンタカー優待 ハーツレンタカーを特別優待価格で利用できる
国内レンタカー優待 トヨタレンタカーにて特別割引になる
ラウンジ・キー 世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用可。年会費も利用料も無料
空港ラウンジサービス 国内31空港+ハワイ&韓国の空港ラウンジを利用できる
コナミスポーツクラブ 全国に点在するコナミスポーツクラブを法人会員料金で利用可
付帯保険 最高1億円の海外・国内旅行傷害保険に年間500万円のショッピング補償ほかゴルファー保険や交通事故傷害保険まで付帯

以上のような魅力的な特典が多数付帯します。ただし、さすがにコンシェルジュサービスは大いに魅力的ですが、13万円という年会費を考えると少しコスパが悪いのでは? という印象も拭えません。それならば、コンシェルジュサービスこそ付帯しないまでも、下位カードの「TRUST CLUB ワールドカード(年会費12,000円+税)」を選んだほうがコスパが良いです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードと、下位カードのTRUST CLUB ワールドカードとの違いは、コンシェルジュサービスの有無やラウンジ・キーが完全無料で付帯するかどうかといった差に過ぎませんので、総体的には下位カードのTRUST CLUB ワールドカードの方がコスパは高いのです。

とは言うものの、やはりステイタスカードというものは持つことこそに意味があるとも言えますので、「ワールドエリート」というマスターカード最上位のステイタスに魅力を感じるのであれば、多少年会費が高くても選ぶ価値はあります。

ポイント還元率1.0%!TRUST CLUB ワールドエリートカードは高還元率で使える!

TRUST CLUB ワールドエリートカードは100円で4ポイントを獲得できます。TRUST CLUBカードの場合、1ポイントあたり0.25円の価値がありますので、TRUST CLUB ワールドエリートカードは1.0%(0.25円×4)という高還元率での利用が可能になっています。他のステイタスカードでは0.4%~0.5%という還元率が当たり前なので、TRUST CLUB ワールドエリートカードはステイタスカードとしては異例の高還元率となっているのが特長です。ポイントについての詳細は後述します。

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、こんな人におすすめ

ここからは、TRUST CLUB ワールドエリートカードのおすすめポイントと、どのような人におすすめなのか? などについて解説していきます。

TRUST CLUB ワールドエリートカードは国内ではレアなワールドエリートグレード!ステイタスにこだわったクレジットカードが欲しい方におすすめ!

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、マスターカード最上位のグレードとなる「ワールドエリート」です。「ワールドエリート」のグレードに属するクレジットカードは、国内ではこれまでラグジュアリカードだけでしたので、希少度の高いグレードとなります。もちろん、マスターカードに限っていえばそれ以上のグレードは存在しませんし、正真正銘、世界で通用するハイステイタスカードとなります。クレジットカードのステイタスを重視してカード選びをしたい方には非常におすすめの1枚です。

海外旅行をする頻度が多い方やトラベル&エンターテインメントに強いクレジットカードをお求めの方!TRUST CLUB ワールドエリートカードは空港ラウンジから保険まで海外に強いサービスが多彩

先述のように、TRUST CLUB ワールドエリートカードには「Mastercard Taste of Premium」を中心に、世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる「ラウンジ・キー」、最高1億円の旅行傷害保険ほか、コンシェルジュサービスなど、トラベルからエンターテインメントに至るまで多彩な特典が付帯します。

また、ラウンジ・キーや旅行傷害保険以外にも旅行傷害保険に付帯する「海外緊急アシスタンスサービス」といった非常に心強いサポートサービスも付帯するため、万が一のトラブルに対する万全の備えも可能になっているのが魅力です。海外への渡航機会の多い方にとっては非常に活用度の高いサービスばかりです。

ステイタスカードでも高還元率で利用したいというこだわり派の方!TRUST CLUB ワールドエリートカードなら還元率1.0%!有効期限もナシ!

TRUST CLUB ワールドエリートカードはポイント還元率が1.0%なので、ステイタスカードとしてはかなりの高還元率で利用することができます。ちなみにTRUST CLUBカードにはマスターカードブランドのカードが3券種ありますが、その中でTRUST CLUB ワールドエリートカードがもっとも高い還元率で利用できます。

さらに、TRUST CLUBカードならポイントの有効期限がないので、有効期限を気にせずゆっくりと余裕を持ってポイントを貯めていくことができます。有効期限の枠に縛られずに好きなだけ貯められるのは非常に大きなメリットです。

ラグジュアリーな優待サービスを家族間で共有したい方!TRUST CLUB ワールドエリートカードは家族カード年会費が無料!

