• HOME
  • 法人カード
  • 法人ゴールドカードのおすすめ3選!法人カードをゴールドにするメリットとは?

法人ゴールドカードのおすすめ3選!法人カードをゴールドにするメリットとは?

法人カード 73 view

共同経営者の男性二人

法人カードは事業を行なっている方には欠かせない便利な決済ツール。ちょっと上質なサービス・使い勝手を実現したいなら、一般カードよりも「法人ゴールドカード」がおすすめです。

今回は、おすすめの法人ゴールドカード」のほか、法人ゴールドカードを持つメリットや選び方、注意点などを網羅的に解説します。法人ゴールドカードを検討中の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

法人ゴールドカードおすすめ3選!迷ったらこの中から選ぼう

法人ゴールドカードを実際に持ってみようと思っても、どれを選んだら良いかわからない。

そんな方のために、ここではおすすめの法人ゴールドカードを3枚ご紹介します。それぞれ特徴が異なりますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

1.アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

年会費
(初年度)
31,000円+税 年会費
(2年目)
31,000円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 約1〜3週間

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードは、富裕層向けクレジットカードブランド「アメックス」が発行する、定番のビジネスゴールドカード。

年会費は一般的なゴールドカードと比較して高めの設定ではありますが、その内容ははっきり言って「プラチナカードクラス」のステータス性・サービス内容です。

入会限定キャンペーン

アメリカン ・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードご入会キャンペーン!新規入会でもれなく初年度年会費無料(31,000円相当)!利用条件クリアでメンバーシップ・リワード30,000ポイント獲得可能!

その一方で、黒字経営なら1年目でも発行できる可能性があるという「柔軟な審査」でも有名。意外にも、審査は厳しくありません。

旅行傷害保険は海外最高1億円、国内最高5,000万円の手厚さ。グルメ・サービスやエンターテイメントにも手を抜いていません。もちろん、ビジネス関連のサポートも充実しています。

まさに「最高峰の法人ゴールドカード」。手に入れたい方は、ぜひチェックを。

2.JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜1.5% 発行日数 約2週間

JCBゴールド法人カードは、老舗カードブランドかつ国内唯一の国際ブランド「JCB」が発行する王道「法人ゴールドカード」。

ゴールドカードらしいステータスと、豊富なサービス、手厚い付帯保険など「総合力の高さ」が一番の魅力です。

入会限定キャンペーン

新規ご入会でJCBギフトカードを最大10,000円分プレゼント!初年度年会費無料!さらにJCBオリジナルシリーズパートナー利用でポイント10倍!

利用限度額は最高250万円と大きく、一般カードと比較して使える幅が広がります。

付帯保険は、国内旅行傷害保険最高5,000万円、海外旅行傷害保険最高1億円と、プラチナカードクラス。さらに、ショッピング保険は最高500万円と、同じ年会費クラスの他社法人ゴールドカードの追随をゆるしません。

空港ラウンジサービスほか様々な海外旅行向け特典を利用できますので、出張にもぴったり。

バランスの良い王道法人ゴールドカードを持ちたい方に、ぴったりの1枚です。

3. オリコ 法人カード EX Gold for Biz

オリコ 法人カード EX Gold for Biz

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.45%〜0.50% 発行日数 申し込み後約1週間

オリコ 法人カード EX Gold for Bizは、法人ゴールドカードの中では破格の条件を誇る「格安法人ゴールドカード」。

なんと、年会費は初年度無料、2年目以降2,000円と、一般カードに匹敵する安さなのです。

入会限定キャンペーン

■ウェルカムキャンペーン実施中!新規ご入会&各種条件クリアでもれなく最大7,000円相当のオリコポイントプレゼント!

このカードの魅力のひとつが、高い還元率。通常は0.3%〜程度の還元率が多い法人カードですが、このカードでは0.5%〜オリコモール経由のショッピングならさらに何倍ものポイント還元が受けられます。

しかも、ゴールドカードらしい特典が多く、中でも有名かつ人気のもととなっているのが、マスターカードブランドを選択するとついてくる「MasterCard T&E Savingsダイニング by 招待日和」。

このサービスは、厳選されたレストランの所定コースを2名以上で利用すると、コース料金が1名無料になるのです。2人で利用すれば実質半額。素晴らしいですよね。

オリコ 法人カード EX Gold for Biz は、2,000円とは思えない内容の法人ゴールドカード。コスパ・お得度重視の方はぜひご検討ください。

法人ゴールドカードとは?一般法人カードと何が違う?

