• HOME
  • ETCカード
  • ETCカードで受けられる割引と注意するポイント

ETCカードで受けられる割引と注意するポイント

ETCカード 更新:2018年10月4日 公開:2018年9月11日230 view

ETCカードで受けられる割引

ETCカードは有人ゲートで止まって支払うよりもスピーディかつ「お得」ということで知られていますが、実際にどんな割引の種類があるかをきちんと把握していない、という方もいるでしょう。今回は、知っておくと役立つETCカードの「割引」の種類を解説します。

ETCカードのお得さを知り、より効率的にETCカードを活用できるようにしましょう。

ETCカードで受けられる「割引」の種類は?

ETCカードで受けられる割引の種類は、次の通りです。

POINT

ETCカードで受けられる割引4種

  • 平日朝夕割引
  • マイレージポイント
  • 深夜割引
  • 休日割引

1.平日朝夕割引

平日朝夕割引は、ETCマイレージサービスへの事前登録がないと受けられない割引です。割引対象となる日時は、平日の6時〜9時、17〜20時の間で、祝日をのぞく月曜日から金曜日までを指しています。

割引対象となる道路はNEXCO東日本、NEXCO中日本/NEXCO西日本が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)、および宮城県道路公社の仙台松島道路です。割引条件は1か月のETC利用が5〜9回までで「通行料金のうち最大100km相当分を30%」、10回以上でその割引率が「50%」にもなります。

還元分は、翌付きの20日にETCマイレージサービスの無料通行分として付与されます。通勤などで頻繁に高速道路・有料道路を利用する方にはありがたい割引サービスですね。

2.マイレージポイント

マイレージポイントは、ETCマイレージサービスに登録した方のみが受けられる「割引」で、厳密にいうと「ポイント還元」なのですが、結果的に還元分は割引されるため、ここでは「割引」として扱います。

マイレージポイントは、通行料金に応じてポイントが還元され、ためたポイントは無料通行分としてETCカード利用時に割引できます。後の章で詳しく解説いたしますが、高速道路の管轄がどこの組織かで還元率は異なります。

年会費などは無料にもかかわらず、金額が大きくなればなるほど還元率も上がるため、頻繁に高速道路・有料道路を利用する方なら必ず登録しておくようにしましょう。

3.深夜割引

深夜割引は、その名称通り「深夜時間帯」に高速道路を利用した時に適用される割引です。

割引対象日時は「毎日 0時〜4時」で、割引率は30%、割引対象道路は平日朝夕割引と同様に、NEXCO東日本、NEXCO中日本/NEXCO西日本が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)、および宮城県道路公社の仙台松島道路です。

4.休日割引

休日割引は、「普通車・軽自動車(二輪車)」限定で受けられる割引となっており、土日、祝日は終日「30%割引」が適用されます。適用区間はこちらも変わりなく、NEXCO東・中・西日本のNEXCO3社が管理する地方部の高速道路(東京・大阪近郊は対象外)及び宮城県道路公社の仙台松島道路です。

ETCカード利用でのマイレージ還元率は利用道路によって異なる

ポイントを示唆する男性

割引の種類を解説する際に、ETCカード利用でのマイレージ還元率が「利用道路」によって異なることを解説いたしました。ここでは、どの組織が運営する道路を利用すると、どの程度の還元が受けられるのかを解説します。

POINT

マイレージサービスで還元が受けられる道路管理会社

  • NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社・本州四国連絡高速道路株式会社
  • 阪神高速道路株式会社
  • 愛知県道路公社
  • 神戸市道路公社
  • 福岡北九州高速道路公社・名古屋高速道路公社・広島高速道路公社

NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社・本州四国連絡高速道路株式会社

NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社・本州四国連絡高速道路株式会社が管理する道路を通行する場合、1回の利用ごとに「10円につき1ポイント」のポイントが付与されます。ポイントは、次の表のように無料分と交換できますので、還元率は最高10%、最低でも5%と高くなっています。

ポイントの交換単位 還元額(無料通行分)
1,000ポイント 500円分
3,000ポイント 2,500円分
5,000ポイント 5,000円分

阪神高速道路株式会社

阪神道路株式会社の場合は、阪神高速道路8号京都の利用ごとに100円につき3ポイント、さらに月間利用額に応じて以下のポイントが加算されます。ポイントは100ポイント単位で、100ポイントにつき100円分の無料通行分に交換できますので、3%以上はつく計算です。

月間利用額 加算ポイント(100円につき)
10,000円までの部分 0ポイント
10,000円を超え、35,000円までの部分 3ポイント
35,000円を超え、70,000円までの部分 5ポイント
70,000円を超える部分 10ポイント

