JALカードの種類と評判、審査基準は?JALマイルが貯まるJALカードのおすすめポイントと特徴を解説

カード発行会社・国際ブランド 更新:2018年5月30日 公開:2017年7月5日2,997 view

JALカード

JAL(日本航空)をよく利用するという方は、JALの「マイレージプログラム」に登録してマイルを貯めている方も多いと思います。

今回は、そんなJALユーザーにおすすめの機能や、マイルをお得に貯められるといったメリットの多い「JALカード」について、徹底解説します。

JALカードに興味のある方や、JALマイルを貯めている方はぜひ参考にして、よりお得にマイルを貯められるように知識を活かしてくださいね。

JALカードとは?

JALカード

JALカードとは、JALマイレージバンク(通称JMB)カードに「クレジットカード機能」がついている、利用金額に応じて直接JALマイルが貯まる、「JALユーザー」にはたまらない、お得なカードです。

JALカードならマイルも貯めやすく、貯まったポイントをマイルへ移行するといった手間もないため「使いやすい」カードです。

その他にもJALユーザーなら必携と言える、JAL関連のサービスを利用する際には、「旅する人に本当に使える」と言われるお得なサービスや割引などが用意されており、マイルを貯めたい・使いたい方にとっては無駄のないカードと言えます。

JALグループ航空券を利用してのフライトだけではなく、普段のお買い物からマイルをどんどん貯められるので、まさにマイルを賢く貯めて「旅」を楽しむ方のためのクレジットカードです。

JALカード一覧

  • JAL CLUB-Aゴールドカード
    国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    16,000円+税 年会費
    2年目
    16,000円+税
    還元率 0.476%〜0.6% 発行日数 約4週間

    JAL CLUB-Aゴールドカードは、ゴールド機能を搭載し、マイル還元率は1%(通常の2倍)のほか、ボーナスマイルや区間フライトマイルも進呈!このほか、提携カードの空港ラウンジが無料、JALビジネスクラスカウンターが使える上に、最高1億円のゴルファー保険、最高5,000万円の旅行傷害保険、最高300万円のショッピング保険も付帯!

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    10,000円+税 年会費
    2年目
    10,000円+税
    還元率 〜1.99% 発行日数 約4週間

    JAL Suica カード CLUB-A(JCB)は、JAL 普通カードよりもボーナスマイルの条件が良く、入会後初の搭乗ボーナスは5,000マイル、毎年初回搭乗ボーナス2,000マイルを進呈、区間マイルは『基本マイル+25%』の区間ボーナスマイルを進呈!ショッピングマイルは200円=1マイル(特約店は2倍)搭載されたSuica利用時には1,000円=6Pのビューサンクスポイントが貯まる!最高5,000万円の国内・海外旅行傷害保険も自動付帯で旅先でも安心!

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    10,000円+税 年会費
    2年目
    10,000円+税
    還元率 0.5%~1.0% 発行日数 約4週間

    JAL CLUB-Aカードは「空を旅するJALマイラー」にオススメの一枚!通常のフライトマイル+25%のボーナスマイルが付与される上に、入会時の搭乗ボーナスは5,000マイル、毎年初回搭乗時には2,000マイルを進呈!「ゴールドカードと同じ」フライトマイルが貯まるコスパ大のカード!

  • JAL普通カード
    国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    無料 年会費
    2年目
    2,000円+税
    還元率 0.5%~1.0% 発行日数 約4週間

    JAL普通カードはコスパ最強のJALカード!初年度年会費無料、次年度は2,000円と安く、プレミアムサービス追加で、最も安く&お得にJALマイルが貯まる!入会時+毎年初回搭乗時にボーナス1,000マイル進呈、ツアープレミアム加入でエコノミーやビジネスクラス、先特割引にも100%のフライトマイルを進呈!

