• HOME
  • ゴールドカード
  • ゴールドカード審査に通るには年収がいくら必要?審査基準は年収だけじゃない!

ゴールドカード審査に通るには年収がいくら必要?審査基準は年収だけじゃない!

ゴールドカード 更新:2018年10月4日 公開:2018年3月28日409 view

家計簿と女性

ステータス性が高く、サービスの質も良いものが多いため人気のある「ゴールドカード」は、一般的に「お金持ち」が持っているイメージがあり、審査を受ける時には「年収」がどの程度必要になるのか気になると思います。
今回は、ゴールドカードの審査に通るにはどの程度の年収が必要なのか、審査基準はどうなっているかなど、審査に通るための対策と合わせてご紹介いたします。
ゴールドカード取得を目指している方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ゴールドカードの審査に通るために必要な年収は?

一昔前は「ゴールドカード」と言えばお金持ちだけが持つことを許される、ステータス性抜群のカードとして知られており、年収も最低500万円以上ないと審査に通らないイメージがありました。ですが、現在ではゴールドカード以上の「プラチナカード」、「ブラックカード」というステータスカードが出てきており、ゴールドカードはお金持ちのためだけのカードではなくなってきています。

ゴールドカードは年収300万円でも持てる時代に!

最近のゴールドカードは、年収の目安として300万円〜400万円程度あれば審査に通るものも多くなってきています。
ステータス性抜群で、今でもゴールドカードとしての価値が高い「アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード」であっても、安定した収入があれば300万円程度の年収で審査通過したという方もいるため、ある程度「安定した」職に就いている方ならゴールドカード審査に通るのは難しくないと言えるでしょう。

最近流行りの「格安ゴールドカード」なら、年会費は2,000円〜で安い上に、一般ゴールドカードよりもさらに年収の基準がやさしくなっているものもあり、専業主婦や年収200万円程度のフリーターでも作れるケースもあります。もちろん、ステータス性・サービスの質ともに申し分のないゴールドカードと比較すると内容はやや簡素に感じることもあると思いますが、ただ単に「ゴールドカード」が欲しい人にとっては十分だと思います。

オススメ!格安ゴールドカードBEST3

  • MUFGカード・ゴールド
    国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    無料 年会費
    2年目
    1,905円+税
    還元率 0.40%〜0.495% 発行日数 最短1週間

    MUFGカード・ゴールドは、初年度年会費無料、次年度も楽Pay(リボサービス)の登録で年会費が952円(+税)に割引!家族カード1名無料、2枚目も年400円(+税)で年会費が安い!3つのボーナスポイントで、ポイントが貯めやすく、キャッシュバックやJALマイルにも交換OK!最高2,000万円の国内・海外旅行傷害保険、100万円のショッピング保険、乗継遅延保険も付帯で安心!

    入会限定キャンペーン

    合計最大10,000円分の三菱UFJニコスギフトカードがもらえる!

    2017-04-01~2018-04-30

  • Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールド)
    国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    1,806円+税 年会費
    2年目
    1,806円+税
    還元率 1.0%〜2.5% 発行日数 最短8営業日

    Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD(オリコカード ザ ポイント プレミアムゴールド)は、おすすめの格安ゴールドカードです。海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険はしっかり付帯されています。ポイントもこう還元率のゴールドカードなので、しっかりカードを使う方におすすめです。

    入会限定キャンペーン

    新規ご入会者さま限定!最大8,000オリコポイントがもらえる入会キャンペーン

    2018-10-01~2019-03-31

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    無料 年会費
    2年目
    6,000円+税
    還元率 0.5%〜0.8% 発行日数 約1〜2週間

    セディナゴールドカードは初年度無料、次年度6,000円+税と「年会費がリーズナブル」なゴールドカード!最高1億円の旅行保険、最高300万円のショッピング保険、空港ラウンジも利用可!「ゴールド特典」としてプレミアムクラブオフ付帯、カード年会利用額に応じてクリスマスプレゼント&ボーナスポイントも進呈!

