WAONとクレジットカードの使い分け方法は?どっちがお得?

ショッピング帰りの女性二人組

WAONとイオンのクレジットカード(イオンカード)を両方持っていると、一体どちらがお得なのか迷ってしまうと思います。

普段からイオングループを利用しているのであれば、少しのお得度の違いがトータルでは大きくなってしまうもの。損をするのを防ぐためには、正しい「使い分け」の知識が必要です。

今回は、WAONとクレジットカードの「使い分け」について解説します。イオンでよりお得にお買い物をしたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

WAONとクレジットカードの使い分けは「WAON」の方がお得!

クレジットカードを比較する女性

結論から言うと、WAONとクレジットカードの「イオングループ」での使い分けは「WAON」の方がお得になります。

では、一見同じ還元率(どちらも1.0%)に思えてしまうクレジットカード(イオンカード)とWAONの還元率についてみていきましょう。

クレジットカードのポイント還元率は、イオンカードで0.5%〜1.0%

クレジットカードのポイント還元率は、イオンカードの場合、イオン関連の店舗ではポイント還元率が常に2倍の1.0%。

通常では0.5%のポイント還元率です。イオングループの店舗で利用するなら、いつでもポイント還元率が高く保たれるのは嬉しいですよね。

また、WAONと比べたクレジットカードの圧倒的な強みは「使えるお店が多い」こと。電子マネーであるWAONと比較すると、クレジットカードなので様々な店舗で使えるのは大きなメリットです。

WAONのポイント還元率は、0.5〜1.5%

一方で、WAONのポイント還元率は、0.5〜1.5%。以下のように、使い方によって還元率が変わります。

・現金チャージ+イオングループ以外の店舗……0.5%還元
・オートチャージ(イオンカートセレクト)+イオングループ以外……1.0%還元
・オートチャージ(イオンカードセレクト)+イオングループ店舗……1.5%還元

2019年7月現在、イオンではイオングループでのWAON利用で「いつでもポイント2倍」のキャンペーンを実施中。以前は「累計利用金額500円ごとに1WAONポイント」のボーナスがあったようですが、そちらは2019年6月末をもって終了しています。

よって、最高の還元率は1.5%。圧倒的に、クレジットカードよりもお得ですよね。WAONを利用するなら、イオンカードセレクトでのオートチャージ+イオングループ利用が最強です。

ちなみに、ポイント2倍の対象となるイオングループ店の一例は以下の通りです。

<対象店舗一覧>
イオン、イオンスタイル、ダイエー、ダイエーグルメシティ、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ザ・ビッグ、アコレ、ピーコックストア、サンデー、KOHYO、まいばすけっと、マルナカ、イオンモール、ビブレ、フォーラス、OPA、イオンリカー、イオンバイク、R.O.U、イオンボディ

※実施していない店舗および専門店がございます。
※イオンネットスーパーおよびオンラインショップは対象外となります。

引用元:https://www.waon.net/campaign/20190601_2baipointcp/

さらに、WAONは店頭でのボーナスポイントも

WAON利用者に嬉しいのが、WAONでの「ボーナスポイント」。

イオン店頭で「この商品をWAONで購入すると50ポイントボーナス」という札がついていることがあるのはご存知でしょうか。300円程度の商品に、何十ポイントもつくケースもあります。

こうした店頭での「ボーナスポイント」もWAONならではの特典です。上手に使えば還元率がグンと上がりますので、ぜひ店頭でチェックしてみてくださいね。

WAONより「クレジットカード」を積極的に使いたいシーン

クレジットカード二枚

WAONよりもクレジットカードの方が使った方がいい、もしくはクレジットカードしか使えないシーンも多数。次のような場所・状況ではクレジットカードを使いましょう。

POINT

クレジットカードを使いたい場所・状況

  • イオン関係以外での店舗(WAON利用対象外)
  • 高額決済

WAONが実力を発揮できるのは、イオン関連の施設です。よって、それ以外の店舗ではクレジットカードの方が使えるシーンが多いもの。

また、WAONはチャージに上限金額があるため、高額決済には向いていません。高額決済やWAONが使えない店舗では、クレジットカードを活用しましょう。

クレジットカードより「WAON」を積極的に使いたいシーン

ポイントを解説する女性

クレジットカードよりもWAONを積極的に使いたいのは、次のようなシーンです。

POINT

電子マネーWAONを使いたいシーン

  • ポイント2倍の対象となるイオン店舗
  • WAONが使える全店舗(イオン関係中心)
  • 少額決済

電子マネーWAONが利用できる店舗は、ほとんどがイオングループ。かつ、オートチャージを設定していれば、イオングループでは常に「クレジットカード」よりもお得です。

また、クレジットカードを出すのが恥ずかしい少額決済でも活躍するのはWAONです。WAONが使えるコンビニ(ミニストップなど)では、ぜひ積極的にWAONを使いましょう。

WAONとクレジットカードの使い分けができる便利なクレジットカード

WAONとクレジットカードの使い分けができる便利なクレジットカード「イオンカードセレクト」は、イオングループ利用でのお得度が最も高くおすすめです。

イオンカードセレクト

イオンカードセレクト(イオン銀行一体型)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜2.0% 発行日数 2週間程度

イオンカードセレクトは、WAONのポイント2倍特典、オートチャージといったWAONのお得な特典を全て活用できる唯一のクレジットカード。

入会限定キャンペーン

新規ご入会者限定キャンペーン!新規ご入会&条件クリアで、カードご利用代金最大20%(合計10万円まで)キャッシュバック!

オートチャージでポイントが貯まるカードに「JALカード」と「JMBWAON」の組み合わせもありますが、こちらはポイント2倍の対象外です。

イオンカードセレクトなら、付属のWAONにオートチャージ設定をすることで、残高が設定を下回った時に自動でチャージ。さらに、WAONが使えないシーンではクレジットカードとして利用できるといった「使い分け」するにはベストなカードです。

お得にWAON、クレジットカードを活用したいなら、手に入れて損はありません。

WAONとクレジットカードの使い分けは「場所」と「状況」次第!

どちらも「使える」条件で選ぶのであれば、クレジットカードよりもWAONの方がお得です。

特に、イオングループではWAONへのイオンカードセレクトオートチャージ、利用で合計1.5%という破格の還元率。

WAONは電子マネーですので、クレジットカードよりも使える店舗が少ないのが弱点。よって、

・WAONが使える場所、少額決済……WAONを利用
・WAONが使えない場所、高額決済……クレジットカードを利用

といった使い分け方法でOKでしょう。

上手く使えばお得なキャッシュレス生活が送れますので、ぜひイオンカードセレクトを取得し、活用しましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内