クレジットカード不正利用の原因・手口と被害にあった場合の対処法

現金とクレジットカードを持つ不審者

便利さやお得さから、誰しもが1枚は持っていて当たり前とされるクレジットカード。

キャッシュレスでスマートな決済が可能になったり、ポイント還元で日々のお買い物がお得になったりするクレジットカード決済ですが、便利な一方で、不正利用の被害が後を絶ちません。

自分には無縁だろう、と思っている方も多いかもしれませんが、不正利用の被害にあう可能性は日常に多く潜んでいます。クレジットカードユーザーであれば、不正利用について手口や巻き込まれる原因を把握しておくと良いでしょう。

この記事では、クレジットカードの不正利用の原因や手口の解説や、万が一不正利用の被害にあってしまった場合の対処法を解説しています。

クレジットカードをより快適に安心して利用するために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

クレジットカード不正利用の原因と手口

クレジットカードの不正利用の原因は、消費者側に原因があるケースと、ネットショップなどの事業者側からの情報漏洩が原因となるケースがあります。

不正利用の原因と手口を知っておくことで、クレジットカードのトラブルに巻き込まれるリスクを軽減することができますよ。

ここでは、クレジットカードの不正利用の種類とその手口を一覧にしてみました。

不正利用の種類 手口
フィッシング詐欺 金融機関やキャンペーン当選などを装うサイトをメールで送信し、偽サイトへ誘導。カード情報を入力させ、不正にクレジットカード情報を入手・不正利用。
スキミング スキャナーでクレジットカードの磁気データを読み取り、データをコピーして偽造カードを作成・不正利用する。
ネットションピング詐欺 架空のネットショップを立ち上げ架空の商品を販売。クレジットカードで決済後、商品を送らない。
なりすまし 第三者がクレジットカード所有者になりすましてクレジットカードを利用する。
悪質出会い系サイト クレジットカードを登録させてポイントを購入させ、サクラを使いポイントを消費させる。
EC事業者による情報漏洩 EC事業者のサイトに不正侵入を行い、個人情報を盗み取る。

クレジットカードの不正利用は後をたちません。うっかりクレジットカードトラブルに巻き込まれてしまっていた、というケースも多くあります。

不正利用を防ぐためにはどうしたら良いのか、クレジットカードの各不正利用について解説します。

1.フィッシング詐欺

・クレジットカードの有効期限が迫っている
・カードが無効になっています
・キャンペーンに当選しました

このような、ついサイトへ接続したくなるようなメールを送りつけ、本当に存在するかのような精巧なポータルサイトへ誘導されてしまうのが「フィッシング詐欺」。

メールの送信者のアドレスは不自然なものではないか、手元のクレジットカードの有効期限を確認するなど、自身で確認できる項目はしっかり確認しましょう。

2.スキミング

スキミングとは、スキマーという情報読み取り端末を用いてカード情報を盗む手法。その情報をもとにした偽造カードで不正決済や現金の引き出しが行われます。

スキマーは決済端末につけられているケースが多くあり、サウナ・スパ・スポーツジムなどの施設や、ホテルやゴルフクラブ、コンビニエンスストアやATMなど、日常の至る所でスキミングされる可能性が潜んでいます。

・安易に人にクレジットカードを預けない
・不自然な箇所にあるATMは利用しない
・スキミング防止グッズを使う

など、カードの情報が抜き取られてしまう可能性のある場所は避けるほうが良いですね。

3.ネットショッピング詐欺

どこにいても簡単に買い物ができるネットショッピングですが、少しでも安く買い物がしたい、という気持ちにつけこまれると、うっかり引っかかってしまいます。

精巧に作られたネットショップもありますが、サイトが怪しい、という場合も。

・日本語表記がおかしい
・販売されている商品が相場より極端に安い

など、不自然な場合は要注意です。

また、消費者庁から、詐欺サイトである可能性が高いサイトを一覧にした「悪質な海外ウェブサイト一覧」というリストが出されています。一度チェックして、詐欺サイトがどのようなものか知っておくと良いかもしれませんね。

参考リンク:消費者庁「悪質な海外ウェブサイト一覧」

4.なりすまし

なりすましとは、第三者がクレジットカードの持ち主本人になりすまして不正利用することです。なりすましの被害が多くなっているのは主にオンラインショッピング。

オンラインショッピングでは

・クレジットカード番号
・クレジットカード使用期限
・セキュリティコード

があれば決済が可能なため、上記3つの情報を入手されてしまうと、簡単になりすまし行為が行われてしまいます。

なりすましを防ぐためには、「クレジットカードの情報を他人に漏らさない」ことです。

また、ネットショッピングを利用する際には、3Dセキュアを導入しているサイトの利用を心がけることで不正利用防止になりますよ。

5.悪質な出会い系サイトなど

サイト内に意図的に用意された、「サクラ」と呼ばれる偽装女性ユーザーを使って、メールの送受信など男性ユーザーにポイント消費・購入させる、という悪質出会い系サイトがあります。

基本的に出会い系サイトを利用するには、ポイント購入が必要となります。 クレジットカードでのポイント購入は、気軽にできるがゆえに、金額が大きくなってしまうケースも。