    入会限定キャンペーン

    新規ご入会&ご登録・ご利用条件クリアで最大6,000円相当のわくわくポイントプレゼント!

    2018-09-01~2018-11-30

ゴールドカード審査で重視される審査基準は3種類!

注意

ゴールドカードだけではなく、一般的なクレジットカードを作る際に重視される項目は、「3C」と呼ばれています。
3Cとは、「Capacity(能力)」、「Character(性格)」、「Capital(資産)」のそれぞれの頭文字をとったもので、カード会社によって細かな基準の違いはありますが、基本的にはこれらの項目を重視して申し込み内容を審査しています。
ここでは、「3C」のそれぞれの項目について解説します。

POINT

  • Capacity(能力)
  • Character(性格)
  • Capital(資産)

Capacity(支払能力)

Capacity(支払能力)では、年収や勤続年数、勤め先の企業の規模などから、カード申込者の「支払い能力」がどの程度あるかを確認しています。
どのクレジットカードでも共通しているのが、本人または家族にある程度安定した収入がなければクレジットカードの発行は難しいということで、昔からある格式高いゴールドカードの審査に通りたいときは、特に「本人」に安定収入があることが求められることが多いでしょう。

申し込み情報をもとにして、総合的に「この人にはどのくらいのお金を貸しても大丈夫か」、「きちんと安定的に返済はできそうか」ということをチェックしています。

Character(性格)

Character(性格)では、その人の「性格」を見ていますが、ここでいう性格とは、「お金を貸した際にきちんと返す性格かどうか」を見ており、一般的な明るい、優しいなどの性格とは違います。
お金の貸し借りから見られる性格(性質)を判断するとき、クレジットカード会社は、信用取引(信用を担保にしてお金を貸し借りする取引のこと)に関する履歴、いわゆる信用情報(クレヒスまたはクレジットヒストリーとも呼ばれる)を必ず参照します。

クレヒスは「信用取引」の履歴書そのもの

信用情報は、日本に3つしかない「個人信用情報機関」に保管されている情報です。個人信用情報機関は銀行や消費者金融、クレジットカード会社など「信用取引」を扱う組織は必ず登録している機関で、それぞれの組織がもつ信用情報を「信用情報機関」で保管・共有しています。
そのため、今まですでにクレジットカードを持っており、真面目にこつこつ使ってきたような方は「優良なクレヒス」として審査に有利になりますが、カードを使っても支払い遅延を繰り返しているような方は「悪いクレヒス」と判断され審査通過は厳しくなります。

年収や収入の安定度ももちろん必要ですが、それ以上に「クレヒス」は重視される傾向にあり、いくら年収が高い人であっても、過去に借金を踏み倒しているようであれば、当然「また同じことが起きる可能性がある」と思われてしまい、審査落ちしてしまいます。

Capital(資産)

Capital(資産)は、先の二つの項目よりは重要度は下がりますが、持ち家かどうかなどの「資産情報」を見ています。信用取引を行う際は、基本的に「無担保」ではありますが、いざというときに担保になるような土地や家を所有していると、審査にやや有利に働きます。

一昔前は「持ち家かどうか」で有利度は変わっていたようですが、今ではお金持ちであってもわざわざ「賃貸」に住んでいる方も多く、持ち家じゃないからといって不利になる訳ではありません。
そのため、「持ち家じゃないといけない」というよりは、「持ち家だと若干審査に有利だ」という程度に認識をとどめておくと良いでしょう。
ギリギリ審査に通るか通らないか、という際に少し可決に傾くことはあっても、マイナスにはたらくことはないので安心してくださいね。

年収が多いことよりも「安定していること」が重視される傾向がある

先にも軽く説明を入れましたが、ゴールドカードだけにかかわらずクレジットカードの審査全体に言えることとして、単純に年収が多いことよりも、その収入が「安定していること」の方が重視される傾向があります。