通常、ステイタスカードともなると、家族カードであっても相応に高額な年会費が発生するものですが、TRUST CLUB ワールドエリートカードなら家族カードの年会費が無料になります。通常13万円(税抜)のステイタスカードを年会費無料で所持できるのですから、家族カードといえどもこれほど魅力的なことはありません。

家族カードは配偶者、18歳以上の子供(海外留学の際は18歳未満でも可)、両親などが対象なので、家族カードの発行枚数が多ければ多いほど年会費がお得になります。本会員だけなら13万円の付帯でも、仮に家族カードを3枚発行していれば1枚あたり35,000円程度の負担で済む計算です。できることなら、家族カードは積極的に発行しておくとコスパが良いです。

ダイナースクラブ プレミアムカード所有の方!TRUST CLUB ワールドエリートカードはコンパニオンカードとして発行OK!年会費無料!

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、「ダイナースクラブ プレミアムカード」のコンパニオンカードとしての発行も可能です。コンパニオンカードとは追加カードのようなもので、他社で言うところの「デュアル発行」に似たサービスです。ダイナースクラブ プレミアムカードの追加カードとして発行できるのでほぼ無審査に近いかたちでの発行が可能ですし、その場合は年会費無料で所持することができます。

ダイナースクラブとあわせてマスターカード加盟店で利用できるので利用シーンも一気に増えますし、当然ながらTRUST CLUB ワールドエリートカードに付帯する贅沢なサービスも利用できます。すでにダイナースクラブ プレミアムカードを所有している方はもちろんのこと、これからダイナースクラブ プレミアムカードのインビテーションを受ける予定の方にもおすすめです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードのメリット

TRUST CLUB ワールドエリートカードのメリットについてみていきましょう。

マスターカード最上位グレードとして抜群の注目度を誇るTRUST CLUB ワールドエリートカード!

TRUST CLUB ワールドエリートカードのメリットをまとめておきましょう。

メリット

TRUST CLUB ワールドエリートカードのメリット

  • Mastercard最上位グレード!年会費13万円のブラックカード!
  • コンシェルジュサービスが付帯する!
  • Taste of PremiumをはじめT&Eカードとしての優待サービスが多彩
  • 世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーは年会費も利用料も完全無料!
  • 旅行傷害保険は最高1億円!ゴルファー保険や賠償責任付きの交通事故傷害保険も付帯する!
  • ポイント有効期限なしで基本還元率は1.0%!
  • 家族カードなら年会費無料!

TRUST CLUB ワールドエリートカードでメインとなる特典はやはりコンシェルジュサービスです。その他、マスターカードのステイタスカードホルダーしか利用できない「Mastercard Taste of Premium」を筆頭に、贅沢な優待サービスが充実しています。年会費は13万円(税抜)。高額ゆえに、持つ者にしかわからないプライスレスなベネフィットを秘めた特別な1枚です。

世界1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーは年会費も利用料も一切無料で利用できますし、しかも同伴者1名まで同条件です。また、特筆すべきは国際線手荷物無料宅配です。自宅~空港間の往復で3個までOKとなっており、これは国内のステイタスカード全体でも非常にレアなサービスとなっています。TRUST CLUB ワールドエリートカードのメリットであり特徴的な魅力ともなっています。

TRUST CLUB ワールドエリートカードのデメリット

TRUST CLUB ワールドエリートカードのデメリットを挙げるならただひとつ――高額な年会費です。

TRUST CLUB ワールドエリートカードは年会費13万円!付帯特典とのバランスからみれば決してコスパは高くない!

TRUST CLUB ワールドエリートカードはマスターカード最上位グレードとしてのステイタスがありますが、13万円という高額な年会費と特典内容とのバランスを考えると、コスパはかなり低いです。これといった特典もコンシェルジュサービスくらいですし、それなら同じ三井住友トラストクラブ株式会社が発行するVISAブランドの最上位「TRUST CLUB プラチナ Visaカード(年会費:35,000円+税)」の方が圧倒的に年会費がお得ですし、コンシェルジュサービスを使わないのであれば下位カードの「TRUST CLUB ワールドカード」でも十分に価値ある使い方ができます。グレードという部分にこだわりがないのであれば、敢えてTRUST CLUB ワールドエリートカードを選ぶメリットはありません。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの評判

TRUST CLUB ワールドエリートカードの気になる評判ですが、世間的な評価としてはライバルとなるアメックスプラチナ(年会費:13万円+税)やラグジュアリーカード・ブラック(年会費:10万円+税)などよりは評価が低いです。理由は単純で、付帯する特典内容の充実度が、ライバルカードの方が高いからにほかなりません。

TRUST CLUB ワールドエリートカードを選ぶべき基準はダイナースクラブ プレミアムカード!

