家族カード会員も無料でプライオリティパスを発行できるクレジットカードは?

椅子に座るビジネスマン

プライオリティパスを持っていると、空港でのフライトまでの待ち時間を快適に過ごせます。

今回は、そんなプライオリティパスを「家族カード」でも無料で発行できるクレジットカードを厳選してご紹介します。

あわせて、プライオリティパスのメリットやクレジットカードの選び方なども解説しますので、プライオリティパス付きクレジットカードを「家族にも発行したい」という方は参考にしてくださいね。

家族カード会員が無料でプライオリティパス(プレステージ会員)を発行できるクレジットカード

家族カードでも、無料でプライオリティパスの最高クラスである「プレステージ会員」資格を得られるおすすめクレジットカードは、次の3枚です。

今回は「インビテーションなしでも発行できるカード」で厳選してみました。

1.ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Card

年会費
(初年度)
50,000円+税 年会費
(2年目)
50,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 3週間程度

ラグジュアリーカード Mastercard Titanium Cardは、MasterCardブランドの中でも最高のステータスを持つ「ワールドエリート」のクレジットカードです。見た目は銀色ですが、ステータスは他社カードのプラチナカード〜ブラックカードに匹敵するほど。

こちらのクレジットカードは、各種サービスや付帯保険もさることながら、k族カードでも無料でプライオリティパスを発行できるところが魅力です。ただし、注意点として、家族カードの「年会費」は1人あたり「16,200円」かかります。年会費が無料ではないことに注意が必要です。

とはいうものの、家族カード16,200円でも十分におつりがくるほどの充実したサービスですので、プライオリティパスだけではない、最高のサービスを受けたい方はぜひ検討してみてください。

2.三井住友VISAプラチナカード

三井住友VISAプラチナカードは、年会費54,000円で発行されている三井住友ブランドの「プラチナカード」です。

老舗ブランド最高峰のサービスを受けられる、しかも申し込みはインビテーション不要ということで人気を集めています。

もちろん、家族カードでもプライオリティパスの発行は無料。さらに、家族カード自体の年会費も無料です。

プラチナカードでは、通常では利用できない三井住友VISAプラチナカード会員限定のイベント参加や、ユニバーサルスタジオでのカードラウンジ利用サービスのほか、様々な優待特典が利用できます。付帯保険も手厚く、最上級と呼ぶのにふさわしい待遇です。

老舗カードブランドで家族カード・プライオリティパスを発行したい方におすすめのクレジットカードです。

3. MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
20,000円+税 年会費
(2年目)
20,000円+税
還元率 0.5%~1.0% 発行日数 最短3営業日

MUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費20,000円で発行されているお得なプラチナカードです。

三菱UFJ NICOSブランドとしては最高峰で、イメージとしては本家アメックスでは年会費10万円支払って受けるサービスを格安で受けられるというものです(あくまでイメージであって、詳細は異なります)。

入会限定キャンペーン

新規入会と条件クリアで最大2,000円分の三菱UFJニコスギフトカードがもらえる!キャンペーン

付帯保険は、海外旅行傷害保険最高1億円、国内旅行傷害保険最高5,000万円、ショッピング保険最高300万円という手厚い内容。さらに、グルメでは同伴者1名分のコース料金を無料にするなど、破格の特典がついてきます。

家族カードは1枚目無料、2枚目以降でも3,240円と格安です。しっかりとプライオリティパス(プレステージ会員)も発行されますので、まさに破格の条件です。

とにかくお得にプライオリティパスを発行したい方、家族カードも手厚いサービスを受けたい方におすすめの1枚です。

プライオリティパスとは?

そもそも、プライオリティパスとは何? という方に簡単に説明いたします。

プライオリティパスとは、世界中の提携空港ラウンジを無料で利用できる会員制サービスのことです。

プライオリティパスで利用できる空港ラウンジは、一般のカードラウンジとは異なり、ややハイクラスなのが特徴です。

例えば、航空会社の上級会員やハイクラスのシートを予約している方しか利用できないようなラウンジも、一部対象となっています。

プライオリティパスを家族カードで使うメリット

空港ラウンジ

プライオリティパスを家族カードで使うメリットは、4つあります。

POINT

  • 搭乗する航空会社やシートクラスに関係なくラウンジ利用ができる
  • 同伴者の料金を支払わなくても住む
  • 空港での待ち時間を家族でゆったりと快適に過ごせる
  • 手荷物検査場を通った後のラウンジが使える

1.搭乗する航空会社やシートクラスに関係なくラウンジ利用ができる

一般的には空港ラウンジはハイクラスの座席予約をすると利用できるものです。

プライオリティパスを活用すれば、どの航空会社を利用しても、どのプランで旅行を楽しんでも関係なく「ちょっとハイクラスなラウンジ」を利用できます。

例えば、格安旅行でLCCを利用しても、クレジットカードがプライオリティパスに対応していれば、空港ラウンジが利用できるということです。

お金をプラスでかけずに休憩場所を確保できるのは大きなメリットですね。

2.同伴者の料金を支払わなくても済む

家族カードでプライオリティパスの発行が利用できない場合は、原則同伴者1人につき32ドル請求されます。

約3,000円は決して安くはありませんよね。家族カード会員もプライオリティパスを発行できれば、家族も無料でラウンジを利用できますので、その分料金が安くなります。

家族で複数回空港ラウンジを利用するようなライフスタイルの方は、この特典だけでもクレジットカードの年会費以上の価値があると言えますね。

3.空港での待ち時間を家族でゆったりと快適に過ごせる

搭乗までの待ち時間が長く感じる方も多いでしょう。搭乗まで、待合コーナーで待つにはくつろげるスペースとは言えず、疲れてしまうと思います。カフェなどをはしごするのもお金がかかってしまい、あまりいい考えとは言えません。