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    無料 年会費
    2年目
    2,000円+税
    還元率 〜1.999%  発行日数 約4週間

    JAL Suica カード(JCB)は基本のJMBカードに電子マネーSuica(スイカ)を搭載した一体型クレジットカード!国際ブランドはJCBで初年度無料、次年度2,000円+税とリーズナブルな年会費。入会時&毎年初回搭乗時には1,000マイルのボーナス、フライトの際には「基本マイル+10%の搭乗ボーナスマイル」がもらえるほか、JALやSuica加盟店でも優待・特典が受けられる。最高1,000万円の海外・国内旅行保険付帯も付帯で海外でも安心。

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    永年無料 年会費
    2年目
    永年無料
    還元率 0.476%〜0.600% 発行日数 約4週間

    JAL VISA/Master 普通カード navi(学生専用)は、学生専用のJALカード!カード利用で100円=1マイル(特約店は2倍)JALマイルが貯まる。在学中は年会費無料、卒業後はJAL普通カードへ自動切替。入会後&毎年のファーストフライトボーナスに加え、区間ボーナス、搭乗ボーナス、卒業ボーナスマイルも進呈、最高1,000万円の旅行傷害保険や最高100万円のショッピング保険も付帯で安心!

JALカードを持つべき理由

旅行

JALカードはJAL関連のサービスをよく利用する・JALで旅行に行きたい方にぴったりのカードですが、特に「持つべき」と言えるポイントを3つご紹介します。

POINT

JALカードを持つべき3つのポイント

  • とにかくJALマイルを効率良く貯められる!
  • 会員向けの優待・割引が豊富
  • JALタッチ&ゴー、ビジネスクラス専用チェックインカウンター利用も可能

1.とにかくJALマイルを効率良く貯められる!

JALマイル

詳しくは後の章で解説しますが、JALカードはとにかくJALの「マイル」を効率良く貯めるのにぴったりのカードです。

例えば、JALカード以外のクレジットカードで貯めたポイントをJALのマイルに交換しようとすると、移行時に「還元率」が下がってしまったり、移行できる期間が長かったりと、「貯めにくい」、「使いにくい」という状況になりがちです。

JALカードなら、「ポイント」をマイルに交換するといった面倒な作業は一切必要なく、「直接」、「利用額に応じて」マイルがどんどん貯まっていくので、とてもスムーズに貯めることができます。

しかも、特約店なら通常ポイント(200円で1マイル)の2倍(200円で2マイル)貯まっていく計算になりますので、かなりお得ですね。
もちろん、もともとは「JMBカード」にクレジット機能がついたものですので、「フライトマイル」もしっかりと貯めることができます(フライトマイルについては後に詳しく解説します)。

2.JALカード会員向けの優待・割引が豊富

JALカードをおすすめしたい理由の2つ目が、JALカード会員向けの優待や割引サービスが豊富、というところです。

例えば、次の優待や割引を受けることができます。

JALカード家族プログラム

JALカード会員、JMBカード会員のご家族(生計を同一とする)それぞれが貯めているマイルを合算して、特典交換にあてることができます。
家族で貯めることで、特典交換がしやすくなり、目標のマイル数に近づきやすくなります。

JALカード割引特典航空券

JALカードを所有していると、特典航空券を「ディスカウントマイル」よりも国内線一律500マイル、国際線一律1,000マイル引かれたマイル数で交換可能です。

JALビジネスきっぷ

JALビジネスきっぷとは、JAL会員専用の「割引運賃」が適用されるお得な搭乗券です。搭乗日当日までの予約または変更が可能で、急な出張でも利用しやすいのが特徴です。

  1. パッケージツアー5%割引
  2. 空港免税店・店舗で最大10%割引
  3. 機内販売の割引

これら3つの優待や割引は書いて字の通り「割引」が得られるという内容です。

ざっくりと書き出しただけでも、これだけの優待や割引を得られるのは嬉しいですよね。

ここでは紹介しきれていないサービスもありますので、本気でJALカード取得を考えている方はチェックしてみてください。

3.JALタッチ&ゴー、ビジネスクラス専用チェックインカウンター利用も可能

JALカードを持っていると良いと言える特典の一つが「登場までの手続きを簡素化できる」、「時間を短縮できる」ことです。

最も時間短縮になるのが「JAL タッチ&ゴー」というサービスで、出発前に予約・購入・座席指定をしておけばチェックインカウンターに「寄らずに」、すぐに保安検査場・搭乗ゲートを「タッチ」で通過することができます。
普通はチェックインカウンターに立ち寄って、という手続きが必要ですが、この方法なら大幅に時間短縮可能です。

