• HOME
  • ETCカード
  • ETCカードのみの発行はできる?作り方やメリット・デメリット

ETCカードのみの発行はできる?作り方やメリット・デメリット

ETCカード 更新:2018年10月11日 公開:2018年10月11日57 view

カードを指差す女性

ETCカードは基本的に「クレジットカード」とセットで発行されることが多く、ETCカード「のみ」を発行するという形は少なくなっています。

今回は、クレジットカードなしでETCカード「のみ」を発行する方法や、そのメリット・デメリットを解説いたします。ETCカードのみを発行して使いたいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ETCカード「のみ」の発行は可能!ただし一般的なカードとは異なる

ETCカードは持っていると非常に便利で、ちょっとしたドライブの時も料金所ゲートを「ノンストップ・キャッシュレス」で通行できる、今時のドライバーには必須のツールと言えます。

一般的なETCカードというと、クレジットカードの付帯カード、追加カードというイメージが強くあると思いますが、実は「ETCカードのみ」の発行ができるちょっと特殊なカードも存在します。

ETCカード単体で発行できる「ETCパーソナルカード」は、高速道路6会社が共同で発行するETCカードで、クレジットカードを持ちたくない方や、理由があって審査に自信がないという方に選ばれています。

審査なし=信用無しでもOKのETCカードということで、審査はなくとも発行するにあたって少々大変な面もありますが、どうしてもクレジットカードを作れない・作りたくない方でもETCカードを持てる手段として、覚えておいて損はありません。

ETCカードのみを発行するメリット

ETCカードのみで発行できる「ETCパーソナルカード」を作るメリットは、次の通りです。

POINT

  • クレジットカードを持たずに済む
  • 審査が全くない
  • ETC割引・マイレージサービスを利用できる

1.クレジットカードを持たずに済む

ETCカードのみを発行するメリットのひとつが、「クレジットカード」を持つことなくETCカードが持てる、というところです。

クレジットカードは紛失・盗難時に保障が受けられるため、「現金」を持ち歩くよりも安心・安全なお買い物の手段ではありますが、中には「なんとなく持ちたくない」、「クレジットカードはこわい」というイメージを持つ方もいると思います。

そんな中でクレジットカードとは全く関係なしに発行できる「ETCパーソナルカード」の存在は、クレジットカードを持ちたくない方にとってはとても便利なツールと言えます。

2.審査が全くない

ETCカードのみを発行希望するケースでは、クレジットカードの「審査」を受けるのが嫌、もしくはなんらかの理由で信用情報(クレヒス)が悪い、自信がないという理由を持っている方が少なくありません。

ETCパーソナルカードは、審査で信用力をチェックする代わりに、担保として「保証金(デポジット)」を預かるシステムで運営されているため、煩わしい審査なしで誰でもお金さえあれば発行可能です。

3.ETC割引・マイレージサービスを利用できる

ETC割引やマイレージサービスを利用できる、というのは、「料金所」の有人ゲートで高速料金を支払った時と、ETCカードを使った時を比較した際のメリットです。マイレージサービスはあくまで「どのETCカードでも使える(ETCコーポレートカードを除く)」ものですので、ETCパーソナルカードだから特別、というわけではありません。

ETCカード「なし」と比較すれば、ETC割引やETCマイレージサービスのポイント還元などを利用することで10%〜30%もお得に通行できるようになりますので、利用頻度や支払額が多い方にとっては非常にメリットが大きいと言えます。

ただし、くわしくは「デメリット」の章で解説しますが、ETCパーソナルカードの場合は利用料金が多くなるにつれて、別のコスト面のデメリットも大きくなってしまうところが注意点ではあります。

ETCカードのみを発行するデメリット

ETCカードのみ、つまりETCパーソナルカードを発行するデメリットは、次の通りです。

POINT

  • 保証金(デポジット)の支払いが必要
  • 年会費がかかる
  • ポイントの二重取りができない
  • 発行までに時間・手間がかかる

1.保証金(デポジット)の支払いが必要

ETCパーソナルカードは、審査がないかわりに、貸し倒れを防ぐために、信用に変わる担保として保証金(デポジット)を支払うシステムになっています。デポジットは平均月間利用金額の4倍の金額を預けることになっており、最低金額は2万円です。5千円単位で、5千円未満の単位は切り上げで計算されます。

