• HOME
  • ゴールドカード
  • 初年度年会費無料のゴールドカード比較!1年タダで試してみるべき4枚

初年度年会費無料のゴールドカード比較!1年タダで試してみるべき4枚

電卓を持って喜んでいる男女

高額な年会費をいきなり支払うとなると、なんとなく足踏みしてしまうもの。ゴールドカードを選ぶなら、無料で「おためし」ができる「初年度年会費無料」タイプがおすすめです。

今回は、初年度年会費無料のおすすめゴールドカードを比較してみました。あわせて、ゴールドカード選びで見ておきたいポイントや、初年度年会費無料のメリット、注意点などを解説していきます。

初年度年会費無料でゴールドカードを作ろうか検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

初年度年会費無料のゴールドカード4枚を比較!それぞれの特徴を紹介

ここでは、初年度年会費無料のゴールドカード4枚をそれぞれ解説・比較していきます。「年会費」、「試すべき付帯保険・特典」、「どんな方におすすめか」それぞれ比較しながら見ていきましょう。

2.三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短3営業日

三井住友VISAゴールドカードは、老舗銀行系カードブランドが発行する、総合力が高く、お得なゴールドカードです。

ブランドも知名度抜群で、日本国内でVISAカードといえば三井住友カードブランドを挙げる人が多いでしょう。ステータスと内容のバランスがとれています。

入会限定キャンペーン

新規ご入会お得なWキャンペーン! vpassアプリログインで最大12,000円!ご利用金額の20%をプレゼント!さらに入会後のご利用で抽選で合計10万本のお買い物が全額タダに!(上限10万円まで)

三井住友VISAゴールドカードの年会費は?

三井住友VISAゴールドカードの年会費は、初年度年会費無料、2年目以降は1万円(税抜)と、一般的なゴールドカードクラスです。

ただし、WEB明細書+マイ・ペイすリボへの申し込みで4,000円まで下がりますので、2年目以降もお得に王道ゴールドカードを持つことが可能。他社ではなかなか真似できない割引率も魅力の一つです。

三井住友VISAゴールドカードの試すべき付帯保険・特典は?

三井住友VISAゴールドカードには、最高5,000万円の海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険が付帯します。

さらに、ホテルを優待価格で予約できるサービスや、いざというときに医療従事者に困りごとを相談できる「ドクターコール24」など、役に立つサービスが多数あります。

ゴールドカードらしく、国内28空港の対象空港ラウンジを利用できる特典など、海外旅行に役立つ内容が多いですね。旅行時の強い味方となってくれそうです。

三井住友VISAゴールドカードはこんな人におすすめ!

三井住友VISAゴールドカードは、王道のステータス性が高いゴールドカードを持ちたい、でも高い年会費は支払いたくない方におすすめの1枚です。

通常年会費1万円ですから、ゴールドカードとしてついていてほしい特典や付帯保険が一通りついており、総合力はしっかりしています。

ただし、割引なしで年会費1万円以上する他のゴールドカードと比較すると、付帯保険の細かな項目やサービス内容がやや負けてしまう点がありますので、よく内容をチェックした上で申し込みしましょう。

3.セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.75%〜1.08% 発行日数 最短当日発行 

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行しているアメックスブランドのゴールドカードです。
ステータス性は本家と比較すると勝ることはないものの、サービス内容やお得度、なにより「格安でアメックスブランドが持てる」という点は非常におすすめできます。

入会限定キャンペーン

新規ご入会キャンペーン!永久不滅ポイント最大8,000円相当(1,600ポイント)をプレゼント!

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は?

セゾンゴールドアメックス・カードの年会費は1万円(税抜)。本家アメリカン・エキスプレス・カードと比較すると非常にお値打ち価格です。

もちろん、初年度年会費は無料となっており、コストパフォーマンスは抜群。アメックスブランドを比較的格安で持てるというメリットがあります。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードの試すべき付帯保険・特典は?

セゾンゴールドアメックス・カードは、最高5,000万円の海外・国内旅行傷害保険のほか、ショッピング保険が200万円まで付帯。さらにゴールドデスクやアメックスブランドの優待プログラム「アメリカン・エキスプレス・セレクト」がつくのが魅力です。

追加で1万円の年会費を支払えば、なんと通常399米ドルの年会費が必要な「プリオリティパス」のプレステージ会員権が取得できるのも素晴らしい特典と言えるでしょう。

セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードはこんな人におすすめ!

