10代・未成年が持てるクレジットカード〜18歳・19歳におすすめのカードは?

クレジットカードの選び方 更新:2018年6月11日 公開:2017年10月2日1,049 view

10代

10代、未成年でも既に働いている、学生でも現金をあまり持ち歩きたくないという理由でクレジットカードを作りたいと考える方は少なくありません。

世の中に数多くあるクレジットカードには、審査が厳しく10代・未成年といったあまり信用力が積み上げられていない年代で申し込んでも審査落ちしてしまうカードもありますが、中には「若者向け」、「学生専用」といったカードも増えてきています。

今回は、10代におすすめのクレジットカードの選び方、目的別おすすめカードなどをしっかり紹介していきます。18歳、19歳といった未成年でも持てるカードについて理解し、自分に合ったカードを選べるようにしましょう。

10代・未成年のクレジットカード申込はまず申込条件をチェック!

10代の方が、クレジットカードを選ぶ際に真っ先にチェックしなくてはならないのが、申し込み条件のところです。

クレジットカードの申込条件は、次のようなものが一般的です。

  • 18歳以上(高校生は除く)
  • 安定した収入のある方

ハイステータスなカードやターゲットが絞られているカード以外ではこうした条件を挙げているカードが多いと言えます。

一部のカードでは30代以上など年齢制限を設けている、もしくは学生では申し込みができないきまりになっていることもあるので、確認を怠るとせっかく気に入ったカードがあっても、年齢制限などで申し込み不可では選んだ時間が無駄になってしまいます。

残念な思いをしないためにも、未成年でカードを作りたい時には、まず「条件」をしっかりと見て自分に合っているものを候補として選んでくださいね。

未成年のクレジットカード発行には「親権者の同意」が必要!

日本の法律で未成年というのは20歳以下を指しますが、18歳にもなると多くの方が大学に進学し、また、高校卒業後に就職する方なども一定数いることから、社会的には18歳以上は準・社会人として見なされます。

クレジットカード会社もこの実態にあわせて、18歳以上を申込年齢の下限ラインにしているケースが多いですが、法的には未成年は「まだ大人ではない」とされるため、電話連絡や書面などで親権者の同意が必要です。
18歳以上でクレジットカードを持ちたい方は、親御さんにクレジットカードが必要な理由をきちんと伝え、了承を得てから発行する必要があります。

中にはクレジットカードが大学生協と提携しており、大学生協で使える電子マネーを使うには申し込みが必須ということで初めに作ることを促されるケースもありますが、そうでない場合は未成年でクレジットカードを持つ際、実はこのハードルが一番高いかもしれませんね。

18歳・19歳の学生ならクレジットカードはむしろ作りやすい!

クレジットカード

18歳はクレジットカードが持てる下限の年齢である以上、当然、18歳・19歳という年代の金銭的な信用度は基本的にゼロからのスタートです。

ただし、これは10代の方であれば誰でも当然の話ですので、申し込むカードさえ間違えなければ、信用度がないこと自体が審査でマイナスに影響することはありません。

特に大学生については、将来的なクレジットカード利用を見込んで、無料または格安の年会費でサービスを受けられる学生専用カードを用意している会社も多数あるほど「積極的に取り入れたい」層です。うまく選べば社会人用よりもお得・便利なクレジットカードが使えますので、未成年からカードを持つことは「賢い選択」と言えるでしょう。

18歳、19歳は親権者という担保をもとに審査ハードルが低くなる

クレジットカード会社からすれば、「親権者の同意」を取ることで、最終的な支払いに関する責任は親権者にカバーしてもらうことを前提に考えています。つまり、18歳・19歳の大学生は、自身の信用情報がなくてもクレジットカードを発行できるので、むしろクレジットカードを持ちやすい時期と言えます。

18歳・19歳の学生におすすめ!10代でも作れるクレジットカード

海外旅行

ここからは、18歳、19歳の学生の方でも作りやすいおすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

目的別に選ぶ基準やカードを紹介しておりますので、ぜひ参考にしてください。

POINT

あなたのカードを作る目的はなに?