また、一般カードを除き、「CLUB-Aカード」、「CLUB-Aゴールドカード」、「JALダイナースカード」、「プラチナカード」、「JAL CLUB EST」会員限定で、国際線へ搭乗する際は航空券がエコノミークラスでも「ビジネスクラス専用チェックインカウンター」を利用することができます。

ビジネスクラス専用カウンターは、エコノミークラスのカウンターに比べて利用者数が少なく、比較的短時間でチェックインを済ませることができます。

JALカードを利用するメリット

JAL

JALカードを利用する最大のメリットは「JALマイルが貯めやすい・使いやすい」という点で、このメリットのためにJALカードを選ぶ方がほとんどです。

ここでは、JALカードを利用するメリットを「JALマイル」に注目して4点ご紹介しますね。

MERIT

JALカードを利用する4つのメリット

  • 直接マイルが貯まるJALユーザーの必携カード
  • JALでのフライトでマイルが貯まる
  • 普段使いでショッピングマイルが貯まる
  • マイル積算率が高く対応店舗も多いので、マイルを貯めやすい!

1.直接マイルが貯まるJALユーザーの必携カード

JALユーザーなら、「マイル」をしっかりと貯めて利用するのが賢いJALの利用方法です。

他の章でも解説いたしましたが、JALカードは普通のクレジットカードがまず「独自のポイントプログラム」でポイントが貯まり、マイルに交換したいときはポイントからマイルに移行する必要があるのに対し、JALカードは「直接」マイルが貯まるので、移行がスムーズです。

ポイントからマイルに移行すると、還元率が落ちてしまい損になることもありますが、JALカードならそういったロスも発生しません。

いつでも、ポイントから還元率を計算せずに、どれだけマイルが貯まっているかを確認しやすいので、JALユーザー必携のカードと言えますね。

2. JALでのフライトでマイルが貯まる

JALカードは、JMBカードと同様に、「フライトマイル」を貯めることができます。

フライトマイルは、JALの航空機でフライトすると、区間や運賃種別によって決められたマイルが貯まるというしくみです。

出張や旅行が多い方などは、フライトマイルを効率良く貯めることができます。

航空券の支払いをJALカードで行えば、利用金額に応じた「ショッピングマイル」も付与されるので、マイルの二重取りが可能です。

また、JALカードを持っていれば最大で25%のボーナスマイルがフライトマイルに加算されます。普通にフライトマイルを貯めるよりもお得に貯められるので、JALカードはフライト数が多い方にもおすすめです。

3.普段使いでショッピングマイルが貯まる

JALカードは、「マイレージプログラム」を採用しており、一般的なクレジットカードが利用金額に応じて独自のポイントプログラムで「ポイント」が貯まるのに対し、JALカードは利用金額に応じて「マイル」が貯まります。

つまり、いちいちポイントからマイルに移行する手間もなく、普段のお買い物で直接「ショッピングマイル」を貯めることができるということですね。
通常はマイル還元率が0.5%になっており、200円の利用につき1マイル付与されます。

しかも、年会費3,000円の「ショッピングマイル・プレミアム」に入会すればマイル還元率が2倍になり、100円の利用で2マイル貯まっていきます。

普段からショッピングにクレジットカードを利用しているJALユーザーなら、JALカードを持っておいて損はないと言えます。

4.マイル還元率が高い「JAL特約店」が多く、マイルを貯めやすい!

JALカードでマイルを貯めるメリットの一つが、マイル還元率の高い「JAL特約店」がたくさんあることです。

JAL特約店とは、JALマイルが貯まりやすい、JALと提携しているお店のことで、レストランやコンビニ、百貨店、ガソリンスタンドなど「身近」で「よく利用する」お店が多くあります。

特約店は全国に約52,000店舗あるので、普段のお買い物を「特約店」でするように意識するだけでポイントがどんどん貯まります。

JAL特約店では、通常0.5%のマイル還元率(積算率と表現することも)が、2倍の1.0%になります。

例えば、年間に100万円クレジットカードを利用している方では、通常5,000マイルしか貯まらないところが、全てマイル特約店でお買い物をすれば「10,000マイル」も貯まるということです。

