クレジットカードで少額決済は恥ずかしい?電子マネーに比べたメリットとデメリット

お店で支払い

クレジットカードで少額決済を行うのは恥ずかしい、と感じている方が少なくないようです。

今回は、実際にクレジットカードで少額決済を行うのは本当に恥ずかしいことなのか、また、少額のキャッシュレス決済手段として便利な「電子マネー」と比較してどんなメリット・デメリットがあるのかなどを解説していきます。

クレジットカードで少額決済まで済ませたい、もしくは電子マネーとどっちがいいのか知りたい、という方はぜひ参考にしてくださいね。

クレジットカードで少額決済は恥ずかしくない!電子マネーと併用が良い

結論から言うと、クレジットカードで少額決済を行うことは全く恥ずかしくありません。むしろ、最近ではキャッシュレス化が進み、少額決済でもクレジットカードや電子マネーなどを使う方が主流になってきているほどです。

2020年のオリンピックに向け、政府もキャッシュレス化を促進する動きがあります。今後はより日本全体のキャッシュレス決済への受容度は高まるでしょう。

店員という立場からしても、現金よりもおつりの間違いや細かいお金のやりとりがなく、正確に決済できるのは嬉しいところです。

ですので、全く恥ずかしいとは思わずに、どんどんクレジットカードでの少額決済をしていきましょう。

また、電子マネーもキャッシュレス決済の方法としては便利です。お店で対応している電子マネーを所有している場合は電子マネー、そうでなければクレジットカードといったように「シーンによって使い分けする」のがおすすめです。

電子マネーと比較した、クレジットカードの決済メリット

クレジットカードを見せる女性

電子マネーと比較した、クレジットカードの決済メリットは次の通りです。

POINT

電子マネーと比較したクレジットカードのメリット

  • 利用履歴が明細で簡単に見られる
  • 少額決済でなくてもスピーディに決済できる
  • 不正利用されても補償が充実
  • チャージの必要がない

1.利用履歴が明細で簡単に見られる

電子マネーの場合は、毎月利用明細が送られてきたり、通知が来たりして見られるわけではありません。場合によっては、駅の発券機で利用履歴を確認しなくてはいけないこともあります。

一方で、クレジットカードは紙、もしくはWEB明細が毎月簡単に確認できますので、いつ、いくら、どこで使ったのかの確認が容易です。

利用履歴が気軽に確認できるのは、家計簿の管理にも役立つため、ひとつのメリットと言えるでしょう。

ただし、一部の電子マネーではアプリから簡単に利用履歴が確認できます。あくまでも、「電子マネーの一部は利用履歴が確認しにくい」と認識しておいてくださいね。全てではありません。

2.少額決済でなくてもスピーディに決済できる

クレジットカードの強みは、利用限度額までなら簡単・スピーディに高額決済ができるところです。

電子マネーは2万円〜5万円までしかチャージできないものも少なくありませんので、そうなると決済の上限額が2万円〜5万円まで、と決まってしまいます。

クレジットカードの場合は、上限いっぱいまでなら何十万円、何百万円の決済も可能。しかも、現金を用意して支払うよりも間違いが少なく、便利です。

少額決済はもちろんのこと、高額決済まで幅広く利用できるのがクレジットカードのいいところですね。

3.不正利用されても補償が充実

クレジットカードの場合は、プリペイド式電子マネーとは異なり、不正に「使われてしまった金額」に対しても補償がききます。

プリペイド式電子マネーの場合は、一度残高を使われてしまうと、その分に対しては補償が全くされません。そのため、電子マネー付帯のクレジットカードを失くしたときは、まず電子マネー決済を止めるのが先決です。

クレジットカードはほとんどのカードで、申請からさかのぼって60日前までなら不正利用に対する補償がされますので、万が一の紛失や盗難でも安心ですね。

4.チャージの必要がない

プリペイド式電子マネーは、その名称通り「前払い」つまり「チャージ」が必要です。クレジットカードは後払い式のため、チャージ不要で利用限度額までならサクサク決済可能。

チャージの必要がないのは、いちいち残高を気にせずお買い物ができて非常に助かりますよね。

ちなみに、クレジットカード付帯の、QUICPayやiDなどの「後払い式電子マネー」なら、チャージは不要。カードと電子マネーのいいところを集めたような、特殊な電子マネーです。チャージは嫌だけど電子マネーは使いたい、という方なら後払い式電子マネーがおすすめです。

電子マネーと比較した、クレジットカードの決済デメリット

電子マネーカード

クレジットカードは電子マネーよりも必ずしも優れているわけではありません。ここでは、電子マネーと比較したクレジットカードの「デメリット」を解説します。

POINT

電子マネーと比較したクレジットカードのデメリット

  • クレジットカードを財布から出す必要がある
  • 場合によってはサインまたは暗証番号が必要
  • 明細を確認しないと使い過ぎてしまう可能性も
  • 少額決済はカード対応していないケースがある

1.クレジットカードを財布から出す必要がある

電子マネーはスマホやカードケースに入れておけばいちいち財布から出す必要はありませんが、クレジットカードは多くの方が財布に入れていますよね。

そうなると、決済時にいちいち取り出して決済する必要が出てきます。現金と比較すればそれくらいの手間はささいなものかもしれませんが、電子マネーの簡便さと比較するとちょっとした弱みと言えるでしょう。

