ゴールドカードのキャッシングは一般カードとどう違う?

ゴールドカード 更新:2018年10月4日 公開:2018年4月18日226 view

クレカでキャッシング

ゴールドカードはあらゆる面で一般カードよりも優遇されていることが多く、「キャッシング」においてもメリットがあるのかどうか、気になりますよね。
今回は、ゴールドカードでキャッシングをした場合に一般カードとどんな違いがあるのか、メリットやデメリットはどうかなどを解説します。
ゴールドカードを使ったキャッシング手順もあわせて簡単に解説いたしますので、興味のある方はぜひ参考にしてくださいね。

クレジットカードの「キャッシング機能」とは?

はじめに、前提として「キャッシング」が何か知らないという方のために用語の説明をいたします。
クレジットカードの「キャッシング機能」とは、クレジットカードを使ってお金を借りる機能のことで、お買い物で使う「ショッピング枠」とは別ものです。
審査は「ショッピング枠」と「キャッシング枠」、それぞれに対して行われるため、キャッシング枠を設定する際は審査がやや複雑になります。

銀行ローンなどとは異なり、特徴は「金利が高い」ことと、基本的には「短期融資向け」ということです。
出先で現金が必要になったけれどお金を下ろせない! といったケースで、コンビニATMなどを使ってお金を借りられるため、気軽に「ちょっと借りたい」という時や、海外で両替の手間をかけずに現地通貨を引き出す時などに重宝します。

ゴールドカードのキャッシングは一般カードよりも優遇されるケースも

本題の、ゴールドカードのキャッシングが一般カードとはどう違うかというところですが、もちろんカード会社やゴールドカードの種類にもよるものの、基本的には「利用限度額」や「金利」が優遇されることが多いと言えます。

例えば、あるカード会社では、一般カードのキャッシング利用限度額は50万円が最高額で、同じシリーズのゴールドカードは最高100万円といったように、2倍もの差があることもあります。
さらに、金利に関しても、一般カードは15%〜18%程度が多いのに対し、ゴールドカードは低いものだと10%〜15%程度となっているケースもありますが、一方でJCBのオリジナルシリーズでは一般カードとゴールドカードにキャッシング利用時の差はつけられていません。

ですので、もしゴールドカードで一般カードよりも優遇されたキャッシングを期待するのであれば、事前に「優遇があるか」はチェックした上で申し込むようにしてくださいね。

ゴールドカードでキャッシングをするメリット

一般カードではなく、あえてゴールドカードを発行してキャッシングをするメリットは、先に解説した内容と重複しますが、次の通りです。

POINT

  • 金利や利用限度額などの優遇が受けられることもある
  • キャッシング以外のサービスも活用できる

1.金利や利用限度額などの優遇が受けられることもある

先に解説をしたように、ゴールドカードの種類によっては同じシリーズの一般カードよりも金利や利用限度額の優遇を受けられることがあります。

利用限度額は差が大きいと50万円程度の差があることがありますが、キャッシングが「短期でお金を借りる」目的で使うことが多いことを考えると、よほど大きな買い物をする時以外はあまり意味がないかもしれません。

一方、金利は差が大きいもので5%程度も差があることもあり、リボ払いを利用しなければ翌月一括返済ですので、15%が一般カード、10%がゴールドカードの金利とすると、10万円を30日間借りた際の差は10万円×5%÷12か月=416円の差があります。
毎月同じようにキャッシングを利用していれば、1年間で金利手数料だけで5,000円もの差が出ることを考えると、無視できない数字ですね。

2.キャッシング以外のサービスも活用できる

キャッシングの利用とは直接関係がないですが、ゴールドカードをキャッシング目的で発行すれば、当然ゴールドカードの付帯サービスが利用可能です。

例えば、ゴールドカードには対象となる「空港ラウンジ」を利用できる特典や、グルメやトラベル関連の優待・サービスのほか、旅行障害保険を含む各種付帯保険が手厚くなっているなど、良好やグルメなどの「余暇」を楽しむ方にはぴったりの内容が多くついています。

キャッシングのためだけにゴールドカードを発行することは、年会費の兼ね合いもありあまり現実的ではありませんので、このようなサービス面も見た上で申し込みを検討すると良いでしょう。

