家族カードでクレヒスは作れない!家族のクレヒスを育てるには

夫婦と子供二人の家族

家族カードでクレヒスを育てようと思っても、実は一般的なクレジットカードでは対応していません。家族カードは基本的に本会員のクレヒスとなってしまうので、いくら丁寧に家族がカードをつかっていても、支払いの一部を負担していても、見かけ上は「クレヒスに残らない」のです。

そこで今回は、家族にもクレヒスを作りたい時にはどんな方法があるか? ちょっと特殊な「クレヒスが作れる」家族カードのメリット・デメリットなどを解説していきます。家族カードでもクレヒスをつけたいと考えている方は、参考にしてくださいね。

家族カードでクレヒスは「作れない」!家族のクレヒスを育てる2つの方法

PCと女性

家族カードでもクレヒスを作りたい! といういった希望を持つ方は少なくないと思います。

残念ながら「クレヒス」は、一般的な家族カードでは作ることはできません。ですが、一部の家族カードであれば、条件は特殊になるものの、対応しています。

家族にもクレジットカードでクレヒスを作ってほしい場合、方法としては2種類あります。

  1. 個人カードに申し込む
  2. クレヒスが作れるタイプの家族カードに申し込む

1.個人カードに申し込む

家族にもクレジットカードを持ってほしい! クレヒスを育てたい、という場合に最も手っ取り早いのが、家族カードではなく「家族名義の個人カード」を作る方法です。

あくまで家族カードにこだわる方には向きませんが、個人カードなら年会費無料で審査も厳しくない「アコムACマスターカード」や専業主婦でも気軽に申し込みできて、即日発行までしてもらえる「セゾンカードインターナショナル」といったクレジットカードがあります。

本来なら持てないランクの家族カードを格安で持たせたいといった、明確な理由があって家族カードを選択するならこの方法はおすすめできません。なんでもいいからクレヒスを育てさせたい! というのであれば、まずは個人カードを検討してみましょう。

家族カードと2枚持ちをすれば、どちらもいいとこ取りで使えるようになりますよ。

2.クレヒスが作れるタイプの家族カードに申し込む

手段として2つ目は、クレヒスが作れるタイプの家族カードを選ぶというものです。この方法は、どうしても家族カードにこだわる人におすすめ。

はっきり言って、クレヒスが作れる=家族カードの名義人の責任でカード発行するということになりますので、家族カード自体のメリットはかなり減ってしまいます。それでも、格安でいいカードを持ちたいという方は、こちらの方法を検討してみてください。

家族カードでもクレヒスを育てられるクレジットカード2枚

家族カードでもクレヒスを育てられるカードは、「支払いも家族ごとに分かれる」という特徴があります。

ここでは、家族名義でクレヒスが作れる=支払いが家族と本会員で分けられるクレジットカードを2枚ご紹介します。

JCBゴールド

JCBゴールド

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜2.5% 発行日数 最短3営業日

JCBゴールドは、年会費1万円で発行されている、JCBのプロパーカードです。

家族カードは一般的には支払いは同じ、クレヒスも育たないタイプですが、支払いをお別にする「利用者支払い型家族カード」を選択すると、家族カードでありながら支払いやクレヒスを分けることができます。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大16,000円分プレゼント! キャンペーン参加の上、JCBでスマホ決済すれば全員に20%キャッシュバック!JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スマリボ登録&利用でポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!

ちなみに、一般の家族カードは1人目無料、2人目以降は1,000円ですが、利用者支払い型のカードでは1人目から3,000円かかってきます。

付帯保険はゴールドカードとしては非常に手厚く、プラチナカード級。空港ラウンジなどの付帯サービスも、同じゴールドカードクラスと比較しても高いレベルですから、3,000円支払っても格安と言えます。

どうしても家族カードでお得にクレヒスを育てたい方にオススメの1枚です。

三井住友VISAゴールドカード

三井住友VISAゴールドカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短3営業日

三井住友VISAゴールドカードは、老舗カードブランド三井住友カードから発行されている正統派ゴールドカードです。

年会費は1万円ですが、条件次第で4,000円/年 まで下げることができます。

入会限定キャンペーン

新規ご入会お得なWキャンペーン! vpassアプリログインで最大12,000円!ご利用金額の20%をプレゼント!さらに入会後のご利用で抽選で合計10万本のお買い物が全額タダに!(上限10万円まで)

気になる家族カードですが、通常は1人目無料で、支払いが分かれる「パーソナルアカウントタイプ」でも同じ条件なのが嬉しいですね。年に3回以上利用すれば、ずっと無料で使えます。