  • 将来、ゴールドカードなど信用の高いクレジットカードを持ちたい人
  • 10代・未成年ならお得さ(還元率)を重視して選ぶ

将来、ゴールドカードなど信用の高いクレジットカードを持ちたい人

未成年からゴールドカードを作ることは難しいですが、20代、30代と年齢を重ねた時にいずれはゴールドカードを手に入れたいと考えている方には「ゴールドカードに繋がる」クレジットカードを選ぶのがおすすめです。

将来的にJCBカードのゴールドカードを持ちたい方はJCBの若者向けプロパーカード、銀行系のゴールドカードを持ちたい方は銀行系の学生専用・若者向けカードを選ぶといったように、いずれ持ちたいゴールドカードがある場合は、目的のゴールドカードと同じ会社・シリーズの若者向けカード・一般カードを発行するのが鉄則です。

若い時から同じシリーズのカードを使い続けていると、ゴールドカードの審査にも有利に働くことが多いので、いずれはハイステータスなカードを、と思うのであれば「はじめの1枚」も将来に繋がるように選び方を工夫しましょう。

三井住友VISAデビュープラス

三井住友VISAデビュープラスカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 1.0%~2.5% 発行日数 最短3営業日

18歳、19歳といった未成年の学生や新社会人をターゲットとしているクレジットカードの代表格とも言えるのが「三井住友VISAデビュープラス」です。

入会限定キャンペーン

インターネット入会限定キャンペーン!新規入会&条件クリアでもれなく最大10,000円分キャッシュバック

年会費は初年度無料、2年目以降は1,250円(税抜)と設定されてはいますが、前年1回以上カードの利用があれば年会費無料ですので、使い続けるのであれば「実質無料」といっても差し支えないでしょう。

このカードの魅力は、学生や新社会人をターゲットにしているので未成年でも作りやすいというほかに、高いポイント還元率、銀行系カードとしてのブランド力があります。

ポイント還元率は一般カードの2倍で、常時1.0%以上となっており、現金で買い物をするよりもお得です。
また、国内でのショッピングには保険も適用され、年間100万円までの補償が受けられるので安心です。

26歳になると普通に使っていれば自動的に「三井住友VISAプライムゴールドカード(若者向けゴールドカード)」へと切り替えされ、プライムゴールドカードはいずれ通常の「ゴールドカード」へとランクアップされます。

つまり、はじめに「三井住友VISAデビュープラス」を作り真面目に利用すれば、ゴールドカードをスムーズに手に入れられる道が開かれるということですね。

安定した銀行系カードに魅力を感じる方、もしくは将来的にゴールドカードが欲しい方にぴったりの1枚です。

10代・未成年ならお得さ(還元率)を重視して選ぶ

18歳、19歳といった未成年の方は、20代30代と比べて金銭的に余裕のない方が多いと言えます。

クレジットカードは余裕のある大人が持つものというイメージがあるかもしれませんが、実はポイント還元率などを加味するとお金を節約したい層こそ、上手にカードを使ってより「お得度」の高い買い物をするのが賢い活用方法です。

クレジットカードによって、どの部分でお得になるかというのは特徴が異なりますが、やはり汎用性が高く「どこで使ってもポイント還元率が高い」というカードや、海外旅行が好きな若者なら「海外でお得」なカードなどが人気です。

若者向けカードでも様々なお得を売りにしているカードがありますので、自分のニーズに合わせ上手に選択しましょう。

オリコカードザポイント

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0〜2.0% 発行日数 最短8営業日

オリコカードザポイントは、フリーターや学生といったそれほど収入がない若い方でも作りやすく、かつカードの名称にもなっているように「ポイント還元率」が高いことで人気のあるカードです。

入会限定キャンペーン

新規入会&利用条件クリアで、今なら最大8,000オリコポイントプレゼント!

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%程度ですが、オリコカードザポイントはその2倍の「1.0%」です。年間に20万円のお買い物をカードでしたとすると、現金よりも「2,000円」もお得になるのは見逃せないポイントですよね。

また、若者はネットショッピングを利用する方が多いと思いますが、オリコカードザポイントのもう一つの特徴として「ネットショッピングに強い」というものがあり、ポイントモールの「オリコモール」経由でAmazonや楽天市場を始めとする多くのショッピングサイトを利用すれば還元率がさらにアップするため、ネットショッピング利用者にはポイントを効率よく貯めやすくなっています。

とにかく普段からお得にカードを使いたい方、様々なショッピングサイトを利用する方向けのカードです。

学生専用ライフカード

ライフカード学生専用ライフカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短3営業日

学生専用ライフカードは、未成年でも作りやすい「学生専用」のクレジットカードです。年会費は無料で、維持するのに負担もないため学生の方から人気が高いお得なカードと言えます。

通常のポイント還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと変わりませんが、誕生月にはポイント還元率がなんと「3倍」つまり1.5%となり、他社の還元率の高いカードと比較しても非常に高いと言えます。

また、学生専用ライフカードは「海外での利用がお得」という特徴があり、旅行傷害保険が「自動付帯」つまり持っているだけで海外旅行傷害保険が適用されるだけではなく、海外でのショッピング利用で5%もキャッシュバックが受けられるのが魅力です。

キャッシュバック率がこれほど高いカードは非常に珍しいので、海外に行く機会のある学生の方必携のカードです。

TIPS

10代は年会費無料クレジットカードで実績を積もう!