ゴールドカードでキャッシングをするデメリット

ゴールドカードでキャッシングをするのは金利などの面でメリットが大きいですが、デメリットもあります。
ここでは、デメリットを2つ解説します。

POINT

  • キャッシングを頻繁にしすぎてしまうとクレヒスが悪くなる
  • 年会費が高めに設定されている

1.キャッシングを頻繁にしすぎてしまうとクレヒスが悪くなる

ゴールドカードだけに限った話ではありませんが、キャッシングを多用しすぎてしまうと、クレヒスにはしっかりとその「履歴」が残りますので、クレヒスが悪くなってしまいます。

なぜサービスを普通に使っているだけでもクレヒスが悪くなるかというと、やはり長期ローンをのぞき、キャッシングなどで現金を「何度も」もしくは「長期にわたって」借りているような方は、「お金に困っている」という印象がついてしまうからです。

特に、利用限度額ぎりぎりを続けて借りているような場合は警戒され、次に希望カードに申し込んでも、審査に通りにくくなる可能性があります。
ゴールドカードだけに限らず、キャッシングを利用する際は「使いすぎ」に注意しましょう。

2.年会費が高めに設定されている

ゴールドカードは金利などの優遇措置がとられていることも少なくありませんが、金利が良いからという理由でキャッシング用にゴールドカードを発行するには少々年会費は高めに設定されています。

一般カードなら年会費は1,000円程度のものが多いですが、ゴールドカードは10,000円以上するものも少なくありません。
もちろん、付帯サービスなどをしっかりと使い切れる方にとってはかえってお得に感じるかもしれませんが、あくまでもゴールドカードは「サービスも利用する」前提で申し込まないと、かえって損になりますので、よく内容を確認した上で使えるカードを選ぶようにしてくださいね

ゴールドカードでキャッシングをするには?手順は一般カードと違う?

クレカでキャッシングしたい女性

ゴールドカードでキャッシングをする際は、一般カードと異なる手順があるのか気になるかもしれませんが、基本的にクレジットカードのキャッシング手順はどれも同じで、「口座振込」と「ATMで引き出し」の2通りです。
ゴールドカードを持って初めてキャッシングをするという方のために、一般カードと同じではありますが、簡単なやり方も解説いたしますね。

1.口座振込でキャッシング利用

口座振込でキャッシングを利用する場合は、インターネット経由か電話でカード会社に振込の申し込みをします。
最短で数十秒で振込は完了しますので、場合によってはわざわざATMを探して寄るよりも効率がいいこともあります。

基本的にはWEBページや電話での誘導にしたがっていけばいいため、簡単にお金を借りることができます。

2.ATMでキャッシング利用

ATMでキャッシングを利用する際は、コンビニや銀行の対応ATMで次の手順でお金を借ります。

POINT

ゴールドカードでのキャッシング手順

  • 「お引出し」ボタンを押す
  • 「お借入れ」ボタンを選択
  • 使いたいクレジットカードを挿入し、暗証番号を入力
  • 「カード・ローン(リボ払い)」もしくは「キャッシングサービス(翌月一括)」を選ぶ
  • 利用金額(借りたい金額)を入力する
  • 最後にお金とカード、利用明細書を受け取る

はじめに「クレジットカード」のボタンがある場合は「クレジットカード」ボタンを押してから、利用したいサービスを選び、上記の手順で操作します。
返済は、翌月一括払いならショッピング利用分と同様に翌月に請求され、リボ払いを選んだ場合は設定した金額ずつ毎月返済することになります。

まとめ|ゴールドカードのキャッシングはあくまでサービスの一つと捉えよう

キャッシングをよく利用する方は「ゴールドカード」でキャッシング利用をした方がお得なのか、ということに興味があると思いますが、実際には「お得に」になるカードと、そうでないカードの2種類があります。

キャッシングがお得なゴールドカードであっても、年会費とのバランスを考えると多くの場合は「キャッシングのため」だけに発行するのは現実的ではありませんので、そのほかの付帯サービスも加味した上で総合的に「使える」と思った場合のみ申し込むのがおすすめです。
キャッシングは便利なサービスですが、そこだけにこだわらず、年会費やサービス内容もきちんと見た上で理想的なカードを選んでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集