最も身近な例でいくと、大手コンビニエンスストアの「ファミリーマート」もJAL特約店ですので、他のコンビニよりも意識して使うことで効率良くマイルが貯められますね。
マイルを貯める近道として、「JAL特約店」を活用するのはおすすめです。

JALカードの種類は様々!自由に選べるラインナップ

JALカードの魅力の一つに、国際ブランドやステータスなどの選択肢が豊富で、自分の希望に沿ったカードを選びやすいというものがあります。

ここでは、JALカードの種類について、どんなものがあるかを簡単に解説していきます。

  1. 国際ブランドを選べる(VISA、マスター、JCB、AMEX、ダイナース)
  2. ステータスは4種類!
  3. 学生カード、20代限定カード、法人カードも
  4. 海外旅行で使うならCLUB-Aカード以上のカードがおすすめ

1.国際ブランドを選べる(VISA、マスターカード、JCB、AMEX、ダイナース)

JALカードは好みに応じて国際クレジットカードブランドを選ぶことができます。

普及率の高いVISA、マスターカード、JCBはもちろん、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブまで選択肢があります。

選ぶ国際ブランドによって、サービス内容や年会費が大きく異なるほか、「ダイナースクラブカード」は一般カードで選択することができません。

海外旅行でも安心したい、使えるカードが欲しいならVISA、マスターカード、日本国内でしっかり支えてきめ細かいサービスが受けたいならJCB、ワンランク上のサービスやステータス性を求めるならアメックス、富裕層向けカードを持ちたいならダイナースクラブ、といったように、カードブランドごとに特徴が全く異なります。

選択肢が多いぶん、迷ってしまいがちですが、国際ブランドを選ぶ際はクレジットカードで「何を重視するか」をしっかり決めておいてから選ぶと良いですね。

2.ステータスは4種類から!

JALカードをステータス別に分けると、次の「4種類」あります。

JAL普通カード

JAL普通カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.5%~1.0% 発行日数 約4週間

JAL普通カードは、年会費も2,000円(税抜)と安く、初心者の方におすすめのコストパフォーマンスに優れたカードで、JALの航空機をあまり利用しない、ショッピングマイルをメインで貯めたい方向けです。

JAL CLUB-Aカード

JAL CLUB-Aカード

年会費
(初年度)
10,000円+税 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%~1.0% 発行日数 約4週間

JAL CLUB-Aカードは、ゴールドカードまでのステータス性やサービスはないけれど、飛行機での「旅行」に強いカードです。
初回搭乗時のボーナスマイルが普通カードの2倍で、搭乗ごとのボーナスフライトマイルが、通常フライトマイルの25%も加算されます。

JAL CLUB-Aゴールドカード

CLUB-Aゴールドカードは「ワンランク上」のサービスが特徴で、ショッピングの年間利用額、フライトマイルともに多い方は「より貯めやすい」カードになっています。
ショッピングマイル・プレミアムに自動で入会するシステムになっており、追加で年会費を支払わなくても100円=1マイルの高還元率です。

選択する国際ブランドにもよりますが、そのほかにも対象の「空港ラウンジ」が無料で使えるなどの特典が盛りだくさんです。

JAL プラチナカード

JALプラチナカードは、JALカードの中でも最高のステータス、おもてなしのカードです。
海外の対象VIPラウンジが利用できる「プライオリティパス」が無料で付帯するほか、JAL関連施設でのお買い物、利用分に対して100円=4マイル貯まるというほかにはあまりない還元率も魅力です。

そのほか、コンシェルジュサービスなど、一般的なプラチナカード以上のサービスが盛りだくさんで、選択する国際ブランドによってサービスが異なります。

どのカードを選ぶかは、どんな目的でカードを発行するか、どんなサービスが受けたいかによりますが、プラチナカードであっても初めから申し込みが可能ですので、かなり「選択肢」の幅はあると言えますね。

3. 学生カード、20代限定カード、法人カードもあり

JALカードには、ステータス別のカード以外にも「20代限定カード」、「学生カード」、「法人カード」なども用意されています。

法人カードとして使いたいのに、普通の個人向けカードしか選択肢がないと、経費を研鑽するのにプライベート利用との区別がつきにくくなりますので、きちんと「法人向け」があるのは嬉しいですね。

