マスターカードまとめ|こだわりの国際ブランドMasterCardのおすすめポイントと評判、審査基準は?

カード発行会社・国際ブランド 更新:2018年5月30日 公開:2017年11月28日2,083 view

マスターカード

マスターカードはアメリカに本社のあるクレジットカードの決済会社で、非常に有名な国際ブランドです。
今回は、種類が豊富で使い勝手がよい「マスターカード」について、利用するメリットや審査、おすすめのマスターカードなどを解説いたします。
マスターカードに興味のある方は、ぜひ参考にしてくださいね。

マスターカードとは

マスターカードマスターカードとは、クレジットカードの決済会社として有名な、5大国際ブランドの一つです。
世界的なシェアはVISAに次ぐ2番手で、国内でも海外でもマスターカードを持っていると利用できるお店が多く、「持っていると安心」なカードブランドです。

カードブランドとはいっても、実はVISAと同様に「クレジットカード」を直接発行しているのではなく、あくまで「決済機能」部分の会社ですから、一概にマスターカードといっても特徴は様々です。

マスターカードは「プロパーカード」を持たない

プロパーカードとは、アメックスやダイナースクラブ、JCBなどの国際ブランドから「直接」発行されているクレジットカードのことで、発行元の国際ブランドの特徴がよく出ています。

マスターカード、またVISAカードも、他の5大国際ブランドとは異なり「クレジットカード」を発行していないので、プロパーカードを持ちません。

そのため、「マスターカード」ブランドのカードは全ていずれかのカード発行会社と提携して発行されているクレジットカードということになり、「マスターカード」という種類のカードはありません。

プロパーカードがないからダメということはなく、提携カードがほとんどないダイナースクラブカードなどと比較すると、ブランドとしての大きな特徴がない分、「種類が豊富」で「自分にあった1枚」を選びやすいとも言えます。

マスターカードを利用するメリット

カード

世界的に有名なブランドである「マスターカード」ですが、ここではマスターカードブランドのカードを選ぶとどんなメリットがあるかを3つご紹介します。

POINT

  • 世界No.2の実力、海外旅行でも困らない
  • 発行会社が豊富で自分好みのカードを探しやすい
  • 独自のキャンペーンを積極的に行なっている

1.世界No.2の実力、海外旅行でも困らない

マスターカードは、先に触れたように「VISA」に次ぐ世界No.2の国際ブランドで、アメックスJCBダイナースなど3位以下の国際ブランドとは圧倒的な差をつけて、加盟店数・利便性の良さで人気があります。

日本国内ではVISAとほぼ同等クラスまで加盟店数が多く、クレジットカードが使えるほとんどの場所で困ることはありません。
また、クレジットカード利用者が海外でよく利用する「海外キャッシング」についても海外で多くのATMで対応しており、「CIRRUS」と書かれているATMなら世界93ヵ国、100万箇所以上で利用可能です。

ヨーロッパ方面で特に強いマスターカード

マスターカードは特に「ヨーロッパに強い」という特徴があります。
マスターカードは会社が設立された1968年から2年後、当時ヨーロッパ圏でカード会員を多く持っていた「ユーロカード」と提携し、さらに2002年に統合されています。

ユーロカードと提携・統合した過去があるため、現在ヨーロッパで使いやすいカードとして有名になっています。
世界的にVISAと同じく「利用しやすい」と言われているマスターカードですが、ヨーロッパ圏に限定すればマスターカードの方が有利と言えます。
ヨーロッパ旅行が趣味の方は、国際ブランドならVISAよりもマスターカードがおすすめです。

2発行会社が豊富で自分好みのカードを探しやすい

マスターカードは、VISAカードと同じく「プロパーカード」を持ちませんが、そのデメリットに負けないほどクレジットカードの種類・発行会社の選択肢が多いというメリットがあります。

JCBやアメックスといったブランドに対応していない発行会社であっても、マスターカードなら対応しているといったケースもあるほど提携には力を入れているため、JCBやアメックスブランドでは手に入らないようなカードも選ぶことができます。

マスターカードの選択肢として一例を挙げると、学生向けの審査が柔軟なカードから、ショッピングモールやお店と提携したカード、キャラクターとコラボしたカードなどがあり、さらにサービスや質の良さを求める方にもおすすめできる「ブラックカード」を発行しているカード会社もあります。

気軽な普段使いカードから、ラグジュアリーで特別なカードまで、マスターカードは自分のニーズにあったカードが見つけやすい国際ブランドです。

3.独自のキャンペーンを積極的に行なっている

マスターカードのキャッチフレーズ「Priceless(プライスレス)」の言葉通り、マスターカードはお金で買えない価値ある体験ができるきっかけとなる「キャンペーン」を独自展開し、積極的に行なっています。

例えば、「プライスレス・シティ」という、マスターカード会員だけが利用できる様々な特典プログラムでは、観光名所や博物館、舞台裏の見学、特別なイベントなど、まさに「お金で買えない」体験ができる優待が受けられます。

