• HOME
  • 法人カード
  • 空港ラウンジが使える法人カードは?メリットと注意点

空港ラウンジが使える法人カードは?メリットと注意点

法人カード 更新:2018年8月10日 公開:2018年1月4日211 view

空港ラウンジ

ランクの高いクレジットカードのサービスとしてよく挙げられる「空港ラウンジ」の利用サービスは、出張に頻繁に出かける方にとっては嬉しいサービスです。
今回は、一部の法人カードにも付帯する「空港ラウンジ」の利用サービスについて、ラウンジの種類やメリット、注意点などを解説します。
出張でラウンジ利用をしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてください。

法人カードに付帯する「空港ラウンジ」サービスとは?

ビジネスでの出張時に、空港で搭乗までの待ち時間が長く、ついつい無駄に過ごしてしまうことはないでしょうか。
法人カードはじめ、クレジットカードの上級特典としてよく挙げられる「空港ラウンジ」の無料利用サービスは、そういった「スキマ時間」を有効に活用できる便利なサービスです。

空港ラウンジでは、もちろんラウンジの種類によってサービスに差はありますが、ソフトドリンクやアルコール類のサービスをはじめ、軽食やお菓子の提供がされており、さらに無料のWi-Fi、場所によってはシャワールームまで完備しています。
多くのラウンジではパソコンを操作したり、ゆっくり読書をしたりするための仕切られたデスクブースが設けられており、うまく使えば待ち時間でも効率よく仕事を進められます。

使い方は簡単!搭乗券とカードを提示するだけ

空港ラウンジは、空港内にあるラウンジ全般を指しますが、保安検査場を抜けた先にあるラウンジと、保安検査を受ける前でも使えるラウンジとがあります。

後者は搭乗券などを提示しなくても入れる位置に存在するので勘違いしてしまいがちですが、基本的にどこの空港ラウンジであっても「当日に飛行機に乗る」という条件が必要ですので、搭乗券の提示が必要です。

持っている法人カードで使える空港ラウンジを利用したい場合は、当日の搭乗券と法人カード(もしくは法人カード付帯のプライオリティパス)を提示すれば入室ができます。

中には、カードを持っていなくてもお金さえ支払えば利用できる空港ラウンジもありますので、もしカードに付帯のサービスで使えないラウンジだった場合は、お金を支払って入れるかを確認してみましょう。

法人カードで使える空港ラウンジには大まかに「2種類」ある

法人カードで使える空港ラウンジの種類には、大まかに2種類あります。

POINT

  • 空港運営のラウンジ
  • 航空会社のラウンジ

空港運営のラウンジ

法人カードで利用できる空港ラウンジのほとんどが、この「空港運営」のラウンジです。

空港が直接運営するラウンジには、クレジットカード会社と提携したいわゆる「カードラウンジ」、旅行会社と提携したラウンジ、もしくは空港にとってのVIPをもてなすプレミアムラウンジなどの種類がありますが、基本的に法人カードの特典で利用できるのは「カードラウンジ」です。

カードラウンジは、ゴールドカード以上のカード会員向けに提供されているラウンジで、一つのカード会社が独占提供しているケースもまれにありますが、いくつかのカード会社が合同で運営しているラウンジの方が多くあります。

ここでのサービスは、ソフトドリンクや軽食、ビジネスに役立つデスクやWi-Fi無料など、空港ラウンジの最低ラインのサービスは提供されていますが、ラウンジの種類によって提供サービスの内容は大きく異なります。

航空会社のラウンジ

空港会社の提供するラウンジの多くは、ビジネスクラスやファーストクラス、マイレージの上級会員向けに提供されているいわゆる「VIPラウンジ」です。

こうしたラウンジは基本的に法人カードに付帯するサービスでは利用できません。
ハイクラスの座席や上級会員でなくとも利用するには、予約してお金を支払うか、もしくは法人カードの種類によっては、こういったVIPラウンジに一部対応しているケースもあります。

また、プラチナカード以上によく付帯する「プライオリティパス」というサービスを利用すれば、一部の航空会社のラウンジも利用できることもあるので、基本的にはカードの付帯サービスとして提供はされていないものの、特殊な法人カード、もしくはプライオリティパスと提携しているラウンジなら入れる可能性があるというように理解しておいてくださいね。

法人カード付帯の「空港ラウンジ」のメリット

審査

法人カード、とくにゴールドカード以上の法人カードには、空港ラウンジを無料で利用できるサービスが付帯するケースが多いですが、ここではそんな空港ラウンジを利用できる「メリット」を解説します。

POINT

空港ラウンジのメリット

  • 搭乗までの待ち時間をゆったりと過ごせる
  • 小腹や喉の渇きをリラックスして満たせる
  • 無料でWi-Fi、デスクの利用などビジネスに役立つサービスがある