年会費無料クレジットカードは、時間はあるけれどお金はない、という10代の若者にとっての強い味方です。
クレジットカードを積極的に活用すれば、将来より条件やステータスの良いカードを持つための実績作りになります。
ポイント還元もふまえると、現金支払いよりもお得な価格で買い物ができるので、カード決済が使えるシーンでは、ぜひ積極的にクレジットカードを利用していきましょう。

学生・未成年でも持てる!海外旅行に強いクレジットカード

パスポート

18歳以上となり始めて働き始めた、アルバイトをし始めたことをきっかけに「海外旅行」に行き始める方も少なくありません。ここでは、学生や未成年でも持てる「海外旅行」に強いクレジットカードの選び方についてご紹介します。

海外旅行は、はじめてクレジットカードを持つ大きなキッカケ

10代の若者ではなくとも、海外旅行にクレジットカードを持って行くのは必須と言えます。

海外旅行は渡航日数にもよりますが、基本的に現金で全てを済ませようと思うと多額の現金を持ち歩くことになってしまい、盗難や紛失といった状況になると困ってしまいますよね。

クレジットカードを持っていれば多くの現金を持ち歩かなくても決済は可能で、ホテルでの身分証明がわりに提示を求められるシーンもあることから、海外旅行ははじめてクレジットカードを持つ大きなキッカケになります。

海外旅行に強いと聞くと、年会費が高い「ハイステータス」なカードというのが人気ですが、若者や学生でも持てるカードの中でも「海外旅行」向きのカードももちろんありますので、本記事でご紹介するカードなども参考にして上手に探してくださいね。

ANA VISA/Master学生カード

ANA VISA/Master学生カードは、学生専用のANAカードです。

マイルが貯まる航空系カードは基本的に年会費が必要なカードが多い中で、「在学期間中は年会費無料」となるため非常にお得です。

年会費は無料でも、年間100万円までのショッピングなら海外利用でも補償がきくため安心してお買い物を楽しむことができるほか、旅行傷害保険も海外旅行・国内航空で最高1,000万円までついてきます。

保険ももちろん魅力ですが、ANAの航空券が割引になる「スカイメイト割引」や店舗・車内販売での割引などANA関連のサービスを利用するのにお得なポイントが盛りだくさんです。

入会時、毎年のカード継続時にはボーナスマイルがつくため、持っているだけでもお得な、ANAをよく利用し、マイルを貯めている学生必携のカードと言えます。

セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
3,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短即日発行 

セゾン ブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、信頼性の高い「アメックスブランド」の中ではコストパフォーマンス最強の若者におすすめしたいカードです。
26歳までは年会費無料で、数少ない「タダで持てる」アメックスカードの1つです。

年会費無料のカードというと保険類は一切ついてこないものも多いですが、こちらは特に「海外旅行」で活躍する特典が多く付帯します。
例えば、海外・国内旅行傷害保険が年会費無料カードとしては破格の「3,000万円」まで付帯するほか、海外旅行の疲れた帰り道に荷物を持って帰らずに済む「空港手荷物無料宅配サービス」などがあります。

手荷物無料宅配サービスなどは一般的なゴールドカード・ヤングゴールドカード以上に付帯するサービスですので、これだけでもコスパの高さがよくわかりますね。

他の海外向け特典の一例として、海外での困りごとをサポートしてくれる「海外アシスタンスデスク」も強い味方になってくれますので、海外旅行を安心して楽しみたい方はぜひ検討してみてください。

18歳未満/中学生・高校生でカードを使いたいなら

18歳未満や中学生、高校生でもクレジットカードを使いたいと思っている方はいると思いますが、基本的に一般的なクレジットカードは18歳未満の方が発行できるものはありません。

とはいっても、借金をしないタイプのちょっと特殊なカードであれば、18歳未満でもクレジットカードのように利用可能です。

デビットカードなら15歳以上から利用できる

デビットカードは「使い方」としては一般的なクレジットカードと非常に似ており、使った金額はデビットカードと紐付けされた銀行口座から即時引き落としがされるため、借金をする必要がなく気軽に使うことができます。

発行は基本的に銀行から行われており、銀行口座を持っており、入会資格の年齢に達していれば審査なしで発行可能です。

発行元にもよりますが、最も年齢の基準がやさしいところでは、15歳以上であればデビットカードを作ることができる銀行もあります。

通常のクレジットカードと同じように「国際ブランド」が決まっているので、VISAブランドのついたデビットカードならVISAカードが使えるお店で決済可能です。

決済金額は、もちろん銀行口座に残っている金額以上は不可能で、使いすぎの心配もないため18歳以上でもクレジットカードの練習用として発行するのもいいですね。

ただし、審査もなくクレヒスも残らないため、後々クレジットカードを発行するための「実績作り」には向いていないので注意してください。

10代のフリーター、アルバイトがクレジットカード審査に落ちた場合

学生

10代のフリーター、アルバイトといった方がクレジットカードの審査に落ちた場合、多くは「実績が足りない」、「ランクの高すぎるカードに申し込んだ」などの原因が考えられます。一度審査に落ちてしまうと、さらに審査に通過するのは難しくなってしまいますので、カード選びは慎重にすることが必要です。

