クレジットカードのポイント2重取りでトクする方法!3重取り・4重取りは可能?

マイル・ポイントを貯める 更新:2018年10月4日 公開:2018年2月13日3,622 view

ポイントを解説する女性

クレジットカードのポイントを貯めてお得にショッピングを楽しんでいる方は多いと思いますが、普通に使って貯まる「クレジットカードの利用ポイント」だけではなく、ポイントを2重、3重、場合によっては4重で取る方法もあるのはご存知でしょうか。
今回は、クレジットカードを活用しながらポイントを2重以上に取る方法・ポイントの種類などを解説します。
お得なポイントの取得方法を知り、より効率よくポイントを貯められるようにしましょう。

クレジットカードのポイントは2重取り・3重取りが可能か?

まず、クレジットカードを使ってポイントを2重取り、3重取りが可能かというと、答えは「可能」です。
ここでのポイントは、あくまでもクレジットカードを「活用」してポイントを取得するのであって、クレジットカードだけを使ってポイントを2重取り、3重取りできるわけではありません。

より多くのポイントを手に入れようと思うと、それだけ手順も増えてしまいますが、うまくいけば通常の2倍、3倍、もしくはそれ以上にお得度がアップするので、少しでもお買い物をお得に楽しみたいなら実践するのがおすすめです。

ポイントを効率よく得るには、カードのポイントだけではなく、「チャージ」や「電子マネー」、「お店のポイント」なども意識しながらショッピングを楽しむことが大切です。

まずは、次の章で「どんなポイントがあるのか」を学び、順番にポイントを貯める具体的手順を理解していきましょう。

クレジットカード含め「ポイント」にはどんな種類がある?

クレジットカードを使うことで付与される「利用ポイント」に加え、日常のお買い物・お出かけでもらえるポイントには、次の6種類があります。

POINT

  • クレジットカード利用ポイント
  • 電子マネー利用ポイント
  • お店の利用ポイント
  • ポイントモールのボーナスポイント
  • 電子マネーチャージポイント
  • チェックインポイント

1.クレジットカード利用ポイント

クレジットカード利用ポイントは、その名称通りに、クレジットカードで普通に決済して付与されるポイントのことです。

クレジットカードの中には、ポイントがつかないタイプのカードもありますが、多くのカードがポイントプログラムに対応しており、発行するクレジットカード会社や提携先によって発行されるポイントの種類が異なります。

一般的なクレジットカードのポイント還元率は0.5%前後が多いですが、ポイント還元率が高いカードでは1.0%以上というものも少なくありません。
特に工夫をしなくても、カード決済すれば簡単にポイントがたまるので、面倒くさがりな方でもカードのポイントだけは貯めるのをおすすめします。

2.電子マネー利用ポイント

ここでいう電子マネーとは、楽天Edyやnanacoなどの「プリペイド式」電子マネーのことです。
電子マネーは、あらかじめチャージしておくことで、決済に対応しているお店で利用すると、決済金額に応じてポイントが貯まります。

楽天Edyなら200円につき1楽天スーパーポイント(0.5%還元)、nanacoは100円につき1nanacoポイント(1.0%還元)といったように、電子マネーの種類によって貯められるポイントの種類・還元率が異なります。

現金で支払うよりもずっとお得で、ポイントの2重取り・3重取りをしたい時に役立つので、ぜひ活用してください。

3.お店の利用ポイント

お店の利用ポイントとは、スーパーやコンビニ、雑貨店、飲食店などで使われているポイントプログラムで得られるポイントのことです。

例えば、大手ファーストフードチェーンのマクドナルドでは、支払い方法に関係なく「楽天スーパーポイント」か「dポイント」を提示すれば、100円の利用につき1ポイントずつ貯めることができます。

こうしたお店のポイント(0.5%〜1.0%還元)を活用すれば、クレジットカード決済でのポイントにプラスしてポイントを得ることができるので、2重取り以上を狙うなら必ず取り入れましょう。

4.ポイントモールのボーナスポイント

ポイントモールのボーナスポイントは、自分が持っているクレジットカードの発行会社が運営する「ポイントモール」を利用することで付与されるものです。

ポイントモールとは、大手ショッピングサイトをはじめとする様々なジャンルのお店・サービスが紹介されているカード会社運営のサイトで、ポイントモール経由でサービス・ショッピングを利用すれば、利用金額に応じてボーナスポイントが得られるしくみになっています。

