「PASMO」オートチャージのクレジットカード登録・設定方法

クレジットカードを持つ男性

交通系電子マネー「PASMO」は東京メトロのユーザー必携と言える便利な決済ツール。毎日東京メトロを利用するなら、便利でお得な「オートチャージ」の登録がおすすめです。

今回は、電子マネー「PASMO」のオートチャージ用クレジットカードを登録・設定する方法をご紹介します。

あわせて注意点やおすすめクレジットカードもご紹介しますので、PASMOのオートチャージをよりお得に、快適に使いたい方はぜひ参考にしてくださいね。

PASMOオートチャージへのクレジットカード登録方法

クレジットカードを手に持つ男性

PASMOオートチャージのクレジットカード登録方法は、「記名式PASMO」と「クレジットカード一体型PASMO」では異なります。

順に見ていきましょう。

POINT

PASMOオートチャージのクレジットカード登録方法

  • 記名式PASMOの場合
  • クレジットカード一体型PASMOの場合

1.記名式PASMOの場合

記名式PASMOの場合、手続きは次の通りです。PASMOオートチャージに対応しているクレジットカードが必須となります。

  1. PASMOオートチャージサービスの申込書に必要事項を記入する
  2. 申込書に記載の宛先まで「PASMOオートチャージサービスの申込書」を送付
  3. 案内ハガキの受取
  4. 駅で手続き・利用開始

1.PASMOオートチャージサービスの申込書に必要事項を記入する

PASMOオートチャージサービスの申込書は、駅などで入手可能です。事前に記名式PASMOとオートチャージ対応のクレジットカードを準備し、申込書に必要事項を記入しましょう。

2.申込書に記載の宛先まで「PASMOオートチャージサービスの申込書」を送付

申込書に記載の宛先まで、「PASMOオートチャージサービスの申込書」を送ります。

申込書を持って駅で手続きするわけではありませんので、注意しましょう。オンラインでの手続きには対応していないようですので、時間がかかってしまいます。

3.案内ハガキの受取

申し込みから約3週間で「PASMOオートチャージサービスお申込みに関するお知らせ(ご案内ハガキ)」が届きます。

4.駅で手続き・利用開始

届いた「PASMOオートチャージサービスお申込みに関するお知らせ(ご案内ハガキ)」とともに、記名式PASMO、クレジットカードを持って駅で手続きをします。

設定完了後、すぐにPASMOオートチャージサービスが利用できるようになります。

2.クレジットカード一体型PASMOの場合

クレジットカード一体型PASMOの場合は、ほとんどが「初期設定でオートチャージに対応」しています。PASMO公式ページでも、その旨が記載してあります。よって、初回のチャージは手動で行う必要がありますが、2回目以降のチャージは改札口を通る時に「ピッ」とかざすだけ。

非常に便利で設定も楽チンですよね。どうせオートチャージ設定を行うなら、設定の楽さだけではなく、お得度からしても、PASMO一体型クレジットカードの利用が断然おすすめです。

PASMOオートチャージの金額設定変更方法

東京メトロの券売機

PASMOオートチャージの金額設定変更は、PASMO取り扱い駅の「多機能券売機」にて簡単にできます。手順は、次の通りです。

POINT

PASMOのオートチャージ設定変更手順

  • 多機能券売機でPASMO挿入。「PASMO」をタッチ
  • 「オートチャージのご利用設定」をタッチ
  • 「金額の変更」をタッチ
  • 希望のオートチャージ金額や条件を入力
  • 入力完了を押し、設定が完了

申し込みの煩雑さに比べると、非常に単純ですよね。オートチャージの申し込みさえしてしまえば、チャージはかざすだけ。設定変更も駅で簡単にできるのは嬉しいポイントです。

PASMOオートチャージに対応しているクレジットカードの種類は?

