JREポイントとは?Suicaでポイントが貯まるJR東日本の共通ポイント活用のコツ

電車、JR

TポイントやPontaポイントなど、どこでも利用可能な「共通ポイント」を利用している方が多くいますよね。企業・店舗やネットサービスなどの共通ポイントサービスの利用で、よりお得で便利にお買い物が可能になります。

この記事では、JR東日本利用者なら知っておきたい、共通ポイントの新星と言える「JREポイント」について、賢い貯め方やお得な活用法、メリット、注意点などを解説していきます。

JREポイントの利用を考えている方、現在利用していてお得に使いたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

JREポイントとは?

JREポイントとは、JR東日本グループの共通ポイントのこと。サービス提供開始は2016年2月と、まだ新しいポイントサービスです。

JREポイントは、東日本エリアにある駅ビルを統合し共通化したもので、これまで駅ビルで利用していたポイントカードはこちらのポイントサービスに統合されます。

JREポイントカードの提示・利用でJREポイントを貯めて・使うことができ、お買い物がお得になります。通常税抜100円ごとに1ポイントたまり、1ポイント1円として利用が可能。

また、2017年12月より、Suicaポイントと共通化され、Suica加盟店でもJREポイントが貯まる・使えるようになりました。ユーザーの多いSuicaとの共通化は、普及にも大きく影響していると言えるでしょう。

JREポイントを利用するメリット

メリットを表現する女性

JREポイントの利用で得られるメリットは多くあります。ここではJREポイントを利用することで得られるメリットを解説します。

POINT

JREポイントを利用するメリット

  • 駅ビルでのお買い物でポイントが貯まる
  • 鉄道利用でも貯まる
  • 貯めたポイントはSuicaにチャージ可能
  • ビューカード活用ならさらにポイントが貯めやすい

1.駅ビルでのお買い物でポイントが貯まる

通勤や通学途中に駅ビルを利用する方も多いかと思います。手土産やプレゼントなどを持っていく際の、駅ビルでのお買い物でもJREポイントを取得することができます。日々の利用がよりお得になるのは嬉しいですよね。

対象店舗は限られていますので、その点にはご注意ください。

2.鉄道利用でも貯まる

2019年10月1日より、鉄道の利用でJREポイントを貯めることが可能になります。日々の通勤・通学やお出かけなど鉄道利用でポイントを貯められるのは、とてもお得ですよね。

鉄道の利用頻度が高い方には、ぜひ知っておいていただきたいメリットの一つです。

3.貯めたポイントはSuicaにチャージ可能

駅ビルでの買い物や、鉄道を利用して貯めたJREポイントは、登録したSuicaにチャージできます。貯めたポイントでさらに鉄道がお得に利用できるのは、嬉しいですね。

Suicaへチャージしたポイントは、Suica加盟店で利用可能。鉄道利用のみならずコンビニエンスストアでのお買い物や飲食した場合の会計などにも利用できるのは便利です。

4.ビューカード活用ならさらにポイントが貯めやすい

ビューカードは、クレジットカードの利用で共通ポイント「JREポイント」が貯められるJR東日本公式クレジットカード。

JREポイントを賢く貯めたい場合には、ビューカードを登録し活用するのがおすすめ。JRE POINTの表示があるお店での飲食やお買い物で、ビューカードを利用して決済すると、通常のクレジットポイントに加算して、利用金額に応じたポイントを貯めることができます。

JREポイントの二重取りを駆使して効率よく貯めたいなら、ぜひご検討ください。

2019年10月よりJREポイントが鉄道利用でも貯まる!

駅に停車する電車

2019年10月1日より、鉄道利用でもJREポイントを貯めることができるようになります。鉄道利用が多い方には、ぜひ知っておいて欲しい新しいサービスです。

ここでは、鉄道利用でたまるJREポイントについて解説します。

  1. ポイント還元率最2%(モバイルSuica2%、カードタイプSuica 0.5%)
  2. モバイルSuica定期券の購入でもポイントが貯まる

一つずつ見ていきましょう。

1.ポイント還元率最2%(モバイルSuica2%、カードタイプSuica 0.5%)

