ふるさと納税のクレジットカード払いでマイルを貯めるコツ

ふるさと納税の返礼品

応援したい自治体に寄付ができる「ふるさと納税」。一度は耳にしたことがあるワードですよね。ふるさと納税は、実質2,000円の自己負担で寄附をした自治体の特産品を「返礼品」として受けられる、お得で嬉しい制度。

もともと制度だけでもお得感のある「ふるさと納税」ですが、クレジットカード払いを利用すると、さらにお得に。クレジットカード活用次第で効率よくマイルを貯めることが可能になります。

この記事では、クレジットカード払いを使ったふるさと納税でマイルを貯めるコツや、ふるさと納税の支払いにおすすめのクレジットカードの紹介、ふるさと納税をする際の注意点などを解説しています。

ふるさと納税をもっとお得にしたい方や、これからふるさと納税を始めようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ふるさと納税でマイルを貯めるならまずは「クレジットカード選び」が重要!

ふるさとの納税の支払いの方法といえば、現金またはクレジットカードの2択が主流となっています。

ふるさと納税で賢くマイルを貯めるなら、クレジットカード支払いでの決済が必要となりますが、利用する「クレジットカード選び」は重要なポイント。マイル還元率の低いクレジットカードを利用していては、せっかくクレジットカード払いでふるさと納税を行なっても、効率良くマイルを貯めることはできませんよね。

ふるさと納税の支払いに利用するクレジットカードのマイル還元率は、事前にしっかり確認し、自分が貯めたいマイルに合ったカードを選びましょう。

また、クレジットカードをしっかり選んだ後は、どのようにふるさと納税をするかも大切です。マイルが貯まりやすくなるよう、サイト選びや経由するサイトなどもきちんと選び、マイルの取り損ねがないようにしてくださいね。

ふるさと納税でマイルを貯めるコツ

注意を促す女性

ふるさと納税でマイルを貯めるには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。これからご紹介する4つのポイントを抑えて、賢くお得にマイルを貯めましょう。

POINT

ふるさと納税でマイルを貯めるコツ

  • マイル還元率の高いクレジットカードを選ぶ
  • ふるさと納税でマイルが貯まるふるさと納税サイトを活用する
  • ポイントサイト経由でふるさと納税して、ポイントをマイルに交換
  • 返礼品として航空券パックを選ぶ方法も

1.マイル還元率の高いクレジットカードを選ぶ

ふるさとの納税の支払いは現金またはクレジットカードが主流となっています。マイルを貯めるのであれば、クレジットカード払いを選択しましょう。

よりお得にマイルを貯めたいのであれば、マイル還元率が高いクレジットカードを選択するのがおすすめ。まず注目すべきは、クレジットカードのマイル還元率です。

「支払い金額に応じてどれくらいのマイルが貯まるのか」を知っておくことがマイルを賢く貯めるカギとなります。

目安として、マイル還元率が1.0%以上のクレジットカードを選ぶようにしましょう。

2.ふるさと納税でマイルが貯まるふるさと納税サイトを活用する

ふるさと納税サービスを提供しているウェブサイトは数多くあります。どこでふるさと納税をしてもマイルが貯まる、というわけではなく、サイトごとに貯まるポイントに違いがあります。

ふるさと納税で直接マイルを貯めたい場合には、航空会社が提供するふるさと納税ウェブサイトの活用がおすすめ。

ANAマイルを貯めているという方は、ANAふるさと納税を経由してふるさと納税をしましょう。「返礼品」に加え、納税金額100円につき1マイルが貯まります。50,000円のふるさと納税をした場合、500マイル付与されます。

JALマイルを貯めている場合、同様なサービスはありません。マイレージモール経由なら、JALカードでのふるさと納税のマイル還元率がUPします。

JALのマイレージモールからふるさと納税サイトを選び、申し込むのが最も効率が良いといえるでしょう。

3.ポイントサイト経由でふるさと納税して、ポイントをマイルに交換

航空界会社の運営するふるさと納税サイト以外にも、ふるさと納税でポイントが獲得できるサイトがあります。

ふるさと納税に対応しているポイントサイトを経由してふるさと納税をし、サイトごとのポイントを貯め、マイルに交換するという方法です。

JALマイレージモール以外は、直接マイルはたまりませんが、ふるさと納税でマイルを貯めたい方は、ポイントサイトの経由が必須となります。

4.返礼品として航空券パックを選ぶ方法も

自治体ごとに様々な返礼品がありますが、中には航空券パックを選ぶことも可能なケースもあります。

ふるさと納税で直接マイルが貯まるというわけではありませんが、ふるさと納税の返礼品を航空券パックにすることで、「航空機に乗る」という目標の達成が可能になります。予定している旅行先の航空券パックが返礼品にあれば、利用するのも良いですね。

マイルが貯まるふるさと納税のおすすめサイト、選び方は?