そういった「特別な体験」をキャンペーンで提供しているので、キャンペーン・優待に積極的なカードブランドが選びたいならおすすめです。

マスターカードが向いている人は

○×

国際ブランドとして「マスターカード」を選ぶのが向いていると言えるのは、次のような人です。

POINT

マスターカードが向いているタイプ

  • ヨーロッパ方面によく旅行に行く人
  • はじめてクレジットカードを持つ人

1.ヨーロッパ方面によく旅行に行く人

マスターカードは先の章でお話したとおり、ユーロカードと統合しているため、ヨーロッパ方面に加盟店が多く、よくヨーロッパに出かける方におすすめのカードです。

クレジットカードが利用しやすい環境にあるヨーロッパですが、メインカードとしてアメックスやJCBなどを持っている方は、もしかしたらクレジットカードが使えず困るシーンがあるかもしれません。
そのため、サブカードでも良いので1枚はマスターカード(もしくはVISA)を持つことをおすすめします。

現地で現金が欲しい時も、現地で換金するよりもお得な「海外キャッシング」が活用できるので、そういった意味でもマスターカードは非常に使い勝手が良いブランドです。

2.はじめてクレジットカードを持つ人

マスターカードは世界的にみても加盟店数・シェアが多く、日本国内はもちろん、海外旅行でも使いやすいブランドです。
マスターカードさえあれば、国内でカード決済ができる場所ではほぼ困ることはありません。

しかも、カードのジャンル・種類が多く、自分好みの1枚を見つけやすいと言えます。

1枚しかクレジットカードを持っていないのであれば、その1枚が使いづらいカードでは意味がありませんので、初めてのカードはほぼどこでも使える決済会社を選ぶべきですので、初めての1枚には、自分好みのカードが選びやすく、かつどこでも使える「マスターカード」から選べば失敗は少ないでしょう。

マスターカードの審査は難しい?

マスターカードに興味を持った方が必ず気になるのが、実際にマスターカードを手に入れる際の「審査難易度」ではないでしょうか。

マスターカードの審査は発行会社・カードの種類で異なるため、一概に難しいとかやさしいとか言うことはできません。

基本的な審査難易度がトップクラスのダイナースクラブカードなどと比較すれば、審査難易度はそれほど高いカードばかりではなく、専業主婦や学生でも発行しやすいカードも存在するため、全体的には「平均的」なカードが多いと言えるでしょう。

とはいっても、日本国内唯一のマスターカードブランドの「ブラックカード」である「ラグジュアリーカード」に関して言えば、ブラックカードだけあってしっかりと厳しい審査基準と言えます。

審査に自信がない方は流通系・消費者金融系などの比較的審査が柔軟なカテゴリから、審査が多少厳しくてもサービス力・ステータス性の高いカードが欲しいなら銀行系などのカテゴリから選ぶのがおすすめです。

クレヒスを磨けばハイクラスなカードも狙える

国際ブランドとしてマスターカードを採用しているクレジットカードは、審査難易度が高いものからやさしいものまでありますが、基本的に年収などの属性以外では「クレヒス」が最も重要です。

クレヒスとは、信用情報のことで、クレジットやローンの申し込みから利用、返済まで「信用取引」の総合的な記録です。
過去にクレジットカードをしっかり利用し、一度も延滞や遅延なく返し続けているようなクレヒスがある方は「良いクレヒス」で、金融事故を起こしているような方は「悪いクレヒス」です。

ハイクラスなカードに挑戦する際は、やはりそれなりにクレヒスを積んでおくことが重要ですので、クレヒスに自信がない場合は作りやすいカードでクレヒス修行をして、その後に目的のカードに申し込むのがおすすめです。

マスターカードの魅力は「発行会社次第」

クレジットカード

決済会社としての国際ブランド「マスターカード」を選ぶメリットについては前の章で解説いたしましたが、クレジットカードとしてのマスターカードの魅力はというと、「発行会社次第」としか言えません。

というのは、マスターカードはあくまでも決済会社を指しているだけですから、クレジットカード自体のサービスや特典とはほとんど関係がないからです。
マスターカードブランドを選べるクレジットカードの種類は多く、JCBやアメックスなどに対応していなくても、VISAと並びマスターカードなら選べるケースも少なくありません。

スーパーなどと提携し、普段使いからお得に使いやすいクレジットカードから、いわゆるブラックカードまで、マスターカードブランドで発行されているカードのジャンルは非常に多岐に渡っています。

逆に言えば、マスターカードがいい、という基準だけでは選びきれないほどの種類がありますので、カード選びをする際はどんなカードが欲しいか(例えば、高還元率のカードが欲しいなど)という基準を持っておくとよいでしょう。

おすすめのマスターカード3選

マスターカードを1枚作りたくても、どのカードが作りやすいか、よいのかがわからないという方のために、ここではおすすめのマスターカードを3枚ご紹介いたします。

アコムACマスターカード

アコムACマスターカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 - 発行日数 最短即日発行

アコムACマスターカードは、消費者金融系のクレジットカードの代表格と言えるカードで、即日発行可能かつ審査が柔軟なことで有名です。

年会費は永年無料で、維持費がいらないためサブカードとしても持つことができます。
消費者金融系のカードということで、他社のカードと比較して審査基準が独特で、クレジットカードの一般的な審査というよりも、カードローンの審査を兼ねているため消費者金融でお金を借りる審査に似ていると言えます。