先にも述べたように、TRUST CLUB ワールドエリートカードはダイナースクラブ プレミアムカードのコンパニオンカードとして発行を受ければ、年会費無料で付帯サービスを利用できます。上述のようにライバルカードとは特典の質で差ができてしまっているため、単独発行の場合ではこれといってライバルを凌ぐほど目立つメリットはありません。

それならダイナースクラブ プレミアムカードのコンパニオンカードとして所持した方が魅力度もさらに増しますし、贅沢な優待サービスを年会費無料で利用できるわけなので最強のコスパを発揮してくれます。評判としては、コンパニオンカードとしての立場の方が遥かに高い評価を獲得しています。

今後、優待サービス等がどの程度充実してくるのかにもよりますが、TRUST CLUB ワールドエリートカードを選ぶ基準は、現状では単独発行よりもむしろダイナースクラブ プレミアムカードを所有しているかどうかで決めるのがおすすめです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの審査

TRUST CLUB ワールドエリートカードは三井住友トラストクラブ株式会社発行のクレジットカードとしてはダイナースクラブ プレミアムカードに次ぐハイステイタスカードです。そのため、必然的に審査難易度も高めです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの審査難易度は高い!申し込めるのは25歳以上から

TRUST CLUB ワールドエリートカードの入会基準は、下位カードのTRUST CLUB ワールドカードの入会基準と同じです。

  1. 25歳以上
  2. 年収400万円以上

ただし、ステイタスでは最上位となりますので、相応に審査難易度も高くなっています。カードローンなど他社借入額が多い場合はもちろん、延滞等が確認される場合はあっさり審査に落とされます。

入会基準の「年収400万円」という条件ですが、これは総支給額で400万円という基準を満たしていればOKですが、やはりTRUST CLUB ワールドエリートカードほどのステイタスカードですから、できれば総支給額ではなく手取り額で400万円を超えているくらいの余裕は欲しいところです。

入会基準こそ「TRUST CLUB ワールドカード」と同じであっても、TRUST CLUB ワールドエリートカードの場合はそれにプラスαの審査が行われます。もちろん、年齢も年収も条件をクリアできていても、一般カードクラスでさえ審査に通らない属性では絶対に審査通過は望ません。審査に不安のある方は、安易な申し込みは避けましょう。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの還元率

既述のとおり、TRUST CLUBカードは1ポイントあたり0.25円の価値です。TRUST CLUB ワールドエリートカードの場合は100円ごとに4ポイントなので、ポイント還元率は1.0%になります。

年間利用額に応じたボーナスあり!TRUST CLUB ワールドエリートカードなら最大10,000ポイント!

TRUST CLUB ワールドエリートカードなら、年間利用額50万円・100万円・150万円の3段階を達成するごとに、それぞれの利用額に応じてボーナスポイントが付与される「ボーナスリワードプログラム」が適用されます。

  • 年間50万円以上→翌年度2,500ポイント加算
  • 年間100万円以上→翌年度6,000ポイント加算
  • 年間150万円以上→翌年度10,000ポイント加算

獲得できるボーナスポイントは最大で10,000ポイントです。有効期限のないポイントですし、ボーナスポイントも上手に活用すれば効果的にポイントを重ねていくことが可能になります。

TRUST CLUB ポイントモールを使えば普段のネット通販がお得に!TRUST CLUB ワールドエリートカードをさらに高還元率で利用できるチャンス!

