海外でApple Pay を使う!クレジットカード選びと使い方の注意点

電子マネー決済

Apple Payは様々な電子マネーに対応しており、日本国内で利用するのも非常に便利です。そんなApple Payですが、クレジットカードとお店さえ選べば、海外でもしっかりと決済が利用できるのはご存知でしょうか。

今回は、海外でのApple Payの利用について、使い方や注意点、おすすめクレジットカードなどを解説していきます。

海外でもApple Payを気軽に使いたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

そもそも、海外でApple Payは使えるの?使える理由は?

そもそも、海外でApple Payは使えるの? と言う疑問があると思いますが、問題なく「使えます」。

対応端末は以下の通り。

・iPhone 7 / 7 Plus
・iPhone 8 / 8 Plus
・iPhone X
・Apple Watch Series 2、3

OSはiOS 11.0以降が必須条件です。

日本と海外では、Apple Pay決済にクレジットカードが「どう扱われるのか」が異なります。

・日本……iD、QUICPayなど電子マネー扱い
・海外……MasterCard、JCBコンタクトレス決済など「クレジットカードの非接触式決済機能」として扱われる

日本で普及している電子マネーは海外で使えませんが、Apple Payは「クレジットカードのコンタクトレス決済」、つまり海外式の決済に対応しているから使える、ということですね。

Apple Payは日本と海外で、同じクレジットカードを使うときでも「使い分け」されるため、どちらでも使えるのです。賢いですね。

Apple Payに登録したカードが海外で使えるか判断する方法

Apple Payに登録したクレジットカードが海外で使えるかどうかは、Walletアプリに登録されたクレジットカードのカード管理画面を確認すればわかります。

カード管理画面に、電子マネーの種類だけではなく「国際ブランド」も表示されていれば、そのクレジットカードでは「Apple Payによるコンタクトレス決済」が利用できます。

基本的にApple Payで海外のコンタクトレス決済を利用できるのは、以下の3ブランドのみ。VISAは非対応です。

・JCB
・MasterCard
・アメリカン・エキスプレス

中でも、最も普及しているのはMasterCardのコンタクトレス決済。アメリカを中心として、世界68カ国、300万店舗以上で利用可能です。

海外でのApple Pay利用目的で選ぶなら、MasterCardブランドのカードが使いやすいでしょう。

海外でApple Payを使う方法

青空と飛行機

海外でApple Payを使う方法は、かんたん。日本での電子マネー決済と同様に、決済時に「Apple Pay」と伝え、コンタクトレス決済の端末にかざすだけです。

POINT

海外でApple Payを利用する手順

  • Apple Payまたはコンタクトレス決済と伝える
  • 決済端末にiPhoneをかざす
  • 決済音が鳴ったら支払い完了

ちなみに、Apple Payに対応しているお店がある国は、Apple公式ページによると、以下の通り。

Apple Payの対応地域
<アジア太平洋地域>
オーストラリア
中国本土*
香港
日本
カザフスタン
ニュージーランド
シンガポール

台湾

<ヨーロッパ>
オーストリア
ベルギー
ブルガリア
クロアチア
キプロス
チェコ共和国
デンマーク
エストニア
フィンランド
フランス
ドイツ
ギリシャ
グリーンランド
ガーンジー
ハンガリー
アイスランド
アイルランド
マン島
イタリア
ジャージー
ラトビア
リヒテンシュタイン
リトアニア
ルクセンブルグ
マルタ
モナコ
オランダ
ノルウェー
ポーランド
ポルトガル
ルーマニア
ロシア
サンマリノ
スロバキア
スロベニア
スペイン
スウェーデン
スイス
ウクライナ
英国
バチカン市国