ノートPCの前で腕組みする女性

賢くお得にマイルを貯めるためには、利用するサイト選びも重要になります。おすすめのサイトの紹介と共にサイトを選ぶときのポイントも解説しますね。

  1. JALマイレージモール経由でサイト選びをする
  2. ANAふるさと納税を活用する
  3. ポイントサイト経由でサイト選びをする

1.JALマイレージモール経由でサイト選びをする

JALマイルを貯めたい、という方におすすめなのは「JALマイレージモール」を経由してふるさと納税サイトを選ぶ方法。JALマイレージモールは、JALが運営するポイントサイトで、経由してふるさと納税をすればマイルが貯まります。

JALマイルは、ANAとは異なり、直接JALマイルが貯まるふるさと納税サイトはありません。JALカードを利用し、カードのマイルとして還元されるのみです。

よって、マイル還元率をUPさせるのであれば、ポイントサイト経由が必要となります。

JALマイレージモールでは

・ふるなび……300円で1マイル
・さとふる……200円で1マイル
・ふるさとプレミアム……200円で1マイル

上記3つのふるさと納税サイトを取り扱っているため、好きなところ、ほしい返礼品のある所で、ふるさと納税をすることができますよ。

JALマイレージモールで「JALカード」を使ってふるさと納税の決済を行うと、サイトごとに獲得できるマイルに加え、最大で決済金額の1%のマイルを貯めることが可能。

効率よくJALマイルを貯めたいなら、ぜひ参考にしてくださいね。

2.ANAふるさと納税を活用する

ふるさと納税でANAマイルを貯める場合、JALマイレージモールのようなポイントサイトはありません。先述のように、ANAマイルを貯めるのであれば、「ANAふるさと納税」の利用で直接マイルを貯める方法がおすすめ。

「ANAふるさと納税」からふるさと納税をすると、100円につき1マイル貯めることができます。ANAふるさと納税では、過去にマイルが2倍になるキャンペーンなども開催されているので、タイミング次第でさらにお得にマイルを貯めることができる可能性もありますね。

クレジットカードと、利用するサイトをうまく連携させるのも、効率よくマイルを貯める鍵になります。

3.ポイントサイト経由でサイト選びをする

ポイントサイトを経由してふるさと納税をする場合、ポイントを貯め、マイルへ移行する必要があります。その際、やはり重要なのが、サイトでのポイント還元率とマイル移行時の還元率。

ふるさと納税でポイントサイトを経由した場合、利用するサイトによりますが、最大9%のポイント還元を受けることが可能なサイトもあります。

利用者の多い「ハピタス」などのポイントサイトも、ふるさと納税に対応しています。

獲得したポイントは、マイルへ移行する必要があるため、ふるさと納税の寄付金額で貯めたポイント全てがそのままマイルになるわけではないということは、覚えておいてくださいね。

ふるさと納税でマイルを貯めるのにおすすめのクレジットカード

ふるさと納税でマイルを貯めるのであれば、決済での利用におすすめのクレジットカードをご紹介します。貯めたいマイルに合わせてクレジットカードを選択するのが賢くマイルを貯めるポイントになりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ANA VISA/Master 一般カード

ANA VISA/Master 一般カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.5%〜 発行日数 最短3営業日

ANAマイルを貯めたい方にぜひ利用していただきたいのは、ANA普通カードです。
ANA普通カードは、初年度年会費無料で利用できる、ANAが発行しているスタンダードなカード。年会費を抑えつつ、お得にマイルを貯めることができます。

入会限定キャンペーン

ANAカード会員限定キャンペーン!新規ご入会でもれなく最大1,000マイル相当がもらえる!

マイル還元率は、0.5%~最大1.3%まで上がり、日頃のお買い物や飛行機の利用でもマイルがどんどんたまります。1.0%以上のマイル還元率を実現するには、有料の10マイルコースの利用が必須な点には注意が必要です。

もちろん、ふるさと納税での利用もとってもお得。ANAふるさと納税の決済をANAカードで行えば、ANAふるさと納税サイトからのマイル還元1%に加え、ANAカード決済1%(10マイルコース利用時)の合計2%のマイルを貯めることが可能になります。

ANAマイルを貯めたい方には、ぜひ利用してほしいおすすめの1枚です。

JAL 普通カード

JAL普通カード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
2,000円+税
還元率 0.5%~1.0% 発行日数 約4週間

JAL普通カードは、クレジットカードの利用でJALマイルが貯まるクレジットカード。初年度無料で利用可能な、JALカードの中でも最もスタンダードな1枚です。

入会限定キャンペーン

入ってボーナス!使ってボーナス!JALカード入会キャンペーン!新規入会&ご利用条件クリアで最大1,850マイルプレゼント!さらに抽選で、1,000マイルもプレゼント!

