WAON機能付きクレジットカードの解約方法は?残高はどうなる?

ショッピングモール

大型ショッピングモール「イオン」でWAON機能付きクレジットカードを発行している方も多いはず。引越しや、使用頻度が低いことを理由に解約を検討している方もいるのではないでしょうか。

今回は、イオンの電子マネーWAON機能のついたクレジットカードの解約方法と、電子マネーの残高や、貯めたポイントがどうなるのかなど、詳しく説明していきますね。

WAON機能付きクレジットカードの解約を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

WAON機能付きクレジットカードの解約方法は?カードの種類によって違う

電車でスマホをいじる女性

WAON機能付きクレジットカードの種類は多く、カードによって解約方法が異なります。

詳しくは、イオンカード公式ページをご確認ください。

参考リンク:・イオンカード公式

ここでは、代表例として「waon機能付きイオンカード」、「イオンカードセレクト」の解約方法を解説しますね。

1.WAON機能付きクレジットカードの基本解約方法

WAON機能付きクレジットカードの基本解約方法は、大きく分けて2通りあります。

  1. インターネットによる解約
  2. 書面での解約

インターネットによる解約

インターネットによる解約の方法は、イオンカードサイト「暮らしのマネーサイト」から行うことができます。手順は次の5ステップ。簡単に済みますよ。

  1. クレジットカード退会受付を選ぶ
  2. カード情報・個人情報の入力
  3. 確認事項同意
  4. アンケート入力・確認
  5. 完了

クレジットカード退会受付は、以下のURLです。トップページからだと探しにくいので、注意しましょう。

参考リンク:イオンカード 暮らしのマネーサイト

書面での解約

書面での解約方法は、2通りあります。

  1. コールセンターから必要書類を請求
  2. イオンスクエアから必要書類を請求

コールセンターからの解約は5ステップですが、書面のやりとりがあるため、退会までに時間がかかります。

POINT

コールセンターからの資料請求で解約する方法

  • 「イオンクレジットサービス」のコールセンターへ電話
  • カード解約の旨を伝え、解約に必要な資料(脱会届)を請求
  • 必要事項を記入・捺印
  • 返送
  • 解約完了

イオンクレジットサービス コールセンターの電話番号は、以下の通りです。

・固定電話から
0120-223-212 (フリーダイヤル)
・携帯・スマートフォンから
0570-064-750(有料)
・営業時間:9:00〜18:00

また、インターネット(イオンスクエア)から解約の資料を送付してもらうことも可能。手順は次の通りです。

POINT

イオンスクエアから資料請求して解約する手順

  • イオンスクエアのMyPage、資料請求メニューからカード変更届を選択し、脱会届をクリック
  • 脱会届の郵送手続きを行う
  • 後日送られてきた書類に必要事項を記入・捺印
  • 返送・解約の手続き完了。

手元に残るクレジットカードは、解約後は使えません。ハサミを入れて処分してくださいね。

インターネットから脱会届を請求する場合、「イオンスクエア」の会員登録が必要ですので注意しましょう。

2.イオンカードセレクトの解約方法

イオンカードセレクトは、イオンカードと、イオン銀行のキャッシュカードが一体型になっているカード。

WAON機能付きクレジットカードの中でも、イオンカードセレクトは「銀行キャッシュカード機能」がついているため、解約方法が異なります。

インターネットから解約手続きをすることはできず、「イオン銀行コールセンター」に電話をし、解約する以外に方法はありません。

解約する際に煩わしい手続きはなく、電話だけで完結します。

イオンカードセレクトを解約するときには、クレジットカードとイオン銀行口座の両方を解約するのか、クレジットカードのみを解約するのかを決めてから連絡するのが良いでしょう。

・イオン銀行コールセンター
 0120-13-1089(フリーダイヤル) 9:00〜21:00 年中無休(イオンカード関連の質問は9:00〜18:00まで)

イオンカードのコールセンターでは解約できない

イオンカードセレクトは、他のWAON機能付きクレジットカードと違い、イオン銀行が発行するクレジットカード。イオンカードのコールセンターへ電話をしても、解約の手続きをすることはできません。

イオンカードセレクトを解約するときは、かけ間違えのないよう、気をつけてくださいね。

WAON機能付きクレジットカードの解約手続きは誰でもできる?