「TRUST CLUB ポイントモール」を経由してネットショッピングをすると、利用ショップに応じたボーナスポイントが加算されてさらに高還元率で利用することができます。楽天市場やYahoo!ショッピングといったおなじみの通販サイトも利用可能です。

ちなみに、ボーナスポイントとしての付与以外にもキャッシュバックを選択可能です。仮に、「ボーナスポイントが1ポイントでキャッシュバックが0.5%」という条件の場合なら、1ポイントあたりの価値は先述のように0.25円(%)ですので、キャッシュバックを選んだほうがお得感が強いです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードのポイント

TRUST CLUB ワールドエリートカードに付帯するポイントプログラムは「TRUST CLUB リワードプログラム」です。ポイントには有効期限がなく、好きなだけ貯めていくことができるメリットの大きいポイントプログラムです。

ポイントの交換先も多彩!TRUST CLUB ワールドエリートカードでガッツリ貯めて好きな交換先を見つけよう!

「TRUST CLUB リワードプログラム」で貯まったポイントは、厳選アイテムと交換できるほか、以下のような各種ポイントやギフト券などと交換できます。

TRUST CLUB リワードプログラムの主な移行先
移行先 移行レート 1ポイントあたりの価値
Tポイント 4,000P→1,000Tポイント 0.25円
楽天スーパーポイント 4,000P→1,000Rポイント 0.25円
Amazonギフト券 8,000P→2,000円分 0.25円
スターバックスカードチャージ 8,000P→2,000円分 0.25円
JTB旅行券 20,000P→5,000円分 0.25円
びゅう商品券 20,000P→5,000円分 0.25円
HIS商品券SKY 20,000P→5,000円分 0.25円
スターバックスカード 20,000P→5,000円分 0.25円
JCBギフトカード 20,000P→5,000円分 0.25円
キャッシュバック 8,000P→2,000円分 0.25円

厳選アイテムとの交換でも、現金換算すると1ポイントあたり0.25円相当に収まりますので、上記移行先に好きなアイテムなども交えて交換先を検討しましょう。ただし、マイルへの移行はありません。

TRUST CLUB ワールドエリートカードと電子マネー

TRUST CLUB ワールドエリートカードとの関係性で気になるのが電子マネーの存在ですね。ちなみにTRUST CLUB ワールドエリートカードではモバイルSuicaとSMART ICOCA、それに楽天Edyへのチャージが可能です。カード本体に搭載可能な電子マネーはありません。

モバイルSuicaとSMART ICOCAはTRUST CLUB ワールドエリートカードからのチャージでポイントが貯まる!楽天Edyは付与対象外!

チャージは可能でもチャージ分に対してポイント付与はあるのかどうかが非常に気になりますが、モバイルSuicaとSMART ICOCAについてはチャージでもポイントが加算されます。楽天Edyはチャージしてもポイントは貯まりませんので注意しましょう。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの空港ラウンジサービス

お伝えしましたように、TRUST CLUB ワールドエリートカードには海外1,000ヵ所以上の空港ラウンジを利用できるラウンジ・キーが付帯します。もちろん、通常の国内空港ラウンジサービスも付帯します。

TRUST CLUB ワールドエリートカードならラウンジ・キー完全無料!国内空港ラウンジサービスは31空港(+海外2空港)ものラウンジを利用できる!

TRUST CLUB ワールドエリートカードに付帯するラウンジ・キーは、年会費も利用料も無料で、同伴者1名まで無料となっています。同じくラウンジ・キーが付帯している下位カードの「TRUST CLUB ワールドカード」では年会費こそ無料ですが、1回の利用ごとに料金が発生しますので、その点に関してはTRUST CLUB ワールドエリートカードに付帯するラウンジ・キーの方がお得です。

また、国内空港ラウンジサービスは、国内31空港+海外2空港が対象です。

TRUST CLUB ワールドエリートカードに付帯する国内空港ラウンジサービスの対象空港
エリア 空港名
北海道 新千歳空港
函館空港
旭川空港
東北 青森空港
秋田空港
仙台空港
関東 成田国際空港
羽田空港
北陸 新潟空港
富山空港
小松空港
中部 中部国際空港
富士山静岡空港
関西 関西国際空港
伊丹空港
神戸空港
中国 岡山空港
広島空港
米子空港
出雲縁結び空港
山口宇部空港
四国 徳島空港
高松空港
松山空港
九州 福岡空港
北九州空港
大分空港
長崎空港
熊本空港
鹿児島空港
沖縄 那覇空港
海外 ハワイ・ホノルル国際空港
韓国・仁川国際空港

国内空港ラウンジサービスで31空港も対象となっているのはレアです。通常なら28空港もしくは29空港くらいが平均なので、TRUST CLUBカードの秀逸さが際立ちます。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの付帯保険

TRUST CLUB ワールドエリートカードには最高1億円の海外・国内旅行傷害保険が付帯しており、家族特約も付いています。ショッピング補償は年間500万円のショッピングリカバリーが付帯し、年間20万円のキャンセルプロテクションにゴルファー保険と交通事故傷害保険まで付帯する充実ぶりです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの付帯保険は充実度が高い!幅広いトラブルに備えられる!

