審査に有利な公務員が持つべきゴールドカード4選!

社会人三人組

社会的な信頼度が高い「公務員」は、クレジットカード審査においても有利です。せっかく有利な属性を持っているのであれば、公務員しか使えないクレジットカードや、やや敷居が高いと思われがちなゴールドカードに挑戦してみるのがおすすめ。

今回は、そんな審査に有利な公務員におすすめのゴールドカードの紹介のほか、公務員が審査で有利な理由や、公務員でもゴールドカード審査に落ちた時に考えられる原因を解説していきます。

これからハイステータスなゴールドカードに挑戦しようかと考えている公務員の方は、ぜひ参考にしてくださいね。

公務員におすすめのゴールドカード4選!

ここでは、審査に有利な公務員におすすめのゴールドカードをご紹介します。

1.アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費
(初年度)
29,000円+税 年会費
(2年目)
29,000円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 約3週間

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、富裕層向けカードブランド「アメックス」から発行されている、ハイステータスなゴールドカードです。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードご入会キャンペーン!新規ご入会&ご利用条件クリアで合計30,000ポイント獲得可能!

年会費はやや高めではありますが、しっかりと使い込めばそれ以上の価値を提供してくれる、他社プラチナカードに匹敵する1枚となっています。

審査難易度はやや高め。社会的な信頼度が高い公務員にこそふさわしいクレジットカードと言えるでしょう。

付帯サービスは余暇を楽しみたい大人におすすめの内容ばかり。旅行に役立つ空港ラウンジの利用のほか、プライオリティパス、グルメ特典など、いずれもワンランク上のラグジュアリーな特典となっています。

さらに、付帯保険も充実しており、最高1億円の海外旅行傷害保険をはじめ、各種手厚い保険がついています。

「真のステータス性」を求める公務員の方は、ぜひご検討ください。

2.JCBゴールド

JCBゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 平日11時までのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け※JCBゴールドの通常デザイン/WEB限定デザインのみ、最短翌日お届けの対象となります。

JCBゴールドは、日本発の国際ブランド「JCB」が発行する、正統派ゴールドカード。年会費は一般的なゴールドカードと同じ水準ながら、スペックは全体的に比較的高めで、コストパフォーマンスの良い1枚です。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大13,500円分プレゼント! JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!

審査基準はゴールドカードらしく決して甘くはなく、公務員が持つのにふさわしいステータス性を誇ります。

付帯保険は最高1億円の海外旅行傷害保険をはじめ、手厚い内容となっており、さらにグルメ特典・空港ラウンジ特典、医療相談サービスなどもしっかり付帯。ゴールドカードらしい特典・保険内容と言えます。

このカードの大きな魅力は、そのスペックだけではありません。しっかりと利用実績を積めば、さらに上のランクのプラチナカードやブラックカードを狙えるところが人気を呼んでいます。

自分のキャリアとともに、クレジットカードのステータス性も成長させていきたい公務員の方は、ぜひ取得しましょう。

3.KKRメンバーズカード

KKRメンバーズカードは、国家公務員だけが持てる、国家公務員専用のゴールドカード。なんと、年会費は無料です。

国家公務員の現職の方、国家公務員OB・OGの方であれば発行可能となっています。

KKRの会員証とクレジットカードを兼ねており、最高5,000万円の海外旅行傷害保険をはじめ、空港ラウンジの利用や各種優待が利用できます。

内容は有料のゴールドカードにも匹敵するものであり、国家公務員であればぜひ取得しておきたい、コスパ最強・ステータス性優秀なクレジットカードです。

参考リンク:KKRメンバーズカードのご案内 | KKRホテルズ&リゾーツ | KKR-国家公務員共済組合連合会

4.アルプスカード(ゴールドカード)

アルプスカードは、地方公務員や国家公務員、独立行政法人関係業務に関わる人を対象としたクレジットカード。一般カードとゴールドカードがありますが、おすすめはゴールドカードです。

年会費は6,300円(税抜)〜7,000円(税抜)となっており、ゴールドカードの中では安く設定されています。地方公務員か、国家公務員化によってカードの種類が少し変わるので注意しましょう。

付帯保険の内容も手厚く、旅行傷害保険だけではなく、ショッピング保険までしっかり付帯しています。もちろん、各種優待・特典もついていますよ。

公務員のみが持つのを許されるカードということで、ある意味ステータス性は抜群。公務員としてのステータスを生かしたカードが欲しい方におすすめです。

参考リンク:カードをつくる | アルプスカード株式会社

公務員は審査に有利!狙うならゴールドカード以上がおすすめ!

