手厚い海外旅行保険が付帯するゴールドカード4選!

海外でクルージング

クレジットカードに付帯する海外旅行保険。保険内容が難しく、どう選べば良いかわからない、何が必要なのかわからない、という方も多いかと思います。

海外は日本国内での旅行と違い、言葉が通じにくく意思疎通が難しくなってしまいますよね。万が一のトラブルが起きた場合を考えると、しっかりとした保険付帯やサポートがないと、不安は高まってしまうのではないでしょうか。

一般的なクレジットカードにも海外旅行保険は付帯しているケースもありますが、より安心できる充実した保険が付帯するのがゴールドカード。

この記事では、手厚い海外旅行保険が付帯するゴールドカードのご紹介と、ゴールドカードに付帯する海外旅行保険を選ぶときのポイントについて解説しています。

これから海外旅行の予定がある方や、より充実した保険のついたゴールドカードが欲しい、という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

海外旅行保険が手厚いおすすめのゴールドカード4選!

ここでは、海外旅行保険が手厚いおすすめのゴールドカード4枚をご紹介します。

1.三井住友VISAゴールドカード

三井住友カード ゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短3営業日

三井住友VISAゴールドカードは、老舗カードブランド「三井住友カード」が発行する、安心と信頼のゴールドカード。
国内最高峰のゴールドカードとして、高いステータスを誇る1枚。

入会限定キャンペーン

新規ご入会&vpassスマホアプリログインでWトクキャンペーン! もれなく最大12,000円還元(ご利用金額の20%)!さらにタダチャン!1/50の確立で全額タダに!(上限10万円)

三井住友VISAゴールドカードには、充実した海外旅行保険が付帯しています。

・傷害死亡・後遺障害……最高5,000万円(うち自動付帯1,000万円)
・傷害・疾病治療費……最高300万円
・携行品損害……最高50万円
・賠償責任……最高5,000万円
・救援者費用……最高500万円

傷害死亡・後遺障害の一部は利用付帯となっています。補償を最高額まで付帯したい場合は、本カードでの決済が必須となりますので、覚えておきましょう。

また、家族特約もついているため、本会員だけでなく、家族の病気や怪我なども安心です。もちろん、キャッシュレス診療サービスも対応。

そのほか、空港ラウンジサービスなど、海外旅行時に役立つサービスがしっかりと盛り込まれています。

三井住友VISAゴールドカードは、充実した手厚い海外旅行保険が付帯するゴールドカードでありながら、リーズナブルに持てるおすすめの1枚です。

2.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費
(初年度)
29,000円+税 年会費
(2年目)
29,000円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 約3週間

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、国内外で高いステータス性を持つアメリカン・エキスプレスが発行するゴールドカード。
充実した保険の付帯し、ワンランク上の上質なサービスも利用できるハイステータスな1枚です。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードご入会キャンペーン!新規ご入会&ご利用条件クリアで合計30,000ポイント獲得可能!

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの海外旅行保険内容は、以下のようになっています。

・死亡・後遺障害……最高1億円(うち自動付帯5,000万円)
・傷害・疾病治療費……最高300万円(うち自動付帯200万円)
・携行品損害……1旅行中最高50万円
・賠償責任……最高4,000万円
・救援者費用……最高400万円(うち自動付帯300万円)

基本は自動付帯となっていますが、本カードで旅費を決済すると、より保険金額が手厚くなります。

家族特約もついており、本会員の家族にも保険が適用されます。しかし、家族カード会員の場合、全て利用付帯となっている上に、本会員よりも補償金額が下がる項目もあるため注意が必要です。

また、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、航空便遅延費用も補償。航空機の遅延・欠航、手荷物の遅延や紛失のトラブルがあっても、補償してくれますよ。キャッシュレス診療にも対応しているのも、大きな魅力です。

また、付帯特典であるプライオリティパスを活用すれば、充実した付帯特典の活用で、快適な海外旅行が楽しめるでしょう。

年会費はゴールドカードとしては高額になっていますが、上質な特典や手厚い保険が付帯しており、活用次第で年会費以上の価値を感じることができます。
海外旅行には、より安心できる保険が欲しい、と思う方におすすめの1枚です。

3.JCBゴールド

JCBゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け※JCBゴールドの通常デザイン/WEB限定デザインのみ、最短翌日お届けの対象となります。

JCBゴールドは、国際ブランドJCBが発行するプロパーゴールドカード。
年会費以上にお得な付帯保険・特典内容で、定番ゴールドカードとして人気が高い1枚です。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大13,500円分プレゼント! JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!