<中南米、カリブ>
ブラジル

<中東>
サウジアラビア
アラブ首長国連邦

<北米>
カナダ
米国

引用元:https://support.apple.com/ja-jp/HT207957

海外でApple Payを利用する方におすすめのクレジットカード

海外でApple Payを利用する方におすすめのクレジットカードを、利用できる国際ブランド(MasterCard、JCB、アメックス)別にご紹介します。

1.dカード

dカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜5.0% 発行日数 最短5営業日

dカードは、ドコモが発行するクレジットカード。MasterCardブランド、VISAブランドが選べます。

Apple Pay利用の場合は、MasterCardを選ばないと使えませんので、ここはMastercardを選びましょう。

入会限定キャンペーン

入会&エントリー&ご利用でもれなく最大8,000円相当プレゼント

dカードは、日本国内では「iD」、海外では「Mastercardコンタクトレス」として利用できます。

さらに、海外旅行でも安心の「ショッピング保険」や旅のサポートデスク「VJデスク」といったサービスまでついています。

年会費も、年に1回でも利用すれば無料。気軽に海外で使えるお得なクレジットカードが欲しい方におすすめです。

2.JCB CARD W/ Wplus L

JCB CARD W / W plus L

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%~ 発行日数 最短3営業日

JCB CARD W/ Wplus Lは、国際ブランドJCBが発行するコストパフォーマンス最強のクレジットカード。

当然、Apple Payでの利用ができます。日本では「QUICPay」、海外では「JCBコンタクトレス」として決済されるのが特徴。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大14,000円分プレゼント! キャンペーン参加の上、JCBでスマホ決済すれば全員に20%キャッシュバック!JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スマリボ登録&利用でポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!初年度年会費無料!

海外旅行傷害保険、海外ショッピング保険など「海外での安心」につながる特典のほか、JCB独自の旅のタポートデスク「JCBプラザ」が世界各地にあるのも見逃せないポイントです。

海外旅行を快適に過ごしたいなら、ぜひJCBカードを検討してみましょう。ただし、コンタクトレス決済が利用できる場所はMastercardに劣りますので、サブカードとして持つのがいいですね。

3.アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

年会費
(初年度)
12,000円+税 年会費
(2年目)
12,000円+税
還元率 0.4%〜1.0% 発行日数 最短15営業日

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)は、富裕層向けクレジットカードブランド「アメックス」が発行する、サービス力の高いクレジットカード。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・カードご入会キャンペーン!新規入会&利用条件クリアで合計18,000ポイント獲得可能(カードご利用180万円相当分)

Apple Payでは、以下のように決済で利用できます。

・日本……QUICPay
・海外……アメリカンエキスプレスコンタクトレス

年会費はご紹介した他の2枚とは桁違いの「1万円越え」ですが、中身はゴールドカード以上。

海外旅行障害保険や海外ショッピング保険のほか、海外旅行・フライトに役立つサービスがたくさんついています。

海外旅行でちょっとした贅沢なサービスを使ってみたい方、サービス豊富なクレジットカードを持ちたい方向けの1枚です。

海外でApple Payを利用したい!クレジットカード選びのポイントは?

クレジットカードを見せつける女性

海外でApple Payを利用したいなら、クレジットカード選びは大切。選び方を間違えると、そもそも海外で使えない……ということにもなりかねません。

Apple Payを海外で使いたい時のクレジットカード選びのポイントは、以下の通りです。

POINT

クレジットカード選びのポイント(海外でApple Payを利用するなら)

  • そもそもApple Payに対応しているクレジットカードか
  • 国際ブランドは海外決済対応か
  • 海外で役立つサービスがついているか

1.そもそもApple Payに対応しているクレジットカードか

Apple Payに対応しているクレジットカードは、カード会社や種類によって異なります。

中には、せっかく取得したのにApple Payに対応していなかったというケースも。基本的に、Apple Payに対応しているカード会社は、Apple公式ページより引用すると次の通りです。