申し込みをする方の立場に合わせたカードラインナップですので、学生なら学生カードというように、自分に合ったカード選びがしやすいですね。

4. 海外旅行で使うならCLUB-Aカード以上のカードがおすすめ

JALカードには様々なラインナップがありますが、「海外旅行」によく行く方であれば、CLUB-A カード以上のカードを選ぶのがおすすめです。

というのも、JAL普通カードに比べて「フライトマイル」の積算率が高く、25%も加算されるシステムになっており、普通カード(10%加算)よりも毎回のフライトで「15%」もマイルが多く加算されます。

さらに、CLUB-A カード以上なら国内・海外旅行傷害保険が自動付帯で「5,000万円」はつくほか、ゴールドカード以上になると利用付帯分が5,000万円つくので、最高1億円の手厚い保障が受けられます。

また、傷病治療費用などが使えるのはCLUB-A カード以上のみで、JAL普通カードでは死亡保障、傷害後遺障害にしか保険が適用されません(最高1,000万円)ですので、海外旅行にいくなら「CLUB-A カード」以上が断然おすすめです。

海外旅行ならVisa/Master Cardと相性ばっちり!

海外旅行に行く際は、どの国際ブランドにするか迷ったら「Visa」もしくは「Master Card」がおすすめです。というのも、この2つの国際ブランドは世界シェアNo.1(Visa)とNo.2(Master)を誇っており、国際カードブランドの中でも「最も海外で使える」と言われているからです。

世界中どこへいっても、Visa、Master Cardならクレジットカードが使える場所なら困りません。
海外旅行に行く際は、JALカードの中ではCLUB-Aカード以上とVisa/Master Cardの組み合わせが最強です。

JALカードの審査は難しい?

JALカードを本気で取得しようとした時にチェックしておきたいのが「審査難易度」ですが、JALカードの最もベーシックなカードである「普通カード」の審査難易度は、「中程度」と言えます。

つまり、特別に厳しくもなければ、審査に通りやすいということもないということですね。このレベルのクレジットカードは、安定した収入があり、信用情報(クレヒス)に問題がなければ発行されやすいと言えるでしょう。

ただし、ここでお伝えした審査難易度はあくまで「普通カード」についてですので、ゴールドカードやプラチナカードになるとさらに難易度は上がると思っておいてください。特に、「ダイナースクラブ」は国際ブランドの中でも富裕層向けのクレジットカードとして審査も厳しくなっていますので、年収が高めで、クレヒスも良好でなければ発行は難しいでしょう。

カードランクにより審査難易度は上下しますので、ゴールドカードならゴールドカードというカテゴリの中での「普通クラス」といったように、あくまでもJALカード全体の難易度は、一部のカードを除き、それぞれのカードランクの中での「普通クラス」と捉えておいてください。

JALカードの審査は「クレヒス」が重要!

JALカードの審査に通るには信用情報(クレヒス)に問題ないことが大切ですが、クレヒスについてよく知らない方のために解説します。

クレヒスとは、信用情報機関と呼ばれる機関に登録されている、クレジットやローンなどの「信用取引」に関わる履歴のことで、どのクレジットカード会社も「クレヒス」を参照して「この人は信用できるか」というのをチェックしています。

定期的にクレジットカードを利用し、返済もきちんとしている場合は問題がなく、良いクレヒスと言えますが、過去に金融事故(支払いの長期延滞、債務整理など)を起こしている、もしくは軽い支払い遅延を何回か繰り返していると「悪いクレヒス」と判断されて審査落ちしてしまいます。

それ以外にも、30代以降でクレヒスが「全くない」状態の方も、金融事故を起こすとその履歴が消えるまで信用取引が行われなくなるので、過去の金融事故を疑われてしまい、審査が厳しくなるので注意が必要です。

クレヒスに自信がない方は、流通系や消費者金融系などの比較的審査に通りやすいカードを作り、クレヒスを磨いてからJALカードに申し込むのも一つの手段です。

おすすめのJALカード3選!