※阪神高速道路では次式の計算により、ポイントが加算されます。
付与ポイント=阪神高速道路全体に対する加算ポイント×(8号京都線月間利用額÷阪神高速道路全体の月間利用額)

愛知県道路公社

愛知県道路公社が管理する道路を利用する場合、1回の利用ごとに100円につき1ポイント、100ポイント単位で100ポイント=100円分の無料通行分へ交換できます。さらに、月間の利用額に応じて以下のポイントが加算されます。

月間利用額 加算ポイント(100円につき)
5,000円までの部分 0ポイント
5,000円を超え、10,000円までの部分 4ポイント
10,000円を超え、20,000円までの部分 8ポイント
20,000円を超え、30,000円までの部分 12ポイント
30,000円を超える部分 18ポイント

ポイント還元率は最低1%、利用額が大きくなるにつれて10%に近くなります。

神戸市道路公社

神戸道路公社が管理する道路を通行する際は、1回の利用ごとに50円につき3ポイント、200ポイントで100円分の無料通行分と交換できます。ポイントの交換単位は、200ポイント単位です。

50円につき3ポイント付与されるため一見還元率が高く見えますが、交換率は200ポイント=100円となっており、他の道路と比較するとあまりよくありません。基本は3%以上の還元率、高額になるにつれて部分的に還元率が上がり、最高7%以上になるしくみです。

月間利用額 加算ポイント(50円につき)
10,000円までの部分 0ポイント
10,000円を超え、35,000円までの部分 3ポイント
35,000円を超え、70,000円までの部分 5ポイント
70,000円を超える部分 10ポイント

福岡北九州高速道路公社・名古屋高速道路公社・広島高速道路公社

福岡北九州高速道路公社・名古屋高速道路公社または広島高速道路公社の管理する道路は、利用ごとに100円につき1ポイント付与され、100ポイント単位で100ポイント=100円分の無料通行分へと交換できます。さらに月間利用額に応じて、以下のポイントが加算されます。

月間利用額 加算ポイント(100円につき)
5,000円までの部分 0ポイント
5,000円を超え、10,000円までの部分 3ポイント
10,000円を超え、20,000円までの部分 6ポイント
20,000円を超え、30,000円までの部分 12ポイント
30,000円を超える部分 19ポイント

ポイント還元率は1%以上、利用額が大きくなるにつれて還元率10%に近づくしくみです。

ETCカード利用で割引を受ける際の注意点

ETCカードの利用で割引を受ける際は、次のことに注意しておきましょう。

POINT

  • 事前にETCマイレージサービスへ登録しておく
    ・原則は1つの車載器=1枚のETCカード
    ・ポイントは道路事業者ごとに貯まる!道路事業者間での合算不可

1.事前にETCマイレージサービスへ登録しておく

ETCカードは持っているだけでたくさんの割引が受けられる、というわけではありません。ETCの割引・マイレージサービスを受けるには、事前に「ETCマイレージサービス」への登録が必要です。ETCマイレージサービスへの登録は、オンラインで簡単にできます。登録は公式ページから行いましょう。

申し込みにはETCカードのほか、ETC車載器管理番号、車両ナンバーが必要ですので、用意しておいてくださいね。車載器の管理番号は、車載器本体ラベルに印字されていますので、事前にチェックしておくとスムーズです。

2.原則は1つの車載器=1枚のETCカード

原則として、家族で車を共有しているといったケースを除き、1つの車載器=1枚のETCカードとなっています。例えば、友人の車載器を譲られたとしても、マイレージサービスとすでに紐付けされているものであれば、自分のETCカードを登録して使うことはできません。受け取る前に、マイレージサービスから車載器の情報を消してもらうように頼んでおきましょう。

同居の家族が持つ家族カードであれば4枚まで登録ができますが、その場合は当然それぞれのETCカードのマイレージポイントがたまりますので、合算はできません。

3.ポイントは道路事業者ごとに貯まる!道路事業者間での合算不可

マイレージサービスでよく思い違いがされているのが、「道路事業者」ごとに付与されるポイントが「合算可能」だということです。正解は、道路事業者ごとにポイントは別管理となり「合算不可」なのですが、同じ「マイレージサービス」ということで勘違いしやすいため、ご注意くださいね。

ETCカードの割引は条件ありが多い!チェックしてお得に利用しよう

ETCカードはマイレージサービスに登録して利用することで、様々な割引が使えて有人ゲートで支払うよりもずっとお得です。ETCカードの割引は、条件を満たせば適用されるものばかりですので、どの条件でどの程度割引されるかを把握しておけば、効率よくETCを使いやすくなります。

ETCカード自体にも種類があり、年会費や元カードのポイント還元率も含めてお得度が異なりますので、ぜひ自分に合ったクレジットカード・ETCカードを選び、上手に活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集