1.搭乗までの待ち時間をゆったりと過ごせる

空港ラウンジの一番のメリットは、搭乗までの待ち時間をゆったりと落ち着いて過ごせることです。
ラウンジサービスが利用できないと、ベンチやカフェなどのあまり落ち着かない場所で時間を過ごすことになってしまい、時間を無駄にしてしまうこともありますよね。

急な出発の遅れがあったとしても、普通なら時間を潰す方法をあれこれ考えるところですが、空港ラウンジの利用権があればそこで待てばいいので安心です。

保安検査場を通ってしまったあとは、空港ラウンジを利用しなければそれほどくつろげる場所が少ないので、いざという時も役立ちます。

2.小腹や喉の渇きをリラックスして満たせる

空港ラウンジでは、ソフトドリンクやアルコール類の提供、おにぎりやサンドウィッチ、スナック菓子などの軽食サービスを提供しているところが多くあります。

中には、ドリンク一杯目が無料でそれ以降は有料、というところもありますが、無制限で食べ放題飲み放題となっているラウンジもあり、搭乗前に少し小腹を満たしておきたいという時には「無料」で使えるのは嬉しいですよね。

保管検査場を通過してしまった後は、ラウンジなどを利用しなければなかなかくつろいでお腹を満たせる場所を確保するのが難しいこともあります。
出張費削減という意味でも、この軽食・ドリンクサービスはありがたいと言えます。

3.無料でWi-Fi、デスクの利用などビジネスに役立つサービスがある

法人カードの付帯サービスとしての空港ラウンジサービスは、個人向けカードでは「くつろいで過ごすこと」ができるのがメリットと捉えられますが、実はスキマ時間に仕事をするのにもってこいの空間です。

それほど格の高くないラウンジであっても、ビジネスコーナーは用意されていることも多く、間仕切りのあるデスクや無料Wi-Fi、新聞などが無料で利用・閲覧できます。

出張時には移動などで時間がかかってしまい、貴重な仕事時間が奪われてしまいますが、空港ラウンジを活用して、落ち着いた環境で仕事を進められるのはビジネスマンにとって大きなメリットです。

最強の空港ラウンジサービス「プライオリティパス」

先の解説でも触れた「プライオリティパス」ですが、このサービスは特定のクレジットカード会社が提供する空港ラウンジサービスではなく、VIPな空港ラウンジを中心に世界130ヵ国1,000ヵ所以上の空港ラウンジと提携したラウンジサービスで、この会員権をクレジットカード会社が取得し、カードの特典として与えているものです。

年会費はスタンダード会員の99米ドルからプレステージ会員の399米ドルまで幅がありますが、プラチナカード以上の法人カードには「プレステージ会員」相当の資格がついているケースが多く、希望があれば無料で会員証の発行が行われ、利用できます。

プライオリティパスで利用できる空港ラウンジの多くはゴールドカード以上のクレジットカードで利用できるいわゆる「カードラウンジ」よりもラグジュアリーなラウンジが用意されていることが多く、特に海外出張が多い法人なら使って損はありません。
カードの中には年会費がプライオリティパスの年会費以下でも「プライオリティパス」の権利がついているものもありますので、空港ラウンジを積極利用したい方はそういったカードが狙い目です。

法人カードで空港ラウンジを利用する注意点

法人カードの付帯特典で空港ラウンジを利用する際は、気をつけておきたいことが3つあります。

POINT

法人カードで空港ラウンジ利用時の注意点

  • 使えるラウンジかどうかを確認する
  • 同行者の費用の有無
  • 場合によっては入室を断られるケースも!

1.使えるラウンジかどうかを確認する

法人カードのうち、ゴールドカード以上のカードであればほとんどがいずれかの空港ラウンジの利用権が付帯する、もしくはプライオリティパスが付帯します。

ただし、法人カードの種類によって、どこの空港ラウンジが使えるかは異なり、ラウンジを利用する前に対象かどうかを確認しておく必要があります。

万が一、確認せずに保安検査場を通ってしまい、そのあとにラウンジでゆっくりするつもりがあっても、対象のラウンジがなければ手持ち無沙汰になってしまいますよね。

そういったことのないように、事前に対象かそうでないかは知った上で、同じ空港内に対象となるラウンジが複数ある場合もありますので、利用するラウンジを選んでおきましょう。

ちなみに、カードにはじめから付帯する空港ラウンジの利用権のほとんどが「国内」の空港ですので、海外旅行に頻繁にいくのであれば「プライオリティパス」が付帯するカードを選ぶか、独自に多数の空港ラウンジが利用できる仕様になっている「ダイナースクラブカード」の法人カードを選びましょう。

2.同行者の費用の有無

法人カードの指定空港ラウンジは、同行者が1名まで無料扱いになるものもありますが、カード所有者および家族カード会員のみが対象で、同行者は使用料金を支払わなくてはいけないというケースもあります。

同行者も無料と思い込んでラウンジに向かい、フライト前で現金を使ってしまい同行者の利用料が支払えなかった、というミスを起こさないよう、同行者は何人まで無料か、無料でなければいくら必要かを確認しておく必要があります。

3.場合によっては入室を断られるケースも!