鉄道利用でたまるJREポイントは、還元率が最大2%と高く、お得にポイントを貯めることができます。

・モバイルSuica……50円ごとに1ポイント 還元率2%
・カードタイプSuica……200円にごとに1ポイント 還元率0.5%

となっています。

例えば、東京駅から津田沼駅473円の区間を利用した場合、

・モバイルSuica……9ポイント
・カードタイプSuica……2ポイント

還元されることになります。

モバイルSuicaの利用で、最大2%もの還元を受けることができるのはとてもお得ですよね。ぜひ活用したいところです。

2.モバイルSuica定期券の購入でもポイントが貯まる

チャージ残高を利用した場合のみではなく、モバイルSuica定期券の購入でも、購入額に応じたJREポイント還元を受けることができます。

他社線利用区間が含まれる場合も、定期券購入額全体がポイントの対象となっています。カードタイプの定期券購入ではJREポイントの還元対象外という点にご注意ください。

今回のJREポイントの改善で注目されるのは「モバイルSuica利用のお得さ」でしょうか。いずれの場合も、モバイルSuicaを使わないと損! と断言できるほどの内容です。今後、Suicaを新しく利用する方、JREポイントを貯めたい方はモバイルSuicaは必携ですね。

JREポイントを貯めるのにおすすめのクレジットカード

JREポイントを賢く貯めて、お得に利用するためには、JREポイントとの相性の良いクレジットカードの活用が大切。ここでは、JREポイントを貯めるのにおすすめのクレジットカードを2つご紹介します。

POINT

JREポイントを貯めるのにおすすめのクレジットカード

ビックカメラSuicaカード

ビックカメラSuicaカード

年会費
(初年度)
無料 年会費
(2年目)
477円+税
還元率 1.0% 発行日数 1週間~10日程度

ビックカメラSuicaカードは、ビックカメラとビューカードが提携して発行しているクレジットカードです。

入会限定キャンペーン

ビックカメラsuicaカード入会&利用で最大5,500円相当のポイントプレゼント

年会費は初年度無料、次年度以降447円(税抜)となっていますが、前年中に1度のクレジットカードの利用で無料になります。国際ブランドはVISA・JCBの2種類から選択可能。

ビックカメラSuicaカードを利用してSuicaにチャージすると、JREポイントが1.5%、1,000円のチャージで15ポイント貯めることができます。

また、ビックカメラでのお買い物にSuicaチャージ残高を利用して支払うと、10%ものビックポイント(クレジットカードポイント)に加え、JREポイントを貯めることができ、二重でポイント獲得が可能。お得度の高さは折り紙付きです。

JR東日本の鉄道の利用に合わせ、ビックカメラでの買い物もするという方には、ザクザクポイントが貯められるおすすめの1枚です。

ちなみに、貯めたビックポイントはJREポイントへの交換も可能。もはやこのカードを選ばない理由がありません。

ビュースイカカード

ビュースイカカード

年会費
(初年度)
477円+税 年会費
(2年目)
477円+税
還元率 0.5%~1.92% 発行日数 最短1週間

ビュースイカカードは、JREポイントをお得に貯めることができるスタンダードなクレジットカードです。ビックカメラSuicaカードだとビックポイントがわずらわしい、面倒だという方はこちらがおすすめ。

入会限定キャンペーン

「ビュー・スイカ」カード 入会キャンペーン!新規ご入会&エントリーで最大5,000円相当のJRE POINTプレゼント!

年会費は447円(税抜)となっていますが、WEB明細を選択すると、ポイント還元が受けられるので実質無料に。国際ブランドはVISA・JCB・MasterCardから選択できます。

ビュースイカカードの特徴は、Suica・定期券・JRE POINTカード・クレジットカードが1枚になっているクレジットカードです。

ビュースイカカードを利用してお買い物やお食事、公共料金の支払いなどをすると、1000円につき5ポイントの付与。さらに定期券の購入・オートチャージの利用はポイント3倍となり、1,000円につき15ポイントがたまります。

日々のお買い物の利用だけでなく、JR東日本の鉄道を利用して通勤通学の定期券の購入・Suicaもチャージするという方にはオススメの1枚です。

JREポイントの賢い貯め方は?