また、自身で登録していることや、利用規約に同意して利用していることから、詐欺と立証しにくいトラブルとなっています。

婚活をするなら運営元がしっかりしているサイトを見極めるなど、できるだけ怪しいサイトの利用は控えるといった対策をしましょう。

6.EC事業者による情報漏洩

EC事業者が管理している会員情報を保管しているデータが盗まれるなど、クレジットカード所有者側では防ぐことのできないケースもあります。

とはいえ、むやみやたらに利用サイトを増やさないことや、リンクの始まりが第三者による通信読み取りを防ぐSSLに対応している「https://」になっているかを確認する、など利用するサイトがセキュリティ面もしっかりしているかを注意しましょう。

特に、クレジットカード会社の本人確認システムを利用しているサイトはセキュリティ面も優秀といえます。できるだけそういった信頼性の高いサイトを利用するように心がけるのがおすすめです。

クレジットカードの不正利用被害にあったらするべき行動

スーツ姿の男性がポイント示唆

ここでは、万が一クレジットカードの不正利用被害にあった場合に、まずするべき行動を解説しています。

もし被害にあってしまっても、なるべく落ち着いて対処できるよう、ぜひ把握しておきましょう。

POINT

クレジットカードの不正利用被害にあったらするべき行動

  • カード会社に連絡をして、利用を停止
  • 警察に被害届を出す(盗難届/紛失届)
  • 警察から発行された受付番号をカード会社に連絡する
  • カード会社から送られてくる必要書類に記入・返送
  • カードの再発行を待つ

1.カード会社に連絡をして、利用を停止

クレジットカードの不正利用が疑われたり、不正利用に気がついた場合には、できるだけ早くクレジットカード会社への連絡をしましょう。

現在使用中のクレジットカードの利用を停止し、不正利用かどうかの調査をしてくれます。また、不正利用と判明した場合には、盗難保険の申請を行います。

2.警察に被害届を出す(盗難届/紛失届)

クレジットカード会社や、不正利用された状況により異なりますが、お財布ごと盗まれた、スリにあったなどの犯罪が絡む場合には盗難届や紛失届を出しましょう。

警察に行く際には、利用明細を持って行くとスムーズに話が進みますよ。

3.警察から発行された受付番号をカード会社に連絡する

警察で被害届を出したら、発行された受付番号をクレジットカード会社に再度連絡しましょう。クレジットカードの盗難や紛失の場合、警察の届出がないと補償がうけられません。

一部では、警察への届出がなくとも補償が受けられるクレジットカード会社もあるようですが、基本的に被害届は出しておく方がベターです。

4.カード会社から送られてくる必要書類に記入・返送

クレジットカード会社から交付される保険申請の書類に必要事項を記入し、返送します。

記入する内容は、警察で発行された受付番号や、紛失や盗難の状況をヒアリングする内容となっています。

不正利用の調査に必要な情報ですので、漏れのないように記入しましょう。

5.カードの再発行を待つ

不正利用されたと申告すると、該当するクレジットカードは利用停止となり使用できなくなります。

利用停止中や新しいクレジットカード発行手続き中は、クレジットカードの利用ができませんので、引き落としなどに利用していた際は支払い方法を変更してくださいね。

新しいクレジットカードが手元に届けば、以前と同じように利用できるようになりますので、再発行を待ちましょう。再発行後は、カード番号が変わりますので引き落としに利用していた方はカード変更の手続きなどを行います。

主な流れは解説した通りですが、クレジットカード会社により手続き内容に違いがありますので、気になる方はカード会社に直接確認してみてくださいね。

クレジットカードの不正利用、補償は受けられる?

考えている女性

基本的にクレジットカードには、盗難保険が付帯しており、不正利用被害は補償されます。

しかし、全ての不正利用が補償されるわけではなく、本人に過失がある場合には、対象外となってしまうケースもあるため、注意が必要です。

また、クレジットカード会社の盗難保険だけでなく、EC事業主により補償されるケースも。

ここでは、クレジットカードの不正利用において、カード会社により補償されるケースと補償対象外となるケースに加え、EC事業主により補償されるケースを解説します。

1.カード会社により補償されるケース

不正利用にあってしまった場合、クレジットカード会社が補償してくれるのは主に以下のケースです。

個人情報流出による不正利用

個人情報流出により、第三者によって不正にクレジットカードが利用されてしまった場合。

カードの盗難または紛失から一定期間内の被害

クレジットカードの盗難にあった、または、紛失してしまった場合、クレジットカード会社ごとに定める期間(60日以内など)の間に不正利用があった場合。

2.カードの補償対象外となるケース

個人情報流出や、クレジットカードの紛失・盗難による不正利用被害でも、盗難保険で補償されない場合があります。

対象外となるケースは意外に多くありますので、万が一のトラブルに備えクレジットカードの取り扱いには注意しましょう。

本人の過失

・クレジットカードの裏面に署名していない
・暗証番号が裏面に書いてある
・暗証番号が生年月日や車のナンバー

など、署名をはじめとする基本的なクレジットカード取り扱いに関して本人に過失がある場合には、補償の対象となりません。クレジットカードの裏面には必ず署名しましょう。

また、暗証番号は、生年月日・車のナンバー以外にも「1234」や「0000」などの安易な番号もNGです。覚えやすい番号と思い設定してしまいがちですが、絶対に避けましょう。最近では、そもそもそういった番号を設定できない会社もあります。