セゾンゴールドアメックス・カードは、アメリカン・エキスプレスのゴールドカードを取得したいが、年会費3万円は払いたくない、お得に持ちたいという方におすすめのクレジットカード。

本家の3分の1の年会費で、アメックスのサポートプログラムも利用できるゴールドカードが手に入るのです。コスパは抜群ですね。ただし、付帯特典類はやはり本家よりやや見劣りしてしまいますから、さらにハイグレードなサービスを求めるなら本家アメックスがおすすめです。

4.JCBゴールド

JCBゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日

JCBゴールドは、日本発の唯一の国際ブランド「JCB」が発行する王道のゴールドカード。

国内のステータス性はゴールドカードカテゴリの中でも高く、年会費以上の総合力を持つ「迷ったらこのカードにしておくのがおすすめ」と言えるカードです。

入会限定キャンペーン

新規入会とご利用条件クリアでいまなら最大15,000円分プレゼント! 初年度年会費も無料!さらにスターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイントが10倍貯まる!

JCBゴールドの年会費は?

JCBゴールドの年会費は、初年度年会費無料、2年目以降は1万円と「一般的な水準」です。

付帯特典や保険の充実度を見ると、一般的なゴールドカードよりも「ワンランク上」ですので、年会費は決して安くないものの、コスパが良いクレジットカードです。

JCBゴールドの試すべき付帯保険・特典は?

JCBゴールドに付帯する保険は、海外旅行傷害保険最高1億円、国内旅行傷害保険最高5,000万円と、ゴールドカードの中でもハイクラスです。ショッピングガード保険が最高500万円と手厚く、はっきりいって保険を見ると他社カードと比較してトップクラスの内容。

さらに、各種優待やゴールドデスクのサポート、レストラン優待、ドクターダイレクト24(医療従事者に健康、介護、育児の悩み相談が可能)のサービスまであり、充実した特典内容です。

特に、トラベルや大人の余暇を楽しみたい方に試してほしい内容が盛りだくさんとなっています。

JCBゴールドはこんな人におすすめ!

JCBゴールドは、正統派のゴールドカードを持ちたい、さらに年会費以上の価値ある内容を提供しているものがいい、という「本物志向」の方におすすめのクレジットカード。

ゴールドカードを取得し、使い続けることでさらにハイクラスのプラチナカード、ブラックカードへの道も開けるため、カードをステップアップさせたい方にも非常におすすめです。

とにかくどのゴールドカードがいいか迷ったら、まずはこちらがおすすめ。そんな総合力抜群の1枚です。

5.MUFGカードゴールド

MUFGカード・ゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,905円+税
還元率 0.40%〜0.495% 発行日数 最短1週間

MUGFカードゴールドは、いわゆる格安ゴールドカード。とにかくゴールドカードを持ってみたい、でも審査や高額な年会費は不安だというニーズに応えた1枚です。

入会限定キャンペーン

合計最大10,000円分の三菱UFJニコスギフトカードがもらえる!

MUFGカードゴールドの年会費は?

MUFGカードゴールドの年会費は、初年度無料、2年目以降1,905円(税抜)と、一般カードに匹敵するお値打ち感のある金額です。

他のゴールドカードと比較しても、一般水準が1万円とすると、わずか5分の1。コスト重視で選ぶならこちら一択でしょう。

MUFGカードゴールドの試すべき付帯保険・特典は?

MUFGカードは格安ゴールドカードですので、海外旅行・国内旅行傷害保険は最高2,000万円とそれほど高額ではありません。

では、何をためすのがおすすめかというと「空港ラウンジサービス」です。格安ゴールドカードながら、一般的なゴールドカードと同じく、(数は少ないものの)国内主要空港ラウンジは利用可能。

1年間試すとしたら、このあたりの「ゴールドカードならでは」の特典をチェックしてみてくださいね。

MUFGカードゴールドはこんな人におすすめ!

MUFGカードゴールドは、とくにかく格安でゴールドカードを持ちたい方の味方。2,000円未満の格安年会費ながら、一般カードでは決して体験できない「空港ラウンジ」特典がついているのがポイントです。

格安で持てるゴールドカードを探している方は、こちらを試してみましょう。

初年度年会費無料=年会費分得するのと同じ!実際におためしができるのは大きな魅力

クレジットカードを持つ女性

初年度年会費無料でゴールドカードを持てるのは、最初から年会費と同じ金額だけプラスで得しているのと同様です。しかも、1年間しっかりゴールドカードを「おためし」すれば、それ以上の価値ある体験となるでしょう。