メリットを表現する女性

JREポイントを貯めようと思った時、やはり効率良く賢く貯めたいですよね。賢くポイントを貯めるには、いくつかの方法があります。

ここでは、JREポイントの賢い貯め方をご紹介します。

POINT

  • 基本は税抜100円で1ポイントが貯まる
  • キャンペーンの活用
  • JREポイントサイト・アプリを活用する
  • ルーレットや駅ビルへのチェックインでポイントが貯まる
  • ビューカードを活用する
  • モバイルSuicaを利用する

順に解説していきますね。

1.基本は税抜100円で1ポイントが貯まる

JREポイントは、利用金額100円(税抜)につき1ポイントの付与。還元率1%が基本となっています。

貯められるシーンの一例は以下の通り。

・鉄道の利用(JR東日本)
・Suica利用
・モバイルSuica定期券の購入
・駅ビルでの買い物 など

後述しますが、キャンペーンや支払い方法などにより還元率UPが狙えて、使い方次第ではさらにお得にポイントをたくさん貯められます。工夫してザクザクポイントを貯めましょう。

2.キャンペーンの活用

駅ビルでは、JREポイントUPキャンペーンを開催していることがあります。このキャンペーンを利用すれば、通常の2倍〜10倍のポイントを得ることが可能。

お買い物のタイミングをキャンペーンに合わせることで、賢くお得にJREポイントを貯めることができるのです。

3.JREポイントサイト・アプリを活用する

JREポイントサイトでは、上記の駅ビル開催のポイントUPキャンペーンの日程をチェックできます。また、JREポイントスマホアプリは位置情報を利用し、近くの駅ビルで開催されているキャンペーンの検索もできる優れもの。

さらにサイト・アプリは、キャンペーンの日程把握以外にも、直接ポイントを貯めるしくみもあります。

例えば、サイトへの登録で1日1回「ポイントルーレット」を回すことができ、当たればポイント獲得、というシステムも。

参考までに記載しておきますと、ポイントルーレットで獲得できるポイントは以下の通りです。

・大当たり……100ポイント
・当たり……1ポイント
・ハズレ……0ポイント

大当たりの場合、ゲーム参加で100ポイント獲得することができます。

さらにアプリでは、駅ビルへの「チェックイン」でポイントが付与されます。駅を利用する際にチェックインすれば、鉄道利用とは別にポイントを貯めることができるのはお得ですね。

賢くJREポイントを貯めるにはサイト・アプリの登録や利用が必須と言えるでしょう。

4.ビューカードを活用する

JREポイントを賢く貯めるには、ビューカードの活用も鍵となります。ビューカードは利用することで「JREポイント」を貯めることができるため、例えば駅ビルではビューカードの提示・利用に合わせてJREポイントの二重取りが可能になります。

お得にポイントを貯めたい方は、二重取りは重要なポイントですよね。JREポイントを徹底的に貯めたい! という方はビューカードを検討してみてくださいね。

5.モバイルSuicaを利用する

JREポイントをお得に貯めるためには、鉄道利用の際に「モバイルSuica」の利用も大きく関わってきます。

先述したように、カードタイプでのポイント還元率は0.5%。しかしモバイルSuicaのポイント還元率は2%となっており、4倍ものポイント還元を受けられます。

Suicaへのチャージ残高による鉄道の利用額分のJREポイントを貯められるのはもちろん、モバイルSuica限定で「定期券購入」でもポイントを獲得できるのも嬉しいですよね。

賢くJREポイントを貯めるなら、モバイルSuicaは利用必須と言えるでしょう。

JREポイントの活用方法、お得に利用するコツは?

ポイントを解説する女性

貯めたポイントをお得に利用したいと思う方も多いですよね。ここでは、JREポイントのお得な活用方法をご紹介します。

POINT

JREポイントの活用方法・お得に利用するコツ

  • 貯めたポイントで座席のアップグレードが可能
  • 1ポイント1円から駅ビルでの買い物に使える
  • Suicaにチャージが可能!鉄道利用・買い物にも
  • JRE POINT WEBサイトで商品交換に利用
  • JRE MALLならオンラインでお買い物ができる
  • 家族でJREポイントを共有できる

1.貯めたポイントで座席のアップグレードが可能

貯めたJREポイント600ポイントで、普通列車のSuicaグリーン券に交換が可能となっています。貯めたポイントを使って無料でグリーン券に交換し、乗車時間が快適に過ごせたら嬉しいですよね。