クレジットカードを持って心配そうな女性

法人ゴールドカードとは、端的に言えば法人カードよりも「ワンランク上」のサービスが受けられる法人カード。

もちろん、カードの種類によって一般カードとの違いは変わってきますが、よくある「違い」としては、次の通りです。

・年会費(ゴールドカードの方が高額)
・ステータス性が高い
・付帯保険が充実している
・海外出張に役立つサービスが豊富
・空港ラウンジサービス(ついていないカードもあり)
・利用限度額が高額

法人ゴールドカードにすると、年会費は高くなるものの、そのぶん「上質なサービス」が受けられる、ステータス性が高く、取引先に信頼されやすいなどの良さがありますね。

法人ゴールドカードを持つメリット

ビジネスマンとクレジットカード

法人ゴールドカードを持つメリットはカードごとに異なります。ここでは、よくある「法人ゴールドカードを持つメリット」をご紹介します。

一般カードとの比較になりますので、一般法人カードのメリットに加えてこれらの良さがあるという目線でみてくださいね。

POINT

法人ゴールドカードをもつメリット

  • 利用限度額が大きい
  • 海外旅行向けサービスが豊富
  • お得なグルメ・サービスがついてくる
  • 付帯保険が充実

メリット1.利用限度額が大きい

法人ゴールドカードは、一般カードと比較して「利用限度額の大きさ」が魅力。一般カードでは多くても100万円程度の利用限度額ですが、法人ゴールドカードでは300万円ということもあります。

事業を営んでいる方は、お仕事の内容によっては大きな「仕入れ」や「決済」が発生しますよね。備品を購入するのも全てクレジットカードにしていれば、金額は相当なものになるはずです。

利用限度額が大きければ、今まで利用限度額のせいで十分に仕入れや備品購入などができなかった方も、快適にクレジットカードを利用できるようになります。

一般カードでも共通するメリットではありますが、支払いが月に1回に集約されるので、キャッシュフローが安定しているのも魅力。

ある程度の金額までは利用限度額を気にせずに使えるのは、法人ゴールドカードの大きなメリット。利用限度額の少なさに悩んでいる方にはぴったりです。

メリット2.海外旅行向けサービスが豊富

法人ゴールドカードの傾向として、海外旅行向けのサービスが豊富という特徴があります。

例えば、空港ラウンジサービス、海外アシスタントサービス、空港での各種サービスなど、旅を快適にするサービスを多数用意しているのが「ゴールドカード」。

一般カードでは、ここまでのサービスは受けられません。

海外出張の多い事業主にとっては、これらのサービスだけで「年会費以上」の価値があるはずです。疲れた体で飛行機を待つ際に、空港ラウンジを利用できる……というのは、非常に魅力的ですよね。

海外出張が多い法人・個人事業主の方にこそ、ゴールドカードは向いていると言えるでしょう。

メリット3.お得なグルメ・サービスがついてくる

法人ゴールドカードの中には、グルメ関係の優待や大きな割引が受けられるサービスを展開しているものもあります。

有名なのは、「厳選レストランで1名分のコース料金が無料」となるサービス。

例えば1人1万円のコースを2人で利用し、このサービスを使うだけで1万円お得になりますよね。取引先との会食が何回かあれば、さらに恩恵が受けられます。

また、提携先のレストランで20%オフ、30%オフという特典がついたゴールドカードもあります。大人数の場合はそう言ったサービスに強みがあると言えるでしょう。

ビジネスには欠かせない「会食」をお得にできるサービスがついてくるのは、法人ゴールドカードの大きなメリットです。

メリット4.付帯保険が充実

法人ゴールドカードの最後の大きなメリットは、付帯保険が充実していること。

一般法人カードでも付帯保険がついてくるタイプがありますが、2,000〜3,000万円程度までです。

年会費1万円〜クラスの本格的な法人ゴールドカードなら、海外旅行傷害保険最高1億円もついてくるケースがあるのです。

最も重要な「傷害、疾病治療費」は一般カードではついていないものがある一方で、ゴールドカードなら最高300万円まで。もちろん法人ゴールドカードの種類にもよるのですが、一般カードと比較すると「高待遇」なのは事実です。

備品を購入し、予期せぬ事故や盗難などに遭ってしまった際には「ショッピング保険」で安心。

保険がしっかりしていることで、いざというときの「安心感」が得られるのは嬉しいポイントです。

事業に合った法人ゴールドカードの選び方

若くして成功した態度の大きなビジネスマン

事業に合わせて法人カードを選ぶのは基本中の基本。ですが、なんとなくゴールドカードを見ていても、どこをチェックすればよいのか迷ってしまいがちです。

ここでは、事業に合った法人ゴールドカードの「選び方」「見るべきポイント」を解説していきますね。

POINT

法人ゴールドカードの選び方・見るポイント

  • 年会費
  • ステータス性
  • 付帯保険の内容・金額
  • サービス内容
  • 発行目的に合っているか

1.年会費

年会費は、法人カード選びをする上で必ずチェックしたい項目です。

たとえ1万円の年会費でも、事業の状況によっては支払うのが厳しいこともあるため、安易に決めてしまうのは危険。大切なのは、

・支払えるかどうか
・その金額に納得がいくかどうか

の2点ですね。

どちらも満たせないのであれば、さらに金額のランクを下げたゴールドカードの検討が必要です。

幸いにも、法人ゴールドカードは2,000円〜数万円まで年会費によって様々な種類があります、現在の事業の状況にあわせて選んでくださいね。

2.ステータス性

法人ゴールドカードを選ぶなら、ステータス性も重視したいところ。せっかく「ゴールドカード」というステータス性の高いジャンルを選ぶのですから、自分の満足いくランクのカードに申し込みたいところですよね。