考え事をするビジネスマン

WAON機能付きクレジットカードの解約を検討している方の中には、解約手続きを家族に頼めたら、と思う方もいるのではないでしょうか。

結論から言うと、残念ながらWAON機能付きクレジットカードの解約手続きは、基本的には家族に頼むことはできません。

解約手続きは原則本人のみ可能

WAON機能付きクレジットカードの解約手続きは、原則カード名義本人からの受付のみ可能となっています。

コールセンターは年中無休で、9時~18時の間なら繋がりますし、オンラインからの手続きであれば24時間可能です。自分が都合の良い方法を選び、解約しましょう。

本人以外でも手続きが可能な場合がある

カード名義人が亡くなってしまった場合には、カード名義人の家族が代理で解約手続きを行うことが可能になります。イオンカードコールセンターに連絡して、カード名義人が亡くなったことを説明し、代理で解約したいと伝えましょう。

コールセンターへ電話する前に、

・カード名義人の名前
・住所
・生年月日
・銀行口座
・カード番号

などの情報を伝えられるように、メモなどに整理しておくとスムーズです。

解約したらマネーやポイントの残高はどうなる?残高の移行・活用方法は?

電子マネーカード

ここでは、WAON機能付きクレジットカードで使う・貯めることができるポイントやWAONの残高が、解約時にどうなるのか、対処方法は何かについて解説しますね。

結論から言うと、イオンカードで貯まる基本の3種類の電子マネー、ポイント残高は解約と同時に全て失効してしまいます。

・ときめきポイント……解約すると同時に失効
・電子マネーWAON残高……解約と同時に失効
・WAON ポイント……解約と同時に失効

お金と同じ価値のあるポイントや、電子マネーの残高を残したまま解約してしまうのはもったいないですよね。カード解約前にそれぞれの残高を確認し、可能であれば移行して利用することがおすすめです。それぞれの移行方法について解説していきます。

  1. ときめきポイント
  2. 電子マネーWAON残高
  3. WAON ポイント

1.ときめきポイントの活用・移行方法

ときめきポイントは、商品交換のほか、1000ポイント以上500ポイント単位でWAONポイントへの交換が可能となっています。WAONポイントはイオンでのお買い物に利用できるので、

・WAONポイントに移行、残高にチャージして使ってしまう
・新しいWAONカードへWAONポイント→WAON残高として移行する

のがおすすめ。ときめきポイントからWAONポイントへの移行方法は、

・オンライン手続き
・電話での手続き

の2通りあります。おすすめはオンラインでの手続きです。

オンラインでのときめきポイント→WAONポイント移行手続き

暮らしのマネーサイトからイオンスクエアへログインし、残高の確認・交換手続きを行ってください。

手順は以下のようになっています。

1.イオンスクエアへログイン
2.交換先に電子マネーWAONポイントを選択
3.交換するときめきポイント数を入力(1000以上500単位)
4.交換するをクリック

イオンスクエアからポイント交換の手続きをした後は、イオン店内に設置されているWAONステーションへ行き、WAONポイントをダウンロード。その後、電子マネーWAON残高としてチャージしてくださいね。

ポイントの交換先がモバイルWAONであれば、いつでも、どこでもポイントをダウンロードすることが可能。

WAON機能付きクレジットカード解約後もイオン系列店を利用するのであれば、モバイルWAONの登録を検討されてもいいかもしれませんね。

電話でのときめきポイント→WAONポイント移行手続き

電話での確認・交換も可能となっています。
お手元にクレジットカードを用意して「テレホンアンサー(自動音声応答サービス)」へおかけください。

・固定電話
 0120−223−212
・携帯電話・スマートフォン
 0570-064-750
 043-331-0999

こちらの電話は、24時間年中無休です。音声ガイダンスに従い、内容を確認しながら操作してくださいね。

2.電子マネーWAON残高の移行手順

電子マネーWAONの残高確認は、以下の場所で行えます。

POINT

電子マネーWAONの残高確認方法

・イオン店内に設置されている「WAONステーション」
・WAONレジ
・WAONチャージャー
・イオン銀行のATM
・モバイルWAON

残高があった場合、今後もイオン系列店を利用しないのであれば、そのままお買い物で使い切ってしまうのが一番。

ただし、WAON機能付きクレジットカードは解約するけれど、イオン系列店はまだ利用する場合、クレジットカード機能のついていないWAONカードを用意して残高を移行しましょう。WAONカードを持っていない場合は、カード発行に発行手数料300円が必要となります。

ここでは店頭で簡単にできる「WAONステーション」を使った、新WAONカードへの残高の移行について、移行方法の一例として説明します。

CHECK

WAONステーションで新WAONカードへと移行する手順

  • WAONステーションにWAON機能付きクレジットカードをかざす
  • センターとの通信が完了したら「メニュー」をタッチ
  • 「各種設定・変更」をタッチ
  • 「新カードへの移行」を選択
  • クレジットカード機能のついていないWAONカードを置く
  • センターとの通信が完了したら、カードをとる
  • 再度WAON機能付きクレジットカードを置く
  • センターとの通信完了後、移行残高を確認し「アップロード」をタッチ
  • アップロードが完了後、WAON機能付きクレジットカードをとる
  • 再度クレジットカード機能のついていない移行予定のWAONカードを置く
  • センターとの通信完了後、以降残高を確認し「ダウンロード」をタッチ
  • ダウンロードの完了を確認し、クレジット機能のついていないカードをとる