プライオリティパスを家族で所有していれば、空港での待ち時間を優雅にくつろいですごすことができます。空港ラウンジでは、無料でのドリンク提供のほか、無料Wi-Fi、スナック・軽食、雑誌や新聞、場所によってはシャワールームが設置してあることも。また、お酒も無料で楽しめるラウンジがあります。

このように、良質なサービスを無料で「家族と」楽しめるのは、プライオリティパスを家族カードで発行するからこそのメリットです。

4.手荷物検査場を通った後のラウンジが使える

ゴールドカード以上のクレジットカードでよく利用できる「カードラウンジ」は、実は手荷物検査をする前、空港ロビーなどに隣接されていることが多く、手荷物検査場を通ってしまった後は使えません。

一方で、プライオリティパスのクレジットカードなら、手荷物検査場を通った後の「フライトまでの待ち時間」の間に利用できるラウンジが多数あります。

空港によって対応しているラウンジの種類が異なるので注意は必要ですが、通常では使えないエリアのラウンジを使えるようになれば、ラウンジで休憩をいれても、より余裕を持って行動できますよね。

手荷物検査場のあともゆったりしたい! という希望を持っている方は、プライオリティパスを活用しましょう。

プライオリティパスが家族カードでも発行できるクレジットカードの選び方

人差し指でポイント

プライオリティパスを家族カードでも発行できるクレジットカードを選ぶ際は、一体何をチェックしたら良いか迷ってしまいますよね。

そんな時は、次のポイントに注意しましょう。この選び方を参考にすれば、必要なタイミングですぐに申し込める、自分に合ったクレジットカードが選べるはずです。

POINT

プライオリティパス付きクレジットカードの選び方

  • 年会費
  • インビテーションが必要かどうか
  • 家族カードでもプライオリティパス発行OKか
  • 付帯サービス

1.年会費

プライオリティパス付きのクレジットカードは、年会費が高額になっているケースが多いです。そのため、家族カードでプライオリティパスを発行できても、年会費が高すぎてあまりお得度がないケースも。

プライオリティパス付きのクレジットカードを選ぶ際は、しっかりと年会費も比較して選ぶことが大切です。

ちなみに、今回ご紹介した3枚のクレジットカードは、家族にもプライオリティパスが発行できるクレジットカードの中では比較的お得なものを厳選しました。

2.インビテーションが必要かどうか

プライオリティパス付きのクレジットカードの多くは、インビテーション=招待状がないと作れません。

例えば、ダイナースプレミアムカードは家族会員もプライオリティパスを発行できます。ですが、実はダイナースプレミアムカードはインビテーションがないと申し込みができないカードです。

「ダイナースクラブカード」をコツコツと使い、一定の条件(非公開)を満たしてダイナースクラブに「良い顧客」と認められた方にのみ、プレミアムカードのインビテーションが届きます。

そのため、いくら良質なカードでも、取得までは長い道のりになってしまいます。カード選びの際は、自分が必要としているタイミングでちゃんと取得できるかもポイントになってきます。

もちろん、長くかかってでも招待制のカードが欲しいというのもアリです。その場合は、招待制カードの一つランクが前のクレジットカードに申し込み、コツコツと利用履歴を積んでいきましょう。

3.家族カードでもプライオリティパス発行OKか

家族カードでもプライオリティパスを発行できるかどうかは、クレジットカードによります。せっかくいいカードに申し込んでも、当初の目的である「家族カードでのプライオリティパス」が発行できなくては残念ですよね。

家族カードでもプライオリティパスが使えるかどうかは、クレジットカード会社の公式ページで確認できます。申し込みの前には、必ずチェックしておいてくださいね。

4.付帯サービス

プライオリティパスを発行できるクレジットカードは、プラチナカードランク以上が多いため、各社非常に充実したサービス・付帯保険内容となっています。

その中でも、家族カードまでプライオリティパスを発行できるカードとなると、かなり数は限られます。ですが、せっかくハイクラスのクレジットカードを選ぶのですから、年会費に見合った内容か、自分のニーズを満たしているかは必ずチェックしておきましょう。

ハイクラスのカードになればなるほど、そのカード会社の「個性」が出てきます。プライオリティパスだけではなく、その他の付帯特典・サービスも自分たちにとって魅力のある1枚を選ぶようにしてくださいね。

プライオリティパスの同伴者は子供もカウントされる?

疑問点がある女性

プライオリティパスの同伴者は子供もカウントされるかというと、「ラウンジによる」と言えます。

子どもの年齢が2歳以下ならカウントされないラウンジもあるようですが、いくら小さくても1人は1人として数えられ、大人と同じ料金を支払うことも。

基本的にはお金は「かかるもの」と考えておいたほうがいいでしょう。心配な方は、事前に利用したい空港ラウンジに確認しておいてもいいかもしれませんね。

家族カードもプライオリティパスを発行できるカードは少数派!自分たちにあった1枚を選ぼう

プライオリティパスのプレステージ会員(最高ランク。年間に何度でもラウンジを利用できる)になれるクレジットカードは多数あります。

ですが、その中でも「家族カードでもプライオリティパス発行OK」となると、かなり数が限られてきてしまいます。とはいうものの、そんな中でもカード会社やカードの種類によって特徴は全く異なります。

家族で使いたいカードを選ぶ際は、ぜひ年会費や付帯サービスなどの「内容」もきちんとチェックし、自分たちにとってベストなカードを選んでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集