• HOME
  • ETCカード
  • ETCカードを作ったら登録!ETCマイレージサービスのメリット

ETCカードを作ったら登録!ETCマイレージサービスのメリット

ETCカード 更新:2018年10月4日 公開:2018年9月13日92 view

カードを持つ女性

ETCカードを作ったら、すぐに登録しておきたいのが「ETCマイレージサービス」です。今回は登録するとポイントもたまり非常にお得なETCマイレージサービスについて、メリットや注意点などを簡単に解説します。

これからETCカードを作る方、ETCをよりお得・快適に使いたい方はぜひ参考にしてくださいね。

ETCカードを作ったら「ETCマイレージサービス」に登録しよう!

冒頭でもお話しした通り、ETCカードを作った時にまずやっておきたいのが、「ETCマイレージサービス」に登録することです。

ETCマイレージサービスは、お手持ちのETCカードと車載器を紐付けして登録することで、ETCカードを利用した時に、利用額や利用した高速道路に応じてポイントが貯まるサービスのことです。

年会費などは一切かからないため、どうせ還元率はそれほど良くないと思う方もしれませんが、実際の還元率は1%〜10%と高く設定されており、使えば使うほど高還元率となります。

ETCマイレージサービスに登録するメリット

ETCマイレージサービスに登録するメリットは、次の通りです。

POINT

  • 1.道路事業者ごとにETC利用ポイントがたまる
  • 2.過去にどの道路を使ったか確認できる
  • 3.利用ポイントは「無料通行分」として交換可能!実質のキャッシュバック
  • 1.道路事業者ごとにETC利用ポイントがたまる

    NEXCO東日本/中日本/西日本を中心とした「ETCマイレージサービス」への加入道路事業者が管理する高速道路をETCカードで利用すると、ETCマイレージの利用ポイントがたまります。どの道路を使うかによって還元率は異なりますが、少なくても1%、1か月間にたくさん利用すれば10%もの還元率になることもあり、非常にお得です。

    ETCカードを発行するもととなるクレジットカードを上手に選べば、クレジットカードポイントも利用額に応じて1.0%以上でためられますので、ポイントの「二重取り」が可能です。

    2.過去にどの道路を使ったか確認できる

    あまり注目されていないメリットかもしれませんが、ETCマイレージサービスに登録していると「明細」として、「いつ、どこで、いくら利用したのか」がすぐに確認できます。また、どこの道路を利用した時に何ポイントついたかということも確認できますので、仲間内で外出した時も、金額や詳細の確認・精算がしやすくなります。

    有人ゲートで現金支払いをしたときには、一覧で最近利用した道路・区間などを簡単に確認することはできませんので、これだけでも利用価値はあります。

    3.利用ポイントは「無料通行分」として交換可能!実質のキャッシュバック

    ETCマイレージでためた利用ポイントは、使い道としてわかりやすくためた量に応じて「無料通行分」として交換することができます。一度に交換するポイントが多いと還元率(交換率)が上がる道路事業者もいますが、中にはポイント交換率は常に一定で、月にいくら利用したかという基準でポイント加算が変わるところもあり、一律ではありません。

    ポイントの還元率や交換率は異なるものの、「無料通行分」として実質のキャッシュバックと同じですから、頻繁にETCカードを使う方にとっては非常にメリットが大きいと言えます。

    ETCマイレージサービスに登録するには?簡単に解説!

    ETCマイレージサービスには、ETCマイレージサービスの公式ページの「新規登録」から簡単に加入することができます。登録ボタンを押した後は、画面の案内に従って情報を入力しながら進めていくだけですが、登録には「ETCカード」と「車載器管理番号」、「車両ナンバー」が必要ですので、あらかじめ準備しておきましょう。

    車載器管理番号は、車載器本体のラベルなどに記載してありますので、メモしておくとスムーズです。ちなみに、SAなどで配布している用紙を使った郵送での申し込みも可能ですが、その場合は登録までに日にちがかかってしまい、ドライブの日までに間に合わなくなってしまう可能性もありますので、申し込み当日の走行からポイント加算されるオンライン申し込みが便利です。

    ETCマイレージサービスに登録する注意点

    ETCマイレージサービスに登録する注意点は2つあります。
    それぞれ、知らないと損をしてしまうことになりますので、覚えておいてくださいね。

    POINT

  • 1.車載器は原則ETCカード1枚につき1つ必要
  • 2.ポイントの有効期限は1年
  • 1.車載器は原則ETCカード1枚につき1つ必要

    ETCカードは中古でも車載器さえきちんとつけていれば使える! と考えている方もいると思います。
    実際に、ETCカードを使うだけなら他人の車についた車載器でもOKですが、ETCマイレージサービスでポイントをためようと思った時は、「1つの車載器」につき「1枚のETCカード」が原則です。

    同居の家族のETCカードであれば1台の車載器に4枚のカードまで登録できるのでそれほど心配はいりませんが、ネットオークションやフリマアプリなどで購入した中古品は、「ETCマイレージサービス」への登録情報が消されているものを購入しましょう。

    ちなみに、一度登録済みのETCカードであれば、他人の車載器を利用してもきちんとポイントはたまりますので、ご安心ください。

    2.ポイントの有効期限は1年

    ETCマイレージサービスは高還元率でお得なポイントサービスですが、1つ欠点があるとすればポイントの「有効期限」の短さです。有効期限は1年となっており、有効期限がきれたポイントは失効してしまいますので、こまめにポイントを利用するか、お知らせメールなどのサービスを利用して無駄なく使いきれるようにしましょう。

    ETCカードを持ったらETCマイレージサービスへの登録はすぐしよう

    ETCマイレージサービスは登録無料、年会費無料でお得に高速道路が利用できるポイントサービスですが、利用には「登録」が必須です。当然ですが、登録していなければ、ETCカードの元カードであるクレジットカードポイントしかつかない状態になります。

    少しでも損をしないためにも、自分の気に入ったクレジットカード・ETCカードが届いたら、すぐに「ETCマイレージサービス」へ登録しておくことを忘れないように徹底してくださいね。

    記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

    関連コラムRELATED COLUMNS

    入会キャンペーンCAMPAIGN

    入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

    【人気】クレジットカード特集