初年度年会費無料なら、2年目更新前のタイミングで解約すれば年会費は一切かかりません。いわば、申し込んで取得するだけで、すでにお得なカードなのです。

ゴールドカードを持とうか迷っているなら、ぜひ初年度年会費無料のキャンペーンを活用して「賢く」試しましょう。

初年度無料のゴールドカードを継続するか?判断のポイント

ポイントを解説する女性

初年度年会費無料のゴールドカードを取得したはいいものの、2年目以降継続するのにどこで判断すればいいの? というのは悩みどころですよね。

ここでは、2年目以降ゴールドカードを継続するかどうかを判断する際に「見るべきポイント」を解説します。

POINT

ゴールドカードを継続するかの判断ポイント

  • 年会費は支払っても納得できるか
  • 付帯保険やサービスは活用できそうか
  • ステータス性を魅力に感じるか
  • さらにハイステータスなカードを目指せるか

1.年会費は支払っても納得できるか

もっとも大切なポイントは、2年目以降に所定の年会費を支払っても納得できるか、ということ。年会費が高過ぎれば、継続して持ち続けるのは難しいですよね。2年目以降、継続したことを後悔してしまうかもしれません。

そうならないためにも、年会費とカードの内容、使用感との「バランス」が大切です。バランスが悪い、不満だと感じるのであれば、潔く解約し、別のゴールドカードを試してみてもいいでしょう。

2.付帯保険やサービスは活用できそうか

付帯保険やサービスは、ゴールドカードを取得する醍醐味です。はっきりいって、付帯保険やサービスを全く使わないのであれば、ゴールドカードを持つ意味は半減です。もちろん、ステータス重視ならそれでも問題はありません。

ゴールドカードの得点は、一見海外旅行といった非日常を楽しむ時にしか使えないように思うかもしれませんね。ですが、中には医療従事者に健康相談をできるサービスや、レストランの予約・優待サービスまで盛り込まれているカードもあるのです。

使い方は、持ち主次第。ぜひ、日常からゴールドカードのサービスを活用してみてくださいね。

3.ステータス性を魅力に感じるか

ステータス性に魅力を感じるのであれば、ゴールドカードを所持する意味は十分にあるでしょう。財布の中にゴールドカードを持っている、それだけでなんとなくショッピングが楽しくなるものですよね。

お店でクレジットカードを出すときも、券面のチープさを気にすることがなくなるでしょう。やはりゴールドカードは「ゴールドカード」ならではの雰囲気、ステータス性があるものです。ステータスだけで所持を決めてしまうのは悪いことではありません。

4.さらにハイステータスなカードを目指せるか

カード会社によっては、ゴールドカードよりもさらにハイクラスのクレジットカードを用意しているケースがあります。

直接申し込みができるプラチナカードもありますが、ステータスカード初心者でも入りやすく、ステップアップしやすいのは、やはり「ゴールドカード」の入り口。さらにハイステータスなカードを目指すなら、まずはゴールドカードを継続して所持してみましょう。

もちろん、早々にプラチナカードを持ちたいのであれば、ゴールドカードは継続せず、新たに申し込み型のプラチナカードに申し込んでみるのもアリですね。

ゴールドカードを初年度年会費無料で作るメリット

無料¥0

ここでは、ゴールドカードを初年度年会費無料で作るメリットをまとめてみました。

カード紹介で出てきたメリットが多数ありますが、一般的な初年度年会費無料ゴールドカードを作る際の魅力として再チェックしてみてくださいね。

POINT

初年度年会費無料のゴールドカード、4つのメリット

  • 海外旅行に特化した特典やサービスが豊富
  • レストランの優待特典が受けられる
  • 高額な年会費を支払わず「お試し」できる
  • 対象の空港ラウンジを無料で使える

1.海外旅行に特化した特典やサービスが豊富

ゴールドカードは、どのカード会社をとっても、全体的に「海外旅行」に特化した特典が多くなっています。代表例としては、空港ラウンジや海外旅行傷害保険、海外サポートサービスに空港で受けられる優待サービスなど。

ですので、海外旅行や海外出張が多い方にとっては非常に便利なカードです。しかも、これが年会費初年度無料ですから、作らない手はありません。

2.レストランや施設の優待特典が受けられる

ゴールドカードは、一般的に優待特典が多数用意されており、特にレストランやレジャー施設といった場所の「優待」や「割引」サービスが目立ちます。旅行予約の優待サービスも役立ちますが、全体的に「余暇を楽しむ」のに特化した優待が多いですね。

一例をあげると、アメックスゴールドは厳選されたレストランの所定コースを2名以上で利用すると、1名分のコース料金が無料です。こういったハイクラスなサービスが受けられるカードもあるので、ぜひ無料期間中にどんどん活用しましょう。

3.高額な年会費を支払わず「お試し」できる

初年度年会費無料ゴールドカードを発行する最大のメリットは、無料で「1年間」もお試しができること。じっくりと、自分にとって有益なクレジットカードなのかを判定できるのです。