Apple Payに対応しているカード会社・銀行
・イオンフィナンシャルサービス
・秋田国際カード
・秋田ジェーシービーカード
・American Express
・アプラス
・セディナ
・ちばぎんジェーシービーカード
・中部しんきんカード
・中国しんきんカード
・中京カード *
・クレディセゾン
・第四ジェーシービーカード
・大和ハウスフィナンシャル
・道銀カード *
・東日本旅客鉄道
・愛媛ジェーシービー
・エポスカード
・フィデアカード *
・福井カード *
・東日本銀ジェーシービーカード
・肥銀カード *
・ひろぎんカードサービス *
・北陸カード *
・百五カード
・出光クレジット
・ジャックス
・ゆうちょ銀行 *
・JCB
・JFR カード *
・十八カード *
・十六カード *
・鹿児島カード *
・KDDI (au WALLET カード)
・近畿しんきんカード *
・きらぼし JCB *
・きらやかカード *
・高知カード *
・京銀カードサービス *
・九州しんきんカード *
・ローソン銀行
・ライフカード
・メルペイ
・みちのくカード *
・みなとカード *
・三菱 UFJ ニコス ***
・宮銀カード *
・もみじカード *
・むさしのカード *
・名古屋カード *
・名古屋エム・シーカード *
・南都カードサービス *
・北洋銀行 *
・NTT ドコモ (dカード)
・OKB ペイメントプラット
・おきぎんジェーシービー
・オリエントコーポレーション
・ペルソナ *
・ポケットカード
・楽天カード
・りそなカード
・札幌北洋カード *
・SB ペイメントサービス
・住信 SBI ネット銀行
・池田泉州 JCB
・池田泉州 VC *
・セブン・カードサービス *
・セブン CS カードサービス
・四国しんきんカード *
・しんきんカード *
・静銀セゾンカード
・商工中金カード *
・三井住友銀行 *
・三井住友カード
・三井住友トラスト・カード *
・スルガカード *
・たいこうカード
・髙島屋クレジット
・百十四ジェーシービーカード
・七十七カード *
・秋田銀行 *
・青森銀行 *
・足利銀行 *
・阿波銀カード *
・福岡銀行 *
・京都銀行 *
・佐賀銀行 *
・横浜銀行 *
・千葉銀行 *
・筑邦銀行 *
・中銀カード (JCB カードのみ)
・中国銀行 *
・第四銀行 *
・大東クレジットサービス *
・FFG カード *
・福井銀行 *
・群銀カード *
・群馬銀行 *
・広島銀行 *
・北國銀行 *
・北国クレジットサービス *
・北越カード *
・北都銀行 *
・百十四銀行 **
・いわぎんクレジットサービス
・伊予銀行 **
・常陽銀行 *
・関西クレジット・サービス *
・京葉銀カード *
・紀陽カード *
・九州カード *
・三重銀カード *
・大分カード *
・山陰合同銀行
・しがぎんジェーシービー
・四国銀行 *
・清水リース&カード
・静岡銀行 *
・荘内銀行 *
・但馬銀行 *
・とちぎんカード・サービス *
・東邦銀行 *
・東邦クレジットサービス *
・東京都民銀行
・やまぎんカードサービス *
・山口銀行 *
・東邦カード *
・東北ジェーシービーカード
・東北しんきんカード *
・東京クレジットサービス *
・トモニカード *
・とりぎんカードサービス *
・東和カード *
・トヨタファイナンス
・筑波銀行 *
・ユーシーカード (クレディ・セゾンカードのみ)
・UCS
・ビューカード
・西日本旅客鉄道 (J-WEST カード)
・やまぎんカード **
・ワイジェイカード
・ゆめカード

* UC カードと American Express (アメリカン・エキスプレス) カードは Apple Pay に対応していません。

** DC カード、UC カード、American Express (アメリカン・エキスプレス) カードは Apple Pay に対応していません。

*** JCB カードと American Express (アメリカン・エキスプレス) カードは Apple Pay に対応していません。

引用元:https://support.apple.com/ja-jp/HT206638

ここに記載してあるカード会社でも、種類によってApple Pay対応でないこともあるようですので、不安な場合は一度申し込み前にカード会社に相談しましょう。

ちなみに、今回ご紹介した3枚は確実に使えますので、ご安心くださいね。

2.国際ブランドは海外決済対応か

クレジットカードについている「国際ブランド」が海外決済に対応しているかどうか、というのは重要な項目です。

VISAはそもそも海外でのApple Pay利用に対応していません。VISAのコンタクトレス決済サービスがあるにはあるのですが、「独自に発展させたい」ため、Apple Payとは提携しない方針のようです。