例えば、毎月8,000円をETC利用する方なら、切り上げで「1万円」とみなされ、利用を開始する前に「4万円」をデポジットとしておさめます。毎月2万円利用する方なら8万円とかなり高額になってくるため、ETCパーソナルカードを利用している間はずっと預けていなくてはいけないことから、「初期費用が高い」と言えます。

2.年会費がかかる

ETCパーソナルカードには、「年会費」が必要です。

クレジットカード付帯の一般的なETCカードなら、年会費は無料、もしくは数百円程度になっていることが多いですが、ETCパーソナルカードの場合は「運営費の負担」として毎年1,234円(税込)をカード発行日の翌月に引き落としされます。

維持費や年会費をできるだけかけたいくない方にとっては、デメリットに感じてしまうポイントです。

3.ポイントの二重取りができない

一般的なETCカードの多くが「クレジットカード」の追加カードとして発行されており、ETCカードを利用した時は「クレジットカード利用」と同じ扱いになるため、0.5〜1.0%程度のカード利用ポイントがためられます。

一方、ETCパーソナルカードの方は純粋な「ETCカード」ですから、カードポイントは当然ためられず、ETCマイレージサービスのポイントしか付与されません。クレジットカードのETCカードででは、クレジットポイントとマイレージポイントの「二重取り」ができますが、ETCパーソナルカードではそれができないのでややお得度が下がります。

4.発行までに時間・手間がかかる

ETCパーソナルカードは、申し込みの基本的な手続きが全て「郵送」で行われるため、申し込みから発行までに非常に時間がかかります。

はっきり言って、スピーディにETCカードを手にしたいといったシーンでは、全くおすすめできません。しかも、「デポジット」の振込や、その確認まで発生するため、おそらくどんなに早くても発行までに1か月程度はかかると言えるでしょう。

クレジットカード付帯ETCカードなら最短即日発行という会社があるのと比べると、デメリットと感じてしまいますね。

ETCカードのみで発行可能!「ETCパーソナルカード」の作り方

ETCカードのみで発行できる「ETCパーソナルカード」は、一般的なクレジットカード付帯のETCカードとは異なり、オンラインでの手続きができません。ここでは、ETCパーソナルカードを発行するための手順を解説します。

POINT

ETCカードのみで発行できる「ETCパーソナルカード」の作成手順

  • 申込書を入手する
  • 申込書に必要事項を記入し、郵送
  • デポジットを振り込む
  • 振込確認後、郵送でカードが到着

1.申込書を入手する

まず、ETCパーソナルカードの申し込みは「申込書」を入手するところから始まります。

入手場所は有料道路のSA等のインフォメーションで入手できるほか、ETCパーソナルカード事務局(044-870-7333/土日、祝日、年末年始除く9:00~17:00)に直接電話をして郵送依頼することもできます。

2.申込書に必要事項を記入し、郵送

ETCパーソナルカード利用申込書を手に入れたら、必要事項を記載し、切手を貼ってETCパーソナルカード事務局宛に郵送します。本人確認書類、銀行の預金口座(口座振替用)の情報が必要ですので、忘れずに記載し、必要なものを同封してください。

3.デポジットを振り込む

申込書がETCパーソナルカード事務局で確認されたら、デポジットの振込依頼書が郵送されてきます。郵便局取扱窓口、またはコンビニエンスストアなどでお支払いください。

4.振込確認後、郵送でカードが到着

デポジットの振込を事務局で確認でき次第、ETCパーソナルカードが郵送されます。手元に届いたその日から、利用することができますが、デポジット入金から確認、カード到着までは2週間程度かかります。

個人がETCカードのみを発行するなら「ETCパーソナルカード」

個人がETCカード「のみ」を発行したいなら、選択肢としては「ETCパーソナルカード」しかありません。

会社経営者や個人事業主として事業用にETCカードだけを発行したい時には別の選択肢もありますが、個人利用するのにわざわざそういった「企業用」カードを作るのも現実的ではありません。

基本的には、初期費用が高くなることや、メリットが少ないことから「クレジットカード付帯」のETCカードの方がおすすめですが、クレヒスに問題がある、何らかの理由でクレジットカードを持ちたくないという場合には、一度「ETCパーソナルカード」の発行を検討してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集