年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカード4選

ポイントカードと小銭

年会費無料かつポイント還元率重視となると、クレジットカードは限られてきます。

とはいうものの、きちんと選べば「年会費無料」かつ「ポイントで得する」カードはあります。

今回は、年会費無料でポイント還元率が高いクレジットカードを4枚ご紹介します。

あわせて、ポイント還元を効率よく受けるコツや年会費無料でポイント還元率の高いカードのメリットや注意点も開設していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

年会費無料でポイント還元率が高いおすすめクレジットカード4選

年会費無料でポイント還元率が高いおすすめクレジットカードは、次の4枚です。

「年会費永年無料」もしくは「実質無料」、かつ「ポイント還元率1.0%以上」のカードを集めました。

1.JCB CARD W/W plus L

JCB CARD W / W plus L

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%~ 発行日数 最短3営業日

JCB CARD W/W plus Lは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行し、今特に力を入れているお得なクレジットカードです。

国際ブランドのプロパーカードで年会費無料とは、この時点で非常に破格の条件と言えます。

入会限定キャンペーン

新規ご入会とご利用条件クリアでいまなら最大14,000円分プレゼント! キャンペーン参加の上、JCBでスマホ決済すれば全員に20%キャッシュバック!JCBオリジナルシリーズパートナーでポイント10倍!スマリボ登録&利用でポイント10倍!スターバックス カードへのオンライン入金でOki Dokiポイント10倍!初年度年会費無料!

さらに、ポイント還元率は常時1.0%以上。JCBオリジナルパートナー(ポイント優待店)利用でさらに還元率がアップするのは嬉しいポイントです。

ためたポイントはJCBギフトカードをはじめ様々な用途がありますので、使い道にも困りません。

年会費無料ながら付帯保険までついた、おすすめのクレジットカードです。

2. Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0〜2.0% 発行日数 最短8営業日

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、オリコカードが発行する還元率が売りのクレジットカード。

ポイント還元率は常時1.0%以上で、特にネットショッピングに強く、Amazonや楽天市場といったメジャーなショッピングサイトでも、オリコモール経由でのお買い物でポイント還元率がさらにアップします。

入会限定キャンペーン

新規入会&利用条件クリアで、今なら最大8,000オリコポイントプレゼント!

貯めたポイントは、各種共通ポイントへの交換も可能。

付帯保険や特典などのサービスはありませんが、シンプルにポイント還元率が高いカードを求めている方にぴったりです。

3.dカード

dカード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜5.0% 発行日数 最短5営業日

dカードは、ドコモが発行するお得なクレジットカード。特に、ドコモユーザーには嬉しい特典が満載です。

年会費は年に1回でもクレジットカードの利用があれば「無料」ですから、実質無料といってもさしつかえないでしょう。

入会限定キャンペーン

入会&エントリー&ご利用でもれなく最大8,000円相当プレゼント

ポイント還元率は常時1.0%。さらに、dポイント加盟店なら、加盟店ポイントもつくため2.0%以上の還元率も狙えます。

ローソンでの利用は5%もお得になるといった「コンビニ向けカード」としての側面もあり、共通ポイントの「dポイント」の使いやすさを加味すると、お得度は総合して非常に高いと言えるでしょう。

ドコモユーザーにはもちろん、そうでなくてもぜひ持って欲しいカードです。

4.楽天カード

楽天カード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜4.0% 発行日数 最短3日

楽天カードは、楽天が発行するポイント高還元率なクレジットカードです。年会費はもちろん無料で、ポイント還元率は常時1.0%以上。

楽天市場などのいわゆる「楽天商圏」なら、さらにポイント還元率がアップします。

入会限定キャンペーン

楽天カード新規入会&利用で、もれなく7,000円相当ポイントプレゼント!+Edy機能付帯選択で500円分のEdyチャージ!

街の加盟店でも楽天スーパーポイントをためて・つかえますので、共通ポイントが好みだけどdカードはあまり好きじゃないといった方におすすめです。

年会費無料のカードでポイント還元をさらにアップさせるためのコツ

部屋着でノートPCを触る女性

ここでは、年会費無料カードを使ってポイント還元率をさらにアップさせるコツをご紹介します。

お得にポイント還元を受けたい方は、ぜひ参考にしてください。

POINT

年会費無料カードでポイントをアップさせるコツ

  • 共通ポイントは加盟店利用を意識する
  • ポイントモール経由の買い物でポイント還元率アップ
  • 支払いは全てクレジットカード払いに切り替える
  • メインカードを決め、できるだけそのカードに集約する

1.共通ポイントは加盟店利用を意識する

dポイントや楽天ポイントのような「共通ポイント」は、街のお店に加盟店が多数あります。

dカード、楽天カードを持つ方は、普段のお買い物を「ポイント加盟店」ですることで、普段からポイント2倍以上のお得な生活を送れます。

特に、dポイントはドコモ傘下のポイントプログラムということもあり、勢いのあるポイントです。

ぜひ、普段使いでポイント還元率の高いお店を見つけ、利用しましょう。

2.ポイントモール経由の買い物でポイント還元率アップ

ポイントモールとは、クレジットカード会社が経営する「お店紹介サイト」のことです。

このサイト経由で、紹介されているお店を利用することで、通常よりもポイント還元率がアップするのが「ポイントモール」なのです。

カード会社はアフィリエイト収入の一部をポイントで還元している

なぜ、ポイントモール経由でお買い物をするだけでポイント還元率がアップするかというと、理由はカード会社がお店を紹介することで「アフィリエイト収入」を得ているから。

ポイントモール経由で消費者が買い物をすると、カード会社に報酬が入ります。すると、その報酬の一部をクレジットカードのポイントとして還元するしくみです。

ただ経由するだけで通常よりもポイント還元率がアップしますので、ぜひ面倒臭がらずに利用してくださいね。

3.支払いは全てクレジットカード払いに切り替える

最近では節約のために現金で管理、という方も多いようですね。ですが、きちんと管理できるという前提であれば、現金よりもポイント還元の分「クレジットカード」の方がお得です。

