大学生が海外に行くときにおすすめのクレジットカード

海外旅行中の学生

大学生が旅行や留学で海外に行く時は、必ずクレジットカードを持っていくのがおすすめ。

今回は、そんな「大学生の海外旅行にぴったり」なおすすめクレジットカードをご紹介します。

あわせて、カードの選び方やクレジットカードを海外に持っていくメリットや持っていかないデメリット、注意点なども解説していきますので、参考にしてくださいね。

大学生が海外に行く時におすすめのクレジットカード3選

大学生が海外にいく時におすすめのクレジットカードは、次の3枚です。

いずれも、海外に行く際にはお得だったり、保険がついていたりと強い味方になりますので、チェックしてみてくださいね。

1.学生専用ライフカード

ライフカード 学生専用ライフカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短3営業日

学生専用ライフカードは、海外に行く大学生のために作られたようなクレジットカード。ライフカードから発行されています。

まず目を引くのが、海外でのショッピングにこのカードを利用すると、5%をキャッシュバックされる特典。

言い換えれば、常に海外では5%オフで買い物ができるのと同じです。節約したい学生にはありがたいですよね。

入会限定キャンペーン

学生専用ライフカード新規ご入会キャンペーン!新規入会&利用条件クリアでもれなく最大10,000円相当(2,000ポイント)のLIFEサンクスポイントプレゼント!

さらに、自動付帯で海外旅行傷害保険が2,000万円まで付帯します。いざというときには、心強い味方となるでしょう。

海外旅行に行くならぜひ持って欲しい1枚です。国際ブランドはVISAかMasterCardがおすすめですよ。

2.JCB CARD W /W plus L

JCB CARD W / W plus L

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%~ 発行日数 最短3営業日

JCB CARD W/W plus Lは、日本が誇る国際ブランド「JCB」が発行するとってもお得なプロパーカード。

はっきり言って、国際ブランドのプロパーカードが年会費無料で発行されているだけでも「お得」なのです。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大14,000円分プレゼント! キャンペーン参加の上、JCBでスマホ決済すれば全員に20%キャッシュバック!JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スマリボ登録&利用でポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!初年度年会費無料!

しかも、ポイント還元率は常時1.0%以上。なんと、海外旅行傷害保険も最高2,000万円まで付帯するほか、ショッピング保険も海外なら100万円までついてくるのです。

さらに特筆すべきは、海外でのサポート体制。JCBは海外サポートに力を入れており、なんと海外主要都市には「JCB PLAZA」という現地デスクが設置されているのです。

レストランの予約からトラブルまで困った時には日本語で相談できるサービスですから、ぜひフル活用して海外生活を快適に過ごしましょう。

総合力が高く、サポート重視派におすすめのクレジットカードです。

3.セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
3,000円+税
還元率 0.5%〜1.0% 発行日数 最短即日発行 

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンカードから」発行されているアメックスブランドのクレジットカード。

26歳以下は年会費無料ですが、本来は「格安ゴールドカード」並みのスペックですから、非常にお得なのです。

入会限定キャンペーン

新規ご入会キャンペーン!永久不滅ポイント最大7,000円相当(1,400ポイント)をプレゼント!

海外旅行傷害保険は無料にも関わらず、自動付帯で3,000万円まで付帯します。さらに、空港での手荷物宅配サービスや、日本語で様々なサポートが受けられる「海外アシスタンスデスク」まであります。

年会費無料が信じられないほどの好待遇ですので、学生向けカードでもワンランク上のサービスが受けたい方におすすめです。

大学生が海外へ持っていくクレジットカードの選び方

飛行機と青い空

大学生が海外旅行へクレジットカードを持っていくなら、カードの「選び方」はとても大切です。

適当なカードを選んでいては、はっきり言って損をしてしまいますので、ぜひ下記のチェックポイントを参考に選んでくださいね。

POINT

大学生が海外向けクレジットカードを選ぶポイント

  • 年会費
  • 国際ブランド
  • 海外旅行傷害保険
  • 海外サポートサービス

1.年会費

年会費は、学生にとって非常に重要です。高すぎるとお小遣いが減ってしまいますし、なにより「年会費無料」で優秀なカードがたくさんありますから、わざわざ有料のカードを選ぶ理由がありません。

できるだけ、「年会費無料」を基準としてカード選びをしましょう。どうしてもサービスが手厚いハイステータスなカードが欲しい方は、保護者にゴールドカードを持ってもらい、その家族カードを発行してもらうという手段が一番です。

さすがに、学生でゴールドカードは発行できませんので、サービスが盛りだくさんのカードが欲しい方は、ぜひこの方法を検討してみてくださいね。

2.国際ブランド

国際ブランドは、海外旅行に行く上で非常に重要です。

日本国内ではVISA、アメックス、JCBなど様々なブランドに対応しているお店が増えてきていますが、海外では海外の「メジャーブランド」がありますので、JCBが使えない! ということも多々あるのです。