付帯保険やサービスも、ゴールドカードにふさわしい内容で、家族カードとしてクレジットカードをもつメリットは大きいです。

格安で正統派のゴールドカード、家族カードを持ちたい方は、ぜひ検討してみてください。

家族カードでクレヒスを育てるメリット

オッケーサインを出す女性

家族カードでクレヒスを育てるメリットは、次の通りです。

POINT

家族カードで「クレヒスを育てる」メリット

  • 格安でハイステータスのクレジットカードが持てる
  • 家族の信用情報(クレヒス)がよくなる
  • 利用明細は本会員に見られない

格安でハイステータスのクレジットカードが持てる

家族カードでわざわざクレヒスを育てるメリットは、ふつうは1万円以上の年会費を支払って持つようなゴールドカードでも、格安の年会費で持てることです。

例えば、年会費1万円のJCBゴールドは、たったの3,000円の年会費で同じ付帯保険・サービスが使える家族カード(支払いは別)を発行できます。

少しでも安くハイステータスのカードを家族が使いたい場合は、家族カードという選択肢は非常におすすめです。

家族の信用情報(クレヒス)がよくなる

一般的な家族カードでは、家族のクレヒスは育ちません。

一方で、家族カードでも「支払い別」のクレジットカードを選択すれば、支払いをしている人=家族 となり、しっかりとクレヒスがつくようになります。

クレヒスを育てることで何が良いかというと、将来的にさらにハイステータスなクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりする際に、しっかりと信用力が高まっている状態になることです。

信用を担保に取引を行う「信用取引」は、必ず審査時に「クレヒス」を照会します。過去の信用取引の履歴を見て、信用できる人物かを判断するのですね。

家族もしっかりクレヒスをよい状態に保ちたいのであれば、家族カードでもクレヒスを育てるのはアリでしょう。

利用明細は本会員に見られない

支払いが別タイプとなっている家族カードの利用明細は、本会員にはみられません。一般的な家族カードは、支払いは一括で本会員が行いますので、利用明細も本会員にチェックされてしまいます。

一方で、個別支払い型の家族カードを選んだ場合は、きちんと家族ごとに利用明細がチェックできるようになっているので、本会員にチェックされることはありません。あまり家族に利用明細を見られたくない方には嬉しいですね。

家族カードでクレヒスを育てるデメリット

バツマークを出す女性

家族カードでクレヒスを育てるデメリットは、次の通りです。

POINT

家族カードでクレヒスを育てるデメリット

  • ポイントや利用金額の合算はなくなる
  • 申し込み時に審査が行われる
  • 支払いは別々になる

1.ポイントや利用金額の合算はなくなる

家族カードとは言っても、クレヒスを育てるために支払いを分けてしまうと、実質的に「家族カードという名のほぼ個人カード」となります。そうなると、ポイントの合算や利用履歴の合算は当然されませんので、家族カードならではのメリットが減ってしまいます。

ポイントを効率よく貯めたい、利用履歴を合算してポイントアップ制度を活用したい……という場合は、クレヒスを育てる目的で家族カードを特殊なものにするのはあまりおすすめできません。どうしてもクレヒスを育てたいなら、通常の家族カードのほかに「個人カード」も作っておくと安心です。

家族カードと個人カード、どちらもいいところ悪いところがありますので、両方の良さを生かしてくださいね。

2.申し込み時に審査が行われる

意外と知らない方が多いのですが、支払いを別にする家族カードは、家族の責任で支払いも行うようになるので、必ず「審査」が行われます。そのため、過去5年以内にクレヒスに傷があるといった「ブラックリスト状態」の方は、支払いを分ける(クレヒスを育てられる)タイプの家族カードは作れません。

また、家族会員も「支払い能力の有無」がチェックされますから、専業主婦といった「収入がない」方は、支払いを分ける家族カード発行はできないと覚えておきましょう。これを考えると、やはり「ただ安くハイステータスカードが使える」というメリット以外は、家族カードの個別支払い型はデメリットが目立ちますね。

3.支払いは別々になる

なんども記事の中に出てきていますが、一括支払い型の家族カードではクレヒスは育ちません。クレヒスが育つタイプの家族カードを発行するなら「支払い」は別々になります。

支払いを分けるとなると、家族名義の口座から引き落としとなりますので、一括で支払っていた時と比較して面倒だという方もいるかもしれませんね。こうしたデメリット面も加味した上で、本当に「家族カード」にこだわる必要があるのかは考えたいところです。

一部の家族カードならクレヒスを育てることも可能!ただしデメリットに気をつけて

家族にクレヒスを育てさせる方法は、家族名義の個人カードを作るほかに、支払いが分かれるタイプの家族カードを作るといったものがあります。

前者は普通にクレジットカードを作るだけですが、後者の場合は「家族カード」と言いつつも、家族カードとしてのメリットが少ない面があります。

家族カードにこだわってクレヒスを育てるメリット、デメリットそれぞれを比較し、家族にとって本当に使いやすい、ベストな選択をしてくださいね。

迷ってしまった時は、個人カードと通常の家族カードを2枚持ちして「使い分けをする」方法がおすすめですよ。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内