安定した収入があればパート・アルバイトの方でも作りやすく、長期延滞などの金融事故情報が消えた後のいわゆる「喪明け」の1枚にも最適です。
このカードでクレヒスを磨き、さらにワンランク上のカードに挑戦するという使い方もできます。

ポイントや特典などのサービスは一切ありませんが、審査に自信はなくてもマスターカードをまず1枚持ちたいならおすすめです。

三井住友クラシックカード(マスターカード)

三井住友VISAクラシックカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
1,250円+税
還元率 0.4%~1.0% 発行日数 最短3営業日

三井住友クラシックカードは、銀行系カードで人気の高い三井住友カードから発行されているクレジットカードです。

入会限定キャンペーン

インターネット入会限定キャンペーン!新規入会&条件クリアでもれなく最大10,000円キャッシュバック

メインとして「VISA」で発行されているイメージの強い三井住友カードですが、実は国際ブランドにマスターカードも対応しており、年会費1,250円(税抜)、しかも条件付き無料という格安で使えるのが魅力です。

銀行系のスタンダードカードということで、海外旅行傷害保険は2,000万円まで利用付帯する、セキュリティ対策がしっかりされているなどバランスのとれた内容で、初めての1枚としても申し分ありません。

また、電子マネーiDも付属しており、チャージ不要で様々な場所での決済がスピーディ・簡単になります。
ポイント還元率は0.5%〜とそれほど高くはありませんが、リボ払いでのボーナスポイントなどがつくため、上手に使えばポイントもしっかり貯まります。

堅実で安心感のある銀行系カードを探している方は、ぜひ検討してみてください。

ラグジュアリーカードMastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

年会費
(初年度)
50,000円+税 年会費
(2年目)
50,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 3週間程度

ラグジュアリーカードMastercard Titanium Cardは、マスターカードのブラックカードとして2016年より国内でのサービスを開始したカードです。

ラグジュアリーカードには3種類のカードがありますが、チタニウムカードは最もスタンダードなカードです。
とはいっても、ブラックカードということは変わりませんので、年会費は10万円(税抜)と高めの設定になっています。

プラチナカード以上でついているような、空港ラウンジやコンシェルジュなどのサービスはもちろん、日本で申し込めるマスターカードの中では最高峰のラグジュアリーカードとして、予約が困難な有名レストランを優先で予約できるサービスや、東京23区内の対象レストランならリムジンで送迎が受けられるサービスなど、他社のハイクラスなカードともちょっと異なる特別な特典がついています。

国内で唯一の「World Elite」に認められたカードでもありますので、マスターカードの中でも特別な、人とは違うカードが欲しい方におすすめです。

マスターカードの種類一覧

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    永年無料 年会費
    2年目
    永年無料
    還元率 - 発行日数 最短即日発行

    アコムACマスターカードは最短30分のスピード発行ができます。また、消費者金融のアコムが発行しているためキャッシング機能を利用したい方におすすめできるクレジットカードです。

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    50,000円+税 年会費
    2年目
    50,000円+税
    還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 3週間程度

    ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは、マスターカード最高峰ステータス「ワールドエリート」のブラックカード、富裕層も納得のラグジュアリーな特典、24時間対応のコンシェルジュ・サービスンシェルジュサービスが魅力!最高1億円の国内・海外旅行保険付帯、渡航便遅延保険、ショッピング保険も付帯、国際線手荷物宅配無料、国内外の空港ラウンジ+プライオリティ・パスも無料登録OK!

  • 国際ブランド
    • 年会費無料
    • 高還元率
    • 即日発行
    • 初めての1枚
    • 高ステータス
    • マイル重視
    • 家族カード
    • キャンペーン
    • 旅行保険
    • ETC発行
    年会費
    初年度
    100,000円+税 年会費
    2年目
    100,000円+税
    還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 3週間程度

    ラグジュアリーカード Mastercard Black Cardは、日本初「申込制」で持てるブラックカードでMastercard最上位World Eliteに属する特別な一枚!金属製カードを採用し、予約困難店のお席の確保やリムジン送迎サービス、名医紹介サービス、ハワイアン航空エリート会員ステータスの提供など、下位Mastercardチタンカードに勝る、高いステータス性とラグジュアリー特典を兼ね備えたカード!

マスターカードまとめ

マスターカードは、5大国際ブランドと言われるクレジットカードの決済会社の一つです。
世界シェアとしてはNo.2ですが、VISAと並んで国内外に強い国際ブランドとして人気があります。
マスターカードから直接発行する「プロパーカード」というものは存在せず、発行会社と提携した「審査が柔軟で作りやすいカード」から、「ラグジュアリーなハイクラスのカード」まで幅広い種類から自分好みのカードが選べます。

カードごとの魅力は発行会社次第と言えますが、国際ブランドにマスターカードを選ぶことで、国内外で使える場所が多いといったメリットがあります。

初めての1枚としても、いざという時のサブカードにも、心強いカードですので、カードブランドに迷った際はぜひマスターカードを視野に入れてみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集