というわけで、おすすめは世界No.1ブランドの「VISA」もしくはヨーロッパ方面に強い「MasterCard」を1枚はもっていくこと。このブランドを持っていれば、2枚目以降はそれほどブランドを気にしなくてもOKでしょう。

3.海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険は、年会費無料のクレジットカードでも学生向けなら付帯しているカードが多いもの。保険がついているかどうか、また、自動付帯なのか利用付帯なのか、そのあたりは必ず確認しておきましょう。

海外旅行傷害保険も、同じ無料カードでも種類によって付帯額が異なります。また、重要なのは「疾病・傷害治療費」がしっかりついていること。これがゼロでは、付帯保険の意味はほぼありません。

全体のバランスを見ながら、総合的にどのカードがいいかは個人によりますので、一つの要素として考えてくださいね。

4.海外サポートサービス

最後に重要なのが、海外のサポートサービスがついていることです。例えば、JCBカードはどのカードを選んでもJCBプラザをはじめとする手厚い海外サポとが受けられます。

大学生が海外に行く際は、不安がつきもの。そう言った不安な状況でもサポートしてもらえるサービスがついているかどうかは、見ておくべきポイントです。

もちろん、サポートがついていなくても不安がない場合はそのほかのサービスを重視してもいいでしょう。あくまでも、個人の好みや状況に合わせたカード選びが大切です。

大学生が海外にクレジットカードを持っていくメリット

ポイントを解説する女性

大学生が海外にクレジットカードを持っていくメリットは非常にたくさんあります。ここでは、そのメリットの一部をご紹介します。

POINT

大学生がクレジットカードを海外に持っていくメリット6つ

  • 支払いがスムーズ
  • デポジットを支払わずに済む
  • 社会的な信用が得られる
  • 盗まれても補償がされる
  • 多額の現金を持ち歩かずに済む
  • 付帯保険で保険料を節約

1.支払いがスムーズ

海外は、キャッシュレス社会が進んでいる国も多いものです。はっきり言って、日本は先進国の中でもキャッシュレス化が遅れており、日本の感覚で現金支払いをしようとすると、嫌がられることもあるでしょう。

海外(特に北米やヨーロッパ)ではクレジットカードが主流。支払いが最もスムーズです。

ちなみに、基本は一括払いで、支払い回数を聞かれることはありません。店員に嫌がられない、スムーズな決済方法としてクレジットカードは必ず持っておきたいところです。

2.デポジットを支払わずに済む

ホテルなどの施設を利用する際は、クレジットカードの提示で一時的に「デポジット」が請求されます。

これは、こちらがお金を支払わなかったり、器物を壊したりしたときの「保険」ですね。一般的には、サービスを無事に利用し終えればデポジットの請求は取り消され、実質「支払いはない」という状態になります。

ところが、現金しかもっていないとどうなるか。高額なデポジットを請求され、一時的に現金をたくさん支払わなくてはいけなくなるのです。こちらも、サービス利用後には帰ってくるお金ではありますが、できるだけ現金を払いたくないものですよね。

デポジットの請求を考えると、必ずクレジットカードを1枚は持っておきたいところです。

3.社会的な信用が得られる

クレジットカードを持っている=支払い能力があると判断され、お店やホテルではそれが信頼につながります。

クレジットカードは、いわば海外でも身分証がわりになるのです。クレジットカードなしでは、私は支払い能力がありませんと言っているようなもの。

待遇が少し悪くなる、嫌がられるといったことは普通に考えられます。社会的な信用を少しでもアップさせたいときには、クレジットカードが有効です。

4.盗まれても保険で補償される

海外では、お金が盗まれるなんてことは普通にあり得ることです。気がついたらバッグからカードが盗まれていた……そんな時でも、クレジットカードなら安心。

あらかじめひかえておいたカード会社への番号へかけて、盗まれた旨、利用停止したい旨を伝えるのです。現地にデスクを構えているクレジットカード会社なら、ここで仮カードを発行してくれるかもしれません。

もちろん、盗まれたカードの被害は保険で保証されますので、個人的な負担は特別な場合(故意または重大な過失がある場合)を除き、ないと考えていいでしょう。治安の悪い海外では、盗難時の補償がとてもありがたいのです。