そのため、年収がそれほど高くなくても十分「ゴールドカード」を狙える、という方も少なくありませんので、公務員など年収が安定している職業の方は、年収が低くてもハイステータスなカードに挑戦してみる価値はあります。
また、勤続年数は意外と重要で、例えば勤続3年以上ですと、長く同じ場所に勤めており「安定している」印象が与えられます。
職業だけではなく、そういった「職場をすぐに辞めないか、きちんと続けているか」という点もよく見られていることは覚えておきましょう。

年収に自信がなくてもゴールドカードを持つための対策

ゴールドカードは今や一部のお金持ちのためだけのカードではなく、種類によっては年収が高くなくても十分に狙えるカードになってきています。
ここでは、年収に自信がない方がゴールドカードの審査に通るための対策をご紹介いたします。

POINT

  • 格安・若者向けゴールドカードを選ぶ
  • クレヒスをしっかりと積み上げる
  • 多重申し込みはしない
  • キャッシング枠を設定しない

1.格安・若者向けゴールドカードを選ぶ

アメックス・ゴールドカードのような「ゴールドカードの代名詞」とも言えるハイステータスカードを狙う方にはおすすめしませんが、単純に「ゴールドカード」と名前がつくものであればそれほどステータス性は問わない、という方におすすめしたいのが「格安・若者向けゴールドカード」を狙う方法です。

格安ゴールドカードは、そもそも「ゴールドカードが欲しくても年会費などの理由で敬遠していた」層に向けたカード、という面が大きいので、それなりに発行難易度はやさしめになっています。例えば、一部の格安ゴールドカードは専業主婦であっても作れるというハードルの高さが人気で、フリーターや専業主婦など今まではゴールドカードをもつことが難しかった方でも気軽に申し込みができるようになっています。

若者向けゴールドカードも、「若者」がメインターゲットで年齢制限がついていることが多く、未来ある若い方に今のうちからゴールドカードを持ってもらおうという趣旨のカードなので、こちらも比較的審査はやさしいものが多い印象です。また、サービス内容も一般ゴールドカードと遜色ないものが多く、コストパフォーマンス・作りやすさどこを取っても魅力的です。
とくに細かいところはこだわらず、お得に、気軽にゴールドカードが欲しい方にはこういった選び方もあるということを覚えておいてくださいね。

2.クレヒスをしっかりと積み上げる

クレヒス(信用情報)は、ゴールドカードの審査において最も重視される項目で、多少年収に自信がなくてもしっかりとしたクレヒスがあれば審査に通る可能性は高まります。
悪いクレヒスは、簡単に言うと使ってもお金を返さないなど誰にでもわかりやすい基準ですが、良いクレヒスとは、持っているクレジットカードをこまめに利用し、遅れもなくきちんと返済し続けている「優良顧客」だということを証明できる内容を指しています。
ある程度クレヒスを積み上げてきた方は大丈夫ですが、そうでない方は申し込んでも審査落ちしてしまう可能性があるため注意が必要です。

信用事故と疑われる?クレヒスがないのも危険!

悪い情報が残っていればもちろん不利になりますが、クレヒスが「ない」、つまり何の履歴もない状態もあまり良くないことはご存知でしょうか。
実は、金融事故などを起こしてしまうと一定期間でそういった悪い履歴は消えますが、履歴が消えてしまうと、事故を起こした後は当然信用取引の記録がない(信用取引はできない)ため、クレヒスは「真っ白」でなんの情報もない状態になります。
カード会社としては、今まで信用取引を全くしてこなかった現金主義の方なのか、金融事故を起こしてしまったことがあるのかを判断しづらいため、警戒されてしまうこともあります。
若いうちは信用取引をしたことがなくてもあまり疑われませんが、30代以上になるとやはり審査に厳しい面も出てきますので、そうならないためにもはじめは「審査のやさしい」一般カードから作り、クレヒスを積んでからゴールドカードにチャレンジするのがおすすめです。

