楽天カードは即日発行できないクレジットカード!最短で発行するには?

クレジットカード申込のコツ 更新:2018年12月7日 公開:2018年12月7日14 view

寝転んでノートPCをいじる女性

楽天カードは楽天市場をはじめとする様々なお店でお得に買い物ができる優秀な高還元率カードで人気です。

今回は、そんな楽天カードを即日発行したいという方向けに、楽天のクレジットカードが即日発行に対応しているのか、発行は最短でどのくらいかかるのか、また、最短発行のためにできる対策はあるかを解説します。

これから楽天カードを即日、もしくは最短発行したいという方は、ぜひ参考にしてくださいね。

楽天カードは即日発行には未対応のクレジットカード

結論から言うと、楽天のクレジットカード代表である「楽天カード」は「即日発行」には対応していません。

以前は即日までいかないまでも、それなりの「スピード発行」もセールスポイントにしていたようですが、今では楽天カードのカードホルダーも増えているからか、やや早い程度の発行にとどまっているようです。

残念ですが、楽天カードだけにこだわっているのではなく、あくまでも「即日発行」可能なクレジットカードが欲しい方は、受け取り場所も豊富で夜も対応している「アコムACマスターカード」、もしくはセゾン系列のお店でお得、永久不滅ポイントで有名な「セゾンカードインターナショナル」などがおすすめです。

楽天カードは発行後、届くのは「約一週間」が基本!最短はさらに早い

おすすめのクレジットカードを持つ男性

では、楽天カードの発行は、今どれくらいで手元に届くのかを楽天カードのサポートに問い合わせてみたところ、届くのは「約1週間〜10日」とのことでした。

JCBカードなどの「即日発行(翌日届け)」などと比較するとやや遅く感じるかもしれませんが、一般的なクレジットカードが申し込みから発行まで約2週間程度が多いことを考えると、「やや早い」方ですね。

配送状況によっては一週間を切る場合も

さらにサポートの方に「一週間以内に届くこともありますか?」と問い合わせましたが、答えとしては「配送の状況により早まる可能性もある」ということでした。

もちろん、最終的にはその時の配送の混雑度などにもよるとは思いますが、これまで聞いた情報をもとにすると、楽天カードの発行は最短で「1週間前後」と表現するのが良さそうです。

楽天カードは自動審査で審査結果が早い!発行自体は最短3営業日ほど

楽天カードは審査が早いと聞いていたのに、ちょっと思っていたのと違うなと感じている方もいるかもしれませんが、実際に「審査」自体はほぼ自動で行われるので、非常に早いと言われています。

中には、申し込みから数分後に審査通過のメールが来たというケースもあるようですが、カード自体は製造なども必要になってくるため、審査通過後に即発行というのは難しいようです。

発行までは、最短で3営業日ほど、そこから発送するため、手元に届くまでがおよそ「1週間程度」というのが公式見解です。

楽天カードを最短で発行するための対策

では、楽天カードをできるだけ早く発行してクレジットカードとして活用したい! と言う場合にはどうしたら良いかというと、審査で「引っかかるポイント」をできるだけ少なくして申し込むのがコツです。

楽天カードは基本的にスコアリング式の自動審査となっており、そもそも審査にあまり時間はかからないようですが、そうであっても審査に通過しやすい条件にしておいた方が、より確実に早く発行できます。

ここでは、楽天カードを最短で発行するための対策を3つ解説します。

POINT

法人カードにもあるデメリット

  • 申し込み時に口座登録をしておく
  • 申し込み内容はミスのないようにする
  • キャッシング枠はゼロに設定しておく

1.申し込み時に口座登録をしておく

申し込みの際には、オンライン上で早めに口座登録をしておきましょう。理由としては、口座登録さえ済ませておけば受け取りは「本人」以外の家族でもOKの「簡易書留」になるからです。

「本人限定郵便」が送られてきた際には申し込んだ本人がいない時にクレジットカードが届いてしまうと受け取りが遅れてしまいますが、家族でも受け取れるようにしておくためにも、申し込みの時、同時に口座登録はしておいてくださいね。

2.申し込み内容はミスのないようにする

申し込み情報を間違えてしまうと、そもそもクレジットカード自体がつくれなくなることもあります。申し込んだ名前や住所と本人確認書類の名前や住所に違いがあれば、当然「本人確認ができない」とされてしまいますよね。

他にも、例えば年収欄を偽って多く書くというのも絶対にやめましょう。楽天カードだけに限らず、一般的にクレジットカード会社は本人の申し込み情報、勤務先や会社の規模、勤続年数からおおよその年収を予測し、本人の申告内容と大幅に差がないかをチェックすることがあります。

そこで「嘘をついている」とバレてしまえば今後のクレジットカード申し込みにも影響がありますので、正直かつ正確に答えるようにしてくださいね。

3.キャッシング枠はゼロに設定しておく

これは発行スピードを上げる以上に、発行される確率を上げる方法ですが、キャッシング枠の申し込みは「ゼロ」にしておくのがおすすめです。

そもそも、クレジットカードをお買い物の時につかう「ショッピング枠」と、カードを使って現金を借りる「キャッシング枠」とは、審査上ちょっと違う扱いをされます。

キャッシング枠は「貸金業法」などの法律が関わってくるので、ショッピング枠だけに申し込むよりも、やや審査過程が多くなるため、最初からキャッシング枠に申し込まなければ審査もスムーズに通過する、というわけです。

キャッシング枠は特に使わない! という方は、審査の通過率、スピードともにアップする可能性があるため「ゼロ」で申し込んでおきましょう。

楽天カードは即日発行不可のクレジットカード!急ぐなら他の選択肢も

楽天カードは「即日発行」ができないクレジットカードです。最短でも発行から発送まで3営業日必要なため、手元に届くまでは約1週間程度かかってしまうようです。

ある程度時間がかかってしまっても楽天カードを作りたいという方であれば、あらかじめ申し込みの際に本記事で紹介したような「できるだけ早く発行されるための対策」を試してみましょう。

どうしても即日発行がいいという方は、ほかの選択肢として「アコムACマスターカード」や「セゾンカードインターナショナル」などもありますから、ぜひこちらも検討してみてくださいね。

記事がお役に立ちましたらシェアお願いします

関連コラムRELATED COLUMNS

入会キャンペーンCAMPAIGN

入会キャンペーン今、入会がお得なクレジットカードをご案内

【人気】クレジットカード特集