5.多額の現金を持ち歩かずに済む

クレジットカード1枚あれば、よほど高額なお買い物でない限りは、対応できます。海外で現金をたくさん持ち歩くのは非常に危険。いつ盗難にあうかわからないものです。

海外で行動するときは、できるだけクレジットカードを優先的に利用し、現金はチップ程度用意しておけばいいでしょう。

6.付帯保険で保険料を節約

クレジットカードの種類によっては、付帯保険がついてきます。学生向け、年会費無料タイプならおおよそ2,000万円ついてくれば上等です。

日本から海外に行く際は、海外旅行傷害保険に有料で加入することが多いと思いますが、カードの付帯保険があれば、その額を少し節約することも可能です。

渡航先によっては、複数のクレジットカード保険を組み合わせれば有料保険が不要ということもありますので、ぜひ上手にカード保険を活用して、保険料を節約してくださいね。

大学生が海外にクレジットカードを持っていかないとどうなる?デメリット解説

クレカを手に持って何かに悩む女性

大学生が海外にクレジットカードを持っていかないと、どうなるのでしょうか。考えられる代表的なデメリットを3つ、紹介します。

中にはクレジットカードを持っていくメリットで解説したことも含まれていますので、デメリットの「まとめ」として確認してくださいね。

POINT

海外にクレジットカードを持っていかないデメリット

  • デポジットで高額な現金をとられる
  • お金が盗まれたら泣き寝入りするしかない
  • 場合によってはサービスの利用を断られる

1.デポジットで高額な現金をとられる

先述の通り、海外ではホテルなどの一部サービスを利用する際に、何かあった時の保険として「デポジット」が請求されます。

クレジットカードを持っていない、つまり現金しかない場合はこれを「現金」、しかもカードがない分信用もないので、上乗せされた金額請求されます。

お金を節約したい大学生にとって、高額なデポジットを現金で支払うのはデメリットでしかありません。クレジットカードがないと、困ってしまう最たる例です。

2.お金が盗まれたら泣き寝入りするしかない

海外で財布を落としたり、お金を盗まれたりしたときは、まずかえってきません。泣き寝入りするしかないのは、お金がない大学生にとっては死活問題ですよね。

クレジットカードさえもっていれば、多額の現金を持ち歩く必要がなく、万が一カードを盗まれても補償されます。

海外ではお金や財布を盗まれたという話は日常茶飯事。自分だけは大丈夫という意識を捨て、少しでも防犯のためにクレジットカードを活用するべきだと言えるでしょう。

3.場合によってはサービスの利用を断られる

海外では、クレジットカードを持っていない=社会的に信用できないということで、特にレンタカーといった「何かを借りる」サービスは断られてしまう可能性があります。

理由は、万が一乗り逃げされてしまうと、デポジットを多めにとっても損をしてしまうからです。

海外、特に旅行ではレンタカー必須の地域もありますので、レンタカーをはじめとするサービスが使えない可能性があるのは損失でしかありません。

カードをもっていないだけで、「お客様」にすらなれないのです。せっかくの海外生活が残念な思い出にならないよう、クレジットカードは持っていくのが無難です。

海外にクレジットカードを持っていく際の注意点

海外にクレジットカードを持っていくなら、次の2つことには注意しておきましょう。大学生・社会人関係なく知っておきたいことですので、ぜひ目を通しておいてくださいね。

POINT

海外にクレジットカードを持っていく際に注意したいこと

  • 最低でも2枚はもっていく
  • 付帯保険の利用条件は確認する

1.最低でも2枚はもっていく

クレジットカードは、万が一の盗難や「国際ブランドが対応していない」といった事態を防ぐために、最低2枚は持っていきましょう。

予備のクレジットカードがないと、1枚が何らかの理由で使えなくなったときに困ってしまいます。

できれば2〜3枚もっていくと安心ですが、大学生では支払い能力がなくそこまでカードを発行できないかもしれませんので、2枚でいいでしょう。

1枚はいざというときの「保険」として持っていてくださいね。

2.付帯保険の利用条件は確認する

クレジットカードに付帯する保険の付帯条件は、よく確認しておきましょう。

利用付帯か、自動付帯かは必ずチェックしておくほか、キャッシュレス診療が利用できる会社なら、その利用方法もみておいたほうがいいですね。

さらに、ほとんどの付帯保険は90日間しか有効ではありません。90日以上海外に留まる場合は、有料保険との組み合わせが必須です。

また、特に見ておきたいのが「疾病・傷害治療費」がいくらまで対応しているかです。最高2,000万円の補償ありと書かれていながら、重要な怪我や病気の治療費に関してはゼロ、というカードは少なくありません。

いくらの補償が、どんな条件でうけられるのか。そして、その内容で十分なのかは必ずチェックしましょう。

大学生が海外に行くならクレジットカードは必須!後悔のないカード選びを

大学生が海外にいくなら、クレジットカードを持っていくのは「必須」です。

学生向けのクレジットカードにはたくさんの種類があり、どのカードがいいかは迷ってしまうと思います。なんとなくで選んでしまうと、せっかく他に良いカードがあっても、気がつかずに終わってしまうかもしれません。

カード選びは、クレジットカードの「年会費」「サポート体制」「保険」などを要素ごとに比較するのがおすすめ。

クレジットカードにはそれぞれ特徴があり、個人によって合う・合わないはありますので、ぜひ自分の目的に合わせた1枚を選びましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内