法人カードに付帯する特典として空港ラウンジを利用しようとしたとき、場合によっては入室を断られるケースがあります。

というのは、やはりラウンジの定員には限りがありますので、利用者が重なり、混雑している場合もあるからです。
特に、プライオリティパスで利用できるVIPラウンジのなかには、航空会社の上級会員やハイクラスの座席の方を優先するため、日によっては「プライオリティパスでの入室お断り」とされることもあります。

また、入室制限はされなくても、プライオリティパスで利用できる時間帯が決まっているケースもありますので、臨機応変に対応できるよう、万が一断られた際にどのように時間を過ごすかを考えておいた方が良いでしょう。

空港ラウンジに強いおすすめ法人カード3選

空港ラウンジが使える法人カードがたくさんある中で、どのカードが良いか分からないという方向けに、空港ラウンジに強いおすすめの法人カードを3枚ご紹介いたします。

1.セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
20,000円+税 年会費
(2年目)
20,000円+税
還元率 0.5%〜1.0%  発行日数 最短3営業日

セゾン プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンカードから発行されているプラチナ法人カードで、年会費は20,000円(税抜)です。

このカードの特徴は、マイルが貯めやすくプラチナカードとしてのコストパフォーマンスが非常に高いことで、なんとこの年会費で「プライオリティパス」のプレステージ会員権が付帯します。

入会限定キャンペーン

新規ご入会キャンペーン!お申し込み、カード発行で永久不滅ポイント1,600ポイント(8,000円相当)プレゼント!


また、プラチナカードということで、国内の主要空港ラウンジはもちろん、海外の一部空港ラウンジを利用できる権利もついており、国内外で出張が多い場合は活躍間違いなしです。

プラチナカードならではの「コンシェルュサービス」もついてくるので、出張のチケット手配や宿泊先の確保など、ビジネスシーンで助けられることも多いでしょう。

2.楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、大手通販の「楽天」から発行されている法人カードで、年会費は2,000円(税抜)ですが、楽天プレミアムカード(年会費10,000円+税)の追加カードという位置付けでのみ発行可能です。

そのため、楽天ビジネスカード単体での発行ができませんが、両方合わせても年会費が税抜き12,000円とそれほど高くならない上、プライオリティパスのプレステージ会員権まで付帯するので驚きです。

楽天ビジネスカードの一番の特徴が、プライオリティパスが付帯するカード群の中で最安値という点で、この特典だけが目的でカード発行に至る方がいるほどです。

基本的には楽天プレミアムカードにビジネス関連のサービスが付帯する形になりますので、楽天ユーザーはもちろん、単純に安くプライオリティパスwp手に入れたい方向けのカードです。

3.ライフカードビジネスライト ゴールドカード(法人カード)

ライフカードビジネスライト ゴールドカード(法人カード)は、ライフカードの個人事業主向けビジネスカードです。決算書不要で開業したての方も申し込めるのが特徴です。

というのは、このクレジットカードは法人そのものの信用ではなく、法人代表者・個人事業主の信用を審査して発行するビジネスカードだからです。会社設立後まもない方でも申し込めるため、空港ラウンジサービスが利用できる法人カードが欲しい、という個人事業主、ベンチャー企業経営者にぴったりの1枚となっています。

ライフカードビジネスライト ゴールドカード(法人カード)

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5% 発行日数 最短4営業日

ライフカードビジネスライト ゴールドカード(法人カード)は、空港ラウンジサービスが利用できるビジネスカード。審査書類は本人確認資料のみ。最高1億円という高額の海外旅行保険のほか、家族特約も付いているので、フリーランス、副業の方にもおすすめです。

まとめ|海外出張が多いなら空港ラウンジに強い法人カードを!

法人カードの中でも、ゴールドカードやプラチナカードというステータス性の高いカードになってくると「空港ラウンジ」が無料で利用できるというサービスが付帯します。

空港ラウンジを利用することで、フライトまでの待ち時間でも仕事を進められるなど有意義に過ごすことができるメリットがあり、忙しいビジネスマンにはぴったりです。

空港ラウンジのサービスで使えるラウンジは、法人カードの種類によって異なりますが、海外出張時に空港ラウンジを使いたいと考えているなら「プライオリティパス」が付帯するか、海外のラウンジに強いカードを選びましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集