Apple Pay に家族のクレジットカードは登録できる?

スマホとクレジットカード二枚

Apple Payに家族のクレジットカードを登録できれば、支払い方法の幅が広がります。今回は、

・Apple Payに家族名義のクレジットカードを登録できるのか
・Apple Payに自分名義の家族カードを登録できるのか
・家族名義のクレジットカードをApple Payに使って良いのか

などを解説していきます。

家族のクレジットカード、もしくは自分名義の家族カードを登録しようと考えている方は、参考にしてくださいね。

Apple Payに家族のクレジットカードは登録「できる」

Apple Payに家族名義のクレジットカードが登録できるかというと、結論から言うと、可能です。

iPhoneに登録してある名義と、クレジットカードの名義が異なっても問題なく登録できてしまいます。

よって、家族のクレジットカードをApple Payを使って共有することは可能。支払いをまとめられます。

1枚のクレジットカードで2台以上のiPhoneに登録可能

では、すでに家族が自分のApple Payにクレジットカードを登録していた場合どうなるかというと、こちらも問題なく登録できます。1枚のクレジットカードで、複数のApple Payに登録できる仕様になっているようです。

便利ではありますが、自分名義意外のクレジットカードを登録できてしまう……というのはセキュリティ面が弱く、心配ではありますね。

家族のクレジットカードをApple Payに登録するのはルール違反

マルバツマーク

家族名義のクレジットカードを自分のApple Payに登録できるのは事実ですが、この使い方はクレジットカード会社からすると「ルール違反」です。たとえ家族であっても、名義と異なる人がクレジットカードを利用するのは規約上、いけません。

わかりやすいイメージで言えば、「他人名義で勝手に借金をしている」のと同じですからね。

よって、登録できてしまう状態ではあるものの、自分名義ではないクレジットカードをApple Payに登録し、利用するというのはやめておきましょう。最悪の場合、クレジットカードが利用停止となってしまう可能性があります。

Apple Payを登録するのであれば、しっかりと「自分名義」のクレジットカードを準備してくださいね。

Apple Payを家族に使わせたいなら「家族カード」がおすすめ

大手クレジットカード会社JCB公式サイトでは、「家族はApple Payを利用できますか」という質問に対して、次のように回答しています。

家族カードをお持ちの場合、ご家族が保有するiPhone、Apple Watchなどの対象デバイスに家族カードを追加することができます。家族カードがApple Payに追加されましたら、本会員の方宛に郵送で登録確定のご案内をお送りします。

引用元:https://www.jcb.co.jp/ordercard/add/apple-pay/faq.html

これは、端的に言えば「家族に使わせたければ、その家族名義の家族カードを準備しましょう」ということと同義です。他のクレジットカード会社でも、規約上は「名義人以外は使ってはいけない」ことになっているため、同じ回答が得られるはず。

Apple Payを家族に使わせたいのであれば、名義の違うクレジットカードを登録してルール違反をさせるのではなく、その家族名義の家族カードを作れば良いのです。

本会員としてカードを作るよりもお得に作れるケースが多いため、Apple Pay目的で発行するだけでもおすすめですよ。

家族カードの良いところは、誰が、いつ、いくら使ったのか、何に使ったのかが一目瞭然というところ。本会員なら、利用履歴をすべてチェックできます。

自分のカードを家族に使わせてしまうと、自分が使ったのか、家族が使ったのかがわからなくなりがち。家族カードを使うことで「線引き」がしっかりできるのも、Apple Payに家族カードを登録する「オススメポイント」です。

家族がApple Payを使うのにおすすめのクレジットカード

家族がApple Payを使うとなった時、親カードとしておすすめなのは次の3種類です。いずれも、家族カードが1枚目無料、かつ様々な特典・優待が受けられます。

国際ブランドVISA、MasterCard、JCBでおすすめのカードをそれぞれ1枚ずつご紹介していきますね。

1.JCBゴールド

JCBゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け※JCBゴールドの通常デザイン/WEB限定デザインのみ、最短翌日お届けの対象となります。

JCBゴールドは、JCBカードが発行するゴールドカード。国際ブランドは、当然ながらJCBです。

年会費は少々高めではありますが、クレジットカードとしての総合力が高く、付帯保険・特典などが充実しています。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大16,000円分プレゼント! キャンペーン参加の上、JCBでスマホ決済すれば全員に20%キャッシュバック!JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スマリボ登録&利用でポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!

