• HOME
  • ゴールドカード
  • ポイント還元率の高いゴールドカードはある?選び方やおすすめカード紹介

ポイント還元率の高いゴールドカードはある?選び方やおすすめカード紹介

ゴールドカード 更新:2018年10月4日 公開:2018年4月10日275 view

ゴールドカードのポイント還元率

ゴールドカードはステータスシンボルとして人気があり、「お金持ちのカード」というイメージが根強いと思いますが、ゴールドカードでも「お得」な、還元率の高いカードは存在します。
今回は、ポイント還元率の高いゴールドカードについて、選び方やオススメカードなどを紹介します。コストパフォーマンスの良いゴールドカードから、ぜひ自分の生活に合った1枚を見つけてくださいね。

ゴールドカードは一般的に還元率が良くない?良いカードはあるの?

ゴールドカードはステータス性やサービスの質が良く、一般的に還元率などの直接的な「お得度」はあまり高くないというイメージがあると思います。
実際に、ゴールドカードはどちらかというと「プラスアルファの価値」を演出していることが多く、例えば海外旅行時に役立つサービスがついているなど、余暇を楽しむのに適しているため、普段使いで力を発揮する「還元率」についてはやや寂しい印象のカードが多いのも事実です。

一部ゴールドカードはポイント還元率1.0%以上もあり!

一般的なゴールドカードのポイント還元率は、0.5%程度となっていることが多く、「1.0%」以上となると、ゴールドカードだけではなく、一般カードのカテゴリとしてもかなり還元率が良い部類に入ります。

例えば、dカードゴールドや楽天プレミアムカード、Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDなどのゴールドカードはポイント還元率が常に1.0%以上となっており、いわゆる「高還元率」ゴールドカードとして有名です。
ゴールドカードの価値・サービスとお得さを両立させたい方は、そういった還元率の高いゴールドカードが狙い目です。

ポイント還元率の良いゴールドカードを選ぶポイント

クレカのポイントが貯まってご機嫌

ポイント還元率の良いゴールドカードが欲しいということは、やはりプレミアムなサービスだけではなく、「お得さ」を重要視しているということに他なりませんよね。
お得なゴールドカードを選ぶ際は、単純な「ポイント還元率」だけではなく、次のことをチェックしましょう。

POINT

  • 年会費
  • ポイント還元率・交換率
  • 付帯サービス

1.年会費

年会費とお得さは切っても切り離せない関係です。当然ですが、年会費が高ければ高いほどサービスの充実度は上がる傾向がありますが、サービス内容・還元率に対して年会費が高すぎるのは「お得さ」よりも「負担」が勝ってしまい、とてもお得度が高いとは言えなくなってしまいます。

ゴールドカードの年会費は1万円程度のものが多いですが、絶対的な「年会費」というよりも、付帯するサービスやポイント還元率なども加味した上で「実際にどれだけお得になるか」という点を重視するのが良いでしょう。

極端な話をすると、年会費1万円でも毎年ポイントで5,000円分還元されるカードと、年会費3万円で毎年5万円分のポイントが還元されるカードでは、明らかに3万円の年会費がかかるカードが「お得」ですよね。このように、一概に「年会費は安い方が良い」とも言えませんので、カードの中身を見極めることが大切です。

2.ポイント還元率・利用先

ポイント還元率や交換率は、お得度の高いゴールドカードを選ぶのに必ずチェックするべき項目です。
一般的なクレジットカードはポイント還元率0.5%程度のものが多いですが、ポイント還元率が「良い」カードを求めるのであれば、還元率は「常時1.0%以上」を一つの基準として選びましょう。
また、還元率だけではなく、ポイントの交換率や交換先についてもきちんと調べておく必要があります。
いくら還元率が良くても、交換先があまりない、もしくは交換率の良い商品が極端に少なくてはあまり使いやすいとは言えません。

ポイントは「どこで使っても、どう使っても還元率が高い」カードが使いやすい

ポイントは使えなくては意味がありませんから、とにかくお得にポイントを貯めたい! という方は、還元率の良さはもちろん重要ですが、それと同じくらい「使いやすさ(交換先の豊富さ)」も見ておかなくてはいけません。