国際ブランドはJCB、Mastercard、アメリカン・エキスプレスから選ぶようにしましょう。

3.海外で役立つサービスがついているか

海外で役立つ、

・海外旅行傷害保険
・ショッピング保険
・海外サポートサービス

などがついているかどうかで、海外旅行の安心感・快適さは変わります。複数のクレジットカードで迷った時は、より自分にとって「海外旅行に良いサービス」がついているカードを選ぶのもいいでしょう。

海外でApple Payを利用するメリット。クレジットカードよりも安全

海外でApple Payを利用するメリットは、3つあります。それぞれについて解説します。

POINT

海外でApple Payを利用するメリット

  • クレジットカード情報がお店にバレない
  • 少額決済で気軽に使える
  • 現金を持ち歩く量が減る

1.クレジットカード情報がお店にバレない

クレジットカードで普通に決済すると、カードの番号がお店に知られてしまいます。

Apple Payの場合は、クレジットカード番号をさらに暗号化しているので、お店の決済端末にカード情報(カード番号など)は伝わりません。よって、悪用もされません。

治安が日本よりも悪いケースが多い海外だからこそ、安全なApple Payを活用していきたいところですね。

2.少額決済で気軽に使える

日本人の感覚として、なんとなく少額決済でクレジットカードを使うのは気が引ける……ということがないでしょうか。

Apple Payなら、電子マネー感覚で簡単に決済が可能です。少額決済でも気がひけることはありません。

3.現金を持ち歩く量が減る

海外旅行では、盗難・スリの被害にある可能性があるため、できるだけ現金はたくさん持ち歩きたくないですよね。

Apple Payをうまく活用すれば、現金いらずで買い物可能な場所がぐっと増えます。

たくさんの現金を持ち歩かず、安全に海外旅行するにもApple Payは便利です。

海外でApple Payを利用する際の注意点

考え事をしているビジネスマン

海外でApple Payを利用する際は、次のことに注意しましょう。

POINT

海外でApple Pay利用時の注意点

  • コンタクトレス決済が使えないクレジットカードがある
  • VISAブランドはApple Payに対応していない
  • 盗難被害にあう可能性も。現金も少しは持っていこう

1.コンタクトレス決済が使えないクレジットカードがある

記事中でなんども解説していることですが、そもそもApple Payに登録できなかったり、登録できても海外で使えなかったりするクレジットカードがあります。

発行前に、

・Apple Payで使えるのか
・国際ブランドはJCB、Mastercard、アメリカン・エキスプレスか

という点をチェックしておきましょう。

2.VISAブランドはApple Payの海外決済に対応していない

VISAブランドは、そもそもApple Payの海外決済に対応していません。

非常に普及しており、Apple Payに登録している方も多いとは思いますが、海外でのApple Pay決済には対応していないことを覚えておきましょう。

その代わり、VISAクレジットカードそのものを持っていれば、VISAのコンタクトレス決済が直接利用できますよ。

3.盗難被害にあう可能性も。現金も少しは持っていこう

海外では、スマホは財布と同様に狙われやすい商品です。せっかくApple Payを設定していっても、盗まれてしまう可能性は否定できません。

そういった事態に対応するためにも、Apple Payやクレジットカードだけではなく、現金も少しは用意しておくようにしましょう。

もしスマホが盗まれなくても、チップの支払いなどで利用可能ですから、持っている価値はあります。

Apple Payを海外で利用するなら「クレジットカード選び」が大切

Apple Payは、日本国内では電子マネー決済の手段としてとても便利ですよね。

海外でも、登録した同じクレジットカードを使って「コンタクトレス決済」に利用できるケースがあります。対応している国際ブランドは、以下の通り。

・Mastercard
・JCB
・アメリカン・エキスプレス

セキュリティのしっかりしているApple Payは、海外でも便利・安全です。

ぜひ、自分のお気に入りカードを登録して、海外旅行をより快適なものにしましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内