冒頭でもお話しした通り、公務員は審査に非常に有利。ですから、せっかくクレジットカードを取得するのであれば、ゴールドカード以上の「ステータスカード」がおすすめです。

中でもゴールドカードは、ステータスカードの入り口として適度な年会費と、ワンランク上のサービス、付帯保険などが充実しており、非常に人気。いまや富裕層以外の方でも気軽にゴールドカードを持てる時代となっています。

収入が安定しており、審査にも有利な公務員の方には、ワンランク上のクレジットカードがふさわしいと言えます。

公務員にしか使えないゴールドカードというものが存在する

公務員にしか使えないゴールドカードというものも、実は存在しています。今回ご紹介した4枚のうち、以下の2枚は公務員限定カードです。

中には無料〜格安の年会費で所持できるゴールドカード並みの付帯特典を持つクレジットカードもありますので、公務員の方はそういった「特権的なクレジットカード・ゴールドカード」を視野に入れてみてもいいでしょう。

公務員がゴールドカード審査に有利な理由は?

審査のポイント

公務員がゴールドカード審査に有利な理由は、次の通りです。

POINT

公務員がゴールドカード審査に有利な理由

  • 収入が安定している
  • リストラの心配が少ない

1.収入が安定している

公務員は一般企業とは異なり、業績に左右されて給料が変わる……ということはありません。よって、収入が非常に安定しているという特徴があります。

ゴールドカードを発行しても、安定した支払い能力が見込めるということは、クレジットカード会社にとっても非常に魅力。やはり、カード会社は「しっかり使って、しっかり返せる」そんな優良な顧客を求めているのです。

その点においては、収入が安定している公務員は非常に有利だと言えます。

2.リストラの心配が少ない

業績によってはリストラされてしまう可能性のある一般企業とは異なり、公務員はリストラの心配がほぼありません。

クレジットカード会社にとって、収入が安定しているだけではなく、その収入が途切れる心配がない=優良顧客で居続けてくれるというのは、大きな魅力です。よって、審査では「リストラの心配がない」という点が有利に働きます。

公務員でもゴールドカード審査に落ちることも!考えられる理由は?

審査

公務員であっても、ゴールドカード審査に落ちることはもちろん考えられます。原因としてよくあるのは、「お金にルーズであることがカード会社に知られた」というものです。

POINT

公務員でもゴールドカード審査に落ちる原因

  • クレヒスが悪く、お金の信用力が低い
  • 借金が多く、返済が見込めない

1.クレヒスが悪く、お金の信用力が低い

いくら公務員であっても、クレジットヒストリー、つまりクレヒスが悪ければ、お金に関する信用力が低いと判断されます。よって、ゴールドカードに審査には落ちてしまうでしょう。

具体的には、過去に借金を返していない、クレジットカードで借りたお金を延滞している……といった履歴が残っていれば、信用が低いと判断されてしまう可能性が高くなります。

公務員であっても、お金にルーズだと審査には不利になる、と知っておいてくださいね。

2.借金が多く、返済が見込めない

ゴールドカードの審査を受けた時点で、カードローンやキャッシングでの借金が多く、新たにカード発行をしても返済が見込めない……という状態の場合は、いくら公務員でも発行を見送られる可能性があります。

借金経験や、現状の借金の有無は全て「クレヒス」で確認できてしまうので、審査時には必ずチェックされます。

もし、ゴールドカード審査を有利に運びたいのであれば、現在ある借金はできるだけ清算してからにしましょう。

よりハイステータスなカードを狙うなら、上位カードありのゴールドカードを狙う

ハイステータスなクレジットカードを持つ女性

公務員の中には、ゴールドカードはもちろん、よりハイステータスなクレジットカードを狙いたい! と考えている方も多いはず。

そんな方におすすめしたいのは、ゴールドカードを選ぶ際に「よりハイクラスのカードへの道筋がある」というポイントを重視することです。

よりハイクラスのクレジットカードからのインビテーションを狙える1枚を選ぶ

例えば、JCBゴールドカードなら、利用実績を積み、条件を満たすことで、さらにハイクラスの「JCBゴールド ザ・プレミア」や「JCBプラチナ」といったハイクラスのクレジットカードのインビテーションを取得できます。

状況によっては、ブラックカードである「JCB THE CLASS」を目指すことも、夢ではありません。

このように、よりハイステータスなクレジットカードを狙うのであれば、ゴールドカード選びから、それにふさわしいクレジットカードを選択する必要があります。

公務員は社会的信用度が高くゴールドカード取得に有利!ぜひ自分にあった1枚を見つけよう

公務員は社会的なステータス・信用度が高く、ゴールドカードなど、ハイステータスカードの審査に有利です。

公務員の方におすすめのゴールドカードは、記事内でもご紹介した次の4枚。

いずれも、ステータス性やコストパフォーマンスが良く、持っているだけで一目置かれるカードです。

公務員が審査に有利とは言っても、状況によっては審査落ちも考えられます。しっかりと事前に原因を取り除き、申し込みをしましょう。

ゴールドカードを選ぶ際は、将来的にどんなステータス性のカードを持ちたいか、まで想定して選ぶのがおすすめです。ぜひ、納得のいく1枚を選んでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内