クレジットカードの選び方

PASMOオートチャージに対応しているクレジットカードの種類は、次の通りです。PASMO公式サイトを参考にしました。

・パスタウンカード
・小田急OPクレジットカード
・京王パスポートカード
・京急プレミアポイント ゴールド/シルバー
・京成カード
・SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン/SEIBUプリンスカード
・相鉄カード
・東急カード
・東武カード
・Tokyo Metro To Me CARD
・横浜交通hama-eco card
・JACCS Shonan Card

オートチャージに対応しているクレジットカードはこれだけ。別の種類のクレジットカードではオートチャージの設定ができません。

オートチャージをしたいときは、これらのクレジットカードから自分に合ったものを選びましょう。

PASMOオートチャージに登録する際の注意点

PASMOオートチャージに登録する際の注意点は、以下の通りです。登録する際だけではなく、必ず知っておいてほしいPASMOの注意点も盛り込みましたので、参考にしてくださいね。

POINT

PASMOオートチャージ設定・利用時の注意点

  • 拾われるとどんどん使われてしまう可能性がある
  • チャージの上限金額がある
  • クレジットカードとPASMOの名義は同一でないとNG

1.拾われるとどんどん使われてしまう可能性がある

オートチャージ設定がされたPASMOは、ただかざすだけでどんどんオートチャージができてしまいます。

上限金額はあるものの、ある程度の金額までは使われてしまう可能性があります。よって、紛失・盗難に気がついた際は、すぐに「PASMOの利用停止手続き」が必要。

手続きは、まず駅に行き、紛失の申し出をしましょう。その後、案内に従って利用停止・再発行手続きを行います。

再発行には時間がかかります。ある程度の期間、不便になることは覚悟しておいた方がいいでしょう。

2.チャージの上限金額がある

PASMOには、チャージの上限金額があります。

・1日の上限金額……1万円まで
・1ヶ月の上限金額……5万円まで

よって、旅行などでどんどん使ってしまうと、オートチャージの上限金額に達してしまう可能性も。その場合、手動でチャージすることになります。

少々面倒ですが、全く使えなくなるわけではありません。いざとなったときは、手動でチャージしてみてくださいね。

3.クレジットカードとPASMOの名義は同一でないとNG

クレジットカードとPASMOの名義は、「同一人物」でないとオートチャージの設定ができません。

例えば、親のクレジットカードを使って子供の名義のPASMOにオートチャージの設定をする、というのは不可能です。

どうしてもオートチャージを利用したいなら、18歳以上(高校生不可)ならクレジットカードの発行ができますので、お子さんが自分のカードを発行した方がいいでしょう。

PASMOのオートチャージ登録不要!便利なおすすめクレジットカード

PASMOのオートチャージ用クレジットカード登録手順は少々面倒。煩雑な登録手順を避けるには「クレジットカード一体型PASMO」がおすすめです。

設定せずに自動でオートチャージを利用したい、お得にメトロポイント を貯めたい方向けの1枚をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

東京メトロ To Me CARD Prime (PASMO一体型/分離型)

東京メトロ To Me CARD Prime(PASMO一体型/分離型)

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.5% 発行日数 約4週間

東京メトロ To Me CARD Prime (PASMO一体型/分離型)は、東京メトロユーザーにとってお得な特典満載の「PASMO一体型クレジットカード」です。

分離型も選択可能ですが、お財布の中身をスッキリさせるためには一体型がおすすめ。

入会限定キャンペーン

To Me CARD Prime新規ご入会キャンペーン! 今なら新規ご入会&ご利用条件クリアで3,300メトロポイント(3,300円相当)をプレゼント!

年会費は2,000円かかりますが、年間50万円以上のクレジットカード利用で無料に。

東京メトロ乗車時の「メトロポイント」が平日10ポイント、休日なんと20ポイント貯まるのがいちばんの魅力です。

オートチャージは初期設定で「2,000円を下回ったとき」に「3,000円分」チャージされます。東京メトロをお得・便利に使いたい方は、ぜひ検討してみてください。

PASMOにクレジットカードを登録するなら「一体型」がおすすめ

PASMOのオートチャージ設定でクレジットカードを登録するには、普通の記名式PASMOですと、時間も労力もかかってしまいます。

一方で、クレジットカード一体型PASMOは、初期設定でオートチャージ設定がされており、登録の手間がありません。チャージ金額や条件に不満があれば、駅の多機能券売機で簡単に変更ができます。

PASMOオートチャージをお得かつ便利に利用したいなら、クレジットカード一体型のPASMOがおすすめ。ぜひ、自分に合った1枚を選び、活用しましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内