流通系カードが狙い目!まずは作れるカードで実績を貯めよう

10代でクレジットカードの審査に落ちてしまった方におすすめしたいのが「流通系カード」です。

流通系カードとは、スーパーマーケットやショッピングモール。家電量販店などの「流通業界」に関わる企業から発行されているクレジットカードの総称で、基本的には発行元ショップの「リピーター」を増やす目的で発行されているため、便利でお得なカードでも審査がそれほど厳しくありません。

専業主婦や若者など「お買い物をよくする」人々をターゲットにしていることが多く、10代でフリーターやアルバイトの方でも作りやすいため「ちょっと審査に自信がない時」にチャレンジする1枚としても向いています。

一度審査落ちを経験してしまうと、次に申し込むカードは絶対に落としたくないという方がほとんどだと思いますので、「審査落ちのしにくさ」と「カードとしての機能性」を両立した流通系カードは狙い目です。

楽天カード

楽天カード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜4.0% 発行日数 最短3日

楽天カードは、ネットショッピングの「楽天市場」で有名な楽天グループから発行されているクレジットカードで、年会費無料でポイント還元率が高いことから非常に人気が高く、10代でも申し込む方も少なくありません。

入会限定キャンペーン

楽天カード新規入会&利用で、もれなく5,000円相当ポイントプレゼント!+Edy機能付帯選択で500円分のEdyチャージ

流通系カードの多くは「発行元ではとてもお得」でも、汎用性はそれほど良くないというものが多い印象ですが、楽天カードはどこで利用してもポイント還元率1.0%以上、かつ貯まったポイントは共通ポイントとして「楽天市場」はもちろん、ミスタードーナツやマクドナルドなど街のお店でも1ポイント=1円として利用できるので使い道にも困りません。

ポイント提携店ではさらにお得で、カード利用のポイントだけではなくショップでのお買い物金額に応じたポイントが付与されるためポイント還元率は「2.0%」を超えることもあります。
また、「楽天市場」でカードを使うとポイント還元率が常時「4.0%以上」とほかにはない還元率が実現しますので、楽天ユーザーにとっては心強いですね。

楽天ユーザーはもちろん、一度審査に落ちてしまってもお得なカードが持ちたい方は、ぜひチャレンジしてみてください。

イオンカード

イオンカード(WAON一体型)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜2.0% 発行日数 約2週間

流通系カードのイオンカードは、年会費無料で「イオングループでお得」になるクレジットカードです。
メインのターゲットがイオンモールを利用する主婦層ですので、家族に収入があれば18歳、19歳といった未成年でも作りやすくなっています。

入会限定キャンペーン

Web限定 イオンカード 新規ご入会&ご利用キャンペーン 条件クリアで、最大6,000円相当分のときめきポイントプレゼント!

イオンカードの基本還元率は0.5%と普通ですが、毎月20日、30日にはイオングループの対象店舗でのお買い物が「5%オフ」になるなど、イオンユーザーにとっては他のカードでは得られないお得な特典が付帯しています。

10代の若者のなかには、大学入学や就職をきっかけに一人暮らしを始める方も多く、イオンモール、イオン関連のスーパーマーケットを利用する機会も増えると思いますので、イオンをよく利用する方、審査に一度落ちてしまいどのカードにしようか迷っている方にはおすすめです。

まとめ|10代・未成年でも選び方次第でお得なカードが作れる!

クレジットカードは年齢制限があるというものも存在し、10代でカードを作るのは難しいというイメージがある方もいるでしょう。
実際には、10代の若者や学生のうちに作った「初めての1枚」は長く使われるというカード業界全体の風潮があるため、各カード会社がこぞって「若者向け」のクレジットカードを発行しており、一般向けカードよりもお得で作りやすいカードも数多く存在します。

とはいっても、上手にカードを選ばなくては「年齢制限」や「属性が弱い」などの理由で審査に落とされてカードが手に入らないということも考えられますので、よく吟味した上で18歳、19歳でも作れるカードの中から自分好みのカードを見つけることが大切です。

若いうちからカードをコツコツと利用しておけば、将来的にゴールドカード、プラチナカードといったハイステータスなカードを持つための実績作りもできますので、ぜひ生活にクレジットカードを取り入れて賢く活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集