• HOME
  • ETCカード
  • Suica機能つきでETCカードが年会費無料のおすすめクレジットカード

Suica機能つきでETCカードが年会費無料のおすすめクレジットカード

ETCカード 182 view

ICカードと改札

Suica機能付きのクレジットカードでETCカードを発行するなら、できるだけ「年会費無料」のクレジットカードが欲しいですよね。

そこで今回は、ETCカードを年会費無料で発行できる「Suica機能付きクレジットカード」をご紹介します。ただし、該当カードが1枚のみと少ないので、他のおすすめカードもあわせてご紹介しますね。

Suica機能あり、ETCカードが年会費無料のクレジットカード

Suica機能がついており、さらにETCカードを無料で発行できるクレジットカード、それは「イオンSuicaカード」一択です。

イオンSuicaカード

イオンSuicaカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜2.0% 発行日数 書類返送後、約2〜3週間

イオンSuicaカードは、年会費無料で発行されているイオングループのクレジットカードです。ビューカードの提携カードとして、Suica機能がついています。

ETCカードの年会費も無料、ポイント還元率は通常0.5%です。

入会限定キャンペーン

新規ご入会者限定キャンペーン!新規ご入会&条件クリアで、カードご利用代金最大20%(合計10万円まで)キャッシュバック!

Suicaへのオートチャージにも対応していますが、実はSuicaチャージの還元率は0.25%と非常に低く、本家ビュースイカカードの6分の1しかありません。

ビュースイカカードは、オートチャージや定期券購入なら還元率3倍の1.5%。Suicaをしっかり使っていきたい方には、断然ビュースイカカードのほうがいいと言えます。

たまにSuicaカードを利用する程度のイオンユーザーにはおすすめできますが、Suicaのヘビーユーザーならはっきりいって持つ意味は乏しいと言えるでしょう。

Suica機能ありのクレジットカードで「ETC年会費無料」は1枚のみ

クレジットカードで困りごとがある女性

先述の通り、実はETC年会費が無料、かつSuica機能付きのクレジットカード、となると選択肢は「イオンカードSuica」しかありません。ですが、はっきりいってイオンカードSuicaの「Suica機能」はお得度の面で「おまけ」程度の存在だと思ったほうがいいでしょう。

ですから、お得さを求めるなら、SuicaのヘビーユーザーがイオンカードSuicaを発行するのはおすすめできません。

ETCカードは別の「年会費無料カード」で作るのがおすすめ

ETCカードを持ちたいなら、わざわざ「Suica機能付き」クレジットカードで発行するよりも、他の年会費無料カードで作ったほうがお得です。Suica機能つきでSuicaチャージがお得になるクレジットカードは、ほとんどがETCカード年会費有料。約500円の年会費がかかります。

ポイント還元率はビュースイカカードで0.5%ですから、実を言うと、500円分得をするには10万円分のETC利用が必要なのです。それだけ使って、やっと「元が取れる」程度ですと、普通のご家庭では少し損ではないでしょうか。

このことから、Suika機能付きクレジットカードを使いつつETCカードを発行するなら、2枚持ちがおすすめ。「Suica機能付きカード」とは別の、年会費完全無料で持てるETC用クレジットカードを取得しましょう。

Suicaと相性がよいおすすめのETC無料クレジットカード

ここでは、モバイルSuicaと相性抜群、かつETCカード年会費無料なクレジットカード「オリコカード ザポイント」をご紹介します。Suicaをたまにチャージして利用する程度なら、こちらのカード1枚でも十分でしょう。

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0〜2.0% 発行日数 最短8営業日

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、年会費無料で発行されている高還元率なクレジットカードです。発行元はオリエントコーポレーション。信販系の会社です。

ETC発行手数料・年会費ももちろん無料。ポイント還元率は1.0%です。

入会限定キャンペーン

新規入会&利用条件クリアで、今なら最大8,000オリコポイントプレゼント!

ビュースイカカードといった「Suicaヘビーユーザーにおすすめ」のカードと併用するなら、このような「年会費完全無料でETCカードが作れる」カードとの2枚持ちがおすすめ。

しかもこのカード、実はモバイルSuicaへのApple Payチャージ時に利用すると、1.0%の還元率でモバイルSuicaでのチャージができてしまいます。たまにしかSuica(モバイルSuica)を使わない、Apple Payユーザーなら、これ1枚でもOK。非常におすすめできます。

Suica機能付きクレジットカードでETCカードを発行する注意点

注意点を示唆する女性

Suica機能付きのクレジットカードでどうしてもETCカードを発行したいと考えているなら、次の注意点は知っておいてください。

POINT

ゴールドカードの審査に「通りやすく」する方法

  • ポイント還元率が低め
  • 必ずしも「支払いをまとめる」ことだけがお得じゃないことも

1.ポイント還元率が低め

Suica機能付きクレジットカードはビューカードが最もお得です。ですが、ビューカードシリーズの欠点は「普段のショッピング」での還元率がそれほど良いものがないこと。

例えば、ビュースイカカードなら通常還元率0.5%となっています。となると、ETCカード利用時はさらに還元率が良い「常時1.0%以上」のクレジットカードのほうが、お得感は高め。同じ利用金額でも、得するポイントの差が2倍もあります。

ポイント還元率が少しでも高い状態でETCカードを利用したいなら、ビューカードと一般高還元率カード(ETCカード無料)の2枚持ちをしましょう。

2.必ずしも「支払いをまとめる」ことだけがお得じゃないことも

一般的に、クレジットカードのポイントを効率よく貯めるには「1枚のクレジットカードに支払いをまとめる」のが正解です。ですが、ビューカードまわりに関しては、Suica利用時は最強のクレジットカードとなる一方で、一般利用ではそれほどメリットがない面も。ETCカードも同様です。

Suicaや定期券利用時にはビューカード、それ以外の買い物は一般高還元率カード、といったように「使い分け」するほうが、結果的にお得なこともあります。

ETCカードは年会費を支払ってまでビューカードで発行するより、別のクレジットカードで利用したほうが断然お得です。Suica機能付きクレジットカードに関しては、1枚に集約することにこだわらず、賢く2枚持ちを検討してみてください。

まとめ|Suica機能付きクレカでETCを無料発行するならメリット・デメリットを考えよう

Suica機能付きクレジットカードでETCカードを無料発行したいなら、イオンカードSuica一択です。ですが、ETCカード年会費無料のメリットはあるものの、実を言うとSuicaチャージのポイント還元率が低い、イオンユーザー以外にはメリットが少ないというデメリットも。

Suicaをお得に使いながらETCカードも発行したいなら、Suica機能付きクレジットカードだけにこだわらないこと。ETCカード発行が無料の高還元率カードを取得して「2枚持ち」するのがおすすめです。

自分に合った組み合わせのカードを見つけて、ぜひ賢く、お得に活用してくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内