TRUST CLUB ワールドエリートカードに付帯する補償の詳細は以下のとおりです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの補償内容
保険種類 保険内容 補償内容
海外旅行傷害保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
家族特約:1,000万円
傷害・疾病治療費 最高1,000万円
家族特約:200万円
賠償責任保険 1億円
家族特約:2,000万円
携行品損害 1旅行中100万円
家族特約:1旅行中50万円
救援者費用 500万円
家族特約:200万円
国内旅行傷害保険
(自動付帯)
傷害死亡・後遺障害 最高1億円
家族特約:500万円
傷害入院 5,000円/日
手術 種類に応じて5万円・10万円・20万円
傷害通院 3,000円/日
海外航空便遅延費用保険 乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 2万円
受託手荷物遅延費用 2万円
受託手荷物紛失費用 4万円
外貨盗難保険 外貨盗難 年間10万円
ショッピング補償 ショッピングリカバリー 年間500万円
キャンセル補償 キャンセルプロテクション 年間最高20万円
ゴルファー保険 賠償責任 1億円
ゴルフ用品損害 5万円
ホールインワン・アルバトロス費用 10万円
傷害死亡・後遺障害 300万円
傷害入院 4,500円/日
傷害通院 3,000円/日
賠償責任保険付き交通事故傷害保険 死亡・後遺障害 最高100万円
賠償責任保険 1億円

補償の充実度としては極めて高いです。海外旅行傷害保険の「傷害・疾病治療費」で1,000万円の補償が付帯しますし、極めて現実的な補償額となっているのが特徴です。また、賠償責任保険付きの交通事故傷害保険の付帯も万が一に備えるという意味では非常に有意義な保険です。

その他、海外旅行中に病気やケガなどのアクシデントに遭遇した際に24時間いつでも各種サポートを受けられる「海外緊急アシスタンスサービス」も海外渡航の多い方には安心のサービスとなっていますし、国内でも緊急医療相談や医療機関案内などのサービスを受けられる「メディカルアシスト」を利用できます。

さらに、法律や税務などの相談ができる「生活支援サービス」や介護相談が可能な「介護アシスト」といった便利なサービスも付帯しています。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの追加カード|ETCカードや家族カード

TRUST CLUB ワールドエリートカードも、ETCカードや家族カードの発行が可能です。先述しましたように、家族カードは年会費無料で利用できるという贅沢な特典付きです。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの家族カードを可能な限り発行すれば実質的な年会費負担も軽くなる!ETCカードも年会費無料!

先にも少しご説明しましたが家族カードは年会費無料です。つまり、本会員1枚だけなら13万円という年会費負担が必要ですが、家族カードの発行枚数が多ければその分だけ1枚あたりの実質負担額も軽くなります。仮に家族カードを5枚発行できれば、1枚あたり26,000円(税抜)で所持できる計算です。家族で共有すれば比較的リーズナブルな年会費にすることも十分に可能です。

また、ETCカードについては発行手数料も年会費も無料です。年会費を無料にするための条件もありませんので、維持費はゼロです。高速道路の利用頻度がお多いなら、ぜひとも発行手続きをしておきましょう。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの締め日と支払日

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、毎月15日が締め日、翌月10日が支払日です。ただし、金融機関によっては支払日が8日になることもあるので、事前にチェックしておきましょう。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの支払日は金融機関によって異なる!ダイナースクラブカードとは若干違うので注意!

TRUST CLUB ワールドエリートカードを含むTRUST CLUBカードは支払日は原則10日です。ただし、上述のとおり金融機関によっては8日が支払日になります。同じく三井住友トラストクラブ株式会社が発行するダイナースクラブカードの場合は、支払日が毎月10日で固定ですが、TRUST CLUBカードは金融機関によって支払日が8日になることもありますので、その点に関してはうっかりすることがないように事前チェックを徹底しておきましょう。

TRUST CLUB ワールドエリートカードの紹介まとめ

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、マスターカードの最上位グレードに位置する希少度の高いステイタスカードです。コンシェルジュサービスほか、「Mastercard Taste of Premium」など贅沢な優待サービスが付帯しますが、年会費が13万円(税抜)と高額なため、コスパを重視する人には不向きです。ステイタスカードを極めたいというこだわり派の方におすすめできます

TRUST CLUB ワールドエリートカードは25歳以上で年収400万円が入会目安!