グリーン車を目標にして貯めるというのも、面白いかもしれません。

2.1ポイント1円から駅ビルでの買い物に使える

貯めたJREポイントは、駅ビルで使うことができます。1ポイント1円から、お買い物に限らず飲食でもポイントが利用できます。

1ポイントから利用できるので、お会計の端数だけをポイントで支払うなど、ポイントの使い方は工夫次第。無駄なく使うことができるのはポイント利用で大事な条件ですよね。

3.Suicaにチャージが可能!鉄道利用・買い物にも

JREポイントは、Suicaへのチャージも可能。もちろん貯めたポイントは1ポイント1円からSuicaにチャージできるため、無駄なくポイントを使うことができます。

鉄道利用・Suica加盟店での決済、どちらでもチャージしたポイントを使うことができるため、上手く使えば時間もお金も節約できるようになりますよ。

貯めたJREポイントをSuicaへチャージするためには、JREポイントとSuicaの紐付けが必須となります。

チャージ方法は簡単。JREポイントウェブサイトの「ポイントを使う」のページからSuicaへのチャージ手続きができます。

詳しくはJREポイントウェブサイトよりご覧ください。

JRE公式サイト:https://www.jrepoint.jp/point/spend/suica-charge/

4.JRE POINT WEBサイトで商品交換に利用

JREポイントは、Suicaチャージ・加盟店での利用・お買い物だけでなく、JRE POINT WEBサイトで、商品券やサービスへの交換も可能。

こまめにポイントを利用するのではなく、ほしいものや利用したいサービスへの交換も、使い道としては悪くありません。

ここでは、JREポイントの交換先一例をまとめてご紹介しますね。

・鉄道博物館入館割引券……1,000ポイント
・メトロポリタンホテルズ共通利用券(2,000円分)……1,500ポイント
・リラクゼーションご利用券(2,000円分)……1,900ポイント
・東京ステーションホテル利用券(5,000円分)……4,625ポイント

など利用券・サービスへの交換もお得になっています。

また、上記のサービス以外では

・日本赤十字社寄付……500ポイント
・東日本大震災子ども支援募金……500ポイント

と寄付などの社会貢献への利用も可能です。自分の好みに合わせて、選択してくださいね。

5.JRE MALLならオンラインでお買い物ができる

JREポイント独自のショッピングモールサイト「JRE MALL」なら、貯めたJREポイントを使って自宅にいながらお得に買い物ができます。

販売されているものは、以下の通り。

・ホーム・家電
・食品・ドリンク・お酒
・ファッション・ビジネス
・スポーツ・トラベル・レジャー
・ホビー・雑貨
・美容・健康
・カタログギフト

JREポイントを使ってお得に買えることに加え、「ネットでエキナカ」の利用も可能。ネットエキナカとは、長時間並ばないと買えない人気商品を、利用する駅の店舗で受け取ることができる、とても人気のサービスです。

自分の欲しいもの、必要なものを買うのに利用するだけでなく、手土産の用意などにも便利。JRE MALLを活用すれば、ちょっとした訪問などの手土産もスムーズに用意できそうですよね。

6.家族でJREポイントを共有できる

JREポイントは「家族でJREポイントを共有できる」のも活用方法の一つ。

・同じ住所に住んでいる
・同じ姓の会員がお互いにビューカードを持っている
・ビューカードがJREポイントウェブサイトに登録されている

上記の条件を満たす場合、JREポイントを1枚のビューカードにまとめることが可能です。

JREポイントウェブサイトからポイント移行サービスに申し込みをし、家族の持っているビューカードに記載されているJRE POINT番号と、移行したいポイント数を入力すれば移行は完了します。

移行は申し込み当日に完了するため、すぐにポイントが使いたいときにも便利ですよね。

なお、期間限定ポイントの共有は不可となっていますので、そちらは期限までに利用してくださいね。

JREポイントをためる・使う際の注意点

クレカで悩む女性

JREポイントの利用には、覚えておきたい注意点がいくつかあります。ここでは、JREポイント利用する際に、気をつけたい・覚えておきたい注意点を解説します。

JREポイント利用開始後も快適に使えるよう、事前に把握しておきましょう。

POINT

JREポイントの注意点

  • Suicaポイント利用者はJREポイントへの共通化手続きが必要
  • 街での普及率がまだそれほど高くない
  • ポイントには有効期限がある
  • カードタイプ定期券の購入は2%還元の対象外
  • Suicaの利用全てが対象ではない(モノレールSuica、りんかいSuicaでの乗車はポイント対象外)