簡単に言うと、カード会社が顧客をお店に紹介し、受け取った紹介料の一部を顧客へ還元するといったものですね。
特にネット経由のショッピング・予約などは「ポイントモール」を経由すれば通常の2倍〜数十倍もポイント還元率がアップすることもありますので、お買い物の前に、ぜひ自分の利用したい店舗が紹介されていないかチェックしてみてください。

5.電子マネーチャージポイント

電子マネーをカードでチャージしたポイントは、厳密には「クレジットカード利用ポイント」に含まれますが、カードの種類によってはチャージがポイント付与の対象外、つまりショッピングとは別扱いになっているため、あえて分けています。

現金で電子マネーにチャージした時には、当然ポイントはつきませんが、一部のクレジットカードでは対応している電子マネーへのチャージでポイントがつきますので、自分の利用したい電子マネーにチャージでポイントがたまるカードを発行しておけば、いつでも好きな時にチャージしてポイントを得ることができます。

6.チェックインポイント

チェックインポイントはまだまだ利用者が少なく、よく普及しているとは言えませんが、楽天やリクルートなどの提供する一部アプリで特定のお店・場所に「チェックイン」することで、ポイントがもらえるというサービスがあります。

方法は簡単で、チェックイン専用のアプリを開き、位置情報サービスで対応の場所に近づくと「チェックイン」ができるようになっており、アプリ操作で「チェックイン」つまり「ここに来ましたよ」という情報を送れば、ポイントが付与されます。

楽天などはチェックインでもらえるポイントは一度きり、となっていますが、ただお店に行くだけでポイントがもらえるのはお得です。
事前にアプリなどのダウンロード・利用登録は必要ですが、やっておいて損はありません。

クレジットカード利用でポイントを2重取り(3重取り・4重取り含む)する方法

指で少しだけを表現する女性

クレジットカードの利用でポイントを重ね取りするには、先の章で紹介したポイントの種類をうまく組み合わせる必要があります。
もちろん、得られるポイントの種類は違ってもお得には変わりませんが、できれば同じ種類のポイントがたまるように工夫すれば、より効率よくなります。

POINT

ポイントを重ね取りする方法

  • ポイントを2重取りする基本の方法
  • ポイントを3重取りする方法
  • ポイントを4重取りする方法

1.ポイントを2重取りする基本の方法

クレジットカードを使ってポイントを二重取りするには、次の方法があります。

CHECK

  • クレジットカードポイント+お店・施設のポイント(マイル含む)
  • クレジットカードポイント+ポイントモールボーナスポイント
  • クレジットカードポイント+チェックインポイント
  • 電子マネーチャージポイント+電子マネー利用ポイント など

最も簡単なのはお店や共通ポイント(楽天ポイント、dポイントなど)のポイントカードと、クレジットカードの決済で得られるポイントの二重取りで、これは多くの方が実践していることだと思います。
二重取りまではとくに意識していなくてもやりやすいと思いますので、ぜひやってみてください。

お店のポイントがない場合は、チェックインポイントなども組み合わせながらポイントをゲットすると良いでしょう。

2.ポイントを3重取りする方法

ポイントを3重取りする方法は、次の方法があります。

CHECK

  • クレジットカードポイント+お店ポイント+チェックインポイント
  • 電子マネーチャージポイント+電子マネー利用ポイント+お店・施設ポイント
  • (ネットショップ)クレジットカードポイント+お店ポイント+ポイントモール など

ポイントを3重取りする時もクレジットカードを活用することになりますが、ここまで取ろうと思うと、「ちょっと一手間」が必要になります。
普通ではお店のカード決済とポイントカードのところを、チェックインポイントを取り入れるなどすると、よりお得にショッピングが楽しめます。

電子マネーはチャージするときにポイントが発生するカードを選んでチャージする必要はありますが、まとめてチャージしておけば、あとは使うときに「ピッ」とかざすだけで決済可能、かつ勝手にポイントが貯まっていきます。

3.ポイントを4重取りする方法

ポイントを4重に取りたいときには、ずばり「電子マネーチャージポイント+電子マネー利用ポイント+お店・施設ポイント+チェックインポイント」という組み合わせになります。

事前にチャージする手間と、お店でアプリを起動してチェックインする手間はありますが、うまくいけばかなりお得になるので、余すことなくポイントを手に入れたい方はやってみてください。