JALカードはラインナップが豊富でどれを選べばいいか分からなくなりがちですよね。
ここでは。JALカードの中でも「特におすすめ」の3種類のカードをご紹介します。

JAL普通カード

JAL普通カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.5%~1.0% 発行日数 約4週間

JAL普通カードは年会費2,000円(税抜)とJALカードのラインナップの中でもかなり「格安」に設定されており、維持費をできるだけかけずにフライトマイルよりもショッピングマイルをメインで貯めたい方に最もオススメのカードです。

「JALカード」のメリットとしてご紹介した旅行向けの特典はきちんと使えますので、コストパフォーマンスに優れていてもサービスが全くないということはありません。
旅行傷害保険も、「最高1,000万円」まで自動で付帯するというこの年会費クラスでは手厚いサービスと言えます。

また、普段のショッピングでマイルを効率良く貯めたいなら追加で3,000円の年会費を支払って「ショッピングマイル・プレミアム」に登録すれば、100円=1マイルとして常時1.0%のマイル還元率ですので、最も年会費を安く抑え、ショッピングマイルを貯めやすいカードになります。

もちろん、フライトマイルも通常のJMB会員よりも「15%」多く貯まりますので、フライトマイルを貯めたいときにも役立ちます。
JALカードをまずは試してみたい、コストパフォーマンスを重視したいのなら「JAL普通カード」が最もおすすめです。

JAL CLUB-Aゴールドカード

JAL CLUB-Aゴールドカードは、年会費17,280円(税込)からで、一般カードよりも手厚いサービス・付帯保険が特徴のカードです。
アメックス、ダイナースクラブは年会費が基本の年会費よりも高く、サービス内容もそれに従って手厚くなっています。

JAL普通カードとCLUB-Aゴールドカードの間に「CLUB-Aカード」というカードもありますが、ショッピングマイル・プレミアム(ゴールドカード以上は無料で自動付帯)をつけるとゴールドカードとの差があまりなくなってしまい、コストパフォーマンスがゴールドカードの方が優れているので、ゴールドカードを特におすすめとしています。

ショッピングマイルが普通カードと比較して2倍以上貯まりやすくなっており、特にJAL関連サービスを利用した際の「アドオンマイル」が100円=1マイル貯まるので、フライトが多い方やJAL店舗をよく利用する方にはとてもおすすめです。

JALビジネスクラス・チェックインカウンターも利用できるので、スムーズに搭乗手続きが可能です。
そのほかにも、空港ラウンジサービスや各国際ブランドごとのサービスなど、様々なメリットがあるので、サービス内容やフライトマイルの貯まりやすさを重視する方にはおすすめです。

JAL プラチナカード

JALプラチナカードは、年会費33,480円(税込)の、JALカードの中で最もステータス性・サービス力が高いカードで、プラチナの名前通り「プレミアム」なカードになっています。

選べるカードブランドはアメックスとJCBのみですが、どちらも手厚いサービスと充実の付帯保険が特徴で、最高1億円の旅行傷害保険が付帯します。

また、ゴールドカードと同様に「ショッピングマイル・プレミアム」に自動加入なので、プラチナカードも100円=1マイル以上貯まる高還元率カードです。
また、ゴールドカードよりも「アドオンマイル」が多く、100円=2マイルも付与されます。

プラチナカード最大の特徴は、「プライオリティパス」が無料でついてくるというところです。
プライオリティパスは、世界中の対象空港ラウンジが利用できる会員プログラムで、対象となっている空港ラウンジの多くがいわゆる「VIPラウンジ」のため、搭乗までの待ち時間をゆったりと優雅に過ごすことができます。

そのほかにも、プラチナカードならではの手厚いサービスも豊富で、実はマイルが一番貯まりやすいという特徴もありますので、とにかくJALのサービスをよく使う、サービスを重視したいという方にぴったりの1枚です。

まとめ|JALカードで賢く空の旅を楽しもう

海外旅行

JALカードは、JMBカードにクレジット機能がついている、JALのマイルが貯まりやすい「JALユーザー必携」と言えるクレジットカードです。

JALカードは、一般的にはクレジットカードの独自ポイントが貯まるところを、直接「マイル」が貯まるしくみになっているので、ポイントからマイルへ移行する手間もなく、マイルが「貯めやすい・使いやすい」と言えます。

JALマイルを貯めている方や、上手にマイルを利用して空の旅を楽しみたい方におすすめのカードですので、本記事の内容を参考にしながら、豊富なラインナップからぜひ「ベストな1枚」を見つけてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集