1.Suicaポイント利用者はJREポイントへの共通化手続きが必要

鉄道利用でお得に貯めることのできるJREポイントですが、Suicaポイントの利用者はJREポイントへの共通化手続き(移行登録)をしなければJREポイントを利用することができません。

これまでSuicaポイントを貯めていた方は、JREポイントウェブサイトから以下の手順でポイントの移行登録を完了してくださいね。

共通化手続きの手順を簡単に説明すると、以下の通りです。

  1. JREポイントウェブサイトへログイン
  2. 「登録ポイントサービス確認・変更」から「Suicaポイントクラブから移行登録」を選択
  3. SuicaポイントクラブのID・パスワードを入力
  4. 移行手続き

詳しい移行登録の方法については、JREポイント公式サイトをご覧くださいね。

JRE公式サイト:https://www.jrepoint.jp/point/first/suica/entry/

2.街での普及率がまだそれほど高くない

JREポイントは、他の共通ポイント「楽天スーパーポイント」「dポイント」「Tポイント」などと比べると、それほどの普及率ではありません。

現時点では主にJR東日本エリア対応となっているため、全国どこでも利用できるものではなく、限られた場所でしか使えないと感じる方もいるかと思います。

しかし、JREポイントは今後さらにサービスが展開・普及し、使いやすさもお得さも期待できる共通ポイントです。

鉄道利用の多い方は、ぜひ活用していきましょう。

3.ポイントには有効期限がある

お買い物や鉄道の利用により貯めたJREポイントには、有効期限が設定されています。通常の利用で獲得したポイントは、ポイントの最終利用日から2年後の月末まで自動的に延長されます。

日々JREポイントを貯めている方にとっては「実質有効期限なし」ですが、たまにしかJREポイントを利用していない方は、定期的に有効期限の確認・ポイント利用をおすすめします。

また、キャンペーンなどで獲得した「期間限定ポイント」については、有効期限延長の対象外となりますので、期限内に利用して無駄にならないようにしましょう。

4.カードタイプ定期券の購入は2%還元の対象外

定期券の購入で2%の還元を受けることができると先述していますが、これは「モバイルSuicaで定期券を購入した場合のみ」対象となります。

2%還元のつもりでカードタイプ定期券を購入して、ポイントを獲得しそびれることのないよう、注意しましょう。

モバイルSuicaの利用は、JREポイントがお得に貯まるだけでなく、改札や会計もカードレスでスマートになるのでおすすめです。

5.Suicaの利用全てが対象ではない(モノレールSuica、りんかいSuicaは対象外)

Suica利用によるJREポイントの獲得には一部例外があります。

・モノレールSuica
・りんかいSuica

上記の2つを利用した乗車についてはJREポイント付与の対象となっていないため、利用によるポイントの獲得はできません。

また、JREポイントウェブサイトへの登録ができるSuicaにも制限があります。

・無記名のSuica
・記念Suica
・Mizuho Suica

はJREポイントウェブサイトへの登録ができません。お持ちのSuicaがJREポイントウェブサイトへの登録が可能か、乗車でポイントが貯まるのか、一度確認してみてくださいね。

JREポイントは鉄道利用・買い物でも貯まる!賢く活用しよう

JR東日本の鉄道の利用が多い方にとって、非常にお得にポイントを貯めて・使うことができるJREポイント。今後も展開にも大きな期待の声が寄せられている、新しい共通ポイントサービスです。

ビューカードやモバイルSuicaと併用することで、2%のポイント還元率となり、さらにお得に賢くポイントを利用することができます。

JR東日本エリアの方や、鉄道利用の多い方は、ぜひ「JREポイント」の利用を検討してみてくださいね。

JREポイントを賢く活用して、通勤・通学をお得なものにしていきましょう。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連記事一覧

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内