PASMO用のクレジットカードを変更する~チャージ残高・オートチャージ設定の変更方法

地下鉄の券売機

PASMOでオートチャージを利用するには、クレジットカードの登録が必須。最初に登録したカードをずっと使い続ける方もいると思いますが、有効期限切れやカードの種類変更で、変えたくなることがありますよね。

今回は、PASMOのオートチャージ用クレジットカードを変更する方法のほか、オートチャージの設定変更方法やPASMOの引き継ぎ方法などを解説していきます。

PASMOに登録したクレジットカード情報を変更・設定変更などしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

PASMOのオートチャージ用クレジットカードを変更する方法

PASMOのオートチャージ用クレジットカードを変更するには、本人確認ができる書類や運転免許証を持って、PASMOを取り扱っている駅にて手続きをします。

具体的な手順は以下の通りです。

POINT

PASMOオートチャージ用クレジットカードの変更方法

  • PASMOオートチャージサービスの解約
  • 新しいクレジットカードでオートチャージサービスを申し込む

1.PASMOオートチャージサービスの解約

まず、PASMOのオートチャージ用クレジットカードの変更は「オンライン」ではできません。駅まで出向く必要があります。

そして、窓口でPASMOオートチャージサービスの解約手続きをしてもらうか、もしくは券売機にて、自分でPASMOに登録されたクレジットカード情報を削除します。

まずは窓口に相談するのが第一ですので、本人確認ができる書類をもってPASMOを取り扱っている駅の窓口に行ってみましょう。

2.新しいクレジットカードでオートチャージサービスを申し込む

古いクレジットカード情報を削除(解約)したら、新たなクレジットカードでの「オートチャージ」の申し込みをします。

窓口で申し込む場合は書面で、新しいクレジットカード情報のほか、必要事項を記入して申し込みます。反映までは1ヶ月ほどかかることもあるとか。

クレジットカードの種類によっては「券売機」でオートチャージの申し込みができるようですが、こちらも反映まで時間がかかるケースがあるので、注意が必要です。

詳しくは、駅係員さんまでご相談くださいね。

PASMOのオートチャージ設定を変更する方法は簡単

ポイントを表現する女性

PASMOのオートチャージ設定金額、チャージ条件を変更する方法は、とても簡単。

駅の券売機にて、ささっと手続きできます。

POINT

PASMOオートチャージ設定を変更する方法

  • 多機能券売機で「PASMO」を選択。PASMOカードを挿入。
  • 「オートチャージのご利用設定」を選択
  • 「金額の変更」を選択
  • 希望のオートチャージ金額や条件を入力
  • 入力完了を押し、設定完了

たったこれだけで、簡単に手続きができてしまいます。クレジットカードの変更の面倒くささに比べると、とても簡単ですよね。

ちなみに、オートチャージの金額は1,000円単位、1,000~10,000円までの範囲で設定可能です。

オートチャージには、以下の限度額がありますので、注意しながら使いましょう。

・1日の上限金額……10,000円
・1ヶ月の上限金額……50,000円

PASMO一体型のクレジットカード変更時、PASMO設定はどうなる?

首を傾げて悩んでいる女性

PASMO一体型のクレジットカードが更新される時、PASMOの設定はどうなるのか気になりますよね。旧カードの更新日が近づいてくると、新カードが届き、普通なら旧カードは破棄します。

ですが、PASMO一体型クレジットカードの場合はPASMOの移行が必要となりますので、すぐに破棄するのは危険です。次の手順が必要となります。

今回は、To Me CARD PASMO(一体型)の例で説明します。

POINT

PASMO一体型クレジットカードの、PASMO移行手続き

  • 新しいTo Me CARD PASMO(一体型)が届く
  • 旧・新To Me CARD PASMO(一体型)を持ってPASMO取り扱い事業者に行く
  • 現地で移行手続きを行う

1.新しいTo Me CARD PASMO(一体型)が届く

更新後に使う新しいTo Me CARD PASMO(一体型)が自宅へ届きます。このとき、すぐに古い方のPASMO一体型クレジットカードを破棄してしまうのは「絶対に」やめましょう。