3.多重申し込みはしない

ゴールドカードがどうしても欲しいと考えていると、ついつい「たくさん申し込めば1枚くらい審査が通るだろう」と複数カードに申し込みたくなってしまいますが、絶対にやめておきましょう。
記事の中で何度も話が出ている「クレヒス」は、信用取引そのものの情報だけではなく、信用取引に「関わる情報」まで記録されており、クレジットカードの申込履歴も対象となっています。つまり、いくつかのゴールドカードを短期間で同時に申し込んだ場合、後から申し込んだゴールドカードの会社には、先に何枚ものゴールドカードに申し込んでいるという記録が見られてしまい、「多重申し込みをしている」と認識されます。

最近では、ポイントやキャッシュバック目的でたくさんのクレジットカードを発行する方も多いため、短期間に複数カードに申し込むと、「特典目当て」や「発行しても使ってもらえないかも」という目で見られてしまい、審査が不利になってしまいます。繰り返しになりますが、審査をできるだけ有利に進めるためにも多重申し込みはできるだけしないようにしましょう。

4.キャッシング枠を設定しない

クレジットカードの多くは「キャッシング枠」が設けられるようになっています。
キャッシング枠とは、「クレジットカードを使ってお金を借りられる」枠のことで、例えばキャッシング枠が10万円と設定されていれば、コンビニATMなどを使ってクレジットカードで10万円まで現金が借りられます。
キャッシング枠は使わない、必要ないのであればつけておく必要がなく、また、クレジットカードの「ショッピング枠(通常のお買い物に使うクレジットカードの枠)」と「キャッシング枠」は別々に審査されるため、キャッシング枠を設けていると審査がより厳しくなったり、長引いてしまったりします。
キャッシング枠を0円に設定することで、審査がよりシンプルになりますので、キャッシング枠を設けるよりは、年収がそれほど高くなくても審査にはやや通りやすくなります。

年収に自信がなくても作りやすいおすすめゴールドカード

一般的なゴールドカードなら年収300〜400万円で作れるとはいえ、やはり「自信がない」という方もいると思います。
そういった方でもチャレンジしやすいゴールドカードとしておすすめなのは、「MUFGカード ゴールド」です。

MUFGカード ゴールド

MUFGカード・ゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,905円+税
還元率 0.40%〜0.495% 発行日数 最短1週間

MUFGカードゴールドは、メガバンクの三菱UFJ銀行(平成30年4月より名称変更)と関わりの深いいわゆる「銀行系」の格安ゴールドカードです。
格安ゴールドカードの先駆けとして有名で、年会費は1,905円(税抜)と破格の設定です。
申し込み資格は、満18歳以上で本人または配偶者に安定した収入がある方となっており、専業主婦でも申し込みができる数少ないステータスカードの一つです。申し込み条件からわかるように、年収に自信がない方でも審査はやさしめになっています。

入会限定キャンペーン

合計最大10,000円分の三菱UFJニコスギフトカードがもらえる!

このカードが優れているところは、一般カードとさほど変わらない年会費設定にもかかわらず、空港ラウンジサービスや国内・海外旅行傷害保険が付帯し、「ゴールドカードらしさ」がきちんと含まれていることです。
三菱UFJ銀行ユーザーに嬉しい、ATM優待サービスもついているので、上手く使えば年会費以上の価値が十分にあるゴールドカードです。

まとめ|ゴールドカードは年収が普通でも狙える!クレヒスが重要

ゴールドカードは富裕層向けというイメージが根強いですが、いまや一般的なサラリーマンでも持つことができるほどハードルが下がっています。
中には、「格安ゴールドカード」として専業主婦でも持てるタイプのカードも出てきており、一般カードとさほど変わらない年会費で気軽に維持が可能です。
年収面ももちろん大切ですが、審査ではクレヒスが最も重視されますので、ゴールドカードを狙いたい方はクレヒスをきちんと積み、希望のカードにチャレンジしてみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集