2.場合によってはサインまたは暗証番号が必要

クレジットカードは、完全にサインレス・暗証番号不要のケースもありますが、やはりサインや暗証番号が必要なお店もまだまだ多いのが事実です。

サインや暗証番号はセキュリティを守る上でどうしても必要になるため、電子マネーよりも補償が手厚いのはこういった部分から成り立っていると考えた方がいいでしょう。

暗証番号やサインがわずらわしいと感じるなら、セキュリティよりも簡便さを求めて電子マネーを使う方法もありですね。

ただし、先払い式電子マネーは、失くした場合、第三者にセキュリティなしでどんどん使われてしまう可能性があります。利用目的なしにあまり大金をチャージしておかないように注意しましょう。

3.明細を確認しないと使い過ぎてしまう可能性も

電子マネーの多くはチャージ式のため、チャージした金額以上は使いすぎる心配がありません。

クレジットカードの場合は、利用限度額があるとはいえ、やはり人によっては使っている感覚が薄れて使いすぎてしまう可能性があります。

これを防ぐために有効なのは、こまめに利用明細を確認すること。今いくら使っているかが把握できていれば、使いすぎになりにくいでしょう。いまはWEB明細を使っている方が多いと思いますので、そちらを確認するくせをつけるのがおすすめです。

4.少額決済はカード対応していないケースがある

少額決済ですと、クレジットカードに対応していないお店があります。本当は対応していても、手数料の関係で損をしてしまうので、「何円以上しかクレジットカードは使わないでください」と書いてあるのです。

そういったお店では、クレジットカードは使いにくいのがデメリット。もし電子マネー対応していれば、電子マネーを使いましょう。

少額決済はどちらも使えるなら「電子マネー」がおすすめ!その理由は?

ワンポイントを表現する女性

少額決済をするなら、クレジットカード、電子マネーどちらも使えるお店であれば「電子マネー」がおすすめ。その理由は、次の2点です。

POINT

電子マネーのメリット!クレジットカードよりも気軽に決済可能

  • かざすだけで決済できる
  • クレジットカード同様にポイント還元が受けられる

1.かざすだけで決済できる

電子マネーの一番のメリットかつクレジットカードと比較して優れているのは「決済のかんたんさ」です。クレジットカードは店員にカードを渡し、場合によってはサインや暗証番号を入力する手間があります。

一方、電子マネーは「利用したい電子マネーの名前」を伝えて「かざす」だけ。非常に簡単に決済ができます。決済音が鳴ったら決済完了、というのも分かりやすくていいですよね。

ここまで簡単な支払い方法は、電子マネー以外にはないでしょう。Apple Payやおサイフケータイに登録していれば、カードを出す手間すらありません。手に持っているスマホをかざすだけですからね。

スピーディで、後ろの客を待たせることもありません。少額決済でスピーディさ・簡単さを求めるなら、クレジットカードよりも断然電子マネーですね。

2.クレジットカード同様にポイント還元が受けられる

クレジットカード同様にポイント還元が受けられるのは、電子マネーの強みです。現金ではクレジットカードよりもポイント還元の分損をしてしまいますが、電子マネーならチャージ時、利用時のポイント二重取りができるため、クレジットカードと比べても損はありません。

中には、クレジットカードを使うよりも、電子マネーを利用した方が還元率のよいお店もあるほどです。

決済の簡単さとポイント還元を受けられる良さ、この2つのメリットがあるため、クレジットカードよりも少額決済は電子マネーのほうがおすすめです。

ただし、店舗によってはクレジットカード決済のみという場合もありますので、電子マネーが使えないケースがある点にご注意ください。

電子マネー付帯のおすすめクレジットカード

電子マネーとクレジットカード、両方がついているカードなら、使い分けが簡単で便利ですよね。ここでは、電子マネー付帯のおすすめクレジットカードをご紹介します。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0〜2.0% 発行日数 最短8営業日


Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、オリコカードが発行する高還元率で有名なクレジットカード。

電子マネーをダブル搭載しており、iD、QUICPayどちらも使えるため、非常に便利です。

入会限定キャンペーン

新規入会&利用条件クリアで、今なら最大8,000オリコポイントプレゼント!

電子マネーをダブル搭載!カードと電子マネーのいいとこどりを実現!

付帯する電子マネーは「後払い式(ポストペイ型)電子マネー」。チャージ式の電子マネーのデメリットである、次の2点を克服しています。

・紛失・盗難時に使われてしまうと補償が効かない……クレジットカード同様の補償あり
・チャージが面倒……後払い式なのでチャージ不要

しかも、電子マネー、クレジットカード決済ともに常時1.0%の還元率で、お得にキャッシュレス決済が利用できるのがうれしいところ。

付帯保険などは一切ありませんが、シンプルにお得なクレジットカード(電子マネー)が使いたいならおすすめの1枚です。

クレジットカードで少額決済はOK!電子マネーとうまく使い分けて

クレジットカードで少額決済をするのは恥ずかしいことではありません。むしろ、店員からしても、間違いが少なく、スムーズに決済が済むクレジットカードはありがたい存在です。

ただし、電子マネーと比較すると、やはりスピーディさ、決済の簡単さには負けますので、どちらも使える状況であれば「電子マネー」が、よりおすすめです。

クレジットカードと電子マネーは、どちらもメリット・デメリットが異なります。両者の良いところを活かせるように、ぜひ上手に使い分けてお得にキャッシュレス決済を利用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内