家族カードは婚約中の彼女にも発行できる?同棲してなきゃダメ?

婚約中の彼女

もうすぐ結婚する彼女、もしくは内縁の妻として、籍を入れていなくても一緒に住んでいる方に「家族カード」を発行したいという方は少なくありません。とはいうものの、一般的な「家族」の定義からは少し外れている「彼女」という存在に家族カードは発行できるのか、疑問に思いますよね。

そこで今回は、彼女や内縁の妻に家族カード発行は可能なのか、同棲は必要なのかを解説していきます。おすすめカードや注意点、人気カード会社の彼女への家族カード発行可否についても触れますので、ぜひ参考にしてくださいね。

家族カードは婚約中の彼女にも発行できる?同棲は必要?

家族カードは婚約中の彼女にも発行できるかというと、答えは「クレジットカード会社による」と言えます。

実はほとんどのクレジットカード会社に関しては、一親等の両親、配偶者、子供に限って家族カードを発行OKにしているところが多く、彼女や内縁の妻にも発行が許されている会社は少ないのが現状です。

同性婚や内縁の妻といった家族のあり方が多様化する中で「彼女、パートナーでもOK」な会社が少ないのは残念ですが、全く発行できる会社がないわけではありません。

例えば、アメックスなら「同棲」していなくても、家族と認めている相手であれば彼女でも内縁の妻でも、家族カードの発行は可能です。

彼女のために家族カードを発行したい時は、アメックスやANAカードなど発行可能なカード会社から、自分にあったクレジットカードを選ぶのがおすすめです。

家族カードを彼女に発行できるおすすめクレジットカード

おすすめのクレジットカード

家族カードを彼女に発行できるおすすめのクレジットカードは、次の2枚です。

アメリカン・エキスプレス・カードはもともとが家族の在り方が多様化しているアメリカのカードブランド、ということで、「家族」の定義がとても柔軟です。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カード(アメックスグリーン)

年会費
(初年度)
12,000円+税 年会費
(2年目)
12,000円+税
還元率 0.4%〜1.0% 発行日数 最短15営業日

アメリカン・エキスプレス・カード(グリーン)は、アメックスの一般カードです。年会費は12,000円(税抜)、家族カードの発行手数料は6,000円です。

アメックスの標準カードということで、ステータス性は一般のゴールドカードクラス。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・カードご入会特典!初年度年会費無料(12,000円相当)

年会費はやや高めではありますが、国内外30カ所の空港ラウンジが利用できる、グルメ優待やその他トラベルサービスを利用できるなど、ゴールドカードクラスの特典が活用できるのは「メインカード」としてふさわしいと言えます。

彼女と同じクレジットカードを発行したいなら、アメックス・グリーンを検討してみましょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード

年会費
(初年度)
29,000円+税 年会費
(2年目)
29,000円+税
還元率 0.33%〜0.40% 発行日数 約3週間

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、年会費29,000円(税抜)で発行されているアメックスの「ゴールドカード」です。

家族カードの発行は1枚目無料。彼女に発行するときも、無料なのは嬉しいですよね。年会費が高いのが気になるかもしれませんが、このカードのサービス・ステータス性は「プラチナカード」に匹敵するほどです。

入会限定キャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードご入会特典!初年度年会費無料(29,000円相当)!さらに期間限定!抽選で500組1,000名様にユニバーサル・スタジオ・ジャパンの貸切イベントのチケットを2名分プレゼント!《※3/31(日)までにお申し込みの方限定》

プライオリティパスのスタンダード会員権のほか、空港ラウンジはもちろん、1名分のコース料金が無料となるグルメ優待サービス、各種トラベルサービスななど「年会費以上」の価値を生み出せるサービス内容です。

もちろん付帯保険も手厚く、海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険も最高5,000万円です。ショッピング保険も柔軟な内容で、非常に使いやすいのが特徴です。

ハイクラスのサービスを彼女と共有したい方に、おすすめのクレジットカードです。

家族カードを彼女に発行する際の注意点

おすすめする女性

家族カードを彼女に発行する際の注意点は、次の通りです。

POINT

法人カードにもあるデメリット

  • 支払いは主会員の口座から引き落としになる
  • 一般的なクレジットカードは入籍前の彼女に発行するのは難しい

支払いは主会員の口座から引き落としになる

家族カードは基本的に「本会員の信用力・支払い能力」をもとに発行される追加カードです。そのため、支払いは分けることはできず、本会員の口座からまとめて引き落としがされます。

万が一別れ際にたくさん使われてしまっても、ルールとして支払うのは契約主である「本会員」です。そのことは頭に置いて、本当に発行するべきかどうかは考えてくださいね。

一般的なクレジットカードは入籍前の彼女に発行するのは難しい

今回は彼女でも発行できるクレジットカードとしてアメックスを紹介しましたが、一般的なクレジットカードは「入籍前の彼女」や「内縁の妻」にあた流ような方には発行できません。

MIカードや一部ANAカード(VISAブランド)など発行できるケースもあるようですが、堂々とOKとしているのはアメックスです。過去に口コミでOKだった他のカードも、同性パートナーであればNGといった事情もあるかもしれません。

そのため、スムーズに家族カードの発行を目指すなら、アメックスブランドがおすすめです。

JCBの家族カードは彼女に発行できる?

大手カードブランドである「JCBカード」。このカードで彼女に家族カードを発行したいという方もいるはずです。

JCBが直接発行するクレジットカードの「家族カード発行」の申し込み対象は、公式ホームページによると「本会員と生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生をのぞく18歳以上)の方」とされています。

そのため、内縁の妻や彼女、ましてや同棲していない相手には家族カード発行は難しいでしょう。JCBカードは諦めるか、個別に「本会員」となる方が現実的ですね。

イオンカードの家族カードは彼女に発行できる?

イオンでお得、家族で使いたいクレジットカードの代表格「イオンカード」。こちらも、婚約中の彼女と一緒に使いたいと考える方もいるはずです。

イオンカードの家族カード発行条件は、次の通りです。

生計を共にする配偶者・親・子供(18歳以上で高校生を除く)が対象で3名さままで発行可能です。
http://www.aeon.co.jp/creditcard/lineup/familycard.html

この情報によると、彼女や内縁の妻、同性パートナーには発行は難しそうですよね。

こちらは年会費無料ですので、家族カードは諦め、他の「家族カードOK」なカードに申し込む方が良さそうです。

エポスカードの家族カードは彼女に発行できる?

さて、年会費無料で海外旅行傷害保険が手厚く人気のあるマルイ系クレジットカードの「エポスカード」ですが、こちらは「彼女」に家族カード発行は「できません」。

そもそも、エポスカードには「家族カード」はなく、家族カードを作りたければエポスゴールドカード以上のクレジットカードを作るしかありません。

しかも、エポスカードのゴールドカードは少し特殊で、家族会員それぞれに利用限度額が決められ、引き落としも家族ごと……という形です。

では、エポスゴールドファミリーカード(家族カード)の条件を見てみると、「日本国内在住の18歳以上(高校生を除く)のご家族(二親等以内)」となっています。

残念ながら、彼女は対象とはなっていないようですね。

家族カードを彼女やパートナーに作りたいならアメックスがおすすめ

家族カードを彼女やパートナーに発行してあげたい方は、家族カードが親族以外でもOKなカード会社を選ぶ必要があります。

彼女でも発行OK(同棲いらず)の代表格として有名なカード会社は、アメリカン・エキスプレス・カードです。

どのカード会社が良いか分からない、スムーズに家族カードを発行したいという方は、年会費はやや高めでも満足度の高い「アメックスブランド」を検討してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集