王道ゴールドカードのスペックを持っているにもかかわらず、なんと家族カードは1枚目無料。格安で作れるのがメリットです。

もちろん、Apple Payにも対応しておりますので、家族カードを発行した方は、ぜひ一度検討してみてくださいね。

2.dカードゴールド

dカード GOLD

年会費
(初年度)
10,000円+税 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 1.00%〜10.0%  発行日数 最短5営業日

dカードゴールドは、ドコモが発行しているハイスペックなゴールドカード。ドコモユーザーにとっては利用価値が非常に高くおすすめですが、実はそれ以外の方にとってもお得なカードなのです。

付帯保険が充実しているほか、各種優待や高いポイント還元率など、魅力が詰まっています。

入会限定キャンペーン

新規入会&エントリー&利用条件クリアで、もれなく最大15,000円相当分プレゼント(iDキャッシュバック15,000円分)

Apple Payに登録すると電子マネー「iD」もしくは海外のコンタクトレス決済での「MasterCard」として利用できます。

家族カードは1枚目無料。スペックからすると、こちらも破格の条件と言えるでしょう。

家族と一緒にお得感の高いゴールドカードを作りたい方におすすめです。

3.三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短3営業日

三井住友VISAゴールドカードは、老舗カードブランド三井住友カードが発行する王道系ゴールドカード。国際ブランドはVISA。年会費1万円ですが、条件次第で4,000円まで下がります。

付帯保険サービスはゴールドカードらしい内容で、ステータス性も高く、コストパフォーマンスの高いカードと言えるでしょう。

入会限定キャンペーン

新規ご入会お得なWキャンペーン! vpassアプリログインで最大12,000円!ご利用金額の20%をプレゼント!さらに入会後のご利用で抽選で合計10万本のお買い物が全額タダに!(上限10万円まで)

もちろん、家族カードの年会費は1人目無料。破格ですね。

ステータス性が高い銀行系ゴールドカードをもちたい、家族カードはお得感が欲しい方におすすめの1枚です。

第三者にカードを盗まれてApple Payで悪用されたらどうなる?

クレカで困っている男

Apple Payは自分名義以外のクレジットカードも登録できてしまいます。となると、悪用されてしまうことだって十分考えられますよね。

第三者にクレジットカード、もしくは情報を盗まれてApple Payに登録されてしまった場合、どうなるのでしょうか。

登録時の通知はなし!被害があってからしか気がつけない

クレジットカードを登録した際に、カード会社からApple Payへの登録が完了しました、という通知が来れば悪用される前に気がつくことができますよね。

ですが、実は本カードをApple Payに登録しても、契約者には何の通知も来ません。実際にApple Payを利用されて、明細が送られてこないと「不正利用被害」には気がつけないのです。

ここはセキュリティ的に弱い部分だと言えるでしょう。クレジットカードの管理は厳しくしなくてはいけません。

家族カードがApple Payに登録された場合のみ連絡がある

一方で、家族カードがApple Payに登録された場合は、本会員宛に郵送で通知が届きます。

本カードを登録した場合も通知を送ってほしいものですが、家族カードを登録された場合は本会員が知ることができるので安心ですね。

よって、知らない間にどんどん、何ヶ月も使われている、ということは基本的にないはずです。

普段使っていないクレジットカードがある場合は注意

先述の通り、Apple Payは家族カード以外の「本会員」のクレジットカードを登録した場合には、通知が届きません。

となると、普段使っていないカードの情報、もしくは本体を盗まれて不正利用されてしまっても、明細をチェックしなければ気がつけないということです。気がついたら何ヶ月も使われてしまっていた、ということだって考えられるのですね。

Apple Payは便利な反面、犯罪に利用されてしまう可能性もあります。普段使っていないクレジットカードがある場合は明細を定期的にチェックするか、解約して不正利用被害を防ぎましょう。

Apple Payを使うならルールに則って家族カードを発行しよう

Apple Payは、家族名義のクレジットカードであっても登録が「可能」です。ただし、クレジットカードの使い方からすると、名義人本人以外の人が使ってしまうことになりますから、ルール違反となります。

ルールに反してしまうと、最悪の場合クレジットカード自体が利用停止になる可能性がありますので、そうならないためにも、家族には「家族カード」を発行してApple Payに登録しましょう。

家族カードはゴールドカードから発行するのが最もコストパフォーマンスが高く、おすすめです。一般カードで家族カードを発行するくらいなら、家族名義の本会員カードを作った方がお得なケースも。

Apple Payは便利な決済方法ですので、ぜひ家族カード、もしくは本カードを作成し、登録してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内