ある特定の場合のみポイント還元率が良くなるゴールドカードの例として、アメックス・ゴールドカードがあります。
このカードはポイントからマイルへ交換する際、メンバーシップ・リワード・プラス(年会費3,240円)に加入すればマイル還元率を1.0%にすることもできますが、ポイントとしての元々の還元率は0.3%〜とそれほどよくありませんので、一見「お得」にも見えますが、決して使い勝手が良い訳ではありませんので、マイルを貯めたいなど目標がはっきりしている方にしか「お得なカード」としてはおすすめできません。

3.付帯サービス

ゴールドカードのお得度は、ポイント還元率だけではなく、「使えるサービスがどの程度ついているか」も左右します。
例えば、海外旅行に頻繁に行くような方ですと、海外旅行傷害保険や海外でのサポート体制、空港ラウンジの無料利用権などのサービスが充実していれば、使う機会も多い為、「お得」と言えます。

逆に、全く旅行に興味がないのに「旅行向け」サービスばかりが充実しているのは「宝の持ち腐れ」になってしまい、あまりお得さは実感できません。
自分が使えるサービスがついているからこそ、利用価値が出てくると言えますので、付帯サービスが単純に充実しているだけではなく、「使えるサービス」かの見極めが必要です。

ポイント還元率の高いゴールドカードを使うメリット

ポイント還元率の高いゴールドカードを利用するメリットは、次の通りです。

POINT

  • プレミアムサービスがお得に使える
  • ステータス性とお得の両立ができる
  • 普段使いにも最適!メインカードとして使いやすい

1.プレミアムサービスがお得に使える

ポイント還元率が高いということは、それだけ「お得なカード」ということです。
ゴールドカードはカテゴリ的にはお得さよりも「サービスの充実度」などが評価されることが多いと言えますが、「ポイント還元率が高いゴールドカード」ということは、それだけプレミアムなサービスをお得に使えるということですので、メリットは大きいと言えます。

日常的にクレジットカードで決済するような方ですと、毎月の支払いが20万円前後、年間で240万円程度になることもあります。
ポイント還元率が高くないカード(0.5%)では毎年12,000円分のポイントしか貯められないのが、還元率の高いカードで決済するだけで毎年24,000円分ものポイントを貯められる計算になります。
差を考えると、還元率の良いゴールドカードに切り替えるだけで、一般的なゴールドカードの年会費約1万円「以上」にお得になっているのがよくわかりますね。

2.ステータス性とお得の両立ができる

ゴールドカードを持ちたい方の多くは、「ステータス性」に魅力を感じて選択している面も少なからずあると思います。
ステータス性は「年会費の高さ」にも現れているため、ゴールドカードの年会費は1万円程度のものが多く、ふつう、同じカード会社の一般カードよりも数倍も高額に設定されています。

ポイント還元率の良いゴールドカードなら、ステータス性に伴って年会費が多少高くても、メインカードとしてしっかり使えばやはり還元される分も多くなるため、「お得」なのに「ステータス性が高い」という魅力的な両立が可能です。

3.普段使いにも最適!メインカードとして使いやすい

ゴールドカードなどのステータス性重視のカードは、汎用性が高くメインカードとして利用されることが多いですが、残念ながらポイント還元率が良いゴールドカードは限られており、少しもったいない面があります。
ポイント還元率の高いゴールドカードなら、そういった一般的なゴールドカードの「弱点」をカバーしているため、普段使いにも「最適」と言えます。

ポイント還元率の高いゴールドカードの注意点

クレジットカード

ポイント還元率の高いゴールドカードに申し込む前に、気をつけておきたいことが2点あります。
一見高還元率のカードでも、実は他のカードの方が総合的にはお得だった、と後悔しないためにも、参考にしてくださいね。

CHECK

  • ポイントは自分にとって使いやすいか
  • ポイント有効期限内に活用できるか

1.ポイントは自分にとって使いやすいか

先に解説した内容と重複するところもありますが、ポイントの還元率だけではなく、「使いやすさ」はお得度を考える上で非常に重要です。
例えば、ポイント還元率が1.5%あっても、極端は話「カタログギフトへの交換」しかできないのでは実際にどのくらいの価値ある商品なのかも、自分が欲しいものがちゃんと載っているのかも分からないため、使い勝手は非常に悪いですよね。