実は、法人カードのステータス性は、個人カードとは異なり「自己満足」にとどまりません。

どんなカードを所持しているかを取引先に知られたとき、法人ゴールドカードだと「安定して稼いでいる、付き合うのに良い法人」と見られることもあるのです。

見かけのステータス性だけではなく、実益も兼ねているのが、法人ゴールドカードのステータス。他社からどう見られているかを重視したいなら、ゴールドカードは必須と言えるでしょう。

3.付帯保険の内容・金額

法人ゴールドカードの中でも、付帯保険に力を入れているところ、そうでないところがあります。

特に付帯保険が充実しておりおすすめなのは

・JCB法人ゴールドカード
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

の2枚。いずれも、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・ショッピング保険がプラチナカードクラスなのです。

法人ゴールドカードで付帯保険をチェックする時、最高金額だけではなく「どんな内容なのか」は必ずチェックしておきたいところ。

たとえば、海外旅行に行った時に最も活用するのは「傷害・疾病治療費」ですから、その金額が200〜300万円など多めになっていると「良質な保険」と言えます。どの金額か、何にいくらついているのかをじっくり見て、ニーズにあったものを選びましょう。

もちろん、出張なんてないという場合は、旅行保険を重視しなくても大丈夫ですよ。

4.サービス内容

グルメ・サービス、エンターテイメントサービス、ビジネスサポートなど、法人ゴールドカードには「法人に嬉しい」サービスがたくさん。例えば、次のようなサービスがついてきます。

・空港ラウンジサービス
・空港での各種優待サービス
・グルメ優待サービス
・オフィス貸出優待
・経理サポート
・法務相談サポート
・備品購入サポート・優待
・チケット優待・購入サポート など

付帯するサービスはクレジットカードごとに異なります。

法人ゴールドカードを選ぶなら、どんなサービスがついているのか、自分が活用できそうかというのは見ておきましょう。

5.発行目的に合っているか

法人ゴールドカードを持つなら、自分の「発行目的」に沿っているかは一番重要視するべきです。

例えば、

・海外出張が多い
・空港ラウンジを使いたい
・付帯サービスは豊富なのが嬉しい

という条件なら、アメックスの法人ゴールドカード、もしくはJCB法人ゴールドカード。

・コストパフォーマンス重視
・でもグルメ・サービスはついていてほしい
・年会費はあまり支払いたくない

という条件なら、オリコ EXGold for Bizがぴったり。……といったように、目的によって「合う」カードは異なります。法人として、クレジットカードに何を求めるかをはっきりさせた上でカード選びをするとスムーズです。

法人ゴールドカードを持つ際に注意したいこと

考え事をしているビジネスマン

法人ゴールドカードを持つ際に注意したいことは、次の3つです。申し込みの前に、一度確認してみましょう。

POINT

法人ゴールドカードを持つ際に注意したいこと

  • 年会費と内容のバランスは良いか
  • 審査に通るか
  • 宝の持ち腐れにならないか

1.年会費と内容のバランスは良いか

年会費と年会費の内容で「バランス」が取れているか、申し込み前に確認しておきたいところです。

いくらいいサービスでも、自分が活用できない内容が多ければ「割高の年会費」となってしまいます。よって、どんなサービスがついているかよりも、「実際に使えるサービスはなにか、年会費に見合っているか」を見るべきと言えるでしょう。

実際に使っているところをイメージして、コストパフォーマンスがどれくらいかを考えてくださいね。

2.審査に通るか

法人ゴールドカードは、法人一般カードよりも一般的に審査は厳しめです。よく耳にするのが、設立3年以降、2期以上の黒字決済でないと審査が通らない……という条件。

とはいうものの、法人ゴールドカードの中でも「アメックス法人ゴールドカード」のように、黒字であれば設立間もない企業でもOKな柔軟な審査を採用しているカードもあります。

審査が心配であれば、そういったカードに申し込むようにしましょう。

3.宝の持ち腐れにならないか

せっかくの法人ゴールドカードでも、持っているだけで良さを活かせなければ意味がありません。

年会費が高額なだけで、一般法人カードとやっていることは変わらない……というのであれば、はっきり言って「宝の持ち腐れ」です。一般法人カードで十分でしょう。

申し込む前に、本当に事業に活かせるのか、ただ高い年会費を支払うだけにならないか、確認してくださいね。

法人ゴールドカードはワンランク上のメリット多数!うまく事業に活かそう

法人ゴールドカードは、一般ゴールドカードと比較して「ワンランク上のサービス・付帯保険」が特徴。

利用限度額も高いため、事業が安定して大きくなってきた時にはぜひ持ちたいクレジットカードです。

一般カードとの主な違い・メリットは次の通り。

・ステータス性が高い
・付帯保険が充実している
・海外出張に役立つサービスが豊富
・空港ラウンジサービス(ついていないカードもあり)
・利用限度額が高額

一方で年会費が高くなるデメリットはありますが、内容に納得していれば問題はありません。少しでも興味がある方は、初年度年会費無料で「おためし」できる法人ゴールドカードもありますので、ぜひ申し込んで良さを体験してみましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内