マイル還元率は0.5%~1.0%で普段のクレジットカードの利用は200円ごとに1マイル、ショッピングマイルプレミアム加入で100円ごとに1マイル貯めることができます。

もちろん、ふるさと納税の支払いへの利用でもマイルを貯めることが可能。JALの運営する「JALマイレージモール」を経由してふるさと納税をすれば、お得にマイルを貯められます。

例えば、JALマイレージモール内のふるさと納税サイト「さとふる」では期間限定でマイル2倍キャンペーンを開催していることも。

JALマイルを貯めたい、という方は見逃せない、おすすめなクレジットカードです。

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

年会費
(初年度)
31,000円+税 年会費
(2年目)
31,000円+税
還元率 1.0%〜3.0% 発行日数 約1〜3週間

スターウッド・プリファード・ゲスト・アメリカン・エキスプレス・カード、通称SPGアメックスカードは、アメリカン・エキスプレスが発行する、旅好きにおすすめなクレジットカードです。SPG、マリオットグループのホテルの上級会員資格が得られます。

入会限定キャンペーン

■ご入会ボーナス ポイント
カードご入会後3か月以内に100,000円以上ご利用で、10,000ポイントをプレゼント。

■期間限定キャンペーン
ご利用金額100円につき、通常1ポイントのところ、今なら2ポイントが貯まる!

年会費が31,000円(税抜)と少し高めですが、高級ホテル宿泊権のプレゼントがあるため、それだけでも十分お得となっています。

さらに、旅行につきものとも言える「マイル還元」にも優れているのも特徴で、100円につき1.0 %の高いマイル還元率を誇っています。

1ポイント=1マイルで移行可能で、20,000マイル移行ごとに5,000ポイントのボーナス加算されるため、マイル還元率は1.25%まで上がります。

さらに、貯めたポイントをマイルに移行する際、幅広い選択肢があるお好きなマイルを選択し移行することができるため、航空会社にとらわれず、マイルを活用できるのも嬉しいポイント。

ANAのようにふるさと納税で直接マイルを貯めることはできませんが、ポイントサイトを経由すればよりお得にマイルを貯めることも可能。
ふるさと納税の際には、ポイントサイトを経由して賢くマイルを貯めましょう。

ふるさと納税でマイルを貯める注意点

ふるさと納税でお得にマイルを貯める際に、気をつけておきたい注意点があります。

注意したいポイントをしっかり抑えておくことで、より確実にマイルを貯められますので、事前に把握しておきましょう。

POINT

ふるさと納税でマイルを貯める時の注意点

  • 直接マイルがたまるのは「ANAふるさと納税」一択
  • マイルの有効期限に注意
  • マイル目的でいらない返礼品をもらわない!本末転倒に

1.直接マイルがたまるのは「ANAふるさと納税」一択

ふるさと納税で直接マイルを貯めることができるのは「ANAふるさと納税」のみ。そのほかのふるさと納税サイトでは、

・ポイントサイト経由でポイントサイトごとのポイントを貯め、マイルに交換する
・クレジットカードでマイルを貯める

の2種類の貯め方しかできません。ポイント→マイルへの移行があるので、手間がかかるほか、ポイントからマイルへの還元率によっては貯めたポイントよりマイルが少なくなってしまう場合も。

ポイントサイト経由でのふるさと納税が面倒であれば、「ANAふるさと納税」を利用し、直接マイルを貯めるのがおすすめです。

2.マイルの有効期限に注意

貯めたマイルにはそれぞれ有効期限があります。

JALマイル・ANAマイルともにマイル積算月(マイルを獲得した月)から36ヶ月が有効期限となっています。

うっかり有効期限を忘れ、貯めたマイルが失効してしまうことのないように、マイルの有効期限はしっかりと把握しておきましょう。

3.マイル目的でいらない返礼品をもらわない!本末転倒に

お得にマイルを貯められることに意識が行ってしまい、マイルだけを目的に不要なふるさと納税を行ったり、特に要らない返礼品をもらったり、などの行為は、マイルは貯まりますが、2,000円とはいえ出費が増え、結局は損することになってしまうケースも。

マイル目的だけのふるさと納税で、無駄遣いとなってしまっては本末転倒となってしまいます。マイルを貯めることだけに固執してしまわないように、注意しましょう。

まとめ|ふるさと納税はクレジットカードを使って、お得にマイルを貯めよう

もともとお得度の高いふるさと納税ですが、クレジットカードを活用すれば、マイルを効率よく貯めることができ、さらにお得度がアップします。

ふるさと納税におすすめのクレジットカードは以下の3枚。

それぞれ貯めやすいマイルや特徴が異なります。貯めたい・使いたいマイルを選択し、自分に合うふるさと納税サイトやクレジットカードを活用して、ふるさと納税をお得に楽しんでくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内