定期券やチャージ残高などのPASMO情報が、全て無駄になってしまいます。

2.旧・新To Me CARD PASMO(一体型)を持ってPASMO取り扱い事業者に行く

古いTo Me CARD PASMO(一体型)と新しいTo Me CARD PASMO(一体型)の両方を持って、PASMOを取り扱っている駅に行きます。このとき、新しいTo Me CARDと一緒に届く案内状(重要なお知らせ)も忘れず持参してくださいね。

新旧両方のカードがないと、移行手続きはできません。

3.現地で移行手続きを行う

現地にて、まずは窓口に移行手続きがしたい旨を伝え、手続きをしてもらいましょう。

ちなみに、PASMO移行ができるのは、クレジットカード一体型PASMOから、更新後のクレジットカード一体型PASMOに移す時のみ。覚えておきましょう。

PASMO一体型クレジットカードから通常のPASMOカードへの移行はできない

PASMO一体型クレジットカードのPASMOから、通常のPASMOカードへの移行は「できません」。

ですので、もしPASMO一体型クレジットカードを解約したら、PASMO機能だけは生かしておき、チャージ金額と定期券を使い切ってから新たなPASMOを取得しましょう。

TOPIC

PASMOは、通常のPASMOから他のPASMOへの移行もできない

PASMOの情報を移行できるのは「クレジットカード一体型」タイプ、かつ更新で新しいカードへ移行するときのみです。以下の場合は対応していません。

・通常のPASMO→別のPASMO
・クレジットカード一体型PASMO→通常PASMO
・通常PASMO→クレジットカード一体型PASMO
・クレジットカード一体型PASMO→別の種類のクレジットカード一体型PASMO

チャージ残高については、使い切るか、もしくは駅で払い戻しをしてもらうしかありません。

定期券については、有効期限まで使い切って、その後新しいPASMOを購入する必要があります。覚えておきましょう。

設定変更不要!最初からオートチャージ機能がついたPASMOクレジットカード

PASMOのクレジットカード情報を登録したり、変更したりするのは面倒ですよね。そんな手間なく、最初から「オートチャージ設定」がされているPASMO一体型(分離も可能)クレジットカードをご紹介します。

もちろん、初期設定から金額も変更できますので、安心してくださいね。

東京メトロ To Me CARD Prime(PASMO一体型/分離型)

東京メトロ To Me CARD Prime(PASMO一体型/分離型)

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.5% 発行日数 約4週間

東京メトロ To Me CARD Prime(PASMO一体型/分離型)は、PASMO一体型のお得なクレジットカード。

初期設定として、オートチャージが可能です。PASMOを通常のPASMOと同様に「ピッ」とかざすだけで、残高が2,000円以下になったとき、自動的に3、000円チャージしてくれるのです。

入会限定キャンペーン

To Me CARD Prime新規ご入会キャンペーン! 今なら新規ご入会&ご利用条件クリアで800メトロポイント(800円相当)をプレゼント!

年会費は年間2,000円かかりますが、50万円以上のクレジットカード利用で無料。

さらに、メトロポイントが、東京メトロ電車への乗車時に平日10ポイント、土日20ポイント付与されるというお得さ。

メトロポイント は、1ポイント=1円分としてPASMOにチャージできる他、ANAマイルへの移行や楽天スーパーポイントへの移行など、様々な用途があります。

オートチャージを使いこなしつつ、お得に地下鉄を利用したい方におすすめです。

PASMOクレジットカードを変更する手続きは時間がかかる!便利な一体型を活用しよう

PASMOのオートチャージ用クレジットカードを変更するには、1ヶ月程度の時間がかかることがあります。

さらに、駅に直接行かなくてはいけないという面倒さも。

クレジットカード一体型PASMOの場合は、更新時でも駅ですぐにPASMO移行が可能。時間がかかりません。

オートチャージを頻繁に利用する方は、ぜひPASMO一体型クレジットカードを活用し、お得に東京メトロを利用しましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内