補償期間を過ぎている

不正利用の補償は、クレジットカード会社が定める「補償期間」が設けられています。

不正利用日から一定期間をすぎてしまうと、補償の対象外となってしまいます。クレジットカードの利用明細は定期的に確認し、不正利用がないかきちんとチェックしましょう。

家族や同居人による不正利用

クレジットカードを家族や同居人に勝手に利用されてしまった、という場合も補償の対象外となってしまいます。これは、家族の利用は、クレジットカード所有者にとってもメリットがある可能性もあるためです。

家族や同居人であっても、クレジットカードは本人以外の利用は禁止されていますので、クレジットカードは、家族でも安易に預けてはいけません。

3.EC事業者(ネットショップ)により補償されるケース

これは、カードの情報漏洩によりネットで買い物されてしまった場合を指します。ネットショップが本人確認を怠ったという過失により不正利用が発生しているため、その被害においてEC事業者が補償してくれます。

実際にあったクレジットカードの不正利用被害!事例を知って注意しよう

バッグの中を確認するビジネスウーマン

クレジットカードの不正利用と聞いても、どこか自分とは無関係と感じる人もいるのではないでしょうか?

ここでは、実際にあったクレジットカードの不正利用被害をご紹介します。実例を知り、クレジットカードの不正利用に注意しましょう。

スターバックス会員サイトへ不正アクセス!カード不正利用の被害

スターバックスの会員サイト「My Starbucks」への他人のパスワードを使って不正ログインされ、登録されていたクレジットカードからカードへチャージ・利用される不正利用が起こりました。後からカードを追加できることや、二段階認証をしていなかったことなども不正利用被害の原因と言われています。

2019年10月16日から18日にかけての3日間の間に、関東の5店舗・5件で合計約18万円の不正利用被害が出ており、金額は莫大ではないものの、スターバックスサイトに対する信頼は落ちてしまうでしょう。

この不正利用に至った原因はいくつかありますが、手口としては、「リスト型攻撃」と言われる、パスワードの使い回しをしている人を狙ったもの。複数サイトで同一のパスワードを利用することで不正利用の被害にあう可能性が高まります。

覚えられないから、と複数のサイトに同一のパスワードを登録するのは避けましょう。

参考リンク:https://news.yahoo.co.jp/byline/mikamiyoh/20191025-00148279/

JCBを名乗るフィッシングメール!カード情報の入力を促して情報を窃取

2019年11月上旬、フィッシング対策協議会が「JCBカード会員向けサービス「MyJCB」を名乗るフィッシングメールが出回っている。」と発表しました。

JCBを名乗るフィッシングメールは、複数パターンの件名を用意しており、「重要」、「必ずお読みください」や「第三者に利用される恐れがあります」など、危機感を煽るようなメールを送ってきます。

メール記載のサイトはMyJCBログイン画面を装っており、IDやパスワードを入力すると、クレジットカード番号や有効期限、氏名、電話番号の入力画面へ移行するようになっています。

不正利用が発覚した、などの記載があると、不安や焦りからURLをクリック・入力してしまいそうですが、落ち着いて対応するのが大切です。

ウェブサービスへのログインはメールに記載されたリンクではなく、普段利用しているアプリやWebブラウザのブックマークから正規サイトの利用を徹底しましょう。

参考リンク:https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1218044.html

クレジットカード不正利用の原因や手口を把握して、不正利用を防ごう

便利で快適に利用できるクレジットカードですが、日常生活の中に不正利用の危険は数多く潜んでいます。

クレジットカードの不正利用の原因やトラブルを把握しておくことはもちろん、取り扱いには注意しましょう。

繰り返しになりますが、よくあるクレジットカード不正利用の種類や手口は次の通りです。

  1. フィッシング詐欺……金融機関やキャンペーン当選などを装うサイトをメールで送信し、偽サイトへ誘導。カード情報を入力させ不正利用。
  2. スキミング……スキャナーでクレジットカードの磁気データを読み取り、データをコピーして偽造カードを作成・不正利用する
  3. ネットションピング詐欺……架空のネットショップを立ち上げ架空の商品を販売。クレジットカードで決済後、商品が届かない。
  4. なりすまし……第三者がクレジットカード所有者になりすましてクレジットカードを利用する。
  5. 悪質出会い系サイト……クレジットカードを登録させてポイントを購入させ、サクラを使いポイントを消費させる。
  6. EC事業者による情報漏洩……EC事業者のサイトに不正侵入を行い、個人情報を盗み取る。

これらの不正利用被害にあわないために、怪しいサイトは利用したい、クレジットカードへの署名や、簡単な暗証番号にしないことなど、できる対策を徹底してクレジットカードの不正利用を防いでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内