TRUST CLUB ワールドエリートカードに入会するには25歳以上でなければなりません。そのうえで年収が400万円以上の人が申し込めます。ただしこれはあくまでも入会目安ですので、これら2つの条件を満たしているからといって審査に通るほど甘くはありませんのでその点には注意してください。

TRUST CLUB ワールドエリートカードは、ハイステイタスゆえにベネフィットこそ高いですが、総体的にコスパは期待できません。しかし、基本還元率1.0%というのはステイタスカードとしては抜きん出ていますし、旅行やエンタメだけでなく、普段使い用のメインカードとしても十分に利用価値の高い1枚です。

関連クレジットカードRELEVANT CREDITCARD

最短30分で作れるクレジットカード!審査が不安な方にもおすすめ

海外でも国内でも幅広く使えるマルチカレンシー・プリペイドカード

コンシェルジュサービスが付帯するMastercard最上位グレードカード!

法人カードの最高峰!24金仕上げの券面とプレミアム感がある会員特典が魅力

マットブラックの金属製カードと上質な会員特典が魅力の法人カード

マスターカード最高峰の富裕層向けブラックカード!

マスターカード最高峰の金属製ブラックカード!富裕層向け特典が満載!

年会費がリーズナブル!グルメやトラベル特典が多彩な格安プラチナカード

年会費と優待特典のバランスが良い!法人ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

プライオリティ・パスが付帯するVISAのゴールドカード!

スペック表SPEC

基本情報
入会資格 25歳以上・年収400万円以上
国際ブランド マスターカード 
年会費(初年度) 130,000円+税 年会費(2年目) 130,000円+税
家族カード(初年度) 無料 家族カード(2年目) 無料
ETCカード発行手数料 無料 ETCカード年会費 無料
ETCカード備考
発行期間 2~3週間
利用限度額(下限) 公式サイト参照 利用限度額(上限) 公式サイト参照
利用限度額備考
発行会社 三井住友トラストクラブ株式会社
支払い
キャッシング手数料 ATM手数料:1万円以下は100円+税/1万円超は200円+税
締め日 15日 引落日 10日(金融機関によっては8日)
支払い方法 1回/2回/分割払い/リボ払い/ボーナス一括払い
キャッシング金利 15.0%~20.0%
ポイントシステム
ポイントプログラム TRUST CLUB リワードポイント
ポイント還元率 1.0%~
ポイント有効期限 無期限
最低交換単位 4,000ポイント~
マイレージ
交換可能なマイレージ
マイレージ還元率
最低交換単位
マイレージ移行手数料
電子マネー
チャージ可能な電子マネー モバイルSuica/SMART ICOCA/楽天Edy
付帯サービス
国内旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
国内旅行保険「傷害保険」 最高1億円
国内旅行保険「国内航空傷害保険」
国内旅行保険「その他」 入院:5,000円/日
手術:種類に応じ5万円・10万円・20万円
通院:3,000円/日
海外旅行保険「付帯保険条件」 自動付帯
海外旅行保険「傷害治療」 1,000万円
海外旅行保険「携行品損害」 1旅行中100万円
海外旅行保険「死亡・後遺障害」 最高1億円
海外旅行保険「家族特約(傷害死亡・後遺障害)」 最高1,000万円
海外旅行保険「疾病治療」 1,000万円
海外旅行保険「賠償責任」 1億円
海外旅行保険「救援者費用」 500万円
海外旅行保険「その他」 海外航空便遅延費用保険
海外緊急アシスタンスサービス
ショッピング保険 ショッピングリカバリー:年間最高500万円
その他 キャンセルプロテクション
外貨盗難保険
ゴルファー保険
交通事故傷害保険
特典
航空ラウンジ 国内31空港+ハワイ/韓国
プライオリティパス ラウンジ・キー
手荷物宅配 国際線手荷物無料宅配
ゴールドデスクコンシェルジュ Mastercardコンシェルジュサービス
備考

評価・クチコミEVALUATION REVIEW

クチコミが0件見つかりました

クチコミを投稿する

投稿者名
性別
年齢
月間利用額
カード評価
タイトル
内容