JCBゴールドに付帯する海外旅行保険は、以下の内容です。

・傷害死亡・後遺障害……最高1億円(自動付帯5,000万円)
・傷害・疾病治療費……最高300万円
・携行品損害……1旅行中最高50万円
・損害賠償……最高1億円
・救援者費用等……最高400万円

上記保険内容が自動付帯となっており、家族特約もついているため、家族での海外旅行も安心。

さらに、航空機遅延等の保険も自動付帯となっており、飛行機でのトラブルもしっかり補償が受けられます。キャッシュレス診療サービスも付帯しており、使い勝手は非常に良いですね。

JCBゴールドの付帯保険は、全体的に他社ゴールドカードと比較し、手厚く充実した内容となっています。

また、特典である空港ラウンジサービスを活用すれば、空の旅がより快適に。荷物が増えがちな帰国時には、嬉しい手荷物宅配優待サービスもありますよ。

JCBゴールドは、ゴールドカードとして恥ずかしくないステータス性に、他社よりワンランク上の付帯保険が特徴。定番かつ海外旅行保険が手厚い1枚が欲しい方におすすめです。

4.dカードGOLD

dカード GOLD

年会費
(初年度)
10,000円+税 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 1.00%〜10.0%  発行日数 最短5営業日

dカードGOLDは、NTT ドコモが発行する高還元率ゴールドカード。

ドコモユーザーだけではなく、共通ポイントをお得に貯めたい方、手厚い海外旅行保険に興味がある方におすすめな1枚です。

入会限定キャンペーン

新規ご入会&エントリー&ご利用条件クリアで、もれなく最大13,000円相当分プレゼント

海外旅行保険の内容は、以下の通りです。

・傷害死亡・後遺障害……最高1億円(自動付帯5,000万円)
・傷害・疾病治療費……300万円
・携行品損害……年間最大50万円
・損害賠償……最高5,000万円
・救援者費用……最高500万円

本カードの海外旅行保険にはこの充実の内容に加え、さらに、航空機遅延補償、家族特約までついています。残念ながら、キャッシュレス診療には対応していないので、他にキャッシュレス診療可能な保険自動付帯のカードを持っていると安心です。

また、特典として、空港ラウンジの利用が可能です。より快適な海外旅行を楽しめますね。

dカードGOLDは、キャリア系クレジットカードのため、カード自体のステータス性はそれほど高くありませんが、付帯保険とお得度重視でゴールドカードを選ぶなら、ぜひ検討してみてくださいね。

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険で重視すべき3つの保険項目

青空と飛行機

一般的なゴールドカードに付帯する海外旅行保険は、以下のような内容となっています。

POINT

一般的なゴールドカードに付帯する海外旅行保険内容

  • 傷害死亡、後遺障害
  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用
  • 航空機遅延費用

充実した保険=高額な死亡補償があるもの、とは限りません。

一般的に付帯する保険として、紹介されることの多い「傷害死亡・後遺障害などの高額な保険」より、海外旅行者が多く利用する可能性の高い、重視すべき保険内容があります。

万が一の大事に備えるだけでなく、海外旅行で起こりやすいトラブルに備えることこそ、海外旅行保険の重要なポイントと言えるでしょう。

ここでは、海外旅行保険で重視すべき3つの保険項目を解説します。ゴールドカードに付帯する海外旅行保険を考えている方は参考にしてくださいね。

POINT

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険で重視すべき3つの保険項目

  • 傷害疾病治療
  • 携行品損害
  • 航空機遅延費用(ついていないものもあるため重視する)

1.傷害疾病治療

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険の多くは、怪我による死亡・後遺障害の保証は手厚くなっています。しかし、「怪我・病気での治療費補償」については、内容が薄くなっているカードも少なくありません。

海外旅行中に、医療機関の受診が必要となるケースがないとは言えませんよね。むしろ、海外出張などが多い方なら頻度も高くなるはずです。

特に、アメリカなど高額な医療費がかかってしまう国へ行く場合、病気・怪我でも高額の補償が必要となるため、傷害疾病治療は重要な項目となります。

傷害疾病の保険内容は、発行前にしっかりと確認しておきましょう。

2.携行品損害

携行品とは、スマホやデジカメなど身の回りの持ち物のこと。旅行中の携行品は盗難・破損・事故などによる損害を被ってしまうリスクもありますよね。

カメラの破損やカバンの盗難などは、よくあることです。よって、海外旅行保険において、利用される頻度の高い補償となっています。

リスクの高いトラブルに備えて、ゴールドカード選びの際は、こちらの補償内容の確認をしておきましょう。

3.航空機遅延費用(ついていないものもあるため重視する)

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険の中でも、航空機の遅延や欠航などのトラブルの際に、交通費・宿泊代・飲食代などを補償してくれる項目です。