例えば、共通ポイントならお店などで1ポイント=1円として使える上、利用金額に応じてクレジットカードのポイントとは別に発行されるポイントもあるため、ポイントの二重取りも可能です。
使いやすさ重視なら、共通ポイント、もしくは全国で使えるギフトカード(例:JCBギフトカードなど)に交換しやすいポイントがおすすめです。

2.ポイント有効期限内に活用できるか

意外と見落としがちなのが、ポイントの「有効期限」です。
例えば、マイルのように最低交換マイルがある程度決まっているような場合は、有効期限のうちに貯められないことも考えられます。

普段からメインカードとしてカード決済をどんどん使っているような方は心配いらないとは思いますが、自分の使い方できちんと「有効期限内にポイントを活用できるだけ貯められるか」はチェックした上でゴールドカードに申し込むようにしましょう。

ポイント還元率の高いおすすめゴールドカード

マイル還元率や局所的なお得さなどを考えると、他にも還元率が良いお得なゴールドカードは存在しますが、「ポイント還元率」だけではなく、「普段使いでどこでも貯めやすい」点や、「相性の良いサービス利用時のお得度」、「付帯サービス」などを総合的に判断すると、「dカードゴールド」が最もおすすめです。

dカードゴールド

dカード GOLD

年会費
(初年度)
10,000円+税 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 1.00%〜10.0%  発行日数 最短5営業日

dカードゴールドは、年会費1万円(税抜)と一般的なゴールドカードと同じ程度の年会費ですが、特に「ドコモユーザー」と「ローソンをよく利用する方」にとってはベストなポイント高還元率カードとして有名です。
ドコモユーザーなど特定の層にとってメリットが大きい印象があるこの1枚は、実は「どこで使ってもポイント1.0%以上」、しかも貯められるポイントは「共通ポイントのdポイント」という、ゴールドカードの中でも特に貯めやすく使いやすいお得なカードです。

入会限定キャンペーン

新規入会&エントリー&利用条件クリアで、もれなく最大13,000円相当分プレゼント(iDキャッシュバック13,000円分)

dポイントはマクドナルドを初めとする様々な店舗で貯めて使えるほか、「dマーケット」といって、ピザなどのデリバリーやファッション、音楽コンテンツなど様々なサービスが集約したネットモールで自由に使えるため、利用用途は非常に幅広く、使い道に困りません。

ドコモユーザーならさらにお得!ゴールドカードのサービスもきちんと付帯!

また、特に「ドコモユーザー」にとって嬉しいのが、dカードゴールドとドコモの契約回線を紐付けすることで、利用料金の10%が自動的にポイントバックされることです。
しかも、支払いは別のカードであっても、紐付けしているだけでポイント還元は受けられますから、他の高還元率カードと併用すればドコモ光や携帯電話料金の支払いが10%以上も毎月お得になります。
ローソンでもdカードゴールド支払いなら実質5%お得になりますので、ローソンのヘビーユーザーにとっても嬉しいカードです。

国内・海外旅行傷害保険や空港ラウンジをはじめとするゴールドカードならではの特典はもちろんきちんと付帯しており、さらにdカードゴールドユーザーに嬉しい「プレミアムクーポン」も常に配布されているため、各方面でお得な待遇が受けられます。
ゴールドカードの質を保ちながらも、普段使いにも普通のカード以上に「お得」な1枚です。

まとめ|ゴールドカードにもポイント還元率が良いカードはある!うまく選んでお得に使おう

ゴールドカードと聞くと「お金もちのためのカード」、「サービスは良いがあまりお得度は高くない」というイメージがあると思いますが、きちんと条件さえ決めて選んでいけば、ポイント還元率1.0%以上の「お得」なカードもあります。
ゴールドカードは年会費が1万円程度かかるものも多く、年会費の負担を考えるとお得度は低くなってしまうこともありますが、付帯サービスを活用し、マインカードとしてどんどん使うことで一般カードよりも「お得」になることもありますので、自分のライフスタイルに合った1枚を見つけ、ぜひお得なゴールドカードライフを楽しんでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集