債務整理した人でも家族カードを持つことはできる?

借用書

債務整理した、これからするという方は、債務整理しても家族カードを持てるのか、というのは気になるポイントの一つですよね。

債務整理後に家族カードを持てるかは、はっきり言ってケースバイケース。実際に、どんな場合に持てるのか、持てないのか、また、家族カードを持つ際の注意点は何かを見ていきましょう。

債務整理しても家族カードを持ちたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

債務整理した人でも家族カードは持てるの?

クレカを持って首をかしげる女性

債務整理した人でも家族カードは持てるのかを、2パターンに分けて考えてみましょう。

POINT

  • 債務整理前に取得した家族カードの場合
  • 債務整理後に家族カードを取得したい場合

1.債務整理前に取得した家族カードの場合

債務整理前に取得した家族カードの場合、更新月をまたいでいなければ、そのまま「使える」可能性が高いと言えます。

というのは、基本的に家族カードは本会員の信用情報(クレヒス)をもとに発行されるカードのため、利用者である家族の信用情報に問題が出たからと言って、即座にチェックされることは考えにくいからです。

そのため、すでに持っている家族カードであれば、いきなり使えなくなることはほぼないと考えても大丈夫でしょう。

2.債務整理後に家族カードを取得したい場合

債務整理後に家族カードを取得したい場合、家族カードを持てるかどうかは「カード会社による」と言えます。

先述の通り、家族カードは本会員のクレヒスをもとに発行されるカードですから、家族カードを追加発行しても、家族のクレヒスまでチェックしないことがあります。ただし、慎重なカード会社ですと、家族のクレヒスまでしっかりチェックするケースもゼロとは言えませんので、確実に発行できる、とは言えません。

とはいうものの、家族カードの審査落ちしてしまったからといって何かペナルティがあるわけでもありませんので、家族カードを作りたい希望がある場合は、まず申し込んでみるといいでしょう。

債務整理した人が家族カードを持つ際の注意点

何かを考えている女性

債務整理した方が家族カードを持つ際は、次のことに注意しましょう。

POINT

  • 契約更新時に使えなくなるケースもある
  • 本会員が債務整理したら家族カードも使えない
  • トラブルを起こしたカード会社なら作れない可能性は高い
  • 使いすぎには注意をする

1.契約更新時に使えなくなるケースもある

家族カードをすでに持っていて、債務整理した後も使えて良かった……と考えている方、注意が必要です。本カードを更新する際は、再度クレヒスはチェックされるのが基本です。

その時に、家族カードの利用者に関しても、クレヒスをチェックする可能性があります。更新時にクレヒスチェックで債務整理していることがわかってしまえば、当然家族カードの更新は非常に難しいでしょう。

家族カード更新前に債務整理をして、その場では取り上げられなかったとしても、更新時に使えなくなる可能性があることは覚えておきましょう。

2.本会員が債務整理したら家族カードも使えない

家族カードは、本会員の信用の上に成り立っています。本会員が何らかの金銭トラブルを起こし、債務整理をしたら、当然本会員の持っているクレジットカードのほか、家族カードも利用停止になります。

逆に、本会員のクレヒスが重視されるからこそ、自分が債務整理された時でも家族カードを使える可能性があるのです。万が一本会員が債務整理になったとしたら、家族カードを作る・継続することは諦めましょう。

ただし、任意整理の対象として指定のクレジットカードを選ばなかった場合は、まだ使える可能性はあります。レアなパターンですが、覚えておいてくださいね。

3.トラブルを起こしたカード会社なら作れない可能性は高い

家族カードは審査がほぼ行われないと言っても、過去に家族がトラブルを起こしたことのあるカード会社なら話は全く変わります。

例えば、債務整理のきっかけとなったクレジットカードを発行している会社で家族カードを作ろうと思った時は、ブラックリストに登録されている可能性があり、そうなると新たに家族カードを作れない可能性があります。

もし新たに家族カードを作るのであれば、過去にトラブルを起こした経験のあるカード会社ではなく、関係のないクレジットカード会社を選びましょう。

4.使いすぎには注意をする

当たり前のことではありますが、家族カードでも、借金は借金です。引き落としが自分の口座からされないと思うと、つい気持ちが緩んでしまうかもしれませんが、クレジットカードはきちんと計画をもって、使える金額を設定して使うようにしましょう。

家族カードを使いすぎて借金が増え、さらに債務整理する……といったことになっては非常に問題です。そうならないように、注意して制度をもった使い方を心がけましょう。

家族カードの借金を債務整理することはできる?

クレカを見て顔をしかめる女性

家族カードの借金は、家族会員の借金として債務整理することはできません。家族カードの名義は家族となっていますが、責任の所在はあくまでも「本会員」です。そのため、本会員の借金として、親カードごと債務整理することはできても、家族会員としては債務整理の対象にはなりません。

どうしても借金が膨れ上がり、債務整理する必要がある場合は、親会員がクレジットカードを任意整理する必要が出てきます。債務整理する必要がないのが一番ですが、万が一しなくてはいけないシーンになった時は「親会員として債務整理をする」ということを覚えておきましょう。

債務整理した人でも家族カードは持てることがある!一度申し込みをしてみよう

債務整理してしまうと、通常のクレジットカードを新たに作ることは困難です。少なくとも、クレヒス上に債務整理の記録が残っている数年間は、自分名義でカードは作れないでしょう。

ですが、家族カードであれば、カード会社によってはまだ「持つことができる」可能性があります。万が一審査に落とされてしまっても、家族には特にペナルティはありません。

自分のクレヒスでクレジットカードを持つことが難しい場合は、まず家族カードに申し込んでみましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内