これで残高の移行は完了です。
画面に利用可能残高が表示されます。レシートが必要な場合は「レシート」をタッチし明細レシートが出たら移行手続きが終了します。

そのほか、WAONネットステーションでも残高の移行が可能です。

参考リンク:・WAONネットステーション

3.WAON ポイントの移行手順

WAON機能付きクレジットカードに、WAONポイントが残っていた場合、クレジット機能のついていないWAONカードへ移行すると良いでしょう。

WAONポイントの移行は、電子マネーWAONポイントと同様、イオン店内に設置されている「WAONステーション」で行うことができます。

解約後にイオン系列店の利用が少なくなる場合はWAONカードを発行する必要はありませんので、WAON ポイントを電子マネーWAON残高に交換し、お買い物で使い切っておきましょう。

家族カードに貯まっているポイントも失効となる

WAON機能付きクレジットカードで家族カードも発行している場合、本カードの解約と同時に家族カードも解約ですので、家族カードに貯まっているポイントも失効となります。

実は家族カードにたくさんポイントが貯まっていたのに…ということもありますので、解約の際には家族カードの残高の確認も忘れずにしておきましょう。

waon機能付きクレジットカードを解約するときの注意点

ポイントを解説する女性

WAON機能付きクレジットカードを解約するときには、いくつかの注意点があります。

  1. イオン店頭からの解約手続きは不可
  2. イオンスクエアメンバーは自動解約ではない

イオン店頭からの解約手続きはできない

WAON機能付きクレジットカードの解約するとき、インターネットでの解約や電話ではなく店頭で説明を受けながら手続きをしたい、という方もいるのではないでしょうか。

しかし、イオンの店頭はクレジットカードの契約をすることはできますが、解約手続きには対応していません。

解約手続きは、先述した通り

・インターネットからの解約
・書面での解約
・コールセンターへの電話での解約

に限られており、店頭でWAON機能付きクレジットカードを解約することはできなくなっています。

イオンへクレジットカードを持っていっても解約することはできないので、ご注意くださいね。

イオンスクエアメンバーは自動解約ではない

WAON機能付きクレジットカードを利用されていた方の多くは、「イオンスクエア」へ登録している方が多いと思います。イオンスクエアは、WAON機能付きクレジットカードを解約しても、自動解約にはなりません。

逆に言えば、クレジットカードを解約したからといって、退会しなければならないものでもありません。イオンスクエアメンバーを退会しないことで、次のようなメリットもあります。

・イオンのネットショップを利用できる
・キャンペーンへの応募が可能
・イオン銀行の口座を持ち続ける方は、口座の残高を確認することが可能

イオンスクエアへ登録していると定期的なメールマガジンの配信があります。クレジットカード解約後、イオン系列全体の利用がなくなるのであれば、配信が煩わしくデメリットとなる可能性も。

イオンスクエアは、イオングループを今後も利用するかどうかで解約を決めた方がいいでしょう。

やっぱり解約したくない!解約手続きの取り消しはできる?

WAON機能付きクレジットカードの解約手続きを進めた後、解約の手続きを取り消すことはできません。

解約するかどうか、しっかりと見極めた後に手続きを行うようにしましょう。

一度解約手続きをしてしまうと、半年~1年は再発行が難しくなります。また、発行時と同じだけの審査や手続きをしなければならず、時間も手間もかかります。

解約する際には、解約する理由を定め、解約への迷いがない状態で手続きを進めるのが理想です。

まとめ|WAON機能付きクレジットカード解約前に、本当に不要か考えよう

WAON機能付きクレジットカードの代表格「イオンカード」と「イオンカードセレクト」では、解約方法が異なります。

また、解約してしまうとWAONやポイント残高は全てなくなってしまうので、移行するなど、注意が必要です。

WAON機能付きクレジットカードは、年会費が無料となっているため、持っているだけなら費用はかかりません。

お客様感謝デーで5%の割引を受けられるほか、近くに優待施設がある場合には30%の割引があるところも。今後もイオンを利用するのであれば、解約しないで持っている方がお得に買い物ができます。

逆に、イオンの利用や優待施設が近くにないなどの場合には、紛失や盗難などのトラブルを避けるためにも、解約する方が良いと言えるでしょう。

WAON機能付きクレジットカードを解約する前に、本当に不要なのかしっかり考え、その上で手続きを行ってくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内