もちろん、期間中に「何か違うな」と感じたら、無料の間に解約すればお金はかかりません。非常に太っ腹なサービスですね。

4.対象の空港ラウンジを無料で使える

格安ゴールドカードを含め、「ゴールドカード」と名前のつくものは、ほぼ全て「空港ラウンジ」を利用できる特典がついています。

対象となる空港ラウンジはカード会社、ゴールドカードの種類によって全く異なりますが、無料で出発前の空き時間を有効に使えるのは便利ですよね。

通常ならお金を支払って利用するような「空港ラウンジ」を、お試し期間なら完全無料なのは嬉しいポイントです。

初年度年会費無料のゴールドカードを作る際の注意点

注意点を示している女性

初年度年会費無料のゴールドカードを作る際に注意したいことは、以下の通りです。

POINT

初年度年会費無料ゴールドカードの注意点

  • 更新タイミングを忘れると年会費がかかる
  • すぐに解約はクレヒス上NG
  • 審査は普通に行われる!ただしキャンペーン中はやや柔軟なケースも
  • しっかりと「ためせる」内容かを見極めて申し込む
  • ゴールドカードは年会費が安ければ良いというものではない

1.更新タイミングを忘れると年会費がかかる

当然ですが、更新タイミングを忘れてしまうと、更新の意思がなくとも自動的に更新されてしまい、2年目の年会費が発生します。せっかく無料でためして「ちょっとあわないな」とわかっても、更新をわすれて継続になってしまってはためす意味がなくなってしまいます。

初年度年会費無料のゴールドカードは1年間「おためし」できるのが最大の魅力ですが、更新タイミングを忘れないように注意してくださいね。

2.すぐに解約はクレヒス上NG

年会費無料のゴールドカードを取得後、少しだけ試して1〜2ヶ月で解約してしまおうというのは、少々クレヒスで不利になる可能性があります。というのは、キャンペーン目的で発行し、すぐに解約する人も多いからです。

色々なカードを試そうとその行為を繰り返していると、新たにカードを作ろうとしたときに「この人はキャンペーン目的ですぐに解約する」という印象を与えてしまいます。そうなると、どのクレジットカードを作ろうとしても審査上不利になってしまうのです。

できるだけ試す期間はしっかりと確保し、合わない場合は更新タイミングの前くらいに解約するのがおすすめです。

3.審査は普通に行われる!ただしキャンペーン中はやや柔軟なケースも

初年度年会費無料のクレジットカードは、審査が簡単というイメージがあるかもしれませんね。

年会費無料となると、なんとなく「容易に作れる」イメージがあるとは思いますが、審査は通常通り行われます。決して審査が適当に行われるということはありません。

ただし、年会費無料の入会キャンペーンをやっている時は、それだけ「新たな顧客を獲得したい」のですから、やや審査が柔軟になっているケースはあります。

審査難易度で迷ったら、入会キャンペーンに力を入れていそうなゴールドカードが狙い目ですね。

4.しっかりと「ためせる」内容かを見極めて申し込む

1年間ためせるからと、むやみにゴールドカードに申し込むのは考えものです。

というのは、ゴールドカードの種類によって、付帯する特典やサービスは全く異なるため、せっかく作っても「まったくためせる内容じゃない」ということがあるからです。

そういった失敗をしないためには、まず申し込みの前に特典やサービスの内容をしっかり確認し、自分が「使える、ためせる」内容だと判断した場合のみ申し込むようにしましょう。

申し込んで使わないのは、労力と時間の無駄になってしまいますからね。

5.ゴールドカードは年会費が安ければ良いというものではない

2年目以降の年会費を考えると、できるだけ年会費の安いゴールドカードを試そうという心理がはたらくかもしれません。ですが、はっきり行ってゴールドカードの価値は「年会費」の安さ、高さではありません。

年会費が高めでも、しっかりとサービスを使い込めば「年会費以上」の価値あるカードになります。逆に、自分にとって有益そうなゴールドカードと感じたのであれば、せっかく試せるのですから年会費が高めなゴールドカードを選んでみるのがおすすめですよ。

ゴールドカードは初年度年会費無料で「試す」のがおすすめ!ベストな1枚を探そう

ゴールドカードを選ぶ際は、自分にとってベストな1枚を見つけるために「おためし」するのがおすすめです。有名どころのゴールドカードの中にも、今回ご紹介したように初年度年会費無料となっているタイプが多くあります。

ゴールドカードを持ちたいけれど年会費が気になる……という方にとっても、自分に合っているかをしっかり試せる良い機会です。注意したい点にも気をつけながら、ぜひ、1年間無料でおためしをして、自分に合ったゴールドカードかどうかを見極めてみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内