ゴールドカードといえど、付帯しているものと、付帯していないものがありますので、ゴールドカード選びの際はカード保険の「手厚さレベル」を見るためにも、しっかりチェックしましょう。

また、航空機の遅延・欠航だけではなく、手荷物の遅延や紛失についても、補償の対象となるカードもあります。

万が一、手荷物が届かないなどのトラブルも起きないとはいえません。付帯していると安心できる、プラスアルファの保険項目ですね。

海外旅行保険でゴールドカードを選ぶ際のポイント

ポイントを表現する女性

海外旅行保険でゴールドカードを選ぶ際には、確認しておきたい大切なポイントがあります。

万が一、保険を利用するようなトラブルが起こった時に、保険が適用されなかった……なんてことにならないよう、しっかりと確認しておきましょう。

POINT

海外旅行保険重視でゴールドカードを選ぶポイント

  • 重要な補償項目が手厚いか
  • 保険は自動付帯であるか
  • 家族特約の有無
  • キャッシュレス診療に対応しているか

1.重要な補償項目が手厚いか

何かと不安になる海外旅行は、万が一の大事に備えた、高額な保険金額に目が行きがちですが、それだけでは十分な保険とは言い切れません。「必要なときに必要な保険を使えるか」が、重要なポイントとなります。

海外旅行保険で、特に重視すべき項目は「傷害疾病治療」、「携行品損害」の二つ。

病気・怪我での治療や、スマホやカメラの盗難・損害など、利用頻度の高いトラブルに備えた補償内容が手厚くなっているか、ゴールドカード選びの際はしっかりと確認しておきましょう。

2.保険は自動付帯であるか

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険には、カードを持っているだけで保険の利用が可能となる「自動付帯」と、旅行費用をカードで支払うことで利用可能となる「利用付帯」の2種類があります。

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険が利用付帯だった場合、カードを持っていても、旅費等の決済がないと、保険の利用ができません。

より便利に手厚い保険が欲しい、何枚かのカード保険を合算したい、と思うのであれば、自動付帯となっているものを選ぶと良いでしょう。

3.家族特約の有無

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険には、「家族特約」がつくものがあります。家族特約とは、一緒に旅行へ同行する家族にもカードの保険が適用される、というもの。

家族特約がついていれば、家族カードを持たない家族であっても、保険が適用されるので非常に便利です。

カードによって付帯の有無に違いがあるため注意が必要です。また、家族特約の適用条件も、配偶者や両親は対象外(子供のみ対象)となるケースもありますので、家族特約の内容だけではなく、対象者もしっかり把握するようにしましょう。

4.キャッシュレス診療に対応しているか

ゴールドカードを選ぶ際、保険の内容だけでなく注目しておきたいのが「キャッシュレス診療に対応しているか」というポイント。

キャッシュレス診療は、事前にカード会社を通じて予約をしておくことで、指定病院の利用であれば、決まった金額までは治療費の支払いをせず治療が受けられる仕組みのことです。

日本と違い、医療費が数百万円と高額となるケースも多いため、もし立て替えが発生してしまったら、支払いができず治療が受けられない……なんてことにもなりかねません。

キャッシュレス診療に対応していれば、一時的にでも高額な医療費を支払うことなく医療機関の受診ができるようになるため、安心して医療機関へ行くことができますね。

ゴールドカードの付帯内容で満足しないなら、有料保険やプラチナカードも検討を

ゴールドカードには、充実した手厚い海外旅行保険が付帯しており、万が一の事故やトラブルに備えることができます。

しかし、ゴールドカードの付帯保険内容だけでは心配であったり、満足できなかったりする場合には、さらに充実した保険の付帯する「プラチナカード」を検討してみるのも良いでしょう。

上位ランクとなるプラチナカードは、ゴールドカードと比較した場合、より充実の内容となっています。

また、カードランクを上げずに、プラスで有料保険へ加入する、という方法もあります。

場合によってはプラチナカードでも補いきれない補償部分もありますので、不安な方は有料保険への加入も検討してみると良いでしょう。

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険は重視すべきポイントを押さえて選ぼう!

ゴールドカードに付帯する海外旅行保険には、万が一に備えた高額な死亡・後遺障害以外にも重要視すべき保険項目があります。

海外旅行で起こりやすいトラブルに備え、特に「疾病治療」や「携行品損害」の補償内容はしっかり確認するようにしましょう。

また、家族特約や航空機遅延、いざという時のキャッシュレス診療の有無も海外旅行保険を充実させるポイントとなります。

万が一の大事以外にも、必要なときに必要な保険が受けられるよう、事前に保険内容について把握しておいてくださいね。

ここで紹介したゴールドカードは、どれも充実した手厚い保険の付帯するものばかり。ぜひ、参考にしながら、求める条件に合う1枚を探してみてください。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内