例えば、年間200万円の生活費がかかっていたとして、1.0%還元のクレジットカードなら2万円分のポイントがつきます。

一方で、現金なら、その2万円はありません。明らかにクレジットカード(しかも年会費無料)の方がお得だとわかりますよね。

いくら使ったかわからなくなる方は、こまめに利用明細をWEBで確認するといった工夫は必要です。

それでも、全てカード支払いに切り替えることでポイント還元の量は確実にアップしますので、おすすめですよ。

4.メインカードを決め、できるだけそのカードに集約する

クレジットカードの支払いを分散させては、効率よくポイントをためるのは難しくなります。

効率よくポイント還元を受けるコツは、クレジットカードをできるだけ集約すること。場合によっては、家族カードを作って家族間でポイントを共有するのもいいでしょう。

とにかくポイントを貯めたければ「メインカード」を決め、できるだけそのカードで決済することです。

他のクレジットカードは、お店で使える国際ブランドが合わなかった時の保険程度に使いましょう。

ポイント還元率の高いクレジットカードを年会費無料で持つメリット

カードを持つメリット

ここでは、あらためて年会費無料で「ポイント還元率重視」のクレジットカードを持つメリットをチェックしてみましょう。

POINT

年会費無料でポイント高還元率カードを持つメリット

  • とにかく年会費はかからない
  • ポインントが貯まる分、どんどんお得になる
  • カードによっては付帯特典までついてくる

1.とにかく年会費はかからない

年会費無料カードの一番のメリットは、年会費がかからないこと。一般カードであまりスペックが変わらない、それどころかポイント還元率が悪いカードが1,000円以上の年会費がかかることはめずらしくありません。

年会費自体はそれほど高くないものが多いですが、それでも「無料」なのは、年会費の引き落とし時期や更新月を気にして持たなくても良いという意味で、助かりますね。

2.ポイントが貯まる分、どんどんお得になる

年会費無料、かつポイント還元率が高いクレジットカードを選ぶと何が起こるかというと、年会費がゼロの分、純粋に「ポイント還元を受けた分だけお得」になるのです。

例えば、ポイント還元率が1.0%と高くても、年会費が1万円もするクレジットカードでは、1万ポイントを貯めるまでは、表面上実質マイナスです。

実際には付帯特典やサービスがあるので一概に損とは言えませんが、単純な比較ではやはり「年会費無料」かつ「ポイント還元率が高い」カードは最強のコストパフォーマンスを誇ります。

3.カードによっては付帯特典までついてくる

クレジットカードの種類によっては、年会費無料でも付帯特典までしっかりついてきます。

中には、海外旅行傷害保険だけではなく、ショッピング保険(海外)までつく「JCB CARD W」のようなクレジットカードも。

以前は年会費無料カード=特にお得じゃない、決済のためだけのカードというイメージがありましたが、最近では年会費無料にも関わらず待遇が比較的良質なカードが増えているのですね。

年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカードを持つ注意点

首をかしげる女性

年会費無料でポイント還元率の高いクレジットカードを持つなら、注意しておきたいことが3つあります。

先述の内容と一部似ている部分がありますが、注意点の「まとめ」として見ていきましょう。

POINT

年会費無料でポイント還元率の良いカードを持つ注意点

  • ポイントの失効には注意
  • 中には一度も使わないと年会費が発生することも
  • 使うクレジットカードを分散させては意味がない

1.ポイントの失効には注意

ポイント還元率がいくら良いクレジットカードでも、ポイントの有効期限が切れて失効してしまっては意味がありません。

そうならないためにも、有効期限には注意を払い、期限までに使い切るようにしましょう。

例えば、オリコカードはオリコポイントの有効期限が1年間。延長もありません。

比較的短いほうですから、期限切れには注意をして、こまめに他社ポイントや商品への移行をおすすめします。

2.中には一度も使わないと年会費が発生することも

一見年会費無料のクレジットカードでも、dカードのように「一度も使わないと年会費が発生する」タイプがあります。

ポイント還元を目的としてカード発行しているのであれば、ほぼ確実に使う人ばかりでしょうから問題はありませんが、万が一もう使わないのであれば、年会費が発生する前に「解約」しておきましょう。

解約前には、損をしないようにポイントをきちんと使っておいてくださいね。

3.使うクレジットカードを分散させては意味がない

先の内容と重複しますが、利用するクレジットカードを分散させてしまうと、効率よくポイント還元を受けるのは難しくなります。

バラバラの会社のクレジットカード=ポイントもバラバラで、まとめて使えないということになりますから、できるだけ「メインカード」を決めたら、それ以外のカードは使わないようにしましょう。

中にはお店ごとにクレジットカードを作ってお得に活用しているという方もいますが、よくよく見てみると、1枚あたりのポイントは大してたまっておらず、ポイント有効期限までに使えないというケースも。

そういった「一見お得、実は損」という状況を生み出さないためにも、できるだけ使うカードは揃えてくださいね。

ポイント還元率の高いクレジットカードを活用してお得なカードライフを送ろう

年会費無料、かつポイント還元率が高いクレジットカードは、普段使いにするだけでお得な素晴らしいクレジットカードです。

年会費無料でポイント還元率の高いカードはいくつかありますが、それぞれ特徴が異なります。自分のライフスタイルに合わせて、ぴったりのお得なカードを選びましょう。

ポイント還元率をさらにアップさせるコツもありますので、ぜひ工夫しながらお得なカードライフを送ってくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内