ポイントの2重取り・3重取りに便利なクレジットカード3選

ポイントを2重取り、3重取りするには、相性の良いカードを選ぶのが近道です。
ここでは、ポイントをうまく重ねどりしたい方におすすめのクレジットカードを3枚ご紹介します。

1.楽天カード

楽天カード

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0%〜4.0% 発行日数 最短3日

楽天カードは、ポイントの重ね取りに最も適したカードの1つです。
発行会社はネットショッピングモール「楽天市場」を運営する楽天グループで、年会費無料、かつポイント還元率1.0%以上という優秀な節約カードとして人気を集めています。

入会限定キャンペーン

楽天カード新規入会&利用で、もれなく8,000円相当ポイントプレゼント!+Edy機能付帯選択で500円分のEdyチャージ

このカードの最大の特徴は、様々なお店やサービスに使える「楽天スーパーポイント」が高還元率で貯まるというところです。
基本の還元率は1.0%ですが、楽天市場は実質的に楽天の「ポイントモール」を兼ねており、楽天カードを使って楽天市場でお買い物をすると、お店利用でつく基本ポイント1%、楽天カードでのポイント(ボーナスポイント含む)で計4%以上のポイントが常時付与されるため、とってもお得です。
普通に楽天市場でお買い物をするだけで3重取りが「同じ種類のポイント」でできるので、効率が良いと言えます。

さらに、楽天のチェックインアプリも活用すれば、実店舗なら楽天ポイントカード利用+楽天カードで楽天Edyチャージ+楽天Edy決済+チェックインで効率よく「4重取り」も可能なので、とにかくポイント重視で選ぶにはおすすめです。

2.Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)

年会費
(初年度)
永年無料 年会費
(2年目)
永年無料
還元率 1.0〜2.0% 発行日数 最短8営業日

Orico Card THE POINT(オリコカード ザ ポイント)は、ネットショッピングに強い年会費無料のポイント高還元率カードです。

入会限定キャンペーン

新規入会&利用条件クリアで、今なら最大8,000オリコポイントプレゼント!

基本還元率は1.0%で、100円につき1オリコポイントが貯まります。
オリコモールというポイントモールがありますので、ネットショッピングあオリコモール経由ですれば、ポイントの2重取りが可能です。

電子マネーへのチャージは、Suicaならポイントも付与されますので、こちらもポイントを重ねどりしやすくなっています。

残念ながらチェックインアプリとの連携はありませんが、それを除いても使い勝手の良いお得なカードです。

3.dカード ゴールド

dカード GOLD

年会費
(初年度)
10,000円+税 年会費
(2年目)
10,000円+税
還元率 1.00%〜10.0%  発行日数 最短5営業日

dカードゴールドは、ドコモから発行されているクレジットカードです。
年会費は1万円と決して安くはありませんが、還元率1.0%、かつ貯まるポイントは共通ポイント「dポイント」ですので、様々な場所で使うことができます。

入会限定キャンペーン

新規入会&エントリー&利用条件クリアで、もれなく最大13,000円相当分プレゼント(iDキャッシュバック13,000円分)

dポイントを付与してくれるお店などを活用すればポイントの2重取りも可能で使いやすいと言えますが、このカードが最もお得になるのは「ローソン」を使う時と、docomoユーザーとしてスマホ・携帯電話やドコモ光を契約している場合です。

ローソンはdカードを使えば3%オフになり、なおかつ2%のポイント還元が受けられますので、合計で5%もお得になります。
さらに、ドコモ会員ならdカードと会員情報を紐付けすれば、「dカード決済をしなくても」ポイントが10%もつく、つまり実質の10%オフになるため、支払い方法に他社カードを選択しておけば、ポイントの2重取りも可能です。

持っているだけでもドコモユーザーなら非常にお得になる、ドコモユーザーなら持つべきと言えるカードです。

まとめ|クレジットカードのポイントを2重・3重とお得にゲットしよう

クレジットカードのポイントは、うまく貯めれば1%以上も普段のお買い物がお得になり、節約するなら必ず活用するべきものと言えます。
普通にクレジットカード決済をしてポイントをつけるのはもちろん正しい使い方ですが、お店のポイントや電子マネー関連のポイントなども上手につければ、通常の何倍もお得になる「2重取り」や「3重取り」も可能です。

今回ご紹介したポイントの種類もうまく組み合わせ、よりお得になるように工夫をしてお得なカードライフを楽しんでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集